創業支援 清瀬。 お問合せ|日本政策金融公庫

中小企業者等融資制度のご案内

創業支援 清瀬

小平市では創業者・創業希望者の方に向けて様々な支援を実施しています 小平市では、産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」を策定し、平成26年10月31日付で新規申請の認定、平成28年5月20日付で変更申請の認定、平成30年12月26日で第2回の変更申請の認定をそれぞれ国から受けました。 注 産業競争力強化法に基づく「創業支援等事業計画」とは、2013年12月4日に成立した法律であり、「日本再興戦略」(2013年6月14日閣議決定)に盛り込まれた施策の実現を図るため、集中実施期間(5年間)を定め、政府全体で計画的取組を進めることで、日本経済を再生し、産業競争力を強化することを目的としています。 この法律には、これから創業する方を対象とした地域における創業支援体制の強化についても規定されており、小平市でも創業支援事業計画を作成しました。 この計画が国から認定されたことにより、計画に定めた「特定創業支援等事業」を一定程度受けた創業者は、株式会社設立時の登録免許税の軽減、創業関連保証の拡充といった特典を受けることができます。 主な創業支援事業 (1)小平市• 相談窓口の設置• 創業セミナー• 創業塾 (2)小平商工会• 個別相談• チャレンジショップ (3)小平商工会・西武信用金庫• 創業セミナー (4)多摩信用金庫• 個別相談• 創業セミナー・交流会• 創業塾 (5)嘉悦大学• 創業支援関連大学講義受講 (6)NPO法人Mystyle@• 個別相談• 構想塾、創業塾 (7)日本政策金融公庫• 個別相談• 創業セミナー、交流会 注 太字は特定創業支援等事業 特定創業支援等事業による優遇措置 特定創業支援等事業を受けた方で、前述の条件を満たしている方には、市に申請することにより証明書が交付され、様々な優遇措置が受けられるようになります。 市内で株式会社を設立する際の登録免許税が半額 資本金の0. 5万円• 個別相談【小平市】【小平商工会】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く相談を1か月(4回)以上にわたって受ける 注 小平市のみ4か月(4回)以上• 創業セミナー【小平市】【小平商工会・西武信用金庫】【多摩信用金庫】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付くセミナーを1か月(4回)以上にわたって参加する• 創業塾【小平市】【多摩信用金庫】【NPO法人Mystyle@ ハタラボ 】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の知識が身に付く講座を1か月(4回)以上にわたって受講し、かつ全体の7割以上に出席する• 創業支援関連大学講義受講【嘉悦大学】 認定の目安:経営、財務、人材育成、販路開拓の各テーマからもれなく1科目以上(合計4科目以上)履修を終える 証明書の交付申請の手続き 証明申請書に必要事項を記入の上、小平市役所産業振興課の窓口に提出してください。 申請内容の確認・審査を行い、おおむね1週間以内に証明書を発行します。 お問合わせ 小平商工会 電話:042-344-2311 西武信用金庫 電話:042-341-5131 多摩信用金庫 電話:042-526-7766 嘉悦大学 電話:042-466-3711 NPO法人Mystyle@ 電話:042-312-1789 日本政策金融公庫 電話:042-524-4191.

次の

小平市では創業者・創業希望者を応援しています|東京都小平市公式ホームページ

創業支援 清瀬

福井市中小企業者等融資制度は、 市内の中小企業者の皆さんが事業に必要な資金の調達を低金利、長期間の返済でご利用できるように、福井市が金融機関と協調してサポートする制度です。 利子や保証料の補助も行っているため、金利などを負担に感じている事業者の皆さんにも安心してご利用いただくことができます。 まずは取扱金融機関へご相談ください。 福井市中小企業者等融資制度一覧 (金融機関様向け) (事業者様向け) 小規模企業者サポート資金 小規模企業者の事業資金を支援します。 社会貢献サポート資金 子育て支援や環境保全に取り組む企業の事業資金を支援します。 経営安定借換資金 資金繰りの改善を支援します。 効率アップ設備促進資金 生産性の向上や経費の削減を図るための設備導入を支援します。 ものづくり開発支援資金 ものづくり企業の新製品・新技術に関する研究・開発、販路開拓を支援します。 企業立地促進資金 企業の進出、増設、移転を支援します。 観光施設整備資金 観光客向け施設の設備投資を支援します。 創業支援資金(若者・女性等) これから起業する方や創業して間もない方を支援します。 その他書類 ・ ・ ・ ・ 融資の申込先 下記の融資取扱金融機関のいずれかへお申込みください。 福井銀行、北陸銀行、福邦銀行、福井信用金庫、越前信用金庫、北國銀行、商工組合中央金庫、みずほ銀行、三井住友銀行 の市内店舗 更新履歴 H31. 1 制度の改正を行いました。 (利子補給の廃止) H30. 1 制度の改正を行いました。 (小規模企業サポート資金の融資限度額を2,000万円に増額。 創業支援資金の融資限度額を2,000万円に増額し、自己資本要件を廃止。 貸付利率を0. 他) H29. 1 制度の改正を行いました。 (NPO法人を対象に追加(小規模企業サポート資金、創業支援資金を除く)、要件変更 他) H28. 1 制度の改正を行いました。 (観光施設整備資金の要件緩和、創業支援資金の特別枠廃止・通常枠の要件変更、制度の名称変更 他) H27. 1 取扱金融機関を追加しました。 (三井住友銀行を取扱金融機関に追加) H27. 1 制度の改正を行いました。 (創業支援資金(特別枠)の対象者要件を拡大) H26. 1 制度の改正を行いました。 (小規模企業者サポート資金の設備資金に係る融資期間を拡大、マーケット戦略資金の利子補給率増加、観光産業資金の対象エリア拡大、創業支援資金〈特別枠〉の対象者・利子補給率拡大 他) H25. 1 制度の改正を行いました。 (経営安定借換資金の融資条件に経営アドバイスを受けることを追加、制度名称の変更(小規模企業者サポート資金、創エネ・省エネ等促進資金)他) H24. 1 制度の改正を行いました。 (観光産業振興資金・創業支援資金(特別枠)の創設、組合事業振興資金・経営安定借換資金(経営合理化)の廃止、市内各商工会での融資申請受付開始、事業報告書の提出(マーケット戦略資金・観光産業振興資金 ) H23. 1 制度の改正を行いました。 (経営安定借換資金に「東日本大震災復興緊急保証枠」を追加) H23. 25 制度の改正を行いました。 (経営安定借換資金に対象者を追加(東日本大震災による影響を受けた者)) H23. 1 すべての制度の利率を変更しました。 (H23.4.1受付分より適用) 制度の改正を行いました。 (経営安定借換資金の借換対象借入金の拡大・最長融資期間の変更・借換に伴う追加融資の種類の変更、マーケット戦略資金の対象経費を拡大、企業立地促進資金の対象者を追加) H22. 28 すべての制度の利率を変更しました。 (H22.6.28受付分より適用) H22. 1 制度の改正を行いました。 (社会貢献サポート資金の対象要件の変更、経営安定借換資金の対象借入金の拡大、省エネ等転換促進資金の対象者拡大、マーケット戦略資金に「福井市ものづくり支援補助金」枠を追加) H22. 1 すべての制度の利率を変更しました。 (H22.3.1受付分より適用) H21. 2 一部制度の利率を変更しました。 H21. 3 すべての制度の利率を変更しました。 (H21.8.3受付分より適用) H21. 1 小規模事業者サポート資金の利率を変更しました。 H21. 1 制度の改正および一部制度の利率を変更しました。 (中小企業育成資金(一般)の廃止、省エネ等転換促進資金の創設、中小企業育成資金(プラス)の名称変更、経営安定借換資金・企業立地促進資金・マーケット戦略資金の改正) H21. 23 制度の改正を行いました。 (小規模事業者サポート資金の創設等) H20. 27 一部制度の利率を変更しました。 (中小企業育成資金、マーケット戦略資金) H20. 1 制度の改正および一部制度の利率を変更しました。 (中小企業育成資金(特別小口)にかかる保証の変更、特別保証制度創設に伴う融資申請添付書類(委任状)の追加等) H20. 1 制度の改正および一部制度の利率を変更しました。 (中小企業育成資金(プラス)、経営安定借換資金(統合合理化)の創設、IT化推進資金、ISO・新エネ等導入資金の廃止等) H20. 15 原油・原材料価格の高騰に伴い、経営安定借換資金の融資要件を緩和しました。 H19. 15 一部制度の利率を変更しました。 H19. 1 責任共有制度導入に伴い、保証料補給基準等の改正を行いました。 H19. 11 一部の融資制度の利率を改定しました。 (一般、特別小口、ISO、マーケット戦略資金) H19. 2 制度の改正を行いました。 (マーケット戦略資金の創設等) その他 福井市では、市内の小規模企業者や創業をお考えの方を対象に、無料経営相談を実施しています。

次の

所沢市新規創業支援資金融資制度のご案内 所沢市ホームページ

創業支援 清瀬

所沢市では、平成22年4月1日より所沢市新規創業支援資金融資制度を設けています。 昨今の経済情勢の下では、 これから事業を始める方、事業を始めて間もない方にとっては資金繰りの面で困難な状況にあります。 本融資は、そうした方を支援するものであり、市内中小企業の振興を図ることを目的としています。 また市が取扱金融機関に利子補給をする事で、低い金利設定となっており、保証人も不要(法人は、原則として代表者のみ連帯保証人)です。 ぜひご活用ください。 なお、事業開始後、1年以上事業を継続されている場合は、所沢市中小企業融資制度も利用できます。 融資を受けるための資格要件 融資対象者は、以下(ア)から(オ)に掲げる創業者もしくは新規中小企業者のいずれかに該当する方となります。 市税の滞納がないこと。 信用保証協会の代位弁済による債務がないこと。 などの要件があります。 詳しくは下記パンフレットをご覧ください。

次の