世にも 奇妙 な 物語 永遠 の ヒーロー。 【世にも奇妙な物語】2019雨の特別編『永遠のヒーロー』番組あらすじと結果や感想(ネタバレ含む)について

世にも奇妙な物語の2019年 雨の特別編を見逃した!再放送やフル動画を見る方法は?

世にも 奇妙 な 物語 永遠 の ヒーロー

科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界。 その技術を悪用する怪人が現れ、市民の生活と安全を脅かすようになっていた。 この緊急事態に日本政府は警察庁内に外部機関として怪人対策室を設置。 最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発し、怪人たちに対応している。 日々、さまざまな怪人たちを撃退し、世界の平和を守っている。 だが、仕事が忙しすぎて、世界で一番大事な娘・亜希(上白石萌音)となかなか会えず、テレビ電話で会話することだけが毎日の生き抜きとなっていた。 来年こそ、定年を期に娘とゆっくり暮らせると思っていたが、怪人・マスターカイザーから世界を揺るがすテロ予告が届き・・・。 仕事ばかりで家族の事を顧みない夫との夫婦仲がうまくいかず、息子を連れて実家に帰っている遥子(はるこ・吉田羊)。 遥子は小学校の同窓会に参加し、そこで30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こす事に。 何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(なおゆき・髙橋來)と一緒に持ちかえるその帰り道、同窓会で幼い頃の思い出話をしていた遥子は昔よく遊んでいた森を思い出す。 尚之と一緒にその懐かしい森の中に入っていくと尚之が足を滑らせてどこかへ消えてしまう。 森の中には尚之の帽子と先ほど掘り起こしたタイムカプセルが残されていた。 遥子は夫とともに尚之を必死に探すが、いっこうに見つかる気配がない。 そんな中、ふと目に付いたタイムカプセルを開けてみるとそこには信じられないものが入っていて・・・。 出演者のお名前は、現在改名、新たに襲名された方についても、出演当時のお名前を表記しております。 表示順と実際の放送順が異なることがあります。

次の

世にも奇妙な物語2019雨の特別編『永遠のヒーロー』の出演者と結末は

世にも 奇妙 な 物語 永遠 の ヒーロー

主演 黒木聖(役:玉森裕太) 吉野八重(役:黒島結菜) 野下(役:大内田悠平) あらすじ&感想 まず、おなじみのオープニング曲から入り、タモリさんと佐藤二郎さんの小芝居で物語がスタートします。 リニューアルせずに、変わらぬオープニング曲、変わらぬオープニング映像を使ってくれているところが嬉しいですね! 1つ目のお話は、音大に通う大学生のお話です。 玉森さん演じる黒木は、同級生の 吉野の才能に比べて自分が劣っていると落ち込み、コンクールでも良い成績を出せないため。 ピアニストを辞めて普通に就職しようか悩んでいました。 ある日、古本屋で「さかさま少女のためのピアノソナタ」という、古びた血痕が付いたような楽譜を手にします。 黒木はその楽譜を好奇心からか、弾いてみました。 すると、弾いている時間は時間が止まるのです。 そして、弾き終えると時間が動き出し、その時はノーミスで演奏できたので、何事もありませんでした。 友人の野下に話すと、 野下は 黒木のその楽譜を奪い、ひそかに弾きます。 しかし、演奏ミスしたために、手にけがをしてしまいました。 ピアノを弾く 野下にとっても、けがはピアニストの夢を絶たれたと言えるほど致命的です。 黒木は、 野下に海外の「ノルン大学」のオーディションに挑戦してみろと背中を押され、参加するも、 吉野の圧倒的な才能を目の当たりにする。 オーディション後、 黒木はピアノ室へ行き「さかさま少女のためのピアノソナタ」を弾きだした。 すると、また時間が止まった。 そう、彼女は屋上から、飛び降りたのだ。 黒木と 吉野は止まった時間の中で会話することができた。 その時 黒木は、彼女は彼女で、幼少期からピアノの練習ばかりで、自分にはピアノしかなくなってしまったと、苦悩していたことを知る。 黒木は、 吉野には才能があるからピアノを続けてほしいと願った。 しかし、今演奏を辞めたら、 吉野がこのまま地面にたたきつけられてしまう。 黒木は「さかさま少女のためのピアノソナタ」をリピート演奏することで時間を再び止め、彼女の転落を防ぐ。 その間に何か彼女を救う方法がないかと考えた結果、演奏を辞めた直後に楽譜をひっくり返し、さかさまにした状態でその楽譜を逆から演奏した。 すると、逆から演奏した分だけ時間が逆戻りし、 黒木は 吉野を生き返らせることに成功した。 逆から演奏する技術・・・恐るべし。 黒木がいるピアノ室へ 吉野が行くと、その楽譜に興味を持ち、今何度も演奏を聞いたから(ノーミスで)演奏できると言って、弾きだしてしまう。 すると、窓の外には・・・ 野下がさかさまになっているのだった。 しかし、 野下は少女ではないのにさかさまになっている・・・・・・とっても不思議な、最後の場面はいろいろと考えてしまう一瞬でした。 「さかさま少女のためのピアノソナタ」は、弾くと人が亡くなってしまう楽譜なんでしょうか・・・才能に苦悩している人を救ったり、勇気づけたりする楽譜なんでしょうか・・・?野下は男性だから、どうなってしまうんでしょう。 う~ん。 (笑) 皆さんは最後のシーン、どう読み取りましたか?読み取り方は人それぞれですね!ファンキーなミステリーのような感じもします。 良いモヤモヤ感が残る、なんとも面白いお話でした。 しらず森 【公式】 【次は『しらず森』です!】 さん主演の『しらず森』が始まりますよー! 港区OLさんは終始黒木くんに夢中でしたね。 ピアノソナタの恐怖を味わったあとは、奇妙な森へ迷い込んでください…🕶 もういいかい…?もういいかい…? — 世にも奇妙な物語 yonimo1990 メインキャスト 主演 長田遥子(役:吉田 羊) 長田昭彦(役:長谷川朝晴) あらすじ&感想 タモリさんと佐藤二郎さんの小芝居が入った後、次のお話に展開していきます。 冒頭は、子供が行方不明になるところから始まります。 夫婦仲がうまくいかず、離婚を考えていた吉田羊さん演じる遥子。 そんな折、遥子の息子、尚之が行方不明になってしまいます。 行方不明になったきっかけは、遥子が小学校の同窓会に参加したとき。 同級生はみな、子供連れで同窓会に参加し、30年前に埋めたタイムカプセルを掘り返した。 その帰りに遥子は昔、自分がよく遊んでいた神社の奥にある「しらず森」に尚之を連れていく。 最初は乗り気ではなかった尚之だが、徐々に自ら「しらず森」へ先へ先へと進んでいってしまう。 そして、石につまづいた尚之は、そのまま別の空間へと引きずりこまれてしまった。 別の空間へ引き込まれるって、子供の頃憧れました。 どこへ行ったのか捜索していると、神社に不審な老人が。 遥子はその老人に声をかけるも、尚之の有力な情報は得られず、「そのままではダメだ」と言われる。 遥子の母には最近出た不審者だから、近づかないよう言われる。 そこへ夫の昭彦も合流し、「しらず森」の中を遥子と一緒に捜索することとなった。 一方、尚之は別の空間へ飛んだ「しらず森」の中で、ある少女と出会う。 その少女の自宅へ連れていかれた尚之は、その少女が遥子の昔の姿であると分かる。 尚之は、タイムスリップしていたのだ。 その少女は、尚之が両親の離婚で悲しんでいることを手紙に書き、それを未来の自分が読むと信じてタイムカプセルに入れることにした。 遥子は、タイムカプセルの中の手紙に気付き「しらず森」で神隠しにあったときは「もういいかい」と何度も言わなければいけないことを知る。 そうして、昭彦と一緒に「しらず森」で「もういいかい」と言い続けると、尚之と再会することができた。 不審な老人は、30年前に遥子が神社で会った「もういいかい」を教えてくれた人物だったんですね。 それにしても、タイムカプセルに手紙を書いて未来の自分に伝えるなんて、ナイスアイデア。 そして、時間設定がしっかり考えられているストーリーだと思いました。 永遠のヒーロー 【公式】 【次は『永遠のヒーロー』!】 続きまして、 さん主演の『永遠のヒーロー』見参! 尚之くん、見つかってよかったですね🕶 そんな尚之くんも憧れるであろう郷ひろみさんのヒーロー姿をお見逃しなく!皆さん、テレビの前へGO!GO!GO! — 世にも奇妙な物語 yonimo1990 メインキャスト 主演 大場博人(役:郷 ひろみ) 大場亜希(役:上白石萌音) あらすじ&感想 タモリさん&佐藤二郎さんの小芝居が入り、3つめのお話は・・・ 特撮と現代の融合したような作品!!! 改造人間技術が発達した世界で、大場博人は手術を何回も重ね、世界を守るスーパーヒーローとして、検察庁で悪い怪人を検挙し活躍するエリートだった。 彼の唯一の心の支えは娘、亜希。 大場は、定年を迎えたら亜希とゆっくり過ごそうと考えていた。 そんなある日、検察庁にテロ予告が届き、怪人を倒した大場。 その喜びの報告をスマホの画面に映る娘に伝えると、そっけない返事が。 大場は休暇を取って、娘に会いに行きたいと室長に申し出るが、拒否される。 娘の住んでいる場所に向かってみると、そこは空き家になっていた。 室長に「これはどういうことか」と問い詰めると、実は娘はAIであると告げられる。 AI!!!!!!!!!!!!!!衝撃的です。 スーパーヒーローの激務に耐えるため、精神を安定させるため、同僚の家族もAI化されているらしい。 しかし、それは他言しないでほしいと言われる。 さらに、娘の成長の過程の記憶もスーパーヒーローになるための手術で何回も改ざんが加えられていることが分かる。 そして、全てを聞こうと娘に電話した大場。 しかし、大場は「娘のゲームの中の存在」であることが判明。 え~~~~~~~~(笑)どういうこと?かわいそう。 病弱だった亜希は、スマホの「永遠のヒーロー」というロールプレイングゲームが心の支えだった。 ・・・つまり、大場の人体改造は亜希のゲーム操作によるもの・・・??? ショックを受けるも、また仕事に復帰する大場であった・・・。 う~ん、最後、大場はどう立ち直ったんでしょう。 亜希に人生をアップデートされてしまったのでしょうか・・・???それとも、この世界はAIを通して2つの世界があり、相互的にうまくかみ合っているっていうことでしょうか・・・?う~ん。 謎が深い。 人間の種 【公式】 【次は『人間の種』です!】 『大根侍』の続きも気になるところですが、ラストを飾るのは、 さん主演の『人間の種』🌱 ある日、自分の家族が植物になって現れたら…?植物となったお母さんの頭に注目! — 世にも奇妙な物語 yonimo1990 メインキャスト 主演 春田緑(役:木村文乃) 春田希(役:岡本 玲) あらすじ&感想 タモリさん&佐藤二郎さん登場し、4つ目のお話は・・・ OLの木村佳乃さん演じる緑は、恋人の太一に指輪を見せられプロポーズをされるも、断ってしまう。 その日の食事の買えり道、花屋で「幸せの種」に惹かれ、購入し、家で育ててみることにした。 このシーン・・・なんとも不気味です・・・。 彼女を土から掘り返し、「幸せの種」が入った袋を見てみると、なんと「人間が育つ種」だったことが判明。 少女は緑の好きな食べ物まで知っている。 そして、水をかけられると大きく成長するのであった。 一緒に過ごしていくうちに、緑は自分のせいで母親が亡くなったと思っていて、自分は幸せになってはいけない人間だと思い込んでいたことを少女に明かす。 ある雨の日、母親が亡くなった原因を作った指輪を、窓から投げ捨てると、少女は外へ飛び出し、その指輪を探しに行った。 その間に、緑は「幸せの種」の寿命が1週間で、水をかけられると寿命が短くなると知る。 緑は傘を持って少女のもとへ駆け寄ると、そこには雨がかかって一気に成長し、母親の姿になっていた。 緑は母親から、他界したのは緑のせいではないと言われ、過去のトラウマを解消し、幸せになることを決意する。 そして「幸せの種」は寿命を終えた。 のちに、太一と結婚。 幸せを手にしました。 最初に緑がプロポーズを断ったのは、トラウマが原因なのと、指輪自体にも思い入れがあったからなんですね。 緑のウェディングドレス姿がとても素敵です。 奇妙だけど泣けるストーリーでした。 本当に「幸せの種」があったら、いいですよね~。 樹は、バスケットボール部のマネージャー。 人気の先輩、翔が好きなぶり大根を作ろうと、意気込んでいた。 買い物からの帰り道、袋に入っていた大根が、すれ違った人の大根とぶつかってしまった。 その男は大根を刀だと言い張り、彼にとって大根と大根をぶつけることは勝負を挑まれたも同じことと樹は言われる。 樹は大根で切れるわけがないと思ったが、腕をけがしたことにより、本物だと思い直した。 その場は土下座することで男に謝ったが、1か月後に決闘をすることになってしまった。 と、そこへ老人が樹に寄ってきて、決闘に勝つための方法を教えると言われ、後日、大根の扱い方を修行することになる。 後編は・・・ 男との決闘に樹は二刀流宮本武蔵のような感じで勝利しました。 また買い物の帰り道、良いブリを買えたと意気込んでいると、またも別の男に決闘を挑まれてしまう・・・The END. 浜辺美波さんがかわいいです。 小手さんの味のある演技にも注目したい作品! 総評 「世にも奇妙な物語」は変えないところは変えない、新しくできるところは変える、映像の作り方が古さを残しつつ、新しい技術が混ざっているとこがとても好きです。 タモリさんと佐藤二郎さんが合間に出てくるのが良いですね。 タモリさん、今回はストーリーテラーとしてだけではなく、演技もされていました。 今回の私のお気に入りの作品は「さかさま少女のためのピアノソナタ」です。 編集後記 私が「世にも奇妙な物語」でめちゃくちゃ印象に残っている作品は、2004年3月9日 月 春の特別編で放送された、渡部篤郎さん主演の「Be Silent」です。 なぜでしょう・・・。

次の

世にも奇妙な物語2019雨の特別編キャストとあらすじ一覧!

世にも 奇妙 な 物語 永遠 の ヒーロー

『永遠のヒーロー』のあらすじ 科学の進歩により、人体の能力を最大限まで引き出す改造人間技術が発達した世界で、その技術を悪用する怪人が現れ始め、市民の生活と安全を脅かすようになっていました。 この緊急事態に日本政府は警察庁内に怪人対策室を設置し、怪人たちに対応するため、最新科学技術を駆使したヒーロースーツを開発しました。 怪人対策室警部の大場博人(郷ひろみ)は怪人検挙数トップを誇り、レッドライガーと呼ばれ活躍していましたが、仕事が忙しすぎて、世界で一番大事な娘の大場亜希(上白石萌音)となかなか会えず、テレビ電話で会話することしかできない毎日を送っていました。 来年の定年を期に幼い頃に妻を亡くし、寂しい思いをさせていた娘とゆっくり暮らせると思っていましたが、怪人マスターカイザーから48時間以内に今まで逮捕した怪人を解放しないと、致死率99%のKウイルスを世界中にバラ撒くという予告が届きます。 テロを防ぐため、今まで捕まえた怪人からの聴取や、街に出ての聞き込みなどをしますが、成果は得られず、テロ予告の時間まで、あと1時間となり、怪人マスターカイザーの居場所を突き止めた室長(村杉蝉之介)は大場博人(郷ひろみ)に報告し、みんなが来るのを待つように言いますが、大場博人(郷ひろみ)は時間がないので、1人で怪人マスターカイザーの元に乗り込みます。 1人で乗り込んだ大場博人(郷ひろみ)は怪人マスターカイザーの攻撃の前にピンチを迎えますが、大場亜希(上白石萌音)からテレビ電話で「お父さん諦めないで!」との声に、息を吹き返し、怪人マスターカイザーを倒して、世界の平和を守ったのでした。 大場博人(郷ひろみ)はテレビ電話で、怪人マスターカイザーを倒して世界の平和を守ったことを大場亜希(上白石萌音)に報告すると「だから何…何がマスターカイザーよ…そんなことして何になるのよ…」と言って、電話を切られてしまいます。 大場博人(郷ひろみ)は大場亜希(上白石萌音)に会いに行くため、室長(村杉蝉之介)に休みを申し出ますが、申し出は却下されてしまいます。 その後、大場博人(郷ひろみ)は家に帰ると、空き地になっていて、室長(村杉蝉之介)にそのことを問いただすと、大場亜希(上白石萌音)はAIで、ヒーローが戦うモチベーションを維持するために、1人1人にしか存在しないバーチャルな家族や恋人だという事実を告げられてしまいます。 大場博人(郷ひろみ)は、その事実を信じられないと言いますが、室長(村杉蝉之介)は改造手術を受けた時にすり替えられた偽りの記憶であると告げられてしまいます。 そして、室長(村杉蝉之介)は真実を告げれば、みんなの士気が下がるので、みんなには黙っているように告げます。 真実を知った後、大場亜希(上白石萌音)からのテレビ電話に出た大場博人(郷ひろみ)は、ヒーローをやめようと思っていることを告げると、大場亜希(上白石萌音)は「お父さんがヒーローをやめたら世界の平和はどうなるの?」と言い、大場博人(郷ひろみ)は「もういいよ!わかってるんだ!お前はAIなんだろ?コンピューターの中にしか存在しない。 現実には存在しないんだ!お前は偽物なんだ!」と言い放ちます。 すると、大場亜希(上白石萌音)は「そうだったら良かったのに…明日…手術を受けるの…手術が成功する可能性はほんのわずか…もし成功したとしても、病気が完全に治ることはない…正義は勝つ…そんあの嘘よ…現実にはヒーローなんかいないのよ…」と言います。 実は大場博人(郷ひろみ)は大場亜希(上白石萌音)が作り上げたゲームの中のキャラクターで、実在しないのは大場博人(郷ひろみ)の方だったのです。 あまりの事実に大場博人(郷ひろみ)は混乱して「俺は一体何のために…」と頭を抱えますが、大場亜希(上白石萌音)は「でも、お父さんがいたから、どんなつらい時も諦めずに頑張ってこれた。 お父さんは私のヒーロー、強くて優しくて猫舌で、私だけのヒーロー、お父さんありがとう。 今までありがとう。 」と言って、電話を切ります。 翌日、大場博人(郷ひろみ)は怪人対策室に戻り、再び世界の平和のために永遠のヒーローとして戦い続けるのでした。

次の