青森 県 高校 入試 ボーダー ライン 2020。 【青森県】高校受験情報|偏差値・入試傾向と対策|家庭教師のトライ

青森県の高校偏差値一覧|みんなの高校情報

青森 県 高校 入試 ボーダー ライン 2020

【高校受験 公立・進学 】 盛岡一高 盛岡三高 推薦 盛岡三高 盛岡四高 盛岡北高 盛岡北高 盛岡市立 推薦 【高校受験 私立・進学 】 盛岡中央 Z コース 盛岡中央 Z コース 【高校受験 私立・合格 】 盛岡中央 SZ コース 特待 盛岡中央 SZ コース 特待 盛岡中央 Z コース 特待 盛岡中央 Z コース 特待 盛岡中央 Z コース 盛岡中央 Z コース 盛岡中央 Z コース 盛岡中央 Z コース 盛岡中央 A コース 【大学受験 合格 】 岩手県立大学宮古短期大学 八戸工業大学 2020 年度入試は残念ながら全員合格を達成できませんでした。 惜しくも不合格となってしまった生徒や親御さんには本当申し訳なかったです。 今年度の受験生は、真面目に、そして、一生懸命、勉強に取り組んでくれました。 だからこそ、是非とも全員を志望校に合格させたかったのですが、 やはり現実は厳しいということを痛感した年でした。 「ギリギリだけどなんとなる」みたいな慢心が招いた結果なのか … と。 予想はあくまでも滝沢進学塾による独自の分析によるものです。 また、合格ボーダーラインは合格を保証するものではありません。 【補足情報】岩手県教育委員会からは例年3月末ごろに高校入試の 平均点が発表されますが、合格最低点 や正答率などの公表はありません。 また、記述問題での部分点の扱いや過去の予想実績を考慮して点数調整をしました。 今回は、国語・数学の大問構成や配点が変わったので、なかなか大変でした。 2020. 12 18時 追記:最初にアップした平均点予想が間違っていたので差し替えました。 今回は選考別で合格ボーダーラインを出してみました。 *合計得点は入試得点と内申点を合計したものです。 面接点等は含まれていません 面接点ではほとんど差がつかないので合計得点で合否が決まると考えて差し支えないと思います。 ここからは読みたい人だけ読んでください 毎年、平均点予想やボーダーライン予想をしているのは、 岩手県教育委員会が入試に関する正確な情報を公表しないからです。 一部ではありますが、他の都道府県では平均点だけでなく、 一問ずつの正答率や教科ごとの得点分布などを公表しています HPから誰でも閲覧できる。 もしそうした入試の情報が公表されれば、家庭学習の取り組み方も大きく変わると思います。 例えば、正答率が分かれば、自分の実力に合ったレベルの問題がどれか分かる。 そして、その問題ができるようになれば、入試問題でも解けるんだという自信につながる。 その自信がさらに難しい問題にチャレンジしようという前向きな気持ちに変わっていく。 そうすれば、生徒たちは自主的に入試に向けた勉強をするようになり、 きっと岩手県の中学生の学力も自然と向上していくはず。 今後は、他の塾とも連携して入試情報を共有して、みなさんにお知らせできるようにしたい。 そして、岩手の生徒たちの学力をもっともっと上げて、 東大や京大など日本のトップ大学あるいは海外のトップ大学に進学できるようにしたい。 そんな野望を持ちつつ、平均点予想や合格ボーダーライン予想をしているというお話でした。 予想はあくまでも滝沢進学塾による独自の分析によるものです。 また、合格ボーダーラインは合格を保証するものではありません。 【補足情報】岩手県教育委員会からは例年3月末ごろに高校入試の 平均点が発表されますが、合格最低点 や正答率などの公表はありません。 さらに、今回は記述問題での部分点と過去の予想実績を考慮しました。

次の

青森県の高校偏差値一覧|みんなの高校情報

青森 県 高校 入試 ボーダー ライン 2020

青森県の入試日程 (令和2年度) ・願書受付:2月17日(月)~21日(金) ・入学者選抜検査:3月10日(火) ・合格発表日:3月16日(月) 青森県の入試制度 (令和2年度) 調査書 第1学年~第3学年の9教科5段階評定を記載。 合計135点満点。 ただし、特色化選抜においては、ほとんどの学校・学科・校舎で特定学年や教科の評価での傾斜配点や「特別活動等の記録」による加点などが行われる。 入学者選抜 選抜は調査書、学力検査の成績、面接の結果、各高等学校が定める選抜資料等に基づいて「一般選抜」と「特色化選抜」により行われる。 なお「学力検査」「面接」は出願者全員に課される。 学力検査 国語(50分)・英語(50分)・数学(45分)・社会(45分)・理科(45分)の5教科で各100点の計500点満点。 ただし、特色化選抜においては特定教科における傾斜配点や得点換算の行われる学校・学科・校舎がある。 面接 学力検査終了後に実施される。 方法・内容等は各学校・学科・校舎が決める。 実技検査等 学校・学科・校舎が実施を定めている場合、学力検査終了後に行う。 選考 「令和2年度青森県立高等学校入学者選抜における求める生徒像・選抜方法等一覧」に定められた各学校・学科・校舎の選抜基準に基づいて行う。 「一般選抜」「特色化選抜」の選抜順序やそれぞれの募集の割合、選考方法の詳細等が公表されている。 (青森県教育委員会のホームページに記載) 2019年度の問題構成 項目 内容 配点 1. リスニング リスニングは短い説明文を聞いて内容に合う絵を選ぶ問題、英文・対話文を聞いて適切な質問の答えを選ぶ問題が出されている。 さらに、英文の質問に対する答えを書かせる問題が特徴的で、リスニング問題の一部だが、英作文の問題でもある。 27 2. 会話文〈日本文化の経験〉 毎年整序作文の問題が含まれる。 会話文に関連する英作文の問題も含まれている。 14 3. 会話文〈部の顧問の先生との電話〉 やりとり文や会話文を完成するための空所補充問題や適文選択問題が出される。 13 4. 長文総合〈カナダでの経験〉 要約文に日本語で適語を補充する問題、英問英答が出題されている。 また、特徴的な問題として、和文英訳が出されている。 21 5. 長文総合〈父の友人〉 英文に続く適文を選択する問題、要約文中の適語を選択する問題、具体的内容を日本語で説明する問題が出題されている。 放送問題 資料を見ながら放送を聞いて答える内容把握が3問と、時候の挨拶を答える問題が出題。 15 2. 漢字 漢字の読み書きが各5問、同訓異字・同音異義語の選択問題が各1問出題。 14 3. 古文 〈「玉勝間」〉 仮名遣い、理由説明、係りの助詞、内容把握を出題。 30字以内の記述問題がある。 13 4. 小説〈「ぼくたちのP」にしがきようこ〉 ことわざ、心情説明、内容一致に関する選択問題、理由説明の抜き出し問題、気持ちの変化に関する50字以内の記述問題を出題。 22 5. 論理的文章〈「読書の価値」森博嗣〉 文法が1問、傍線部の内容を説明している文の穴埋め問題が2問、空欄補充が1問、内容一致が1問、文章に関する話し合いの空欄に入る内容を50字以内で答える記述問題が1問。 26 6. 作文 資料について気づいたことをふまえて、自分の意見を書く課題作文(150~200字)。 10 2019年度の問題構成 項目 内容 配点 1. 小問集合(生物・地学) 生物(節足動物、生殖と発生)と地学(火山、天気の変化)についての知識を問う問題。 (記号選択4問、語句記述3問、短文記述1問) 20 2. 小問集合(化学・物理) 化学(水溶液の性質、化学電池)と物理(電流と磁界、仕事)についての知識と理解度を問う問題。 (記号選択3問、語句記述3問、計算2問) 20 3. 植物のつくりと分類 植物のつくりと分類についての知識を問う問題。 (記号選択2問、語句記述3問、短文記述2問) 15 4. 化合・分解 炭酸水素ナトリウムの加熱実験について、気体の性質や質量保存の法則の理解度を問う問題。 (記号選択1問、語句記述1問、化学反応式1問、短文記述1問、計算1問、グラフ作成1問) 15 5. 力の性質 水中の物体にはたらく力についての実験から、水圧、浮力などの理解度を問う問題。 (記号選択2問、計算4問) 15 6. 天体の動き 天体観察の結果をふまえて、月、惑星、恒星についての知識や理解度を問う問題。 地理(世界/地域別) EU諸国 (記述3. 5題、選択1題、論述1. 5題) 15 2. 地理(日本/地域別) 九州地方 (記述2題、選択3題、論述1題) 14 3. 日本史(古代~近世) 中世・近世の貿易 (記述6題、選択3題) 16 4. 歴史(総合) 二度の世界大戦後の様子 (記述4題、選択2題、論述1題) 15 5. 公民(政治) 三権分立 (記述3題、選択1. 5題、論述1. 5題) 14 6. 公民(経済) 私たちの生活と金融 (記述3題、選択2題、論述1題) 14 7. 融合問題(地理・歴史・公民) グローバル社会の様子 (記述2題、選択2題、論述1題) 12 過去3か年の傾向 ・大問1で世界地理、大問2で日本地理が出題される 地図を題材に、各地の位置・気候・産業・貿易などについて問われていることが多い。 日本地理では 地形図の読み取り問題が出される年度もある。 ・大問3で古代~近世、大問4で近・現代についての出題がある 写真・年表・カードなど年度によってテーマとなる題材は異なる。 ・大問5・大問6は公民的分野からの出題 政治分野・経済分野・国際分野の中では、特に政治分野からの出題が多い。 ・大問7は三分野融合問題 特定のテーマが設定され、関連する地理・歴史・公民的内容が問われている。 対策 ・地理的分野 世界地理・日本地理ともに資料集を活用して、雨温図や貿易・産業についての統計が示す内容を理解しておこう。 単語を覚えるだけではなく、習得した知識を文章で表現できるように、 簡単な文にまとめる練習も忘れずに。 ・歴史的分野 写真・系図・史料に関連した問題が多いので、学習する際には 資料集の活用が欠かせない。 世界史については、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。 ・公民的分野 政治・経済・国際のうちのどの分野が出題されるかはわからないので、 かたよりのある学習は効果がない。 教科書や資料集にある模式図をうまく活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解しておこう。 ・地理・歴史・公民各分野の 融合問題 三分野とも基礎的内容が問われているが、 簡単な文章で説明しなければならない問題への対策が必要。

次の

熊本県 高校入試 ボーダーライン&偏差値|家庭教師のAGENT

青森 県 高校 入試 ボーダー ライン 2020

2019年10月8日 福井市の国語に強い学習塾 夢盟塾福井校の原谷です。 最新データをもとにした予想記事は、今秋にアップする予定です。 福井県立高校入試の平均点を踏まえて、 今回は藤島高校のボーダーライン・合格ラインを見ていきましょう。 藤島高校 ボーダーラインと合格ライン ボーダーライン・合格ラインを、次のような数値で表します。 Aライン:合格率80%オーバー いわゆる合格圏 内申や各教科得点の偏りに不安が無ければ、大抵合格。 Bライン:合格率50% いわゆるボーダーライン 内申・英語加点に大きく左右される。 Cライン:合格率20%以下 いわゆる合格者最低点 内申・英語加点がよほど良い人が、稀に受かる。 2019年度福井県公立高校入試では、 藤島高校のボーダーライン・合格ラインは、 次のような数値であったと予想されています。 Aライン:435点 Bライン:425点 Cライン:410点 福井県は、内申点で最大45点、英語検定取得による加点が5~15点 (ただし、英語本試験との合計点上限は100点) と、少なめとはいえ本試験以外の部分も影響するため、 明確なボーダーラインを見出すことはできません。 (県教委からも、公表値はありませんね…) ですが、実際の受験者から点数開示した点数を調査していくと、 どうも ボーダーラインは425点付近になるようです。 これらのラインを、平均点281点 と比較していくと、以下のようになります。 平均点 :281点 Aライン:435点 (平均+155点) Bライン:425点 (平均+145点) Cライン:410点 (平均+130点) あとは、受験者の内申・英検加点の平均値がどれくらいか分かれば、 合算したボーダーラインも出せそうですね。 福井県教委の方々、期待してます。 ちなみにこの平均+〇〇点の考え方。 これは、定期テストでも、実力テストでも、どんなテストでも使える万能の指標です。 藤島高校に合格したい!! そう考える中学1・2年生のみなさんは、 定期テスト・実力テストで平均+150点を常に目標にしましょうね。 定期テストや実力テスト、そして県立高校入試の国語で差をつけたい!でも、どうやって勉強したらいいか、分からない… そんな 国語でお悩みの福井市の中学生のために、夢盟塾福井校は、 福井市でも数少ない国語専門塾として、 国語読解指導を行っています。 国語読解は、ルールの理解と練習の継続、つまりは努力で必ずできるようになります。 国語ができるようになりたい!そんな気持ちが少しでもある中学生、是非一度夢盟塾福井校の国語読解指導をお試しください。

次の