コロナ エンベロープ。 ガリバーの新型コロナウイルスクルマ支援、車内除菌にエコラボ社「アクア・デオ プラス」を採用

新型コロナ、暑さや高湿に弱いのか 研究者の見方は [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ エンベロープ

2020年01月10日掲載 ヒトに感染するコロナウイルス ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類が知られている。 これらについては、それぞれの症状や感染経路などの特徴を表1に示した。 1.風邪のコロナウイルス ヒトに日常的に感染する4種類のコロナウイルス(Human Coronavirus:HCoV)は、HCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1である。 風邪の10~15%(流行期35%)はこれら4種のコロナウイルスを原因とする。 冬季に流行のピークが見られ、ほとんどの子供は6歳までに感染を経験する。 多くの感染者は軽症だが、高熱を引き起こすこともある。 HCoV-229E、HCoV-OC43が最初に発見されたのは1960年代であり、HCoV-NL63とHCoV-HKU1は2000年代に入って新たに発見された。 2.重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV) SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられている。 2002年に中国広東省で発生し、2002年11月から2003年7月の間に30を超える国や地域に拡大した。 2003年12月時点のWHOの報告によると疑い例を含むSARS患者は8,069人、うち775人が重症の肺炎で死亡した(致命率9. 6%)。 当初、この病気の感染源としてハクビシンが疑われていたが、今ではキクガシラコウモリが自然宿主であると考えられている。 雲南省での調査では、SARS-CoVとよく似たウイルスが、今でもキクガシラコウモリに感染していることが確認されている。 ヒトからヒトへの伝播は市中において咳や飛沫を介して起こり、感染者の中には一人から十数人に感染を広げる「スーパースプレッダー」が見られた。 また、医療従事者への感染も頻繁に見られた。 死亡した人の多くは高齢者や、心臓病、糖尿病等の基礎疾患を前もって患っていた人であった。 子どもには殆ど感染せず、感染した例では軽症の呼吸器症状を示すのみであった。 3.中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV) MERS-CoVは、ヒトコブラクダに風邪症状を引き起こすウイルスであるが、種の壁を超えてヒトに感染すると重症肺炎を引き起こすと考えられている。 最初のMERS-CoVの感染による患者は、2012年にサウジアラビアで発見された。 これまでに27カ国で2,494人の感染者がWHOへ報告され(2019年11月30日時点)、そのうち858人が死亡した(致命率34. 4%)。 大規模な疫学調査により、一般のサウジアラビア人の0. その大多数はウイルスに感染しても軽い呼吸器症状あるいは不顕性感染で済んでおり、高齢者や基礎疾患をもつ人に感染した場合にのみ重症化すると考えられる。 重症化した症例の多くが基礎疾患(糖尿病、慢性の心、肺、腎疾患など)を前もって患っていたことが解っている。 ヒトからヒトへの伝播も限定的ではあるが、病院内や家庭内において重症者からの飛沫を介して起こる。 年に数回程度、病院内でスーパースプレッダーを介した感染拡大が起こっているが、市中でヒトからヒトへの持続的な感染拡大が起こったことは一度もない。 2015年に韓国の病院で起こった感染拡大では、中東帰りの1人の感染者から186人へ伝播した。 イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダなどの家畜に加え、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメからも、それぞれの動物に固有のコロナウイルスが検出されている。 多くの場合、宿主動物では軽症の呼吸器症状や下痢を引き起こすだけであるが、致死的な症状を引き起こすコロナウイルスも知られている。 家畜では豚流行性下痢ウイルス(PEDV)、豚伝染性胃腸炎ウイルス(TGEV)、鶏伝染性気管支炎ウイルス(IBV)、実験動物ではマウス肝炎ウイルス(MHV)、ペットでは猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)が致死的である。 コロナウイルスの種特異性は高く、種の壁を越えて他の動物に感染することは殆どない。 ウイルス学的特徴 電子顕微鏡で観察されるコロナウイルスは、直径約100nmの球形で、表面には突起が見られる。 ウイルス学的には、ニドウイルス目・コロナウイルス亜科・コロナウイルス科に分類される。 脂質二重膜のエンベロープの中にNucleocapsid(N)蛋白に巻きついたプラス鎖の一本鎖RNAのゲノムがあり、エンベロープ表面にはSpike(S)蛋白、Envelope(E)蛋白、Membrane(M)蛋白が配置されている(図1)。 ウイルスゲノムの大きさはRNAウイルスの中では最大サイズの30kbである。 図1 感染症法での取扱い 日本国内でSARS-CoVやMERS-CoVの感染者が見つかった場合、病気の伝播を抑えるために、感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)に従って感染拡大防止策がとられる。 SARS-CoVとMERS-CoVは共に、感染症法において二類感染症に分類されている。 感染者には感染症指定医療機関への入院措置がとられ、陰圧管理された病室で治療を受けることになる。 同時に疫学調査が行われ、感染経路や接触者が特定される。 実験室内でのSARS-CoVとMERS-CoVの所持についても、感染症法によって規制されている。 SARS-CoVは二種病原体、MERS-CoVは三種病原体に分類されており、「所持の許可」、「教育訓練」、「滅菌の管理」において、SARSの方がMERSよりも厳しく管理されている。 SARS-CoVとMERS-CoVはいずれもBSL3実験室内に保管して取り扱う必要がある。 一方、風邪のウイルスHCoV-229E、HCoV-OC43、HCoV-NL63、HCoV-HKU1は特に危険な病原体ではないため、感染症法での指定は無く、BSL2実験室で取り扱うことができる。

次の

【図解】新型コロナ感染の検査方法とウイルスの構造 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ エンベロープ

ソーシャルディスタンスを保つため間隔を開けて待つように示された表示=JR東京駅で2020年6月19日、手塚耕一郎撮影 日本の冬に現れ、春に猛威を振るった新型コロナウイルス。 国内では入院患者が減少傾向にあるが、その感染力は本格的な夏を迎えて弱まっていくのだろうか? 気温や湿度の影響はありそうだが、それだけでは説明できない現象も起きている。 専門家の見解や予測をもとに今後の感染動向を探る。 【岩崎歩】 季節性のインフルエンザは通常、冬場に流行のピークを迎え、高温多湿の夏場は感染者が減る。 長崎大熱帯医学研究所の森田公一所長(ウイルス学)は「新型コロナウイルスも、寒い時期に比べ、夏は感染が広がりにくくなる可能性はある」とみる。 森田所長は、インフルエンザウイルスと同様、新型コロナウイルスの表面に「エンベロープ」と呼ばれる脂質でできた膜がある点に注目する。 この膜は高温多湿に弱く、壊れると感染力を失う。 さらに、ウイルスの遺伝情報が詰まったRNA(リボ核酸)は紫外線でダメージを受けやすく、ウイルスにとって夏は「苦手」な季節と言える。 また、新型コロナウイルスは鼻や喉などから侵入し、粘膜に付着して感染する。 湿度が高いと、この侵入口で粘液の分泌や線毛の働きが盛んになり、気道の防御機能が高まると考えられる。 気道の保湿は、マスク着用が推奨される一つの理由でもある。 ただし、夏場は空調の効いた室内で過ごす機会が多く、人が集まる場所では「3密」が懸念される。 森田所長は「夏場でも条件がそろえばクラスター(感染者集団)は発生する」と指摘。 国内の新規感染者は一時期に比べると落ち着きつつあるが、季節の効果よりも「マスクなどの予防策や外出自粛など….

次の

【図解】新型コロナ感染の検査方法とウイルスの構造 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

コロナ エンベロープ

より新しい情報や数値の更新がある場合があります。 最新情報については厚生労働省や国立感染症研究所の発表を参照してください。 2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で全世界に広がりました。 2020年4月5日現在、新型コロナウイルスは世界200以上の国・地域に広がり、感染者はアメリカで32万人、スペインで13万人、イタリアで12万人など甚大な数に及びます。 新型コロナウイルスは中国で発生したと考えられていますが、アメリカやスペイン、イタリアなどのヨーロッパ地域に感染の流行が移り、感染者・死者ともに発祥地の中国を大きく上回った状態となっているのが現状です。 日本国内でも、4月5日時点で確認された感染者は2,291人に上り、69人が命を落としているとのことです。 新型コロナウイルスは世界を震撼させていますが、現在のところ感染経路、治療法、感染してからの経過など、明確には解明されていない部分が多々あります。 そのため、世界中の研究機関が新型コロナウイルスの解明に向けてさまざまな調査・研究を急ピッチで進めています。 原因 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は新たに発見された-CoV2に感染することによって発症します。 どのような経緯でSARS-CoV2 が生み出されたのか、またはヒトに感染するようになったのかは、いまだに不明です。 しかし、中国武漢市の海鮮売場に関連した人で集団発生したことや、後に野生動物の取引エリアからもウイルスが検知されたことから、そこに何らかの原因が潜んでいるとも考えられています。 コロナウイルスは、ヒトを含めた哺乳類、鳥類などに広く存在するウイルスです。 コロナウイルスの特徴として、エンベロープ(ウイルス表面の脂質性の膜)上にコロナ(王冠)のようなたんぱく質の突起を持っていることが挙げられます。 これを名前の由来とする1本鎖のRNAウイルスです。 ウイルスにはエンベロープを持つものと持たないものがありますが、コロナウイルスを含めエンベロープを持つウイルスはアルコールで失活する、変異を起こしやすいという特徴があります。 コロナウイルスは、一般的な風邪をひき起こすウイルスでもありますが、上記のように変異を起こしたり、動物界のウイルスがヒトに感染したりして重大な被害を与えることがあります。 2002年に中国広東省から発生したSARS、2012年に中東地域を中心に発生したなどもコロナウイルスの一種です。 症状 新型コロナウイルス感染症は、発熱(37. これらの重症化は高齢者や基礎疾患(心血管疾患、、悪性腫瘍、慢性呼吸器疾患など)を有する方で多く見られる一方、小児や若年層のなかには、感染してもほとんど症状が現れない無症状病原体保有者が存在することも判明しました。 このため、診断の遅れにつながり、感染を拡大する可能性もあるとして注意喚起がなされています。 また、日本国内では新型コロナウイルス感染によるを発症したケースも報告されています。 検査・診断 新型コロナウイルス感染症の診断は、これまでの各自治体の地方衛生研究所、国立感染症研究所での遺伝子検査(PCR法)に加えて、3月6日から一部医療機関での保険診療による検査が行われるようになりました。 現在は、簡便で迅速に結果が判明する検査法の開発が進められており、臨床で利用されることが期待されています。 検査キットでは特別な機械を要さずに15分で判定が可能かつ95%の精度を持つとされており、今後の活用が期待されています。 そのほか、肺炎の重症度を評価する目的で、経皮的な酸素飽和度の測定や、、胸部CT検査などが行われます。 レントゲン写真では分かりにくい病変が、CT検査では分かりやすいなどの特徴も判明しています。 治療 新型コロナウイルス感染症の治療法は、風邪のような症状の場合には対症療法(熱や咳などの症状を抑える治療)を行いますが、の場合は酸素投与、全身循環管理に加えて抗ウイルス薬の投与が奏効する場合があります。 特に重症な場合には、体外式膜式人工肺(ECMO:人工肺とポンプで肺の代替を行う装置)を使用しなければならないこともあります。 なお、日本感染症学会は、「50歳以上で酸素投与が必要な患者」・「基礎疾患があり酸素投与が必要な患者」・「年齢にかかわらず呼吸状態が悪化傾向にある患者」に対して、これらの試験的に使用されている抗ウイルス薬の適応を検討すべきとの見解を示しています。 予防 現在のところ-CoV2 は、ヒトからヒトへ感染することが分かっており、主な感染経路は飛沫感染(咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸入)と接触感染(感染者の飛散した唾液や痰などにより汚染された環境に触ることで感染)です。 医療の現場では、検査や処置の際にエアロゾルが発生することで空気感染(空気中にいつまでも漂う形の病原体によって感染)の可能性も指摘されています。 また、感染してから症状が現れるまでの期間は3~5日(最大14日)とされており、それまでの間でも感染を広げる可能性も示唆されています。 さらに、新型コロナウイルスは感染したとしても症状が出ないケースが多いことも分かっており、無症状病原体保有者も症状がある感染者と同程度のウイルスを持つとの報告もなされています。 そのため、気付かないうちに周囲に感染を拡げているケースも多々あると考えられています。 飛沫感染や接触感染の予防には、手洗いや手指消毒を徹底し、マスクの着用が有効です。 一方で、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、症状がない場合でも外出時はマスクやスカーフなどで鼻と口を覆うよう新たに推奨しており、感染予防についてもさらなる解明が進められているところです。 現在(2020年4月6日)は、全国で換気の悪い閉鎖空間における接触感染と思われる事例が散発しており、政府が国内発生早期として、不要不急の外出の自粛や流行地の学校休校が要請している状況です。

次の