埋没法 二日目。 2回目の埋没法で前の二重のラインが残っています

【体験レポ】埋没法の術後経過の写真|腫れや目を閉じた時の様子

埋没法 二日目

こんにちは。 共立美容外科の浪川(なみかわ)です。 埋没法は、一般に手術後の糸の抜糸を想定していません。 その為、生体反応性の極めて小さい材質の糸を用います。 糸を抜くのは、元に戻す必要がある場合がほとんどで、ラインを変更する場合は広くする際はラインが上書きされる為、わざわざ抜く必要はありませんが狭くする際、あるいは、抜糸をしておかないとラインが二本になってまとまりが悪くなる場合は、事前に施術します。 患者様の場合は、ラインを狭くされたという事ですが、以前の埋没糸の緊張がほとんど残っていなければ(糸が切れたか、組織への噛みが外れたか)抜糸不要と判断されたのだと思います。 ただ、新しい手術の後の初期に1~2ヶ月の微妙な不安定期には、僅かに影響が出る事も考えられますが、安定期になると、たぶんその影響も消失するのではないでしょうか。 ご心配ならば、当院の無料カウンセリングにお越し下さい。 尚、埋没糸の抜糸は皆様がお考えになるほど、実は簡単ではないことが多いのです。 特に埋没させてから時間が経てば経つ程、抜糸は容易ではなくなります。 新めて言わせていただきますが、埋没法は一段に将来抜糸する事は想定していません。 ですが険診によって抜糸がやはり必要と判断される場合は心良く承わらせて頂きます。 メールを拝見しました。 結果からは、あなたの場合は埋没法では限界だと考えられます。 二重の埋没法は、各クリニックによって色々なバリエーションがあり方法も少しずつ違いますが、細い糸で瞼板と皮下に癒着を形成することで二重を作るもっとも簡単な方法です。 手術時間も10分位で、腫れも非常に少ないので術後のダウンタイムが短いことが長所です。 短所は、時間の経過とともにまばたきの繰り返しなどで徐々に弛んで来るため持続性と確実性に難点があります。 あなたの場合は、前回の埋没法によるラインと今回のラインが競合している状態で、前回の糸を抜去しても多分そのラインは完全には消えません。 このような場合には、埋没法よりも強い癒着で二重のラインを形成する術式が必要です。 当院ではこのような場合、ミニマムカット法(最小切開法)と言って希望ラインの中央を7~8mmだけ切開して、瞼板前脂肪組織を切除して皮下に確実な癒着を形成する方法をお勧めしています。 この方法は元々の二重と近い状態を作るため確実で長い持続性が特徴で、前回の埋没法の糸も殆ど抜去することが出来ます。 切開部分は睫毛ほどの細い透明な糸で縫合し1週間後に抜糸しますが、傷跡は1ヶ月くらいで殆ど分からなくなります。 当院では無料カウンセリングを行っていますので、下記のフリーダイヤルまたはメール相談で「『口コミ広場』のドクター相談室で聞いた」と言ってカウンセリングを申し込んで頂ければ結構です。 com *************************.

次の

2回目の埋没法で前の二重のラインが残っています

埋没法 二日目

こんにちは! 埋没法の腫れは、 ・同じ医師が手術しても個人差がある ・腫れのピークは2~3日 ・泣きはらした翌日のような状態が徐々に落ち着く という治療なので4日目の状態についても正直なところ 治療を受けてみないとなんとも言えないと思うのですが、 やはり治療が短時間で終了する上手な先生だと 腫れが出にくいかもしれません。 あと、代謝が上がると腫れてしまうので ・入浴をシャワーで済ます ・飲酒をさける ・激しい運動をしない ・処方された腫れ止めのお薬を飲む などの対策で最小限に抑えるようにがんばります。 出かけるのを控えた方が良いというのは周りの目の話だと思います。 菌が入るのをさけるためにお化粧は3日くらいは避けた方が良いです。 という事で、4日目はメイクが出来るので赤みや腫れをカバーして 出かけることが出来ると思います。 だてメガネをかけてカバーする人もいます。 手術してすぐに写真撮影や行事がある時期は避けた方が良いと思います。 また、絶対に誰にも気づかれたくないなら、 長くお休みがとれる時期にされた方が 気持ち的にも安心だと思います。 上手な先生、経験がある先生ならムクミが出やすいかどうか 最初の診察でアドバイスが貰えると思いますので、 それを踏まえて手術する日を先生に相談した方が良いのではないでしょうか。 一度無料のカウンセリングに行かれる事をおススメします。 未成年の方だと保護者同伴の必要があるので確認してみてください。 私も埋没してますが、城本クリニックで受けました。 そこまでずっとムクミがあるわけではなくて 4日目はメイクをして会社に行きました。 私はあまり問題なかったです。 少しでも参考になれば嬉しいです。 私何回も埋没やってます 笑。 4日目ならお化粧した方がいいですが、バレるかバレないかでハッキリ言いますとバレます! 直後のお出掛けは多分目がパンパンになるので、出掛けたくても目に違和感 号泣したまま寝た後の目の腫れくらいかなぁ? があり早く帰りたくなります。 病院にもよりますが、術後2時間くらいベッドで寝かせてくれ、その間冷やしてくれます。 薬に関して炎症止め 抗生物質 や目の周り 糸で縫った上に塗る 、目の中に入れる軟膏を頂けるかと思います。 数々試して一番早く糸を馴染ませるコツは… 『まばたき』です。 必要以上に何度もまばたきをして下さい。 緊張しないで頑張って下さい。

次の

埋没法の経過・ダウンタイム

埋没法 二日目

2 術後の腫れの経過 腫れは手術後から翌日が一番ひどく腫れます。 以下では当院で手術を受けた患者様の症例を参考に、術後から完成まで、腫れの経過を写真でご説明いたします。 【手術前】 埋没法の手術前の一重の状態です。 【手術直後】 手術直後はまぶたに少し腫れが出ています。 まぶたは元々左右対称ではないため、腫れにも多少、左右差が生じます。 【手術翌日】 手術翌日は、まぶたが大きく腫れます。 【手術3日後】 まだ腫れが大きく出ています。 【手術1週間後】 腫れがだいぶ引いて、二重幅が安定しています。 【手術1か月後】 腫れが完全に引いて二重幅が安定しています。 上記の経過写真はあくまで、一例です。 人により、腫れ方に多少差があります。 他の症例写真もありますので参考にしてください。 3 腫れがひどくなりやすい人の特徴 腫れがひどくなりやすい人の特徴は3つあります。 以下では埋没法の手術後、腫れがひどくなりやすい人の特徴をご説明いたします。 3-1 広い二重幅を希望した人 手術後の腫れは、狭い二重幅を希望した方より、広い二重幅を希望した方が腫れやすい傾向にあります。 患者様の理想の二重幅があると思いますが、医師と相談し、適切な二重幅にしましょう。 3-2 糸を留める点数が多い 埋没法の手術は人によって、糸を留める数が違います。 糸を留める数が多ければ多いほど腫れもひどく出ます。 医師と相談し、自分に合った点数で埋没法を行いましょう。 3-3 元からまぶたが厚い人 生まれつきまぶたが厚い人は埋没法の手術後腫れがひどくなりやすいです。 まぶたの脂肪が多い分、まぶたが薄い人に比べ腫れがひどく出ます。 4 腫れを抑える方法 埋没法後、まぶたが腫れない人はいません。 人間の構造上、手術を受けると必ず腫れが出てしまいます。 以下では術後の腫れを抑える方法をご説明いたします。 4-1 まぶたを冷やす 手術後の腫れは冷やすことで、抑えることができます。 保冷剤を布や、ガーゼに包み、1回数分程度、まぶたを冷やしてください。 直接冷やすと、冷えすぎて凍傷になる恐れがあるので、直接当てないように注意してください。 4-2 頭を心臓より高くして寝る 手術後は、頭を心臓より高くして寝てください。 高くして眠ることで、まぶたに血が多く回らず、腫れを抑えることができます。 枕が低い方はタオルを重ねるなどして睡眠をとりましょう。 4-3 内服薬の服用 当院では、術後の腫れが心配な方のために、「シンエック」という内服薬をご用意しております。 抗炎症作用・殺菌作用があるため、腫れの回復を早める効果が期待できます。 シンエックは、ご希望の方にのみ¥5,400(税込)で販売しておりますので、お気軽にお申し付け下さい。 5 腫れが長引く行動 腫れが長引く行動として、運動・入浴・飲酒が挙げられます。 運動・入浴・飲酒によって血行が良くなると、血液がまぶたに多く回り、腫れが長引く原因になります。 もし運動をする場合は軽めのジョギング程度にし、入浴は時間を短くするかシャワーにしましょう。 飲酒はなるべく控えて下さい。 手術後からの生活は6を参考にして下さい。 6 手術後からの生活 埋没法の手術後の生活について説明いたします。 【洗顔】 手術当日は目元を避けて行ってください。 翌日からは優しく行って下さい。 洗顔後、顔を拭く際も優しく行って下さい。 【化粧】 手術当日は目元を避けて行って下さい。 翌日からは目元も可能です。 化粧落としの際は優しく行ってください。 【スキンケア】 手術当日は目元を避けて行ってください。 翌日からはお顔全体のスキンケアが可能です。 【目薬】 手術当日は使用しないでください。 翌日から使用可能です。 【飲酒】 手術当日は控えて下さい。 翌日以降も体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるのでなるべく飲酒を控えて下さい。 【運動】 手術当日は控えて下さい。 翌日以降可能ですが、軽めの運動でも体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるのでなるべく控えて下さい。 【入浴】 手術当日は控えて、ボディーシートなどで代用してください。 翌日以降は可能ですが、体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるので、長時間の入浴は避けてください。 【コンタクト】 手術当日は使用できないので、眼鏡を使用してください。 翌日からは使用可能です。 カラーコンタクトも同様です。 7 腫れを目立たなくする方法 埋没法後の腫れを目立たなくする方法をご説明いたします。 7-1 眼鏡をかける 眼鏡をかけることで、腫れを目立たなくすることができます。 手術後に急に眼鏡をかけて周りから、違和感を持たれる心配がある方は、手術の前から、眼鏡をかけて慣らしておきましょう。 眼鏡を購入する際は、ふちの太いものを選ぶと腫れを隠しやすくなります。 7-2 目元以外に意識を向けさせる 埋没法の手術後は、腫れを隠そうと化粧を普段より濃くしがちですが、余計に目元が目立ってしまう場合があります。 目元が目立たないように、口紅を目立つ色にしたり、服装やアクセサリーを使い、相手が目元以外を意識するように工夫しましょう。 8 まとめ この記事では以下について説明いたしました。 ・埋没法の腫れを写真で解説 ・術後の腫れの経過 ・腫れがひどくなりやすい人の特徴 ・腫れを抑える方 ・腫れが長引く行動 ・腫れが長引く行動を説明する ・手術後からの生活 ・腫れを目立たなくする方法 埋後没法後は必ず腫れが出ます。 腫れることを念頭に埋没法を受けましょう。

次の