アメリカ アニメ。 アメリカのアニメ映画興行収入ランキング40!全米1位を逃したのは?│アメリカ info

【見たことある?】アメリカで超絶人気な日本アニメたち

アメリカ アニメ

黎明期 [ ] の長編映画への導入は映画産業を震撼させ、アニメーション産業もまた2年後に同様の改革期を迎えた。 は社運を賭けた博打に打って出て、自身初のトーキー短編アニメーション『』(原題:Steamboat Willie)を公開した。 この作品はが登場した3番目の作品である。 このカートゥーン映画は記録的な売り上げを達成し、大衆を魅惑し、ディズニーが彼の経歴の中で成し遂げた幾つもの偉業の口火を切ることになった。 1930年代前半を通して、アニメーション業界は三つの派閥に分割されているように見えた。 ウォルト・ディズニーとフライシャー兄弟、そして「それ以外」である。 ミッキーマウスはその驚異的な人気により、と並ぶ世界で最も有名な銀幕のスター達の一人として迎え入れられた。 ディズニーの触れる物はすべて黄金に変わるかのように見えた。 ディズニー作品に基づく関連商品は、多くの企業を大恐慌による財政的な窮地から救い出した。 またディズニーはこの人気に乗じ、アニメーションに更なる改革を加えた。 映画におけるの発達でディズニーの果たした役割は大きく(テクニカラー社はこの方式を完成させるにあたり、ディズニーと提携していた)、総天然色で上映された最初のアニメーション作品は、ディズニーの短編映画『』(、原題:Flowers and Trees)であった。 また、ディズニーはライフライク・アニメーションの分野でも他の追随を許さなかった。 ディズニーの制作スタッフたちは、二次元画像で描写されるアニメーションに遠近感を与えるを開発し、『』 原題:The old mill でそれを初めて導入。 その結果、二部門を受賞するという成功を得た。 その一方で、大当たりしたディズニーの別作品『』(、原題:Three Little Pigs)では、脚本技術の発展と特徴的なキャラクター描写が強調された。 この作品は複数のキャラクターの性格を描き分けた最初のアニメーション作品であると見なされている。 『フェリックスと金の鵞鳥』 1936年 までにディズニーの前には無数の競争相手が立ちはだかったが、いずれもフライシャーを除いて、ディズニーをその王座から追いやるには至らなかった。 サイレント期、ディズニー以前に王座の位置にいたは、をトーキー化しようとする不成功に終わった試みの後に、その最大の没落に直面していた。 1930年代から40年代初頭にかけて、アニメーションの品質においてディズニーと王者の座を争った競争相手がの代表者であった。 彼らは、ディズニーの『蒸気船ウィリー』が公開される何年も前から、多くの短編トーキーアニメーションを作ってきた。 代表作としてあげられるのは、『おおメイベル(原題:Oh Mabel、1924年)』『懐かしいケンタッキーの家(原題:My Old Kentucky Home、1926年)』であり、前者は映像と音楽を、後者は映像とセリフを世界で初めて完全にシンクロさせたアニメーションである。 しかし当時、電気式スピーカーを備えた劇場は極少数で、これらのトーキーアニメーションは余り注目を浴びなかった。 こんなサイレント期を通じてアニメーションの改革と創作を行い続けてきたフライシャー兄弟は、ディズニーとは異なる都会的でハイカラなフライシャー独自のスタイルを生み出し、セクシーな『』物とシュールな『』物によって大当たりを飛ばした。 特に、ベティ・ブープは戦前のでも大人気を博し、日本の美少女キャラクターの原型にもなったと言われている。 また、1930年代のポパイの人気は当時のミッキーマウスのそれに匹敵し、ミッキーのファンクラブを模したポパイ・ファンクラブがアメリカ中で発生した。 また、を採用した、ベティの短編3作品『ベティの家出(原題:Minnie the Moocher、1932年)』、『ベティの白雪姫(原題:Snow White、1933年)』、『ベティと山の老人(原題:The Old Man of the Mountain、1933年)』は、ジャズシンガーであるを音楽に起用しており、そのうち、『ベティの家出』と『ベティの白雪姫』は、歴史的に永久保存されるべき作品として、に登録されている。 さらにフライシャーは、三次元の奥行きを再現するため、「ロトグラフ方式」という撮影方式を開発した。 それはカメラに平面のセルをセットし、その後ろに回転式テーブルの上に置いてあるミニチュアを置いて撮影する方式であり、後にディズニーが開発する「マルチプレーンカメラ」の元になったとも言われている。 しかし、1930年代初期に最高潮に達した映画内の不道徳描写に対する抗議活動により、映画産業はに映画内の暴力・猥褻描写を一掃する(Production Code)を採用した。 この自主検閲制度はミッキーマウスのようなカートゥーン作品にまで適用され、その行いを改めさせることを強制した。 この変化の中でベティ・ブープからセクシーさを奪われたフライシャー兄弟はとりわけ手痛い打撃を受けた。 1930年代後半配給元であるの要求でディズニーを模そうとする浅はかな試みを行っていたが、『ポパイ』シリーズは依然として根強い人気を保っていた。 一方で元ディズニーのアニメーターとは、の配給するカートゥーン作品を制作する契約を1929年に結んだ。 チャールズ・ミンツのスタジオを離れ、自身のスタジオを設立していた二人は、ワーナーのサイレント映画で字幕を担当していた、に所属していた、と契約を交わし、手始めにのである、『インク少年ボスコ』(原題:)を黒人少年ボスコを主人公に制作、その翌年の1930年に、『』の第1作『 原題: 』をボスコ主演で公開、一躍ボスコは人気者となり、翌年の1931年には、より音楽を重視した『』が公開された。 これらの作品は単体で見れば成功していたものの、ハーマンとアイジングはディズニーのような革新的な才能を欠いており、彼らの作品の多くは「かわいらしさ」という欠点ゆえに、観客に見た目のインパクトを与えるのに失敗していた。 1930年代前半のハーマンとアイジングによるワーナー・ブラザース作品の多くは、今日では忘れ去られている。 これらはカートゥーンの改革を志した正統派作品であったが、ディズニーの成功を模するには至らなかった。 ボスコと共にへと去っていった。 その後、ワーナー兄弟からの要求でシュレジンガーはワーナー系列のアニメスタジオである(Leon Schlesinger Production)を開設し、元ディズニーのアニメーターであるやらをスタジオに招き入れた。 彼らによって白人少年バディの短編が製作されたが、短命に終わった。 しかしながら、にシュレジンガーが新しく雇ったアニメーション監督により、このスタジオは俄然活気を増すこととなった。 である。 ウォルター・ランツのスタジオに所属していたエイヴリーは荒々しく風変わりな作風のアニメーションをこのスタジオに持ち込み、ワーナーは一躍アニメーション業界の首位に上り詰めた。 エイヴリーの影響によりワーナーが新たに生み出した 1935年の『楽しい母親参観 原題: 』でデビュー 、 1937年の『ポーキーのアヒル狩り(原題:)』でデビュー 、 1940年の『野生のバニー 原題: 』でデビュー その他の無数の人気キャラクターたちの名は、全世界に広まった。 そのフレレングは1938年にワーナーを一時的に離れ、MGMに移籍したが、1940年に再びワーナーに戻った。 ハーマンとアイジングは新たにMGMと契約し、さらにより好待遇の下で高予算のカートゥーンを制作し始めた。 彼らがMGMに提供した無数の豪華なアニメーション作品は、魅惑的なまでに優れたアニメーション場面を特徴としていた。 しかし、ハーマンとアイジングの物語描写のスタイルは彼らの作品の欠点でもあった。 目にも鮮やかな視覚美術の前に、物語そのものはしばしば忘れ去られた。 これらの制作会社に加えて、1930年代にはその他の多数のアニメーション制作会社が繁栄していた。 と彼の仲間はニューヨークでアニメーション制作者としての経歴を積んでいたため、ウォルター・ランツ・スタジオの初期作品がフライシャー作品のような乱暴かつシュールな作風を取っていたのも不思議ではなかった。 当時のランツの主要な手持ちのキャラクターは、とから手に入れたであった。 の作品『Confidence』では、ウサギのオズワルドは合衆国大統領を訪問する。 作中でルーズベルトはその席から歩み出て、を終わらせるための信頼(Confidence)を広めるとオズワルドに約束する。 その一方で、オズワルドの以前の持ち主であるは、の漫画『』(原題:Krazy Kat)のアニメーション化と、によりに生み出された少年を主人公とするシリーズの制作に携わっていた。 は『』(原題:Aesop's Film Fables)を・スタジオに譲り渡した後に、と名付けた新しい制作会社を起こした。 しかしながら初期テリー作品の娯楽としての品質の高さにも関わらず、テリートゥーンはディズニーを筆頭とする主要な競争相手のような成功は収められなかった。 ヴァン・ビューレン・スタジオの作品も同様の短所を示していた。 ディズニーの長年の親友であり協力者であったは、ついにディズニー・スタジオを離れるという決断を下し、彼自身の制作会社を1930年に起こした。 短期間で終わったアイワークス・スタジオでの活動の間に、アイワークスは3本の主要なシリーズを生み出した。 『カエルのフリップ』(原題:Flip the Frog)、『ウィリー・ホッパー』(原題:Willie Whopper)、『コミカラー・カートゥーン』(原題:ComiColor Cartoon)である。 アイワーク・スタジオは短命に終わったが、アイワークスの作品はその型破りな作風により、観客や批評家に人気があった。 ディズニー初の長編アニメーション『』() 、ウォルト・ディズニーが史上初の総天然色長編アニメーション映画『』(原題:Snow White and the Seven Dwarfs)を公開した。 この長編は1934年に製作を初め、3年間に及ぶディズニー・スタジオの努力の結晶であった。 短編アニメーションによる収入ではスタジオの収益を長く保てないと確信したディズニーは、再び社運を賭けた博打に打って出たのである。 『白雪姫』はディズニーを破産に導くだろうと多くの者が予想したが、この評価は間違っていたと証明された。 『白雪姫』は全世界で莫大な興行収入を上げ、更には芸術形式としてのアニメーションの発展を示す道標となった。 しかしながら、ディズニーは一物よりも長いアニメーション作品の最初の制作者ではなかった。 には、が2巻物の『』の短編、『』(1936年、原題:Popeye the Sailor Meets Sindbad the Sailor、上映時間16分)『ポパイのアリババ退治』(1937年、原題:Popeye the Sailor Meets Ali Baba's Forty Thieves、上映時間17分)『ポパイとアラジンの魔法のランプ』(1939年、原題:Aladdin and His Wonderful Lamp、上映時間22分)を公開していた。 フライシャー兄弟は、ディズニーが『白雪姫』の製作を始めた1934年から長編アニメーション映画の製作の許可をパラマウント側に求めていたが、パラマウントはフライシャー兄弟に高品質な長編アニメーションを制作できるかという点については疑問の余地があったため彼らの提案を却下し続けていた。 しかし、ディズニーの『白雪姫』の成功を知るや否や、フライシャーの提案を許可した。 にフライシャー・スタジオはニューヨークからフロリダ州マイアミにその本拠を移し しかし、ニューヨークでも製作は続けられた 、にアニメーション版『』を公開した。 この映画はそこそこの成功を収め、続いてに『』(原題:Mr. Bug Goes to Town)が制作され、100万ドルの予算が掛けたが、この作品はの二日前に公開されたということもあり、興行収入は予算のわずか5分の1しか回収できなかった。 その結果スタジオは大赤字となり、5月、フライシャー兄弟が彼ら自身のスタジオから解雇される形で1921年から約20年続いたスタジオは倒産し、今やその所有権を完全に握ったパラマウントは社名をに改名し、再び本社をニューヨークに復帰させた。 にディズニー以外に世界で唯一カラー長編アニメーションを手掛けた制作者という点で、フライシャー兄弟は特筆に価する。 フライシャー・スタジオの倒産により、長編映画はここからしばらくディズニーの独壇場となることになる。 ディズニーは長編アニメーションの制作に集中することになり、彼個人が以前のような形で短編を監督することはなくなった。 ディズニーの短編作品は相変わらず工夫に満ち、面白く、精妙なアニメーションを特徴としていたものの、その脚本は時代遅れで先の読める物になり始めた。 この結果、レオン・シュレジンガープロダクションのに集まった有望なアニメーター達に道が開かれ、新世代のアニメーターたちによるサイドスプリッティングリー・ファニー・カートゥーン(爆笑アニメ)が怒涛のごとくアニメーション業界に押し寄せた。 この時期にシュレジンガーの下にいるカートゥーン制作者らはその本領を発揮し、の、、の作品群は伝説となっている。 アニメーションにおける音声 [ ] 黄金期アニメーションの魅力の多くが作品の視覚面に拠っていた一方で、画像に添えられたの演技と念入りに選ばれたもその一部に貢献していた。 アニメーションにおける音声の使用は、映画館がラジオの前から観客を引き寄せたのと同様に、優れた役者や声帯模写芸人をも映画とアニメーションに引き寄せることになった。 は、バッグス・バニーやダフィー・ダックを含むワーナー・ブラザースの多くの人気キャラクターの声を演じた。 その他の舞台やラジオ時代の芸人や声優達も、黄金期のアニメーション映画の人気に貢献した。 またこの時期のアニメーション作品には、スタジオオーケストラによって演奏される豪華な管弦楽曲が伴奏として添えられていた。 ワーナーで「」の音楽を担当したや、MGMで「」や作品の音楽を担当したは身近なクラシック音楽や有名な曲を編曲して用いただけでなく、多くのオリジナルのアニメーション音楽を作曲した。 ディズニーの『』シリーズを筆頭とする早期のアニメーションは、クラシック音楽の断片から構成されていた。 これらのアニメーションは人気キャラクターの登場する作品から、自然をテーマにした作品まで様々であった。 関連項目:()、()、()、()、 戦時下 [ ] 『白雪姫』の成功の後に、ディズニーは続けて3作の長編映画に多大な投資を行い、それらの作品『』(原題:Pinocchio)、『』(原題:Bambi)、『』(原題:Fantasia)は、いずれもアニメーション史を通じた傑作として賞賛されている。 しかしながら、これら3作はどれも『白雪姫』と並ぶほどの興行成績は残せなかった。 特に『ファンタジア』は、アニメーションの主流に抽象芸術やクラシック音楽、エリート的な主題を持ち込もうという、ウォルト自身の力量を越えた試みを感じ取った文芸批評家や観客から酷評された。 しかし、後世の観客は同様の理由により、ディズニーの芸術的野心を評価している。 これらの計画による相対的な失敗を補填するため、ディズニーが制作した低予算長編映画『』(原題:Dumbo)は、スタジオを維持するのに充分なだけの収益をもたらした。 に入ると、2つの大きな出来事がハリウッドアニメーションスタジオが置かれた状況の変化を呼び起こした。 1番目はのへの参戦であり、アニメーションスタジオを含むあらゆる映画制作会社は、戦争に向けての民意形成と士気高揚のための映画制作に動員された。 2番目はディズニーとそのスタッフの絆を断ち切ったディズニーのアニメーターらによるのストライキ(詳細は記事を参照)であり、多くのディズニースタジオの構成員が新天地を求めてスタジオを後にした。 この時スタジオを離れたアニメーターのある者らは、1950年代にアニメーション業界に多大な衝撃をもたらした制作会社を設立した。 合衆国が第二次世界大戦に参戦した後、アニメーション制作会社の人的資源の大半は戦争に関連する素材やを扱った短編制作に注ぎ込まれる事になった。 多数のハリウッドの映画制作会社が士気高揚のために大きな貢献を行い、アニメーション制作会社もまたその一員であった。 フライシャー・スタジオでは、水兵ポパイが海軍に加わり、フェイマス・スタジオとなってからは、や日本軍とも戦い始めた。 一方ワーナー・ブラザースは、従軍兵士の慰安と学習のために『プライヴェート・スナフー』(スナフー一等兵、原題:Private Snafu)シリーズを制作した。 戦争はウォルト・ディズニーの帝国を震撼させた2つの打撃のうちの2番目の物であった。 しかしディズニーは停滞こそしたものの、その王座から転落することはなかった。 1940年代のディズニーの長編映画は『(原題:Make Mine Music)『』(原題:Fun and Fancy Free)『』(原題:Melody Time)『』(原題:The Three Caballeros)などの短編アニメーションのコレクションによる低予算作品であったが、ディズニーは『空軍力の勝利』(原題:Victory Through Air Power)と題されたプロパガンダ映画で士気高揚に大きく貢献した。 その一方でワーナー・ブラザースは活気を取り戻し、次の15年間から20年間に高い人気を獲得した。 に、レオン・シュレジンガープロダクションは、シュレジンガーの引退によりワーナーのアニメ部門となったが勢いは衰えることがなかった。 これらの期間にとは、その最高の仕事を成し遂げたと見なされている。 特にクランペットが監督した『ポーキーのヘンテコランド』(原題:Porky in Wackyland)『カメがウサギを超えた日』(原題:Tortoise Wins By A Hare)『ビッグ・スヌーズ』(原題:The Big Snooze)『石炭姫とひちにんのこびと』(原題:Coal Black and de Sebben Dwarfs)『未来のバニー』(原題:The Old Grey Hare)などの傑作短編によって、6分間物のアニメーション映画はに匹敵する水準にまで押し上げられた。 に、クランペットはスタジオとの諍いが原因でワーナー・ブラザースを退社し、自身のスタジオ経営に乗り出した。 クランペットは新たに誕生した分野における子供番組の開拓者として活動し、人気番組『Time for Beany』を制作した。 さらに他方では、ディズニーをその玉座から追い落とそうとした試みの十年後になって、MGMスタジオに突然の幸運が続けざまに舞い込んだ。 MGMに在籍するアニメーターのとが、オスカー賞候補となった短編『』(原題:Puss Gets The Boot)による商業的成功を収め、ハンナとバーベラは長寿作品となった連続アニメーション『』の制作に着手した。 この作品により、ディズニーを除いてアニメーション制作会社とは無縁だったに列せられるという栄誉を、MGMは手に入れた。 同時に、レオン・シュレジンガーとの争いの末にワーナー・ブラザースを退社したテックス・エイヴリーがMGMに入社し、かつてワーナーのアニメーターたちに活気を与えたのと同様に、MGMのスタジオを生き返らせた。 『トムとジェリー』シリーズと、テックス・エイヴリーによる荒々しくシュールな傑作群(これらの内にはアニメーションに大人向けのジャンルを持ち込んだセクシーで小洒落た『おかしな赤頭巾』(原題:Red Hot Riding Hood)シリーズが含まれる)の合間に、ついにMGMはアニメーションの分野において、ディズニーと、そして今のワーナーと肩を並べる企業となったのである。 1940年代に成功したその他の制作会社としては、ウォルター・ランツ・スタジオがある。 ウサギのオズワルドの人気を使い果たしたランツと彼のスタッフたちは、三匹の猿ミーニー・ミニー・モーやベイビーフェイス・マウスなどの新しいキャラクターの案出に試行錯誤していた。 最終的にこれらのキャラクターの内の一匹が成功した。 である。 しかしながらアンディの成功も、『キツツキとパンダ一家』(原題:Knock, Knock)に登場した五匹目のキャラクターであるの画期的な成功には及ばなかった。 変化の風はディズニーにとって最大のライバル会社であったフライシャー・スタジオの航路をも変えた。 しかし、その変化はMGMで起きた物のように、有益かつ霊感に満ちた物ではなかった。 ポパイを海軍に送り込み戦意高揚に貢献した一方で、フライシャーは伝説となった豪華作品『』(Superman)シリーズの制作に着手し、このシリーズの第一作は1941年10月に公開され、オスカー賞候補となった。 また、同年12月にはフライシャーにとって2作目の長編『』(Mr. Bug Goes to Town)が公開された。 ところが、1940年代初めにパラマウント映画は突如としてフライシャー兄弟を代表者の地位から解任し、製作スタッフも大幅に削減した。 現在でも議論を残している動きの内に(この時の状況は映画史研究家にも未だ詳らかにされていない)、パラマウントはフライシャー・スタジオを系列会社に加え、と改名し、フライシャー兄弟の始めた作品を継続した。 フライシャー兄弟更迭の効果は、ただちにスタジオに現れた。 戦時下のパラマウントのアニメーション映画はフライシャーの頃と比較するとディズニーの二番煎じの感じが多くなったが、内容は面白く人気作品であり続けた。 しかし、1940年代が終わると物語の質ははっきりと低下を始め、どこまでも落ち込んでいった。 ストップモーションと特殊効果撮影 [ ] ハリウッドアニメーション史における偉大な時期において、アニメーション映画の制作者たちはアニメーションにのみ専念し、他分野へは進出しなかった。 多くのアニメーション制作会社は、アニメーション映画と映画作品のためのタイトルアニメーションの制作に専念していた。 限られた場合にのみ、アニメーションが映画産業の他の側面に使用されることがあった。 1940年代の低予算連続ドラマ『スーパーマン』では、スーパーマンが空を飛ぶ場面と怪力を振るう場面で、実写場面中の特殊効果としてアニメーションが使用された。 しかし、これは一般的な習慣ではなかった。 アニメーションの孤立は、映画における特殊効果にもっぱら使用された姉妹産業であるの誕生に起因する。 二者の類似性にも関わらず、ストップモーション・アニメと手描きのアニメーションという二つのジャンルはハリウッドの黄金時代を通じて、滅多にその最盛期を同時に迎えたことがなかった。 ストップモーション・アニメーションの名はのヒット映画『』で一躍知られるようになった。 この作品においてストップモーション・アニメーターのは、その後の50年間で使われるようになったストップモーションの技術を確立した。 『キング・コング』の成功により多くの初期の映画が制作され、その内の一作でオブライエンがアニメーションを手掛けた『』は、を含めた多くのストップモーション・アニメーターの出発点となった。 1950年代にハリーハウゼンは彼自身の作品を制作した。 はパラマウント映画用に制作したシリーズなどの、劇場用ストップモーション・アニメ映画を制作していたストップモーション専門のアニメーターであり、その作品のいくつかはレイ・ハリーハウゼンによりアニメートされている。 パルは幾つかの特撮実写映画も制作している。 ストップモーション・アニメの人気はに最高潮に達した。 映画の爆発的な人気により特殊撮影の分野は急成長し、ジョージ・パルは幾つもの人気を博した特撮映画で監督を務めた。 一方レイ・ハリーハウゼンは、『』『』『』などの作品において大衆を惹き付け、映画における「リアル」な特撮の発展を活気付けた。 これらの特撮映画はセルアニメーションと同様の技術を使っていたが、この二つのメディアが同時に現れる例は少なかった。 ストップモーション・アニメは、『』でのによる実写と見紛うばかりの特殊撮影で、その頂点を極めた。 ハリウッドの特殊撮影は概ねセルアニメーションとは無関係に発展し続けてきたが、いくつかの特記すべきアニメーション場面がこの時期の長編実写映画に含まれていた。 これらの内で最も有名なのは、映画『』において、俳優がアニメーションで描かれた『トムとジェリー』のジェリーとダンスを踊る場面である。 しかし、これらの特殊な用途以外にも、セルアニメーションは実写映画において字幕やタイトル画面で使用された。 『』『』『』などのの映画におけるによる伝説的なタイトル・アニメーションは、多くの模倣者を生み出した。 同様に映画『』シリーズのオープニング・アニメーションは、同名のキャラクターに基づいたアニメーションシリーズを生み出すほどの人気を得た。 1950年代と1960年代、および黄金時代の終わり [ ] しかしながら主要なスタジオの活動は、いずれも他分野での発展には盲目のままであった。 ストライキの時期に古巣を離れた元ディズニーアニメーターのは、より新しく、より抽象的で、より実験的なアニメーションという彼自身のビジョンを追求するための小さな制作会社を設立した。 ハブリーと彼の仲間たちは、、あるいはと呼ばれる新たな制作会社の起業に着手した。 UPAはとして知られるようになったスタイルを、表現手法の一環として使用した。 新しく起こされたスタジオでの最初の短編が、フランクリン・D・ルーズヴェルト再選キャンペーンのために作られた『ヘル・ベント・フォー・エレクション』(原題:Hell-Bent for Election)である。 この作品はワーナーのベテラン監督であるチャック・ジョーンズが監督した。 この新作は成功したものの、ハブリーと仲間たちが期待したような画期的な作品ではなかった。 彼らの意図は二作目の短編であるの『ブラザーフッド・オブ・マン』(原題:Brotherhood of Man)までは成し遂げられなかった。 この作品から、UPA作品は他の制作会社の作品に比べて野心的な作風を取りはじめた。 キャノンの作品は、当時は軽視されていた人種的寛容というメッセージを伝えていた。 最終的にUPAはコロンビア映画の傘下に落ち着き、最初の2年間で2つのへのノミネートを獲得した。 これを皮切りに、UPAのアニメーターらは似たり寄ったりの作品がひしめきあうアニメーション業界の中にあって、一頭地を抜く作品を制作し始めた。 UPAの『』(原題:Mr. Magoo)シリーズの成功はあらゆる制作会社の注目を引き付け、UPAの短編『』(原題:Gerald McBoing-Boing)がオスカー賞を受賞すると、ハリウッドは俄然沸き返った。 UPAのスタイルはそれまでの映画館のスクリーン上で見られたアニメーションと何もかも違っており、旧態依然たるネコとネズミの追いかけっこに異議を示したUPAに観客は反応した。 までに、UPAは多大な影響をアニメーション産業に与えていた。 ハリウッドのアニメーション制作会社らは、豪華絢爛で写実的な1940年代のアニメーションから、より単純素朴で抽象的なアニメーションへと徐々に移行していった。 この時期においては、ディズニーですらUPAの模倣を試みていた。 とりわけ1953年の『』(原題:Toot, Whistle, Plunk and Boom)は、この新しく起こされた企業の足跡を辿ろうとするディズニーの実験作であった。 UPAによるアニメーションの革命以前に、1950年代の初期にとカートゥーンスタジオの両社はその創造性の頂点に到達していた。 とりわけワーナーのの作品が到達した高みは、アニメーション史を通じて前代未聞のものであった。 多数の凡作(これらは時には残酷であり暴力的だった)を残した一方で、1950年代の連作『ロードランナー』(原題:Road Runner)やと物、『カモにされたカモ』(原題:Duck Amuck)『オペラ座の狩人』(原題:What's Opera, Doc? )『セビリアのラビット理髪師』(1950年、原題:Rabbit of Seville)『』(原題:Feed the Kitty)などのジョーンズ作品の幾つかは、アニメーション史に残る作品となった。 『カモにされたカモ』と『オペラ座の狩人』は政府より「文化的に重要な作品」と認定されており、に登録されている。 1950年代ののアニメーションもまた、1940年代に続いてアカデミー賞を受賞し続けた。 『』はMGMに更に2つのをもたらし、テックス・エイヴリーの伝説的な仕事はスタジオがアニメーション部門を閉鎖する4年前のまで続いた。 にMGMがアニメーション部門を閉鎖したのは、その高い制作費のためであった。 今やその制作を続けるには、アニメーションは高価になりすぎていたのである。 しかしながら、は他社ほど上手くはいかなかった。 終了後の1940年代後半において、の作品の品質は目に見えて低下していき、その作品はお定まりのネタと暴力表現に頼り始めた。 1950年代には『』(原題:Casper the Friendly Ghost)や『 ()』などの新作が作られたものの、その一方で『』のような作品ですら、その独創性や独自性の多くを失っていた。 パラマウント作品は、『ノヴェルトゥーン』のネズミのヘルマンなどの、かわいらしいキャラクターで人気を集めていたが、作品の質は他社の埋め草映画のレベルにまで落ち込み、が始まる頃にはほぼ忘れ去られていた。 ディズニーによる長編アニメーション映画はを通じて大衆の人気を集め続けた。 後半の本来は短編であるシリーズを綴りあわせた長編シリーズ制作の後に、ディズニー・スタジオはお伽噺や児童文学のアニメーション化という成功した方式へ回帰した。 1950年代のディズニーは『』(原題:Lady and the Tramp)『』(原題:Peter Pan)『』(原題:One Hundred and One Dalmatians)『』(原題:Cinderella)『』(原題:Sleeping Beauty)などの多数の古典となった映画を制作したが、『』や『』のような魅惑的なリアリズムに満ちた作品を再び制作することは、もはやディズニーですらも不可能であった。 までにアニメーション産業を移行を始めていた。 というメディアはますますその勢いを増しつつあった。 この変化の先駆けとなったのは、『トムとジェリー』を制作したとの二人組であった。 新しく生まれたは、UPAが表現手法として開拓したの手法を利用した。 現在に至るまで、この手法はもっぱら予算削減のために使われている。 テレビが大衆的な人気を獲得にするにつれ、映画館の観客数は減り始め、アメリカン・アニメーションの状況は永久に変わってしまった。 それでもテレビに移行後もしばらくの間は黄金時代は続いていた。 ハンナ・バーベラ・プロダクションを中心に数々のテレビアニメが作られ人気を獲得した。 この頃の代表作としては、『』や、『』などである。 しかし、1970年代前半にが数多く輸入されるにつれ、アメリカのアニメーション・スタジオはかつての力を振るえなくなってしまった。 黄金時代は終わりを告げ、アニメーションの中心も完全に変わってしまった。 黄金期の主要な短編作品 [ ] 一部未訳 ウォルト・ディズニー・プロダクションズ作品 [ ]• 『』(1928年、原題:Steamboat Willie)製作・監督: 配給 セレブリティ・プロダクション• 『ギャロッピン・ガウチョ』(1928年、原題:The Gallopin' Gaucho) 製作・監督:ウォルト・ディズニー 配給 セレブリティ・プロダクション• 『』 (1928年、原題:Plane Crazy)製作・監督:ウォルト・ディズニー 配給 セレブリティ・プロダクション• 『』(1929年、原題:The Skeleton Dance) 製作・監督:ウォルト・ディズニー 配給• 『』(1932年、原題:Flowers and Trees)製作:ウォルト・ディズニー 監督: 配給• 『』(1933年、原題:Three Little Pigs) 製作:ウォルト・ディズニー 監督:バート・ジレット 配給:ユナイテッド・アーティスツ• 『』 1934年、原題:The Wise Little Hen 製作:ウォルト・ディズニー 監督:ウィルフレッド・ジャクソン 配給:ユナイテッド・アーティスツ• 『ウサギとカメ』 1935年、原題:Tortoise and the Hare 製作:ウォルト・ディズニー 監督:ウィルフレッド・ジャクソン 配給:ユナイテッド・アーティスツ• 『』(1935年、原題:The Band Concert) 製作:ウォルト・ディズニー 監督: 配給:ユナイテッド・アーティスツ• 『』(1937年、原題:The Old Mill) 製作:ウォルト・ディズニー 監督:ウィルフレッド・ジャクソン 配給:• 『』(1937年、原題:Clock Cleaners) 監督:• 『』(1938年、原題:Brave Little Tailor) 監督:• 『』(1938年、原題:Donald's Better Self) 製作:ウォルト・ディズニー 監督: 配給:RKO• 『』(1938年、Mickey's Trailer) 監督:ベン・シャープスティーン• 『』(1942年、原題:Der Fuehrer's Face) 製作:ウォルト・ディズニー 監督: 配給:RKO• 『』(1943年、原題:Education for Death) 監督:• 『』(1945年、原題:Hockey Homicide) 監督:ジャック・キニー• 『』(1953年、原題:Toot, Whistle, Plunk and Boom) 監督:、 ワーナー・ブラザース製作作品 [ ]• 『楽しい母親参観』 1935年、原題:I Haven't Got a Hat 製作:レオン・シュレジンガー 監督: () 配給:• 『金鉱発見』(1935年、原題:Gold Diggers of '49) 製作:レオン・シュレジンガー 監督: 配給:ワーナー・ブラザース• 『ポーキーのアヒル狩り』 1937年、原題:Porky's Duck Hunt 製作:レオン・シュレジンガー 監督:テックス・エイヴリー 配給:ワーナーブラザース• 『ポーキーのウサギ狩り』 1938年、原題:Porky's Hare Hunt 製作:レオン・シュレジンガー 監督:、 配給:ワーナー・ブラザース• 『ポーキーのヘンテコランド』(1938年、原題:Porky in Wackyland)製作:レオン・シュレジンガー 監督: () 配給:ワーナー・ブラザース• 『アニメキャラはつらいよ』(1940年、原題:You Ought to Be in Pictures)製作:レオン・シュレジンガー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『カメラはもうこりごり』 1940年、原題:Elmer's Candid Camera 製作:レオン・シュレジンガー 監督: 配給:ワーナー・ブラザース• 『野生のバニー』(1940年、原題:A Wild Hare)製作:レオン・シュレジンガー 監督:テックス・エイヴリー 配給:ワーナー・ブラザース• 『ネコたちの大作戦』(1942年、原題:A Tale of Two Kitties)製作:レオン・シュレジンガー 監督:ボブ・クランペット 配給:ワーナー・ブラザース• 『ドーバーボーイズ』(1942年、原題:The Dover Boys)製作:レオン・シュレジンガー 監督チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『石炭姫とひちにんのこびと』(1943年、原題:Coal Black and Seven Dwafs) 製作:レオン・シュレジンガー 監督:ボブ・クランペット 配給:ワーナー・ブラザース• 『子ブタのポルカ』 1943年、原題:Pigs in a Polca 製作:レオン・シュレジンガー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1943年、原題:Tokio Jokio 製作:レオン・シュレジンガー 監督:ノーム・マッケイプ 配給:ワーナー・ブラザース• 『ポーキーのたまご工場』 1944年、原題:Swooner Crooner 製作:レオン・シュレジンガー 監督: 配給:ワーナー・ブラザース• 『総統と遭遇』 1945年、原題:Herr Meets Hare 製作: () 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『ダフィーの召集令状』 1945年、原題:Draftee Daffy 製作:ボブ・クランペット 配給:ワーナー・ブラザース• 『本屋は大騒動』(1946年、原題:Book Revue)製作:エドワード・セルツァー 監督:ボブ・クランペット 配給:ワーナー・ブラザース• 『ダフィの銀行強盗』(1946年、原題:The Great Piggy Bank Robbery)製作:エドワード・セルツァー 監督:ボブ・クランペット 配給:ワーナー・ブラザース• 『可愛い子には旅を』 1946年、原題:Walky Talky Hawky 製作:エドワード・セルツァー 監督: () 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1946年、原題:Rhapsody Rabbit)製作:エドワード・セルツァー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1947年、原題 :Twwetie Pie)製作:エドワード・セルツァー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1949年、原題:Fast and Furry-ous)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『スカンクの恋』 1949年、原題:For Scent-Imental Reasons 製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1950年、原題:The Scarlet Pumpernickel) 製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 製作:エドワード・セルツァー 監督:ロバート・マッキンソン 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1950年、原題:Rabbit of Seville)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1951年、原題:Rabbit Fire)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1952年、原題:Feed the Kitty)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1952年、原題:Rabbit Seasoning 製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナーブラザース• 『』(1953年、原題:Duck Amuck)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『メキシコ料理は結構』(1953年、原題:Cat-Tales for Two)製作:エドワード・セルツァー 監督:ロバート・マッキンソン 配給:ワーナー・ブラザース• 『何のシーズン?』 1953年、原題:Duck! Rabbit,Duck! 製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1954年、原題:From A to Z-Z-Z-Z)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1955年、原題:Sandy Claws 製作:エドワード・セルツァー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1955年、原題:Speedy Gonzales 製作:エドワード・セルツァー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナーブラザース• 『』(1955年、原題:One Froggy Evening)製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1957年、原題:Ali Baba Bunny 製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『酔っぱらっちゃた』(1957年、原題:Tabasco Road)製作:エドワード・セルツァー 監督:ロバート・マッキンソン 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1957年、原題:Birds Anonymous 製作:エドワード・セルツァー 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1957年、原題:What's Opera Doc? )製作:エドワード・セルツァー 監督:チャック・ジョーンズ 配給:ワーナー・ブラザース• 『』 1958年、原題:Knighty Knight Bugs 製作: () 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1959年、原題:Button Bunny)製作:ジョン・W・バートン 監督:チャック・ジョーンズ、 () 配給:ワーナー・ブラザース• 『オツムで勝負』(1959年、原題:Mexicali Shmoes)製作:ジョン・W・バートン 監督:フリッツ・フレレング 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1961年、原題:Beep Prepared)製作: () 監督:チャック・ジョーンズ 監督補: () 配給:ワーナー・ブラザース• 『』(1961年、原題:The Pied Piper of Guadalupe) 製作:デヴィッド・H・ディパティエ 監督:フリッツ・フレレング 監督補: () 配給:ワーナー・ブラザース• 『おお、メイベル』 1924年、原題:Oh Mabel 製作: 監督: 配給:• 『なつかしいケンタッキーの我が家』 1926年、原題:My Old Kentucky Home 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:レッドシール・ピクチャーズ• 『まぶしい皿』 1930年、原題:Dizzy Dishes 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ビンボーの秘密結社』 1931年、原題:Bimbo's Initiation 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ベティの家出』 (1932年、原題:Minnie the Moocher) 製作:マックス・フライシャー 監督:デイブ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『花形ベティ』 1932年、原題:Stopping The Show 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ベティの白雪姫』 1933年、原題:Snow White 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『船乗りポパイ』 (1933年、原題:Popeye the Sailor with Betty Boop) 製作:マックス・フライシャー 監督:デイブ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ベティと山の老人』 1933年、原題:The Old Man of the Mountain 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ベティのシンデレラ』(1934年、原題:Poor Cinderella) 製作:マックス・フライシャー 監督:デイブ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『坊やと小鳥』 1935年、原題:The Song of the Birds 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『よい子の夢』 1936年、原題:Somewhere in Dreamland 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『』(1936年、原題:Popeye the Sailor Meets Sinbad the Sailor) 製作:マックス・フライシャー 監督:デイブ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『魚の学校』 1937年、原題:Educated Fish 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ポパイのアリババ退治』 1937年、原題:Popeye the Sailor MeetsAli Baba's Forty Thieves 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『ポパイの魔法のランプ』 1939年、原題:Aladdin and His Wonderful Lump 製作:マックス・フライシャー 監督:デイヴ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『スーパーマン誕生』(1941年、原題:Superman) 製作:マックス・フライシャー 監督:デイブ・フライシャー 配給:パラマウント映画• 『新たな敵の出現』(1942年、原題:Japoteurs)製作:ダン・ゴードン、シーモア・ニーテル、イジー・スパーバー 製作補:サム・ブチュワード 監督:シーモア・ニーテル 配給:パラマウント映画• 『浮世風呂』(1930年、原題:Sinkin' in the Bathtub)製作・監督:ヒュー・ハーマン、ルドルフ・アイジング 製作補: () 配給:• 『マンドリンを弾いて』 1931年、原題:Lady Play Your Mandolin 製作:ヒュー・ハーマン、ルドルフ・アイジング、レオン・シュレジンガー 監督:ルドルフ・アイジング 配給:ワーナー・ブラザース• 『タン吉の怪獣退治』(1935年、原題:The Calico Dragon)製作:ヒュー・ハーマン、ルドルフ・アイジング 監督:ルドルフ・アイジング 配給:MGM• 『』 1936年、原題:Old Mill Pond 製作:ヒュー・ハーマン、ルドルフ・アイジング 監督:ヒュー・ハーマン 配給:MGM ()製作分 [ ]• 『バーニーの冬ごもり』(1939年、原題:The Bear That Couldn't Sleep)製作:フレッド・クインビー、ルドルフ・アイジング 監督:ルドルフ・アイジング 配給:MGM• 『』(1939年、原題:Peace on Earth) 製作:ヒュー・ハーマン、フレッド・クインビー 監督:ヒュー・ハーマン 配給:MGM• 『』(1940年、原題:Puss Gets The Boot) 製作:ルドルフ・アイジング、フレッド・クインビー 監督:、、ルドルフ・アイジング 配給 MGM• 『仔猫の風船旅行』 1940年、原題:The Milky Way 製作:ルドルフ・アイジング、フレッド・クインビー 監督:ルドルフ・アイジング 配給:MGM• 『』(1941年、原題:The Night Before Christmas)製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『うそつき狼』(1942年、原題:Blitz Wolf)製作:フレッド・クインビー 監督: 配給:MGM• 『』(1943年、原題:The Yankee Doodle Mouse) 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1943年、原題:Dumb-Hounded)製作:フレッド・クインビー 監督:テックス・エイヴリー 配給:MGM• 『おかしな赤頭巾』(1943年、原題:Red Hot Riding Hood)製作:フレッド・クインビー 監督:テックス・エイヴリー 配給:MGM• 『』(1944年、原題:Mouse Trouble)製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1945年、原題:Quiet Please! ) 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1947年、原題:The Cat Concerto) 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』 1947年、原題:Dr. Jekyll and Mr. Mouse 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1947年、原題:King-Size Canary)製作:フレッド・クインビー 監督:テックス・エイヴリー 配給:MGM• 『』 1948年、原題:The Little Orphan 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』 1949年、原題:Hatch Up Your Trabels 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』 1951年、原題:Jerry's Cousin 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』 1952年、原題:The Two Mousecketers 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1953年、原題:Johann Mouse) 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』 1954年、原題:Touche Pussycat! 製作:フレッド・クインビー 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『人々にやすらぎを』 1955年、原題:Good Will to Men 製作:フレッド・クインビー、ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 監督:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 配給:MGM• 『』(1957年、原題:One Droopy Knight)製作:ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラ 監督: 配給:MGM ウォルター・ランツ・スタジオ作品 [ ]• Race Riot, 1929 , ウォルター・ランツ• Confidence, 1933 , ビル・ノーラン• 『キツツキとパンダ一家』 Knock Knock 1940 , ウォルター・ランツ• Barber of Seville 1944 ,James Culhane• Apple Andy 1946 ,• Crazy Mixed-Up Pup 1955 ,テックス・エイヴリー• The Legend of Rockabye Point 1955 , テックス・エイヴリー チャールズ・ミンツ・スタジオおよびスクリーン・ジェムズ作品 [ ]• Lambs Will Gambol 1930 ,ベン・ハリソン Ben Harrison とManny Gould• Yelp Wanted 1931 , Dick Huemer• 1937、原題:The Little Match Girl , と• 1941、The Fox and the Grapes ,• Song of Victory 1942 , Bob Wickersham• Professor Small and Mister Tall 1943 , とPaul Sommers• Flora 1948 , UPA作品 [ ]• Hell-Bent for Election 1944 , チャック・ジョーンズ• Brotherhood of Man 1946 ,ボブ・キャノン Bob Cannon• Ragtime Bear 1949 ,ジョン・ハブリー• Gerald McBoing Boing 1951 ,ボブ・キャノン• Rooty Toot Toot 1952 ,ジョン・ハブリー• The Tell-Tale Heart 1953 , Art BabbittとTed Parmelee• When Magoo Flew 1955 , その他 [ ]• Dinner Time 1928 , ポール・テリーと , ヴァン・ビューレン・スタジオ• Room Runners 1932 ,• The Mouse of Tomorrow 1942 , Eddie Donnelly , テリー・トゥーンズ• 『』 The Pink Phink 1964 , フレッツ・フレレング, 参考書籍 [ ]• 森卓也『定本 アニメーションのギャグ世界』アスペクト、2009年、• Barrier, Michael 1999 : Hollywood Cartoons. Oxford University Press. Maltin, Leonard 1987 : Of Mice and Magic: A History of American Animated Cartoons. Penguin Books. レナード・マルティン著、権藤俊司ほか訳『マウス・アンド・マジック——アメリカアニメーション全史〈上〉』楽工社、2010年、• Solomon, Charles 1994 : The History of Animation: Enchanted Drawings. Outlet Books Company. 外部リンク [ ]• - (2001年3月7日アーカイブ分) - ジャンナルベルト・ベンダッツィ著『カートゥーン:アニメーション100年史』の第8章。 1930年代のアメリカン・アニメーションの歴史を詳細に語っている。 さらにリンクをたどって40-60年代の歴史を読み継ぐこともできる。 - 黄金期アメリカン・アニメーションの一翼を担ったMGM動画部門の歴史を語った文章。 「トムとジェリー」およびテックス・エイヴリー監督の作品群がどのように作られたかが詳しく述べられている。 このページを含むサイト「SCM作品の部屋」は、MGM漫画映画に関する貴重な情報源である。 - 研究書『トムとジェリーの本 なかよくけんかしな』[増補改訂版](1995年)の参考文献。 そのまま黄金期アメリカン・アニメーション研究の参考文献リストとして使える。 - (2004年3月13日アーカイブ分) - 黄金期アメリカン・アニメーションの音楽が持つ魅力を紹介するサイト。 (英語)• (英語)• - 黄金期アメリカン・アニメーションのデータベース(英語)• - ASIFA-Hollywood(ハリウッド支部)公式ブログの記事(英語)。 Nat Falk, How To Make Animated Cartoons 1941 より、アニメーションの制作過程を豊富な図版とともに解説した章がまるごと読める。 他にもこのサイトには、黄金期アメリカン・アニメーションに関する貴重な資料が多数アップロードされている。

次の

どなたか海外アニメの特徴を簡潔に説明していただけませんか?それ...

アメリカ アニメ

これは鉄板!! 私が今まで出会ってきた中で、NARUTOを一番に挙げる人はたくさんいました。 初対面の人とNARUTOの話で盛り上がることも多く、NARUTOにはたくさん助けられています(笑) 他のアニメを一番に挙げる人はかなりのアニメファンで「色々なアニメを知っている」という人が多いのですが、 NARUTOに関しては、 他のアニメのことはあんまり詳しくないけどNARUTOは全部見た!なんて人も多いです。 あらすじ 落ちこぼれで超問題児の忍者・うずまきナルトが里一番の忍である火影を目指し、孤独を乗り越え仲間とともに様々な試練に挑み成長していく物語。 NARUTO、まじで面白いですよね。 心が折れそうになっても、もうちょっと頑張ってみようかなと思わせてくれる。 小学校の道徳の教科書にして欲しいくらい、人生観を変えてくれる作品です。 リンク これ、日本では「ヒロアカ」と略されてるんですが、アメリカ人のファンの中では 「MHA」って呼ばれてるんです。 ただ英語版タイトル(My Hero Academia)の頭文字を取っただけなんですが、当たり前のように「MHAの第4期もうすぐ始まるね〜」というメッセージが来て、驚いたのを覚えています。 あらすじ 世界は、人口の8割が超常能力「個性」を持った超人社会。 この世界では「個性」を悪用する敵(ヴィラン)とそれを「個性」を駆使して取り締まるヒーローが存在し、ヒーローは人々から讃えられている。 1ヒーローになるために様々な難題に挑んでいく。 「夢」と、「人を救う」ことに焦点が当てられたこの作品。 誰よりも強く願い、誰よりも努力できる強さがあっても、天性的な力がないせいでどうしても夢に届かないもどかしさ。 それでも諦めない強い心は、運命さえも変えてくれる。 「もう少しだけ頑張ってみよう」と勇気をくれる、そんな作品です。 リンク こちらも少年ジャンプで連載されている人気作品の一つなのですが、ここまで紹介してきた作品とは一風異なる作風です。 深くてシビアな物語だけど、一度ハマったら抜け出せない。 あらすじ 孤児院で育ち、孤児院の外の世界を知らない主人公エマとその仲間(兄弟)たち。 特別な毎日のテストで鍛えられ、6歳〜12歳までの間に里親に送られるというシステムのもと彼らは幸せに暮らしていたが、ある時自分たちは里親に送られるのではなく「鬼」に捧げられる食料として育てられているという事実を知ってしまう。 見ていてハラハラドキドキするこの作品。 物語に意外性と刺激を求めている方にオススメです。 リンク アメリカでAttak on Titanという文字を目にすることはあったのですが、これが進撃の巨人を表しているということは最近知りました(笑) 日本でもかなり話題になりましたが、今でも連載は続いており、物語はかなり大変な事態になっているので途中でやめてしまった…という方ももう一度追ってみてください! あらすじ 人類は突如出現した巨人により、滅亡の危機に立たされた。 巨人と人類の接触を防ぐために築かれた巨大な3重の壁の中で人類は暮らしていたが、ある時超大型巨人の出現により壁は破られ人類は再び巨人に翻弄される事態となる。 目の前で母が巨人に捕食され、家も夢も全てを奪われた少年エレンは巨人に復讐するべく国の巨人対策組織である「調査兵団」への入団を決意する。

次の

アニメの日本版ワンピースとアメリカ版ワンピースの違いwwwww : ジャンプ速報

アメリカ アニメ

このステッカーは高精細印刷、切断でPVC材料で作られています。 サイズ: 約5-7 cm、重複することなく、色彩豊かなデザインの50pcsがあります。 デザイン: ビニールデカール材質で、様々なテーマのデザインがあります。 特別なものが好きな人に最適です。 このステッカーはDIYの装飾に趣味がある親、子供及び友人に対して最高の贈り物です。 場所: 良好な防水と耐光性機能を備えたこれらのラップトップデカールはポータブル、スーツケース、オートバイ、車のバンパー、スケートボード、iPadなど、どこでも飾ることができます。 使用方法: まずは滑らかな表面をきれいにし、その後、お気に入りのステッカーを選択してその上に貼ります。 ちょうどイメージとあなたの素晴らしい品揃えを設計します。 あらかじめご了承ください 注意事項 領収書の発行の対応は致しておりません。 ご落札者様のお支払履歴にてご対応ください。 稀にFBA倉庫から直送する商品がございます。 商品によっては委託倉庫からの直送となりますので、保管料、配送準備、配送料金の手数料を支払っております関係で、それぞれに同じだけ送料がかかってしまいます。 ご了承ください。 他のECサイトでの出品をしております関係で、稀にご落札後に在庫切れが判明する場合はございます。 その際は直ぐにご相談させて頂き、すみやかなご返金の為にキャンセル手続きをさせて頂きますがご了承ください。 上記の事をご了承の上、ご落札いただけます様お願い致します。 204. 001. 001.

次の