東北 大学 ミール カード。 東北大学生活協同組合

ミールカード: ただ乗りを好きなのはお前だけかよ

東北 大学 ミール カード

確か昨年度から北大生協に導入された。 らしいが、ちょうどこの時期に購入を勧める広告を学食のあちこちで目にする。 最近の学生が経済的な問題で食費を削ることを防ぐためということだが、それなら単純に価格を下げてもいいはずだ。 生協がメリットとして謳っている、手持ちがなくなっても学食を利用できることについては、すでにクレジットカードやプリペイドカードが導入されている今や、特別メリットとは思われない。 むしろ、北大生協の運営上の戦略と考えた方がいいだろう。 ミールカードは、1日1,000円までのものは16万円、800円までは14万円も一括で支払うため非常に高額な印象を持つ。 新入生にとっては、入学金と授業料だけでもかなりの負担のはずだ。 一方、生協にとっては、年度始めにまとまった収益があれば、その後の運営が楽になることは簡単に想像できる。 そのため、大学での生活を知らない新入生が保護者とともに大学を訪れるこの時期に、入学準備のごたごたの中で安心感と割安感を売り込んで契約を成立させるのではないだろうか。 しかし、実際には大学生は必ずしも学食で毎日2食をとるわけでもない。 さらに、学食のメニューは揚げ物や炒め物中心で、とても健康に良いとは言えない。 こうした現実を知れば、そうそうミールカードを申し込もうとは思わないはずだ。 ミールカードのようにハイリスクを組合員である学生に迫るようなサービスは、社会の風潮に乗って大学生協がやることではないだろう。 ミールカードで収益を安定させなければ、現在のサービスの水準を維持できないとしても、新入生の大学生活への認識が低いこの時期に申し込み期限を設定して、慌てて契約を成立させてしまうのは以ての外だ。 もう少し学生の現実に見合ったサービスを考えられないものだろうか。 ちょっとおじゃましていいですか。 1年前に申し込んだ方にお聞きしたところでは、「自分でつくるより栄養バランスを意識できると思う。 」とか「朝食をしっかり食べられるようになった!」とか、けっこう評判よかったんですよ。 「生活に合わない方は、5月末までに取り消してもらえれば、実際に食べた分との差額を返金します。 」とご案内しているので、「私の生活には合わない」と思った人の多くがキャンセルされたようです。 今年もそういうしくみにしています。 「1年分の食事代を払ったら、あとは自由に食べる」というしくみは、欧米の大学などにはよくあるしくみですが、これを成り立たせるには「1日2~3食食べても不満を感じない健康的な食事をご提供すること」です。 一所懸命がんばりたいと思います。 ご指摘いただいた点を真摯に受け止めます。 ミールカードに触れていただき、どうもありがとうございました。 投稿: 生協専務やなぎだ 2006年4月10日 月 20時44分 そのとおりだと思います。 以下はいいわけです。 「1日上限800円または1000円、この金額を超えたかどうかをどのレジでも判別できる」などのしくみにするためには、「ミールカード側で処理する情報」と「食堂の各レジで処理する情報」とを組み合わせてうまく運用しなければなりません。 今のところ現行ルール用のシステム開発と運用を行うのが精一杯で、「毎月」などをルール化する力が生協にありませんでした。 システム開発費用は1千万円の桁の金額で、同様のしくみを採用する大学生協と協力することで北大生協の支出をぐっと引き下げています。 北大生協内で、また他の生協とも相談して、さまざまある支払方法の一つであるミールカードの使い勝手をもう一回り改善できるかどうか考えてみます。 2回も勝手に書き込ませていただき、失礼しました。 また、ちゃんとかまっていただき、ありがとうございました。 また,顧客(学生)に人気があるからといって,それがよいサービスとは言えないと思います. ミールカードについて,その利点・利便性だけを強調するのではなく,その不便・危険性などについても十分注意する必要があるように思います. ミールカードはクレジットカードと同様,紛失,個人情報の漏洩という問題は必ずありますし,現金を使わず何でもカードで用を足すことによる弊害,つまり学生の金銭感覚のマヒ・自己管理力の低下,あるいは,生協での食事に頼ることによる自炊力の低下も心配されます. 最近は,金銭感覚の無い人(それゆえ借金やクレジットカードなどのトラブルも急増している)や,自己の生活管理もできないような大人が増えています. また,何でもお金で解決したり,自由に好きなサービスが受けられるという多様性・利便性の裏に隠れて,人々のモラルの低下も大きな社会問題となっています. 大学がそのような人間をつくる足場となってはいけないですし,大学はむしろ,そうした社会の反省に立って,市場主義とは逆の立場で,本当の「食育」を実践するところとして大きな存在意義と責任があるように思います. もしそうでないのならば,大学生協は金額以外で他のお店とあまり大差ないように思います. ミールカードの利便性の影には,親元離れてまもなく知る食事作りの大変さ,親の苦労,健康管理の大変さ,街のスーパーで食材を買うときの金銭感覚や社会交流,生活感など,お金では得られない大切な価値が見落とされてしまいがちです. 今,ファストフードとは対極的に,「スローフード」や「食育」という言葉が徐々に見直されてきています. 大学生協には,世の中の風潮にとらわれず,本当の食育文化の価値を守る役目を果たしてほしいです. 開発と運用の難しさは想像できましたが、つい価格と時期に伴うリスクにばかり目が行ってしまいました。 一方的な主張で配慮に欠けていたことは反省します。 ここで書くのは何となくはばかられていましたが、学生Aさんのコメントがありましたのであえて書きます。 他の国立大学法人には、コンビニを始めとする民間業者がキャンパスに進出しているところもあります。 このように市場原理を導入すれば、学食が改善されるなどど安易には考えません。 競争によってサービスは向上することも低下することも考えられるからです。 一方、北大では生協が独占状態です。 この理由の一つとして、学生を含む北大が生協を支持していると考えても良いのではないでしょうか。 ですから、生協への信頼と期待に応えるために、民間でなく生協だからこそできる組合員のためのサービスを提供し続けて欲しいと思います。 その意味でも、ミールカードの今後に注目します。 確かに自己管理能力の低下を助長している側面も否めませんが、管理能力に自信がなければ使わないという選択肢もあります。 ですから、ミールカードやクレジットカードは、金銭の自己管理の方法を広げたと考えることもできるのではないでしょうか。 ただし、ミールカードに対する学生の評判からは、やはり自己管理能力の低下も感じられるので、そうした学生にとっては次へのステップと捉えましょう。 ミールカードありきではなく、総合的に判断した上でミールカードの使用、あるいは使わないことを自ら選択できるようになることは、食育の目的とも合っていると思います。 投稿: 2006年4月13日 木 13時01分 H本さん,コメントありがとうございます. 確かに自己管理能力の低下を助長している側面も否めませんが、管理能力に自信がなければ使わないという選択肢もあります。 ですから、ミールカードやクレジットカードは、金銭の自己管理の方法を広げたと考えることもできるのではないでしょうか。 大学生協への期待は大です. 投稿: 学生A 2006年4月15日 土 23時41分 インターネットもクレジットカードも、上手く利用すればともて便利な道具です。 けれども、道具には必ず危険が付きまといます。 問題は、そうしたサービスを運営する上で、その危険性が利用者にとって高すぎたり、被害が大きすぎたりしないことと、その危険性を利用者が認識しているかどうかだと思います。 インターネットを通じた情報の流出は、利用者に限らず周りにも被害をもたらします。 クレジットカードでは、以前話題になったカード破産という問題があります。 これらの場合では、個人で対応できない大きさにまで被害が拡大する可能性があることを意味しています。 したがって、サービス提供者が利用者の安全を保障できるように改善する必要があると考えます。 しかし、危険性を利用者に認識させる責任が提供者にはあると同時に、利用者も危険性を意識し、利用時には自己管理をする責任があります。 多くの場合、利用者が危険性をしっかりと認識していないことにより被害が出ていると思われます。 この点の改善も大きな課題だと考えます。 こうした議論をふまえると、現行のミールカードを利用する危険性は、学生にはまだ高すぎると思います。 また、利用することで失うもの、例えば学生Aさんの指摘した自炊から学ぶことなど、そうした危険性も含めたデメリットについて、利用者の認識を高める工夫が必要でしょう。 具体的には、ミールカードの案内にはデメリットについても記述したり、カード決済についての勉強会を開くなどの方法が考えられます。 こうしたことは、営利追求の民間ではできないことで、生協だからできることだと思います。 その意味で、学生の教育や学習までに配慮したサービスに期待します。 投稿: 2006年4月17日 月 06時56分.

次の

大学生協のミールカードについてミールカードは年間192000円で1日上限...

東北 大学 ミール カード

大学生協のミールカードどう思いますか?必要or不必要 大学生協が提供しているミールカード制度 一定金額で毎日1000円分の食事ができるという制度です。 春から岡山大学に進学する身なのですが ミールカードの申し込みをするかどうか悩んでいます。 質問できる先輩も一人しかおらず 多くの方の意見が聞きたいのですが 現役生の方は ミールカードについてどう思われますか? もちろん 岡山大学以外にも この制度がある大学のかたは ご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。 大変参考になりました サークル(?)は管弦楽部 岡山大学交響楽団にはいりたいな と思っています。 ずっとヴァイオリンをやってきたもので なので大学には毎日のように通うことになりそうですね また自宅からではなく下宿です。 そう考えると、一応購入しておいたほうがいいのかもしれませんね 合格おめでとうございます。 春から岡大生ですね。 まずはサークル勧誘の洗礼を受けることになると思うので、ちょっと覚悟しておいてください^^ 友達と単位取得に奔走したり、サークルで独自のイベントを開催したり、バイトに明け暮れたりと、学生ならではの体験のできる貴重な時期です。 よい大学生活を送ってくださいね。 さてミールカードですが、お得といえばお得ではあるのですが、予想したより使わなかったということになると赤字なんてこともあるので一概にどちらが良いとは言えません。 最大どれくらいお得か等詳しいことは「岡山大学 ミールカード」で検索すると出てくるので、そちらを参照されたほうが正確だと思います。 岡山大学ではピーチユニオン・マスカットユニオン(それぞれピーチ・マスカと呼ばれています)に食堂はありますが、営業時間は二つを合わせると朝は8時から夜は22時まで開いていますし、長期休暇中も営業時間は短くなりますが大抵の場合開いているようです。 営業時間や期間なども正確なことは岡山大学生協のホームページでご確認ください。 ここからは完全に個人の意見ですので、正確性はあまりありませんがご容赦ください。 まず全体の印象として、ミールカードを持っている人は下宿生が殆どで自宅生はあまり持っていないように思われます。 自宅生は夕食が家で用意されている場合が殆どなので学食を利用して晩御飯を食べる必要がないようです。 また、下宿生も自炊をするという人はミールカードを持っていません。 ミールカードを持っていると一括で購入しても分割で購入しても値段は決まっているので、食費の心配をすることなく食事ができます。 実際、学生食堂は普通の飲食店と比べてとても安いので一日1000円あれば十分な食事ができます。 それに一日で1000円をオーバーしても超過分を払えば良いので問題ありません。 私の場合、一食400円前後。 多くても500円強で少なければ300円以内におさまる事もあります。 運動部の方や男性はもっと食べるかもしれませんが、文化系サークルの方や女性なら十分な量を食べることができると思います。 また、一ヶ月ごとに食べたものの履歴を教えてくれるサービスがあるそうです。 自炊は、自分で献立を立てることに始まり、食費の計算・食材の調達・調理・後片付けなど手間がかかります。 (特に洗い物は面倒!) 調理器具も一式揃えないといけません。 (食堂を利用するのであっても最低限鍋と包丁くらいはあると便利です) 忙しい人や、大学に遅くまで残ることが多い人は自炊する暇がありませんので食堂を利用することが多い思います。 ただ、ミールカードは利用しようと思ったら大学に行かなければなりません。 一般コースの一括払いで198000円(医学部・歯学部の場合、分割の場合は値段が変わるようです)とあります。 一日1000円利用したとして単純計算198日は食堂を利用しなければ赤字ということになります。 大学の講義日数が大体150日強で補講日や集中講座を含めてもそれほどの日数は行きません。 つまり大学が休講でも大学に行くことになります。 サークルや部活動などで学校に行く機会が多ければ特に問題はないでしょうが、学校へ行く機会が少ない場合はわざわざ行くのを手間と思うこともあるでしょう。 もちろん自炊の手間を考慮すると、どちらをめんどうだと思うかはその人の性格次第です。 つまりはじめに言ったように、持っていたほうが良いとも悪いとも言えません。 とても投げやりな言い方をすると「あなた次第」です。 なので、自分が大学に入学した後どんな生活になるのかを考えて判断してください。 どちらにも、メリット・デメリットはあります。 自炊は学生の間に料理を覚えられるのでお勧めですが、料理ができない・苦手!という場合はレパートリーが増えるまで同じ料理をローテーションで食べ続けたり、失敗したものも責任を持って食べないといけなかったりします。 私は料理が苦手なのでよく失敗作を食べる破目になりました。 また、ミールカードはとてもお得ですが「元を取らなきゃ!」というミョーなプレッシャーがあるようで、外食や打ち上げに行く機会が多いと、学食以外で食事となるのでちょっともったいない気分になるのだとか。 普段は一緒にご飯を食べると言っても学食なので、それほど大きな問題ではないかもしれませんが。 長々と書きましたが、少しでも参考になればいいかと思います。 またキャンパスでお会いすることもあるかもしれませんね。

次の

食堂事業

東北 大学 ミール カード

手続きの前にあらかじめご確認ください• 変更内容によって手続きが異なります。 すべてWEBから手続きが可能です(サインインが必要です)。 ホテル変更によりご旅行料金が変更となる場合がございます。 キャンセル手続き〜再度お申し込み手続きの前に、ご希望のホテルの空室があるかをご確認の上お手続きください。 空室状況は随時更新されています。 取消(キャンセル)手続き〜再度お申し込み手続きの間に、ご希望のホテルが満室になってしまう場合もございます。 空室(予約可)に対する保証はいたしかねます。 ご注意ください!• 時間外の場合は翌営業日扱いとなります。 キャンセル料発生日が土日祝にあたる場合、その前の営業日(営業時間内)までにご連絡ください。 ユーザーの退会をされた場合、自動的に取消(キャンセル)にはなりません。 必ず取消(キャンセル)手続きを完了されてから退会手続きをお願いします。 JRパックは、ご出発の前日から起算してさかのぼって20日前より、変更の際にも取消料がかかります。 チケット発送後の変更はお受けできません。 取消の場合は、書留もしくは宅急便 補償のある方法 で送り戻していただく必要があります。 その場合の送料はお客様負担となりますのでご了承ください。 チケット一式が当店へ届かなかった場合は、全額ご請求となる場合もございますのでご注意ください。 変更・取消にともなう返金 クレジットカード ご利用のクレジットカードに対し返戻手続きを行います。 変更・取消をお申し出いただいたタイミングで翌月以降のご返戻となる場合がございます。 取消料について センター試験後は特にお申込が集中します。 変更・取消条件をお読みいただき、できるだけ早めのお申込と変更・取消の手続きをお願いいたします。 受験生JRパック・受験生フライトパック 2月23日出発の方は2月3日、2月24日出発の方は2月4日から取消料がかかります。 商品の性質上、東北大学の出願期間中でも、ご出発の前日から起算して20日目にあたる日から取消料がかかります。 ご注意ください。 キャンセル料発生日が土日祝にあたる場合、その前の営業日(営業時間内)までにご連絡ください。 営業日外・時間外のご連絡は、翌営業日扱いとなります。

次の