妊娠 基礎体温 グラフ。 基礎体温のグラフからわかること

【基礎体温のグラフ】妊娠した時の高温期とその前の周期の違いを分析

妊娠 基礎体温 グラフ

関連記事: 基礎体温表は自分の体のリズムを知るために必要です。 継続して基礎体温表に… 筆者の体験。 妊娠していたけど高温期に基礎体温が下がりました 妊娠が判明している場合は、高温期が続くため体温が下がるということはあまりないでしょう。 しかし、筆者は一時的にではあるものの、高温期にガクッと体温が下がったときがありました。 このときはリセットなのかと落ち込みましたが、翌日から高温期の体温に戻り、結果妊娠していました。 はっきりとした原因は分かりませんが、この現象を医師に伝えたところ「そういうこともあるよ」といわれました。 計測ミスや測定環境によるわずかな誤差 そのとき医師にいわれたのは、1日だけ下がったという場合は計測ミスや測定環境による影響があるとのことです。 基礎体温は、体温計を置いている環境や測っている環境により影響されることがあるそうです。 いつも同じような環境で測れることが望ましいのですが、冬場なら部屋の温度などで体温計の感度がわずかに変わることもあるといわれました。 出典元一覧• はなおかレディースクリニック「基礎体温と排卵日の予測」(,2019年6月11日最終閲覧)• 塩谷正英 監 「ふたりで取り組む赤ちゃんが欲しい人の本」P34~39(西東社,2012年)• はるねクリニック銀座「基礎体温で体のコンディションをチェックする方法」(,2019年7月16日最終閲覧)• 女性の健康推進室 ヘルスケアラボ 厚生労働省 「基礎体温」(,2019年7月16日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

妊娠時の基礎体温表

妊娠 基礎体温 グラフ

通常の妊娠である場合、受精した卵子はもちろん、子宮へ着床します。 そして赤ちゃんへと育っていくわけです。 しかしあまりないケースではありますが、受精卵が子宮以外の場所へ着床してしまうこともあるのです。 この、「子宮以外の場所へ着床してしまった妊娠」のことを、「子宮外妊娠」と呼びます。 まずは自分の基礎体温を知ろう 子宮外妊娠の場合、基礎体温がどのような状態になるかを知るには、通常の妊娠の場合は基礎体温がどのように変化するかを知っておく必要がありますね。 すでに基礎体温を測り続けて、基礎体温表を定期的につけている方ですとご存知かもしれませんが、簡単におさらいしてみましょう。 基礎体温には、「高温期」と「低温期」があります。 この高温期と低温期は、女性のバイオリズムと深い関係があります。 基礎体温については「 」をご確認ください。 「高温期」と「低温期」と呼ぶとはいえ、明確に「体温が〇度であれば高温期(or低温期)」という基準はありません。 体温にはもちろん個人差が大きいためです。 そのときの体調などやストレスなどによっても簡単に左右されてしまうもです。 高温期の低温期の差は、その方個人の体温の差として見ることができます。 高温期と低温期の差は、0. 3~0. 5度程度といわれています。 こうしてみると、わずかな差ですね。 なので、風邪を引いたときに使うような普通の体温計で判断することは難しいので、細かな単位まで測ることのできる、基礎体温計測専用の婦人用体温計を使って計測することが大切になってきます。 妊娠した場合の基礎体温 では、この基礎体温は妊娠した場合はどのように変化するのでしょうか。 妊娠しなかった場合は、前項のように、高温期と低温期が交互に表に表れます。 ただし、ホルモンバランスが乱れていたり、無排卵月経になっている場合などは、ガタガタの状態になる場合もあります そして妊娠した場合は、高温期がそのまま続きます。 高温期が三週間以上続くようでしたら、妊娠した可能性がありますので、まずは妊娠検査薬を使ってみましょう。 そして陽性反応が出た場合は、産婦人科にかかってしっかりと確認してもらうといいですね。 基礎体温で、子宮外妊娠がわかる? さて、このように基礎体温によって妊娠したかどうかを知るめやすとなるわけですね。 しかし、もしも「子宮外妊娠」であった場合、基礎体温には反映されるものでしょうか? 子宮外妊娠は、「子宮外」であっても「妊娠」には違いありません。 なので、「正常に妊娠した場合」と同じように、「高温期がそのまま続く」と基礎体温表に表れることが多いのです。 子宮外妊娠を、基礎体温の変化から判断することは、難しいと言えるでしょう。 なので高温期が長く続いていて、「もしかしたら妊娠したかも?」と思った場合は、まず妊娠したかどうかを確認しましょう。 前述のように妊娠検査薬を使ってみたり、産婦人科にかかることが必要になってきます。 そして、産婦人科で「妊娠していること」と、「その妊娠が、子宮への正常な妊娠であるかどうか」を確認してもらいましょう。 子宮外妊娠は、どのような兆候がある? このように、基礎体温によって子宮外妊娠を判断することは難しいことがわかりました。 では、子宮外妊娠であった場合を知るためには、どのようなことに注意したら良いのでしょうか?子宮外妊娠であった場合は、このような兆候が見られます。 おなかが痛い• 不正出血がある• 吐き気がする• 貧血のようにふらふらする ただしいずれにしても、ささいな変化であったりするために、自己判断をすることはおすすめできません。 単純に「なんだか体調が悪いだけかもしれない」と思ってしまうこともあるでしょう。 それに、たとえば「不正出血がある」という場合でも、「もしかしたら妊娠ではなくて、生理かもしれないから、別に異常はないでしょう」なんて、判断してしまうこともあるでしょう。 なので、決して自己判断はしないようにして、基礎体温から妊娠した可能性があると思った場合は、きちんと産婦人科にかかることが必要です。 子宮外妊娠は、誰にでも起こりうる事態です。 まれではありますが、絶対に起こらないなどということはありません。 そして子宮外妊娠に気付かず、放置してしまった場合、最悪の場合は「卵管破裂」などを起こしてしまうことすらあり得ます。 とても危険な状態になってしまうことがありますので、正常な妊娠であることを、しっかり確認しておきましょう 基礎体温では子宮外妊娠はわからない 子宮外妊娠を基礎体温をつけることで知ることは、難しいということがわかりました。 ですが、基礎体温を測って基礎体温表をつけることは無駄ではありません。 妊娠に早く気付くことができますし、ひいては早めに産婦人科にかかることができるからです。 そこから子宮外妊娠であるかどうかを調べてもらうことができるでしょう。 つまり、早期発見に繋がるのです。

次の

妊娠時の基礎体温表

妊娠 基礎体温 グラフ

基礎体温が理想のグラフの形じゃなく不安 そろそろ子供が欲しいと思っている方は、妊活の第一歩として「基礎体温」をつけて「グラフ化」までしています。 しかし、グラフの形が正常ではない場合、それは測り方が正しくないなど、体の不調によるものではないかも知れません。 詳しく解説していきますので、思い当たる方はもう一度チェックしてみましょう。 基礎体温は正しく測ることが大切 「基礎体温の測り方」とは、どのように測るのが正しいのでしょうか。 「グラフのつけ方」とは、どのようにつけるべきなのでしょうか。 先ずは、これらについて見ていきましょう。 基礎体温の測り方 基礎体温は婦人用体温計を使用します。 基礎体温は、体温差が0. 3度から0. 5度間で推移するので専用の体温計を使用するのです。 普通の体温計は小数点第一位までしかはかることができませんが、婦人用体温計は小数点第二位まで測ることができます。 測る場所は脇ではなく、より精密に測れるように口で測ります。 手順としては、朝目覚めてもすぐには起き上がらずに寝たままの状態で、基礎体温計を舌の下中央にある筋の部分に挟みます。 計測音が鳴ったら、口から体温計を出し値を確認します。 注意点としては、時間、測る場所や位置を極力変えないようにします。 体温はちょっとした動きで上がるので、寝返りには気をつけましょう。 動かないためにも、手元に体温計を置くのもよいでしょう。 グラフのつけ方 女性の体はエストロゲロン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類のホルモンの影響により「低温期」と「高温期」に分かれます。 生理から排卵までを「低温期」、排卵後から次の生理までが「高温期」となります。 この「低温期」と「高温期」がグラフでわかるようにします。 また、生理日やセックスがあった日、おりものや不正出血などの女性特有の症状が出た時、検査薬を使用した時の結果などの情報も記入しておくと、自分自身の状況把握がしやすくなり、何かトラブルが発生した場合、診察時の診断材料とすることができます。 不妊治療をしている場合は、通院日、薬、検査結果なども記入しておくとよいでしょう。 理想的なグラフの形 次に、理想的なグラフの形は、どのような形なのでしょうか。 排卵がある基本の形 女性の体温は、ホルモンの影響で低温期と高温期に分かれます。 生理から排卵までは低温期、排卵後から次の生理までが高温期となり、この低温期と高温期が規則正しいリズム刻み、この二つの平均の差が0. 3度~0. 5度くらいあれば、理想的な形といえるでしょう。 基礎体温は生活習慣が影響する 基礎体温は高温期と低温期の周期を繰り返すことが重要になります。 4時間以下の睡眠や前日の飲酒、寝汗をかく、深夜2時以降の就寝、5時以前の起床など、このような生活は基礎体温に影響を与えますので、きちんとした規則正しい生活を送れるように心掛けましょう。 全体的になんとなくでいい 基礎体温を測って記録していく中で、長期間、同じ時間、同じ姿勢で測ることは大変、難しいことではないしょうか。 うっかり、測り忘れや起き上がってしまったなんてこともあるはずです。 高温期と低温期がなんとなく分かれており、平均の差が0. 3度~0. 5度くらいあるグラフであれば心配ありません。 基礎体温を測りグラフ化する目的は、あくまでも体のリズムを知るためのものと判断しましょう。 グラフの乱れは要注意 グラフが乱れていると不安になりますよね。 基礎体温グラフが乱れている場合は、いくつかの症状が疑われます。 基礎体温の違和感やグラフの乱れがあれば、放置せず、すぐの受診をおすすめします。 低温期がずっとつづいている 基礎体温には低温期と高温期がありますが、この二つが分かれていない場合、低温期が続く場合は、排卵がおこなわれていない可能性があります。 生活習慣の乱れや過度のストレスによって、脳からの指示がおこなわれずに生理で出血はあるのに排卵がおこなわれない「無排卵性月経」と呼ばれる症状が起こります。 高温期が短い 生理が始まると体温が低下します。 しかし、体温が下がらずに高温期が続く場合は、子宮内膜が本来は子宮内にできるはずが、卵巣や卵管、小腸、膀胱などの違う場所にできてしまう「子宮内膜症」の可能性が疑われます。 症状としては下腹部に痛みや不正出血、経血の増加、月経痛、性交痛、排尿痛などがあげられます。 「子宮内膜症」を放っておくと不妊症になる可能性もあります。 低温期と高温期の差が0. 3度以下 低温期と高温期の差が0. 3度以下の場合は、黄体機能が弱っている可能性があります。 女性ホルモンの一つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、体温を上昇させて、子宮内膜の厚い状態を保ち妊娠しやすい体をつくるためのホルモンなのですが、このホルモンの分泌が減少していることで生理周期が正常な状態ではなくなっています。 生理が終わった後も高温 生理が終わったあとも高温期が続いている場合も、黄体機能が正常ではない状態ということです。 本来、妊娠しなければ黄体は白体へと変化し、黄体ホルモンの分泌が減少することで高温期から低温期へとなり、また生理が来て、これが周期的におこなわれます。 高温期が続いているということは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が過剰分泌されていることを意味します。 この症状は「黄体依存症(存続症)」「ハルバン症候群」と呼ばれています。 しかし、医学的にも原因が明らかになっていません。 妊娠した時のグラフの形 妊娠したときのグラフは、どのようになっているのでしょうか。 みていきましょう。 高温期がつづく 妊娠すると体温を上昇させるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響を受けて、高温期が続きます。 その理由は、排卵後のできた黄体が組織が変わり「妊娠黄体」に変化します。 そして、その妊娠黄体からプロゲステロンの分泌が続くからです。 子宮膜はプロゲステロンの分泌が続くことによって厚く保たれ、剥がれ落ちることがなくなって、生理がこなくなります。 高温期が17日以上続く場合、高い可能性で妊娠しているかもしれません。 妊娠初期に体温が下がったら? 妊娠初期に体温が下がることがあります。 これは「インプラテーションディップ」と呼ばれる症状です。 この症状は医学的に明らかにされていません。 この「インプラテーションディップ」が起こらなくても妊娠することもよくあります。 体温の変化だけで流産かもしれないと心配しないで下さい。 妊娠初期症状の一つとして軽く受け流しましょう。 あまり気にし過ぎるとストレスの原因にもなりますので注意しましょう。

次の