かくしごと 隠し 死亡。 「かくしごと」ラスト・結末とその後はどうなる?ネタバレ考察も

【漫画】「かくしごと」がつまらない?いいえ、超面白いんです

かくしごと 隠し 死亡

可久士は妻を亡くし、 娘の姫を一人で育てているシングルファザーです。 姫のことを溺愛しており、愛情を注ぐ描写がたくさんあります。 そして、可久士の職業は 漫画家。 アニメのタイトルである『かくしごと』は「描く仕事」とかかっています。 でも、可久士は姫に自分が漫画家であることは隠しています。 なぜなら、漫画の内容がエロいから。 溺愛する娘に悪影響を与えてはいけない思いからなのか、それとも幻滅されるのが嫌という思いからなのか、自分が漫画を描いていることは伏せ、普通のサラリーマンをしていると嘘をついているのです。 そして、可久士の 父親は有名な歌舞伎役者であり、母親はその 妾(めかけ)でした。 つまり、正式に結婚していない間柄の男女から生まれた子供だったのです。 『かくしごと』は「隠し子と」とも掛かっていました。 気になる可久士の妻はストーリーでは死んでいる風に描写れていますが、正確に言うと、行方不明なだけです。 10年以上前に海難事故に遭い、 行方不明となってしまいました。 ほぼ死んでいると捉えても間違いなさそうですが、可久士の立場からすれば死んだとも受け入れたくないでしょうし、ギャグ漫画を描いている身としてはシリアスな人生を歩んできたと世間に悟られたくないという思いもあるみたいですね。 できの悪い漫画家として周囲から接されているような描写もありますが、 漫画家としてのプロ意識は抜きん出ていると思います。 本日・5月26日24:00〜、さらに18サービスでも配信開始。 全く姿を現さないことから「 姫の父親は死んでいるんじゃないか?」と考えがよぎる気持ちも分かります。 ですが、 可久士は死んでいません。 しっかりと生存しています。 ですが、18歳の姫のストーリーで登場していないのは、昏睡状態にあったからだと言われています。 可久士は漫画を描くのをやめて、肉体労働の仕事をつづけるようになるのですが 、印刷物倉庫の搬出作業をしている際、大量の少年週刊誌(ジャンボ)の下敷きになってしまいました。 この事故をきっかけに可久士は 昏睡状態となってしまいます。 一命はとりとめたのですが、昏睡状態は1年以上続き、意識を取り戻したと思ったら可久士の記憶には異常が発見されました。 高校生の姫を見た時、可久士は 「自分の娘の姫は10歳だから、この子は知らない」 と言ってしまったのです。 姫からすれば衝撃的ですし、ショッキングな出来事ですよね。 ひどく心が傷ついたのではないでしょうかね。 作中の医者が言うには、姫が10歳の時の記憶のままで、 直近7年間の記憶を失ってしまっているとのことでした。 つまり、姫の父である可久士は 記憶喪失に陥っていたのです。 なぜ、可久士はこの7年間だけ記憶を失っているのかと言うと、 「この7年間は辛い期間だったから」 と羅砂という登場キャラが推測していました。 姫が10歳までの頃は、仕事もプライベートも楽しかったものだったので、記憶はそこまでしか残っていないのでしょうね。 可久士が生きていてよかったですが、記憶喪失になっていたとは悲しいですね。 18歳の姫の様子からもどこか悲しげな雰囲気があるのも納得です。 まとめ:父・可久士は生存中だが記憶喪失.

次の

【かくしごと】第1話の感想とネタバレ!面白い神アニメな匂いプンプン!

かくしごと 隠し 死亡

アニメ「かくしごと」第9話での、可久士の担当編集者・十丸院五月(CV:花江夏樹)のトラブルメーカーぶりが話題になっている。 娘に自分の職業を隠している漫画家・後藤可久士(CV:神谷浩史)と、彼の一人娘・後藤姫(CV:高橋李依)の日常を描いたハートフルコメディだ。 可久士は姫に漫画家であることを隠しているのだが、十丸院は可久士の思いをよそに、姫のもとを訪れたり、漫画関係の荷物を自宅へ送るなどして、これまで騒動を起こしてきた。 5月28日より順次放送中の第9話「師走は君の嘘」でも、姫の前で可久士のことを「巨匠」と呼んだのに加えて、売れっ子漫画家を引き抜くために他社のパーティに忍び込むなどトラブルメーカーぶりを発揮。 Twitter上では「まぁ十丸院だから仕方ない笑」「相変わらずトラブルメーカーですね〜」「安定にやばすぎ…w」「憎たらしさが一周まわって好きになってきた」「漫画家以上にヤバいヤツだ」などの声が相次いでいた。 第9話「師走は君の嘘」 【あらすじ】 時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。 編集部が年末年始を休むために締切が前倒しになる厳しい期間だ。 ところが、ゴトープロの面々はやる気十分。 豪華な出版社の年末パーティを思い切り楽しみたいからだった。 後日、打ち合わせ中に可久士は、十丸院から衝撃の一言を告げられる。 「経費削減で、今年はパーティが無くなりました」……浮足立つアシスタントたちを前に、可久士はその事実を伝えられないままで……。 C 久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会 外部サイト.

次の

かくしごと

かくしごと 隠し 死亡

2020年4月より放送を開始した 『かくしごと』より、主人公で漫画家の後藤可久士の愛娘・ 後藤姫についてまとめました! 10歳時の彼女、そして作中で定期的に挿入される18歳時の彼女のモノローグから、その隠された秘密に迫ります! 後藤姫(ごとう ひめ)キャラクター紹介 『かくしごと』に登場する女の子で、主人公・後藤可久士(ごとう かくし)の娘。 長く伸ばした後ろ髪と、短めに揃えたパッツンの前髪が特徴。 おっとりとした顔立ちで、表情は常に柔らかく、穏やかな外見です。 本編パートの現代編では「2回に1回打ち切られる」「そこいらのサラリーマンより稼いでる」中堅どころのマンガ家、可久士に男で一つで育てられている10歳の女の子。 無垢で無邪気な少女で、なんでもすぐに信じてしまうなど、ちょっとだけ世間知らず。 クラスメイトの東御ひな(とうみ ひな)、古武シルビア(こぶ シルビア)、橘地莉子(きっち りこ)と仲が良く、4人で「めぐろ川たんていじむしょ」を結成するなど、いつもグループで遊んでいます。 下品な漫画を描いている自分の職業(描く仕事)を周囲に知られることで娘に風評被害が及ぶのを恐れ、可久士がずっと漫画家であることを隠しているため、10歳時の彼女は 父親の職業を知らず、本人の言葉を信じサラリーマンだと思っています。 父親からは溺愛されており、上記の 「隠し事」以外は常に甘やかされていますが、家が貧乏だと誤解した時には家事を頑張ろうと試みるなど、姫自身は割としっかり者です。 父のことは大好きで、彼に女性が接近するとあまり良い気はしていない模様。 本編から7年後を連作のショートストーリーで描いた未来編では18歳の姿で登場。 髪型は10歳時と変わらず、ほぼそのままの姿で成長していますが、表情などはやや大人びています。 担当声優は 高橋李依(たかはし りえ)さん。 姫は本当に可久士の子? 出典 : Amazon. jp かくしごとの原作者は、 『かってに改蔵』『さよなら絶望先生』で知られる 久米田康治先生です。 この2作品は大ヒットし、アニメ化もされました。 両作品とも、時事ネタ・あるあるネタを中心に主人公が様々なテーマについて取り上げ、疑問に思うことやツッコミ所についてハイテンション気味に指摘し、持論を羅列していく一話完結形式の作品です。 そして、それ以外にも大きな共通点があります。 それまで日常ものだったにもかかわらず、 物語の終盤に今までと全く違うテイストの最終エピソードが始まり、隠されていた設定が明らかになる点です。 かってに改蔵は、自分を改造人間と思い込んでいる主人公の改蔵(かいぞう)や、彼の幼なじみで彼をおかしくしてしまった張本人のヒロイン・羽美(うみ)らが、とらうま高校の科特部で繰り広げるコメディ……でしたが、実は 「主要登場人物の多くは精神科で感応精神病のような状態になっている患者たち」という設定が最終エピソードで明らかになりました。 本編は全て彼らの妄想で、最終話では現実の彼らが退院するエピソードが描かれています。 シリアスで物悲しく、それでいて爽やかな最終回となりました。 こういった前例があるため、本作にも 重大な設定、それも暗く重い設定が隠されていて、最後にそれが明かされるという展開が待っていても不思議ではありません。 実際、本作のタイトル「かくしごと」にはもう1つ 「隠し子と」というもう一つの意味が込められているのでは……と訝しがるファンも大勢いました。 つまり、姫は誰かの隠し子で、可久士は実の親ではないという可能性です。 一応、第2話(アニメ第1話)で可久士が出産に立ち合うシーンは描かれていましたが、それが実の親である保証にはなりません。 この「隠し子と」説はかなり早期の段階でまことしやかに囁かれていました。 というのも、姫自身が可久士との血の繋がりを疑っていたからです。 現代編では可久士が必死に自分の職業を隠す姿がコミカルに描かれていましたが、さすがに十数年それを隠し通すのは普通なら不可能。 そのことについて、現代編で可久士のアシスタントを務めていた1人・墨田羅砂(すみた らすな)が未来編で 「本人に知る気が無い」と語っていました。 姫は父が何か隠し事をしていると 察していたものの、その隠し事の中に 「実の親子じゃない」という事実が含まれていたらどうしよう……という恐怖があったらしく、 無意識に知ろうとせずに過ごしていたのです。 しかし、彼女と読者の疑念はコミックス第7巻の未来編で晴れることになります。 隠し子だったのは姫ではなく 父・可久士の方だったのです。 彼は歌舞伎名門の妾の子供だったらしく、認知して貰えなかったようです。 一方の姫は可久士の 実子で確定。 腹違いのいとこが教えてくれました。 彼女も胸を撫で下ろします。

次の