ロサンゼルス オリンピック 日本。 1984年ロサンゼルスオリンピックの野球競技・日本代表

1984年ロサンゼルス大会 日本代表選手団 入賞者一覧

ロサンゼルス オリンピック 日本

商業五輪 [編集 ] この大会は1セントも税金を使わずに行われた。 スタジアムも時のものを使っている。 それまでの大会は、スタジアムの建設や環境整備などで開催都市が多額の費用を負担し、赤字続きで大きなダメージを残したこともあり、1984年大会の 開催都市立候補はロサンゼルス市だけ 、とオリンピック開催は不人気だった。 税金を使わなければ、政治的介入を阻止できると、南カリフォルニアオリンピック委員会は考えたのである(大会委員長は)。 開催するために必要な費用は、以下の4本柱を立てて賄った。 テレビ放映料:テレビ放映権は、それまでの常識を超える金額を最低価格として提示、アメリカ4大ネットワークのうちで一番高い金額を示したABCと約450億円で契約。 放映権料を前払いとして、利息を稼ぐ徹底ぶりだった。 スポンサー協賛金:それまで多くのスポンサー企業がマークを使用し、多種多様な活動をしたが、スポンサー数があまりにも多すぎたので、メリットが半減していると判断し、スポンサーは1業種1社、合計で30社と数を減らして価値を高めた。 ロサンゼルス五輪のマークを自由に使える、というのが条件だった。 とが激しいスポンサー争いを演じ、他業種もスポンサーに次々に名乗りを上げ、高額の協賛金が集まった。 入場料収入• 記念グッズの売上 かくして最終的にはこの大会は、およそ400億円の黒字で終了かつ成功し、その全額がアメリカの青少年の振興とスポーツのために寄付された。 この大会の成功が、その後の五輪に影響を与える商業主義の発端となった。 ボイコット [編集 ] 上記3大会とも参加した国 に行われたに、その前年に行われた「に抗議する」という理由で、アメリカがとにボイコットを呼びかけた結果、、、、、、、などの国々が参加しなかった。 その報復としては本大会をボイコットした(表向きの理由はのによるに対する抗議)。 なお、ロサンゼルス大会の不参加国はソビエト連邦、、、、、、、、、、、、、 などであった。 一方、社会主義陣営の国のうちソ連と距離を置いていたと政権のはモスクワオリンピックとロサンゼルスオリンピックの双方に参加してロサンゼルスオリンピックではルーマニアは開催国である米国に次ぐ数の金メダルを獲得し、はでアメリカと接近したため、モスクワオリンピックは不参加、ロサンゼルスオリンピックは参加して金メダルはルーマニアと西ドイツに次ぐ数を獲得した。 聖火ランナー [編集 ] 大会委員長のは一般市民の聖火ランナーからも、参加費用を徴収しようと計画。 一緒にオリンピックを作る一員として、聖火ランナーに参加してくれる人なら、資金的な協力もしてくれる、というのがユベロスの考えだったのだが、聖火を運ぶのは、もともとギリシャ委員会の管轄で、ギリシャ委員会は「聖火を商品化するとは五輪を冒涜する行為」と待ったを掛けてきた。 しかし結局、ユベロスがギリシャ委員会を説得して有料聖火ランナーは実施された。 この時にはので、日本代表でマラソン競技に優勝したも聖火ランナーの一員として走っている。 大会マスコット [編集 ]• - をモチーフにしたマスコットで、これを主人公にしたも製作、放映された。 エンブレム [編集 ]• の星にある13本の横線は、米国独立時の13州を表しているという。 赤・白・青は、アメリカの国旗の色を表しているという。 ハイライト [編集 ] ソ連・東欧圏の選手が出場しなかった結果、射撃の蒲池猛夫(日本)、体操女子個人総合のレットン(アメリカ)など、幾つかの競技で、それまでメダルに縁の無かった国に金メダルをもたらした。 特にレットンの金メダル獲得はアメリカで体操のブームを呼び、多くの子供達が体操競技を始めた結果、のちの体操競技におけるアメリカ勢の躍進の原動力となった。 また、「女子選手には危険過ぎる」との理由で長年開催されていなかった女子がこの大会から公式競技となったが、8月開催の大会のため酷暑の中でのレースとなり、温度を下げるためにコース中にシャワーを設置するなど対策を行ったものの、()がにより千鳥足でゴールする事となった。 開会式 [編集 ] 開会式はアメリカ東部時間に合わせて午後5時から開式。 ロナルド・レーガンによる開会宣言、によるオリンピックテーマ曲、風船を持った人間による人文字、軽飛行機による「 WELCOME」の文字の描かれた幕を牽引した展示飛行、飛行船2隻による巨大な「 WELCOME」の幕の上空掲揚、ビル・スーターの操縦する個人用ジェット推進飛行装置・ロケットベルトを使った飛行(俗にと呼ばれた)、多数のピアノを使用したの演奏などが催された。 閉会式 [編集 ] 閉会式は8月12日午後6時30分に開式通告され、五輪旗がロサンゼルスのトーマス・ブラッドリー市長からIOCの会長に、そしてソウル市の廉普鉉市長に手渡された。 また、大会委員長のユベロスにオリンピックオーダーの称号が与えられた。 聖火が消灯された後、UFOとの音と光の交信が行われ、宇宙人が登場。 そして花火で大会が締めくくられた。 競技会場 [編集 ] 本大会は主に、、、、の5郡にまたがって開催された。 一部、他州で開催された種目もあった。 ロサンゼルス郡 [編集 ] ロサンゼルス市内 [編集 ]• イーグルス・ネスト・アリーナ(ロサンゼルス校のキャンパス内) - 柔道• ガーステン・パビリオン(ロヨラ・メリーマウント大学のキャンパス内) - ウエイトリフティング• - 野球(公開競技)• - 体操• - 開・閉会式、陸上競技、マラソン・ゴール• - ボクシング• マクドナルド・オリンピック・スイム・スタジアム(のキャンパス内) - 競泳、飛込、シンクロナイズドスイミング その他のロサンゼルス郡内 [編集 ]• アーテシア・フリーウェイ(91号フリーウェイ) - 自転車競技団体ロードレース• ウェインガート・スタジアム(、イースト・ロサンゼルス・カレッジのキャンパス内) - ホッケー• エル・ドラド・パーク() - アーチェリー• オリンピック・ベロドローム(セブン-イレブン・ベロドローム、、カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校のキャンパス内) - 自転車競技トラックレース• - バスケットボール• - 馬術• - マラソン・スタート• サン・ヴィセンテ通り、オーシャン・アヴェニュー、90号ハイウェイ、エクスポジション大通りなど - マラソン• - サッカー決勝• ローリー・ラネルズ・メモリアル・プール(のキャンパス内) - 水球• ロサンゼルス・テニスセンター(のキャンパス内) - テニス• ロングビーチ・コンベンションセンター(市) - フェンシング• ロングビーチ・アリーナ(ロングビーチ・コンベンションセンター内) - バレーボール• ロングビーチ・ショアライン・マリーナ(ロングビーチ市) - セーリング オレンジ郡 [編集 ]• アナハイム・コンベンションセンター(市、の隣) - レスリング• コト・デ・カザ - 近代五種フェンシング、射撃、ランニング、馬術• タイタン・ジム(のキャンパス内) - ハンドボール• ヘリテイジ・パーク水泳センター(市) - 近代五種水泳• - 自転車競技個人ロードレース サンバーナーディーノ郡 [編集 ]• プラド・リージョナル・パーク(市) - 射撃 サンディエゴ郡 [編集 ]• フェアバンクス・ランチ・カントリークラブ(ランチョ・サンタ・フェ市) - 馬術 ベンチュラ郡 [編集 ]• カシータス湖(ロス・パドレス国有林内の人口湖) - カヌー、ボート その他の地域 [編集 ]• (カリフォルニア州)• ハーバード・スタジアム(市、所有 )• 海軍海兵隊記念スタジアム(市) 実施競技 [編集 ]• セーリング• (公開競技)• (公開競技) 各国・地域のメダル獲得数 [編集 ] 詳細は「」を参照 順 国・地域 金 銀 銅 計 1 (開催国) 83 61 30 174 2 20 16 17 53 3 17 19 23 59 4 15 8 9 32 5 14 6 12 32 6 10 18 16 44 7 10 8 14 32 8 ニュージーランド 8 1 2 11 9 7 4 7 18 10 6 6 7 19 主なメダリスト [編集 ]• 1 金メダル• (日本、ライフル射撃男子ラピッドファイアピストル)• (日本、レスリンググレコローマン52 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル57 kg級)• (日本、体操男子鉄棒)• (日本、体操男子つり輪、個人総合)• (日本、柔道男子60 kg以下級)• (日本、柔道男子65 kg以下級)• (日本、柔道男子95 kg超級)• (日本、柔道男子無差別級)• (、男子、、、)• (アメリカ、陸上競技男子)• (、陸上競技男子)• (、陸上競技男子)• アメリカ(陸上競技男子)• (アメリカ、陸上競技男子)• (、陸上競技男子)• (、陸上競技男子)• (イギリス、陸上競技男子)• (ルーマニア、陸上競技女子)• (ルーマニア、陸上競技女子)• (アメリカ、陸上競技女子)• (西ドイツ、陸上競技女子)• (イギリス、陸上競技女子)• (西ドイツ、男子200m、100m)• (アメリカ、競泳女子100mバタフライ、200mバタフライ)• (アメリカ、男子3m飛板飛び込み、10m)• (、男子、、)• (中国、体操男子)• (アメリカ、体操女子個人総合)• アメリカ(バスケットボール男子)• (西ドイツ、個人)• 西ドイツ(馬術馬場馬術団体)• イギリス(男子かじつきフォア)• (男子団体)• 2 銀メダル• 森末慎二(日本、体操男子跳馬)• (日本、体操男子平行棒)• 具志堅幸司(日本、体操男子跳馬)• (日本、レスリンググレコローマン57 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル48 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル62 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル82 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル90 kg級)• (アメリカ、陸上競技男子100m)• (アメリカ、陸上競技男子200m)• (、陸上競技男子400m)• セバスチャン・コー(イギリス、陸上競技男子800m)• (アメリカ、陸上競技女子200m)• ドイナ・メリンテ(ルーマニア、陸上競技女子1500m)• (ノルウェー、陸上女子マラソン)• (ルーマニア、陸上競技女子走幅跳)• (アメリカ、陸上競技女子)• ミヒャエル・グロス(西ドイツ、競泳男子200mバタフライ)• (イタリア、フェンシング男子サーブル個人)• 3 銅メダル• (日本、ウエイトリフティング52 kg級)• (日本、ウエイトリフティング56 kg級)• (日本、ウエイトリフティング82. 5 kg級)• (日本、レスリンググレコローマン48 kg級)• (日本、レスリングフリースタイル52 kg級)• (日本、自転車男子スプリント)• (日本、アーチェリー男子個人総合)• (日本、柔道男子86 kg以下級)• (日本、シンクロナイズドスイミングソロ)• ・元好三和子(シンクロナイズドスイミングデュエット)• (日本、体操男子床運動)• 具志堅幸司(日本、体操男子鉄棒)• 梶谷信之・具志堅幸司・外村康二・・森末慎二・(日本、体操男子団体総合)• ・・・・・・・・・・・(日本、バレーボール女子)• (カナダ、陸上競技男子100m)• (スペイン、陸上競技男子1500m)• マリチカ・プイカ(ルーマニア、陸上競技女子1500m)• (フランス、陸上競技男子棒高跳)• (ポルトガル、陸上競技女子マラソン)• (アメリカ、ボクシング男子ライトヘビー級)• (カメルーン、ボクシング男子ライト級) 脚注 [編集 ]• 1896:• 1900:• 1904:• 1906: 注1• 1908:• 1912:• 1916: 注2• 1920:• 1924:• 1928:• 1932:• 1936:• 1944: 注2• 1948:• 1952:• 1956: 注5• 1960:• 1964:• 1968:• 1972:• 1976:• 1980:• 1984:• 1988:• 1992:• 1996:• 2000:• 2004:• 2008:• 2012:• 2016:• 2020: 注3, 注4• 2024: 注4• 2028: 注4• 2032: 開催地未定 注4.

次の

ロサンゼルスオリンピック |1984年ロサンゼルスオリンピック 夏季オリンピック

ロサンゼルス オリンピック 日本

概要 [ ]• 人員: 選手 231人、役員 77人 主将:、旗手:• 結団式:()• 解団式:(岸記念体育会館) メダル獲得者 [ ] 金メダル [ ]• (男子60キロ級)• (柔道男子65キロ級)• (柔道男子95キロ超級)• (柔道男子無差別級)• (男子グレコローマン52キロ級)• (レスリング男子フリースタイル57キロ級)• (ラピット・ファイア・ピストル)• (男子鉄棒)• (体操男子吊り輪)• (体操男子個人総合) 銀メダル [ ]• (レスリング男子グレコローマン57キロ級)• (レスリング男子フリースタイル48キロ級)• (レスリング男子フリースタイル62キロ級)• (レスリング男子フリースタイル82キロ級)• (レスリング男子フリースタイル90キロ級)• (体操男子平行棒)• (体操男子跳馬)• (体操男子跳馬) 銅メダル [ ]• (柔道男子86キロ級)• (レスリング男子グレコローマン48キロ級)• (レスリング男子フリースタイル52キロ級)• (フライ級)• (ウエイトリフティングバンタム級)• (ウエイトリフティングライトヘビー級)• (男子)• (男子個人)• ・・・・・(体操男子団体)• (体操男子床運動)• (体操男子鉄棒)• ・・・・・・・・・・・()• (・ソロ)• ・(シンクロナイズドスイミング・デュエット) 陸上競技 [ ] 「」も参照 監督: コーチ: コーチ: コーチ: コーチ:• 男子走り幅跳び: 7位(7m87cm)• 男子やり投げ: 5位(81m98cm)• 男子400mハードル: 準決勝落選(49秒92)• 男子10000m: 7位(28分27秒06)• 男子やり投げ: 予選失格(74m82cm)• (教)• 男子棒高跳び: 12位(決勝記録なし)• 男子400m: 準決勝落選(45秒88)• (東海スポーツ用品)• 男子走り高飛び: 予選落ち(2m21cm)• (勤務)• ハンマー投げ: 予選落ち(70m92cm)• 男子マラソン: 17位(2時間14分38秒)• 男子マラソン: 4位(2時間10分55秒)• 男子三段跳び: 12位(15m66cm)• 男子10000m: 16位(28分55秒54)• 男子マラソン: 14位(2時間14分13秒)• (研究生)• 男子400mハードル: 予選落ち(50秒14)• 男子100m: 2次予選落ち(10秒75)• ・・・• 女子マラソン: 19位(2時間37分04秒)• 女子走り高跳び: 10位(1m84cm)• 女子やり投げ: 予選落ち(57m72cm)• (教)• 女子やり投げ: 予選落ち(56m60cm)• 女子マラソン: 途中棄権• 女子走り高跳び: 予選落ち(1m87cm) 水泳 [ ] 競泳 [ ] 監督: ヘッドコーチ: コーチ: コーチ:東島新次 コーチ:渡部敏夫• 男子200m個人メドレー: 10位(2分06秒07)• 男子400m個人メドレー: 13位(4分29秒76)• 男子400m自由形: 予選落ち(4分06秒31)• 男子100m自由形: 予選落ち(53秒83)• (研究生)• 男子100m平泳ぎ: 10位(1分04秒41)• 男子200m平泳ぎ: 12位(2分20秒93)• 男子100mバタフライ: 予選落ち(56秒40)• 男子200mバタフライ: 9位(2分00秒31)• 男子200m自由形: 予選落ち(1分54秒71)• 男子100m自由形: 予選落ち(52秒96)• 男子200m自由形: 予選落ち(1分55秒97)• 男子400m自由形: 予選落ち(4分02秒97)• 男子100mバタフライ: 予選落ち(56秒52)• 男子200mバタフライ: 予選落ち(2分03秒07)• (大塚中)• 男子100m平泳ぎ: 予選落ち(1分06秒10)• 男子200m平泳ぎ: 15位(2分22秒29)• 男子100m背泳ぎ: 11位(58秒30)• 男子200m背泳ぎ: 16位(2分06秒02)• ・・・• ・・・• ・・・• 女子100mバタフライ: 14位(1分03秒33)• 女子100m背泳ぎ: 予選落ち(1分05秒60)• 女子200m背泳ぎ: 14位(2分18秒87)• 女子100m平泳ぎ: 予選落ち(1分14秒68)• 女子200m平泳ぎ: 予選落ち(2分42秒69)• 女子200mバタフライ: 6位(2分12秒57)• 女子100mバタフライ: 11位(1分02秒55)• 女子200mバタフライ: 12位(2分16秒27)• 女子400m自由形: 予選落ち(4分28秒68)• 女子800m自由形: 予選落ち(9分13秒27)• 女子100m自由形: 予選落ち(59秒00)• 女子200m自由形: 13位(2分04秒11)• 女子400m自由形: 14位(4分20秒18)• 女子100m平泳ぎ: 6位(1分11秒33)• 女子200m平泳ぎ: 4位(2分32秒93)• 女子200m個人メドレー: 15位(2分22秒81)• 女子400m個人メドレー: 14位(4分58秒02)• 女子100m背泳ぎ: 予選落ち(1分07秒23)• 女子200m背泳ぎ: 予選落ち(2分25秒05)• 女子100m自由形: 予選落ち(58秒47)• 女子200m自由形: 16位(2分05秒24)• ・・・• ()・・・• ()・()・()・(勤務)・(研究員)・()・(横浜サクライスイミングクラブ)・(自営業)・(横浜サクライスイミングクラブ)・()・(光陽グラフィックインターナショナル)・()・()• 男子: 11位 飛込 [ ] コーチ:• 男子高飛込: 17位(462. 09)• 男子飛板飛込: 25位(427. 14)• (奈良県文化事業団)• 男子高飛込: 15位(466. 74)• (コラル・ギャブレス高)• 女子高飛込: 9位(348. 60) シンクロナイズドスイミング [ ] コーチ:• ソロ: 銅メダル(187. 050)• (関西保育専門学校)・• デュエット: 銅メダル(187. 992)• (): 出場せず 体操 [ ] 監督: 男子コーチ: 女子コーチ: 女子チームリーダー: 新体操コーチ: ピアニスト:石崎弘子 体操競技 [ ]• 男子床運動: 銅メダル(19. 700)• (職)• 男子あん馬: 6位(19. 625)• 男子個人総合: 8位(117. 375)• 男子平行棒: 銀メダル(19. 925)• (研究生)• 男子つり輪: 金メダル(19. 850)• 男子個人総合: 金メダル(118. 700)• 男子跳馬: 銀メダル(19. 825)• 男子鉄棒: 銅メダル(19. 950)• 男子平行棒: 5位(19. 800)• 男子つり輪: 6位(19. 725)• (教): 出場せず• 男子跳馬: 銀メダル(19. 825)• 男子鉄棒: 金メダル(20. 000)• 男子個人総合: 9位(117. 200)• ・・・・・• 男子団体総合: 銅メダル(586. 70)• 女子個人総合: 11位(76. 850)• 女子床運動: 7位(19. 375)• (ク)• 女子個人総合: 18位(75. 825)• 女子個人総合: 16位(76. 100)• 女子段違い平行棒: 7位(19. 325)• ・()・・・()・()• 女子団体: 6位(376. 75)• (): 出場せず 新体操 [ ]• (研究生)• 個人総合: 8位(56. 675)• 個人総合: 13位(56. 050) 自転車 [ ] 監督: コーチ:藤原英興• 男子50kmポイント・レース: 15位(8点(-1)、予選敗退)• (マエダ工業)• 男子個人ロード・レース: 45位(5分22秒17)• 男子50kmポイント・レース: 22位(2点(-2)、予選敗退)• 男子1000mタイム・トライアル: 13位(1分08秒87)• 男子スプリント: 銅メダル• 男子スプリント: 第3次予選敗者復活戦敗退• ()・・()・()• 男子4000m団体追抜競走: 11位(4分34秒39)• 女子79. 2km個人ロード・レース: 40位(2時間40分12秒) ハンドボール [ ] 監督: コーチ:• ()・(湧永製薬)・(湧永製薬)・()・()・(大同特殊鋼)・(本田技研)・(湧永製薬)・()・(大同特殊鋼)・(大同特殊鋼)・(大同特殊鋼)・()・(教)・(湧永製薬)• 男子: 10位 バレーボール [ ] 男子 [ ] ヘッドコーチ: コーチ: アシスタントコーチ:• ()・()・()・()・()・(富士フイルム)・(富士フイルム)・(新日鉄)・()・(富士フイルム)・(富士フイルム)・(富士フイルム)• 7位 女子 [ ] ヘッドコーチ: コーチ: アシスタントコーチ:三浦敏子• ()・(日立)・(大阪吹田クラブ)・(日立)・(日立)・(日立)・(日立)・()・()・(日立)・(日立)・(日立)• 銅メダル レスリング [ ] フリースタイル監督: フリースタイルコーチ: グレコローマン監督: グレコローマンコーチ:• (安藤コンクリート工業)• グレコローマン100kg以上級: 6位• グレコローマン52kg級: 金メダル• グレコローマン74kg級: 2回戦敗退• グレコローマン57kg級: 銀メダル• (教)• グレコローマンスタイル68kg級: 2回戦敗退• グレコローマン48kg級: 銅メダル• グレコローマン82kg級: 2回戦敗退• (教)• グレコローマン90kg級: 2回戦敗退• (青森県三八教育事務所)• グレコローマン62kg級: 8位• (教)• グレコローマン100kg級: 7位• (教)• フリースタイル52kg級: 銅メダル• フリースタイル68kg級: 4位• フリースタイル100kg以上級: 7位• フリースタイル62kg級: 銀メダル• (教)• フリースタイル90kg級: 銀メダル• (教)• フリースタイル82kg級: 銀メダル• フリースタイル48kg級: 銀メダル• (奈良県体協)• フリースタイル74kg級: 5位• (教)• フリースタイル57kg級: 金メダル• フリースタイル100kg級: 5位 柔道 [ ] 監督: コーチ: コーチ:• (教)• 男子60kg以下級: 金メダル• 男子65kg以下級: 金メダル• 男子71kg以下級: 5位• (鳥取エフワン)• 男子78kg以下級: 5位• (教)• 男子86kg以下級: 銅メダル• 男子95kg以下級: 2回戦敗退• (教)• 男子95kg超級: 金メダル• (教)• 男子無差別級: 金メダル ウエイトリフティング [ ] 監督: コーチ:• 60kg級: 4位(270. 52kg級: 4位(230. (教)• 5kg級: 6位(302. (今市青少年スポーツセンター)• 5kg級: 銅メダル(340. 56kg級: 4位(250. (教)• 56kg級: 銅メダル(252. (一宮グループ日泉科学工業)• 52kg級: 銅メダル(232. (教)• 60kg級: 5位(267. 5kg級: 5位(305. 0) ボクシング [ ] 監督: コーチ:斎藤義信• ライトミドル級: 3回戦敗退• (教)• バンタム級: 3回戦敗退• ライトフライ級: 5位(準々決勝敗退)• ライトウエルター級: 1回戦敗退• フライ級: 2回戦敗退• フェザー級: 2回戦敗退• ウエルター級: 2回戦敗退 フェンシング [ ] 監督: コーチ:藤沢義彦• 男子フルーレ個人: 予選敗退• 男子フルーレ個人: 予選敗退• (山梨県公園運動場管理事務所)• 男子フルーレ個人: 予選敗退• ・・()・()・• 男子フルーレ団体: 予選敗退• 女子フルーレ個人: 27位• (研究生)• 女子フルーレ個人: 30位• 女子フルーレ個人: 38位• ・()・・• 女子フルーレ団体: 8位 アーチェリー [ ] 監督: コーチ:• 男子個人総合: 銅メダル(2563点)• 男子個人総合: 4位(2552点)• (自営)• 男子個人総合: 52位(2312点)• 女子個人総合: 4位(2524点)• (教)• 女子個人総合: 10位(2481点) 射撃 [ ] クレー射撃 [ ] 監督:• トラップ: 11位(186)• (板倉精機)• スキート: 13位(192)• (みつわ革漉工業)• トラップ: 11位(186)• (林真珠商会)• スキート: 41位(184) ライフル射撃 [ ] 監督: コーチ:山本忠正• 男子ラピッド・ファイア・ピストル: 金メダル(595)• 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢: 33位(1125)• 男子ラピッド・ファイア・ピストル: 23位(583)• 男子スモール・ボア・ライフル伏射: 17位(591)• 男子スモール・ボア・ライフル伏射: 43位(585)• 男子フリー・ピストル: 29位(540)• 男子エア・ライフル: 18位(578)• 男子スモール・ボア・ライフル3姿勢: 25位(1137)• 男子フリー・ピストル: 18位(551)• (出)• 女子エア・ライフル: 11位(383)• 女子スモール・ボア・スタンダードライフル3姿勢: 11位(568)• 女子スポーツ・ピストル: 23位(564)• 女子スポーツ・ピストル: 23位(564) カヌー [ ] コーチ:• (マルニ特殊家具)• レーシング男子カナディアン・シングル1000mC1: 8位(4分18秒72秒)• レーシング男子カナディアン・シングル500mC1: 6位(2分01秒79秒)• (職)・(役場)• レーシング男子カヤック・ペア500mK2: 敗者復活戦敗退(1分47秒42)• レーシング男子カヤック・ペア1000mK2: 敗者復活戦敗退(4分00秒02)• ()・()• レーシング男子カナディアン・ペア1000mC2: 準決勝敗退(4分10秒77)• レーシング男子カナディアン・ペア500mC2: 8位(1分50秒22秒) ボート [ ] 監督:• ()・()・()・()・(、かじ)• かじ付きフォア: 8位(6分52秒62)• シングルスカル: 敗者復活戦敗退(7分32秒53) セーリング [ ] コーチ: コーチ:• ()・()・()• ソリング級: 17位(124. 00)• ()・()・(福岡市立ヨットハーバー公社、出場せず)• 470級: 11位(93. 00)• ()・()• フライングダッチマン級: 14位(99. 70)• (ウィンド・サーフィン・ジャパン)• ウィンドグライダー級: 16位(132. 00) 近代五種 [ ] 監督: コーチ:川添博幸(選手兼任)• 男子: 46位(4282)• 個人: 29位(4809)• 個人: 28位(4829)• 団体: 11位(13920)• (): 出場せず 馬術 [ ] コーチ:• (相生馬事公苑、馬名:パープレックス)• 障害飛越個人: 46位(予選敗退)• (、馬名:メディーナ)• 馬場馬術個人: 39位• (乗馬クラブクレイン、馬名:コールマン)• 障害飛越個人: 34位• (京都洛北宝ヶ池観光農園、馬名:ラッキーボエッシジャー)• 障害飛越個人: 馬体検査失格• (、馬名:ザ・シントー)• 障害飛越個人: 14位(予選敗退)• (筑波ライディングパーク、馬名:信長)• 馬場馬術個人: 馬体検査失格• (廣松喜八郎公認会計士事務所、馬名:バンソール)• 馬場馬術個人: 43位• (中退)・(馬名:ザ・シントー)・(馬名:パープレックス)・(馬名:コールマン)• 障害飛越団体: 11位 本部 [ ]• 顧問:• 顧問:• 団長:• 副団長:• 総務主事:• 本部役員:• 本部役員:• 本部役員:• アタッシェ:田中克之• サブ・アタッシェ:石田訓夫• 本部員:樽味久行• 本部員:土屋和平• 本部員:浅沼隆和• 本部員:三浦宜久• 本部員:平野祐司• 本部員:金古正• 本部員:三瓶勝也• ドクター:高沢晴夫• ドクター:渡會公治• ドクター:坂本静男• ドクター:南谷和利• マッサー:川野哲英• マッサー:川上良太• マッサー:白川守 備考 [ ] ドーピング騒動 バレーボール全日本男子のとが、日本人の五輪史上としては初である検査の陽性反応が出た。 まず田中が検査に引っかかった。 風邪で体調を崩したためトレーナーが処方したを無自覚で服用、この中に含まれるが検出されたため。 この経緯のため田中自身は処罰されず、トレーナーが処分を受けた。 次に下村の場合は、の異常値がみられたことから。 ただしテストステロンがの一種で生成に個人差があることから「執行猶予付き有罪」とされ隔離された。 はこれを不服として再調査を行った結果、下村の特異体質ということが判明し無罪となった。 脚注 [ ].

次の

1984年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

ロサンゼルス オリンピック 日本

〝金3、銀3、銅3、日本のお家芸と呼ばれたバレーボール〝 1964年の第18回夏季オリンピック東京大会開催に当たって、当時のオリンピック憲章の規定で開催国が新競技を2競技まで選ぶことが出来ました。 東京オリンピック組織委員会は、日本でメダル獲得の可能性の高い競技は、柔道(男子のみ)とバレーボールを選びました。 女子バレーボールはオリンピック競技で採用された最初の女子団体競技でした。 優勝した日本女子チームは「東洋の魔女」と呼ばれ、その強さが広く世界に知れ渡りました。 この大会、日本男子は銅メダル。 その後、1968年メキシコ大会では日本は男女とも銀メダル、1972年ミュンヘン大会は男子が待望の金メダル、女子は銀メダル。 更に1976年モントリオール大会では日本女子チームとして2度目の金メダルに輝きました。 〝バレーボールの故郷〟へ2020年里帰り〝 しかし、バレーボールがオリンピックの正式競技として定着すると、諸外国では当然のようにメダルを狙って競技力を上げてきました。 ソ連(現ロシア)、東ドイツ(現ドイツ)、ポーランド、ブルガリアなど旧来の強豪国に加え、アメリカ、キューバ、ブラジル、イタリアなどが台頭。 アジアでも中国、韓国も力を付け、日本は1984年ロサンゼルス大会での女子の銅メダルを最後にメダルどころかアジア枠のオリンピック出場権を獲得することさえ厳しい状況になりました。 男子は1996年アトランタ大、2000年シドニー、2004年アテネの3大会連続で出場できず、やっと2008年北京大会に出場したものの2012年ロンドン大会では再びアジア枠すら奪えませんでした。 一方女子は、シドニー大会には出場できませんでしたが、ロンドンではロサンゼルス大会以来の銅メダルを獲得して、久しぶりに日本の存在感を誇示しました。 そして2020年、バレーボール競技はオリンピックに初登場した東京へ戻ってきます。

次の