木村拓哉 脇役。 「グランメゾン東京」の木村拓哉アンチが凄い!豪華な脇役陣も話題!

木村拓哉は「主役よりも脇役」ドラマBGで露呈した適性

木村拓哉 脇役

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 主演の連続ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)の最終回が3月15日に放送され、平均視聴率17. 3%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)を記録したことが分かった。 この数字は全9話中の最高の視聴率で、全話を通じての平均視聴率は15. 2%だった。 【関連】 「かろうじて15%を超えました。 それでも前クールで同じ放送枠だった『ドクターX』の全話平均視聴率20. 9%には遠く及びませんでした。 「銃が携行できるアメリカならともかく、日本は警備業法で決まっているので警護人はロッド式の警棒しか持てません。 ほかには自分を守る防弾チョッキ・防刃チョッキぐらいしか使用できない。 国政の要人の極秘警護などは、まず無理です」(全国紙記者) 木村拓哉の体型自体がボディーガード向きではないという意見もあった。 「例えばオーナー社長でトラブルが多い人物などは、元警官で機動隊出身のような屈強な人間を雇ったりします。 しかし、俳優のような細身の体付きでは、リアリティーがありません。 しかも木村は172〜175センチメートルという身長で、体型も筋肉質ではない。 ガードという職業が不似合い極まりないです」(警備会社関係者) その木村よりも、共演者ののほうがボディーガードらしく見えていたという。 「江口はSPの役だったのですが、はるかに警護役が似合っていました。 背が高く、いかにも鍛えられている感じの体つきで、むしろ江口が主役で木村は引き立て役にさえ見えたほどです」(テレビ雑誌編集者) 木村は引き立て役のほうが生きる? 木村は、昨年1〜3月期に放送されたドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』でと共演したときも、嫉妬に怒り狂う浅野の演技は「浅野の方が主演が似合う」と評されていた。 「繊細な性格で正義の役という木村の役設定にはファンも飽き飽きしています。 今回のBGには最終回にが実名で登場し、予告もされていたので多くの矢沢ファンが見たことでしょう。 これで視聴率が上積みされているはずです。 矢沢の出演は木村の希望だったそうですが、自分だけでは視聴率を上げられないことを自覚しているのではないでしょうか」(同・編集者) 木村が助演で出演するドラマがどんなものになるか、新鮮だから見てみたいという人もいるのではないだろうか。

次の

『グランメゾン東京』木村拓哉の演技の評価は?

木村拓哉 脇役

木村拓哉さんが30日放送のラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO! 』(TOKYO FM 日曜午前11時30分)で、歌手活動の可能性について言及したことで注目を集めています。 30日の放送では、前回まで登場した稲葉浩志さんからスタッフが預かった手紙の内容が明らかにされ、稲葉さんはスタジオでのトークで伝え忘れていたことがあったとした上で、 「そろそろ木村拓哉の思いっきり歌う姿を見たいなと、僕は単純に思っているということです。 一瞬でしたが、間近で木村拓哉のステージ熱のようなものを感じました。 無理にとは言いませんが、もし歌いたい気分がムクムク盛り上がったならば是非。 1人の木村ファンとして、今後の木村スタイルをとっても楽しみにしております。 」と、今後またステージで歌う姿を見たいというメッセージでした。 これ手紙じゃなくて(スタジオに)いるときに言ってほしかったなあ(笑)」とツッコミを入れつつも手紙に感謝し、 「2019年、どういう形になっていくかはまだ分からないですけども、こういう風に言ってくれる友達がいてくれるってことはありがたいです。 そうですね。 タイミングがあれば、まあ、自分ももう一度羽ばたいてみようかなと思います」と、歌手活動再開に前向きな反応を見せていました。 これに対してファンからは、• たっくんファンが待ち望んでるよー• 木村拓哉の歌声が… 歌手 木村拓哉が…待ってたよ~• 2019年も思いのままに自由に翔んじゃって~ などと喜びの声が上がっている一方で、ファン以外の反応を見てみると、• 木村拓哉が1人で歌う事に興味が無い。 稲葉さんが気遣いした感じかな、歌手木村拓哉観たい人いるのかな、ファン以外は興味ないかな。 ジャニーズから羽ばたいてみたらどうですか?私はSMAPの木村拓哉は好きだったけど、ジャニーズの木村拓哉に正直、興味はないです。 SMAPだったから歌も聴けたけど、もしこれから歌を出すとしたらソロでしょ?ファンの人は嬉しいかもしれないけど、そうでない人にとってはソロで歌われても…興味ない…てならないかな。 もういいイメージはないから目立てば目立つほど嫌われるだろう。 地味な仕事、ドラマでは主演じゃなく脇役とか、かっこだけではなく名脇役と言われるまでコツコツやってたほうがいいんだろうなぁ。 などと否定的な声が多く見受けられます。 木村拓哉さんは番組で今年1年を振り返り、漢字一文字で表すと何かというリスナーからの質問に対して「試」と答え、今年はPS4用ゲームソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の主人公に起用されるなど、様々な新しい試みを行っていたことでこの漢字を選んだとしています。 木村拓哉さんは今年、ゲームのキャラクターを演じただけでなく、ゲームの主題歌を担当したロックバンド『[ALEXANDROS](アレキサンドロス)』のミュージックビデオに出演、さらに台湾や中国で開催のイベントに登場し、中国最大のSNS『微博(ウェイボー)』のアカウントを開設するなど、今年は新しいことに次々とチャレンジしています。 こうした新しい活動は、やはりSMAP解散騒動後の人気低迷も大きく関係しているとみられます。 ちなみに、週刊誌『週刊文春』が先日報じた記事では、ジャニーズ事務所がSMAP解散後に木村拓哉さんのハリウッド進出に向け、長期プランが練られていたそうなのですが、木村さんの妻・工藤静香さんから「子供も成人していないし、まだ待って」という物言いが付き、それを受けて次女でモデル・Koki,さんの売り出しを優先したことで、この計画は一旦断念することになったと伝えています。 これはどこまで本当かは定かではありませんが、俳優活動に加えて歌手活動もしたいと思うのは当然のような気がしますし、SMAPとして共に活動していた稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんも俳優業だけでなく、歌手として楽曲をリリースしているので、そうした姿を見て自分も歌をやりたいと以前から思っていたかもしれませんね。

次の

「グランメゾン東京」の木村拓哉アンチが凄い!豪華な脇役陣も話題!

木村拓哉 脇役

13年に放送された「安堂ロイド〜A. knows LOVE? 〜」では、遂にアンドロイドまで演じた。 突拍子もない設定が話題になったのは、ご記憶の通りだ。 なぜキムタクドラマと職業は不可分の関係なのか、SMAPの熱狂的な女性ファンは、その理由を「誤解を恐れずに言えば、木村くんの演技が単調だからです」と指摘する。 「喜怒哀楽がパターン化されている。 私たちファンはオンエアを見ながら『あ、パターン演技だね』と見つけることも楽しみです。 とはいえ、ゴールデンタイムのドラマはSMAPファン以外の方々もチャンネルを合わせます。 残念なことに、木村くんは演技力だけで視聴者を感動させることはなかなかできません。 それをカバーするために職業を前面に出す。 未知の世界を垣間見る楽しみがありますし、キムタク演技のマンネリ化を防げます」 表でご紹介したのは27本のドラマだ。 その中で、まず検事を演じた「HERO」が第1シリーズと、第2シリーズで重複している。 他にも「その時、ハートは盗まれた」の高校生、「あすなろ白書」の大学生、「フードファイト」の九官鳥(声のみの出演)を除くと、演じた職業は23業種となる。 また「空から降る一億の星」が見習いとはいえコック役を演じている。 「東京グランメゾン」のシェフと同じであり、合計数は23業種のままだ。 そこで先ほどのSMAPファンの女性に「はまり役ベスト3」と「ミスキャスト・ワースト3」を選んでもらった。 それでは「ミスキャスト」からご紹介しよう。 ウィキペディアには、「定職に就かずギャンブルに明け暮れ借金に追われる若者。 元は成績優秀な医大生だったが、自分の心無い発言で恋人(れい子)を自殺させてしまった罪悪感から、医者の道を諦めている」と書かれています。 スターであるキムタクがやりそうもない役を演じてもらうことで、話題性を高めようとしたのでしょう。 でも率直に言って、木村くんは器用な役者ではありません。 あまり奇をてらった役だと、パターン演技が目立ってしまいます。 私たちファンにとっても、あまり楽しめない作品になってしまいました。 「記憶喪失の届け屋」という難しい役でした。 制作陣の「ありきたりのキムタクドラマは作らない」という強い意思が伝わってきます。 女性より男性の視聴者を念頭に置いた、ストーリーと演出だったと記憶しています。 バタフライナイフがドラマに登場し、放映中に殺人事件が発生するという不幸な経緯もありました。 しかし大好きな作品だという方も、もちろんたくさんいらっしゃるのでしょう。 ただ、SMAPファンにとっての「意外な役」といえば、例えば映画「十三人の刺客」[2010年:三池崇史監督(59):東宝]で、(稲垣)吾郎ちゃん(45)が演じた松平左兵衛督斉韶という飛びきりのものがあります。 桁外れの悪役。 私たちファンの度肝を抜いただけでなく、日刊スポーツ映画大賞や毎日映画コンクールで助演男優賞を獲るなど、大変な評価を受けました。 でも、この映画は「吾郎ちゃんに変わった役をやらせよう」と考えてキャスティングしたわけではないと思います。 彼の演技力を信じて、重要な役を任せたのでしょう。 木村くんの「奇をてらった役」が失敗するのは、順番が逆だからではないでしょうか。 変わった役を演じてもらうことが最優先で、肝心要である配役の必然性が二の次になってしまうところがあると思います。 実際、ラストシーンを巡って、演出担当と相当な議論をしたという報道は当時、話題になりました。 木村くんが納得していない演技ですから、ファンも感動できるはずもありません。 しかも山崎豊子さん(1924〜2013)の原作は、木村くんのお父さん役・万俵大介が主役です。 ドラマでは北大路欣也さん(76)が演じました。 私たちSMAPファンも、むしろ原作通りの配役で見たかったという想いがあります。 北大路さんが主役で、脇役が木村くんのほうがよかったのではないでしょうか。 あわせて読みたい関連本•

次の