缶バッチ 100均。 100均セリアの缶バッジキットが人気。おしゃれな自作缶バッチのアイデア【ブログレポート】

花粉症バッジの販売店はどこ?通販サイトや100均でも買える?

缶バッチ 100均

商品サイズとJANコードが発売元の株式会社元林さんのツイッターで公開されていました。 全サイズを揃えたかったのですが、一番小さい「32mm」と「100mm」を見つけることができませんでした。 こちらの記事では、左から「44mm・57mm・77mm」の缶バッジキットを使用しました。 どのサイズも1セット100円+税で販売しています。 特に布は缶バッジ作りがしやすく、初めての場合でもきれいに仕上がります。 缶バッジキットのセット内容 セリアの缶バッジセットは、台紙と缶バッジ本体の両方を使用します。 透明な袋から台紙と缶バッジを取り出しました。 缶バッジ本体は二つのパーツに分かれています。 缶バッジ5個入りセットの場合は、全部で10個のパーツが入っていました。 接着剤は別売り。 布用接着剤を使用しました 布や紙を貼り付ける時に接着剤を使用します。 説明書きでは「本製品には接着剤は付いていません。 市販の接着剤をご使用ください」と書かれていました。 今回は100円ショップで購入した接着剤を使ってみました。 左が布用接着剤で、真ん中と右が強力瞬間接着剤です。 強力瞬間接着剤は「金属にも使用できる」と書かれていたので良さそうだと思い購入したのですが、すぐに接着剤が乾いてしまい、うまく引っ付けることができませんでした。 予備として購入していた布用接着剤が重宝しました。 台紙から型紙を切り取る 一番はじめに台紙から型紙を切り取ります。 真ん中のグレーになったいる部分が缶バッジのサイズ、周りの斜め線が中に入れ込む紙や布の大きさです。 布や紙の端部分を利用できる場合は、クリップでまとめて留めてからカットするとスムーズでした。 布や紙のデザインによって、切り抜きたい場所が変わります。 缶バッジ本体を合わせてみて、大体の位置を決めました。 布や紙の内側部分を使用する場合はコンパスが重宝します。 穴が開かない程度にコンパスをのせ、うっすらと円を描きます。 コンパスで記した線に沿って布を切り取りました。 上の写真では、44mm・57mm・77mmのカットした型紙を並べています。 それぞれの型紙のサイズは「44mmが直径7. 4cm」「57mmが直径8. 7cm」「77mmが直径10. 2cm」でした。 接着剤を使って、缶バッジに布・紙をつける 布用接着剤をフチと内側に塗りました。 内側の真ん中部分には布が当たらないので塗っていません。 強力瞬間接着剤では布をひっつかず、布用接着剤を使用しています。 餃子の皮を包む時のようにひだを作りながら布を内側に折り込みました。 表面にシワができていないことを確認し、布の上に接着剤をつけます。 ピンが付いているパーツをしっかりと押さえ、下のパーツと布、上のパーツをくっつけます。 缶バッジを作ることができました。 はじめは作業に慣れず時間が掛かりましたが、慣れてくると乾燥以外はスムーズに作業を進めることができます。 好きな布(はぎれ・カットクロス)で缶バッジを作る 楽天市場の「 」で購入した北欧生地を使用し、缶バッジを作りました。 上の写真ではお試しハーフカットクロスを並べています。 マリメッコの生地を使って缶バッジを作りました。 缶バッジ作りは少量の生地でできるので、自宅にある好きなカットクロスやハギレで作ることができました。 上の写真では44mmと77mmの缶バッジキットを使用しました。 細々とした模様の生地は缶バッジ作りに使いやすく、大柄の生地はやや使いにくい印象です。 自作した缶バッジは、バッグに付けて使用する 缶バッジなのでキャンバス生地をトートバッグに簡単に取り付けることができました。 マリメッコのプケッティとピックルース柄の生地を使用した缶バッジです。 無印良品で販売しているシンプルなデザインのサコッシュにも。 黒色のサコッシュにPUKETTI(ブラック)を合わせました。 缶バッジなので簡単に取り付けができ、シンプルなファッション小物のアクセントになります。 サコッシュの価格は1個990円で、シルバーグレーやマスタードも人気のカラーです。 今回はバッグと缶バッジを同色で揃えてみました。 マリメッコの生地は価格が高めですが、缶バッジは少しの面積の生地で作成できるのでチャレンジしやすいです。 44mmの缶バッジキットは1セットに5個入っています。 1個あたり約20円で購入できる分、ピンの強度はあまり強くない印象です。 繰り返し使用していると、ピンの部分が少し曲がってしまいました。 厚手の布は、オリジナル缶バッジ作りには不向き カウニステの生地を使って缶バッジを作ろうと思ったのですが、厚手の生地は缶バッジの内側に入れ込みにくく、使用中にパーツが外れてしまうことも。 商品パッケージの説明書きを見てみると、「デニム地などの厚い生地や固い生地では作りにくい場合があります」と記載されていました。 100円ショップはカットクロスも充実 100円ショップは裁縫道具やハンドクラフトグッズの品揃えが豊富です。 かわいいカットクロスも見つけることができました。 今回はセリアで購入したカットクロスを使用しました。 セリアで購入した洋梨柄のカットクロス(右)とマリメッコのピエニパーリナ(左)を並べてみました。 どちらも可愛いデザインですが、缶バッジは模様が小さい方が使いやすいので、今回はセリアの洋梨柄カットクロスを使用しています。 働く車やハリネズミのカットクロスもセリアで購入しました。 ワッペン(アップリケ)を組み合わせる ハマナカのワッペンと缶バッジキットを組み合わせて使用しました。 缶バッジにそのままワッペンを貼るのではなく、セリアで購入した白色(無地)のカットクロスを組み合わせています。 くるみボタンのような仕上がりになりました。 組み合わせている無地の生地を変えるだけで、大きく印象が変わります。 子供バッグのアレンジにもおすすめです。 紙を使った缶バッジ作りは、端の処理が難しい オリジナル缶バッジ作りで使用したいのが、やはり紙です。 今回はセリアで購入したデザインペーパー(折り紙)を使用しましたが、自分で描いたイラストやお気に入りのキャラクターの缶バッジ作りにも使用できます。 (個人利用の場合) 紙を使用した缶バッジの作り方は、布の場合と同じです。 紙はシワが入りやすいので、パーツの内側はあまりきれいな状態ではありません。 表側のシワを伸ばしつつ丁寧に作ったのですが、缶バッジのサイド部分はどうしてもシワができてしまいます。 デザインペーパーで作った缶バッチを並べてみました。 イラスト自体はきれいに見えていますが、布のように端の処理はきれいに行うことができませんでした。 100円ショップは缶バッジ関連グッズが充実している 100円ショップは、缶バッジやキーホルダーなどコレクション系収納グッズの種類が豊富です。 次々と新商品が登場しており、缶バッジ収納グッズも数多く見つけることができました。 上の写真では、キャンドゥで購入した「缶バッチ収納ケース」とサイズ別の「缶バッチカバー」を並べました。 キャンドゥの商品は「缶バッジ」ではなく、「缶バッチ」という言葉が使用されています。 セリアで購入した缶バッジ収納グッズです。 ピンク色のうさぎ耳キャラクターがデザインされている「マイコレ」シリーズは、セリアとキャンドゥの共通商品でした。 (発売元:和泉化成株式会社) 缶バッジカバーはセリアとキャンドゥで商品が異なります。 100均の缶バッジカバーで保護する。 カバーはセリアがおすすめ 左がセリア、右がキャンドゥで購入した缶バッジカバーです。 57mmサイズの缶バッジカバーはどちらも10枚入りでした。 缶バッジカバーを並べてみるとデザインが異なるのがわかります。 キャンドゥ(右)の缶バッチカバーは厚みがあり、縁の処理もしっかりとしている印象です。 缶バッジキットで作成した缶バッジを「キャンドゥのカバー」に入れてみました。 下部分は入るのですが、上部分をどう頑張っても被せることができません… キャンドゥのカバーはピッタリサイズで、厚みがあるので通常の缶バッジよりも厚みがでやすい自作缶バッジが入りませんでした。 セリアの缶バッジカバーはキャンドゥの商品よりも柔らかく、上部分も取り付けることができました。 (ちょっと引っ張りながら入れます) セリアの缶バッジカバーをつけた状態です。 紙で作ったオリジナル缶バッジは破れやすいので、缶バッジカバーで保護しています。 缶バッジカバーをつけることで、気になっていた端の処理が目立ちにくくなりました。 缶バッジカバーをつけた状態の裏側です。 裏側もカバーでしっかりと保護しているので、ピン側のパーツが外れにくくなりました。 セリアで缶バッジキットを購入する場合は、同サイズの缶バッジカバーの購入がおすすめです。 44mmサイズ対応の缶バッチ収納リフィルも販売 セリアで購入した「マイコレ専用バインダー 44mm用缶バッチ収納リフィル」を使用しました。 バインダーとリフィルが別売りで、缶バッジの数が増えるとリフィルを追加することができます。 クリアタイプのリフィルなので44mmの缶バッジをキレイにコレクションすることができます。 好きなアニメやキャラクターの缶バッジ収納にもおすすめです。 ポケットの裏側から缶バッジを出し入れすることができました。 【サイズ別】 44mm・缶バッジキットの作成例 缶バッジキットで作成した44mmの缶バッジを並べてみました。 小さいサイズの缶バッジは小花柄など、細々としたデザインが向いています。 好きな色やデザインの布で缶バッジを作り、ボタンのように使用するのも素敵です。 57mm・缶バッジキットの作成例 布と紙、ワッペンどのアイテムとも相性がよかったのが、57mmサイズの缶バッジです。 ボタンにするには大きすぎるサイズですが、バッグやファッション小物のワンポイントアレンジで活躍します。 44mmと同じ1セット5個入りで、お得なセットでした。 77mm・缶バッジキットの作成例 77mmの缶バッジは大柄やキャラクターの缶バッジ作りに使いやすい大きさです。 こちらは1セットに2個のみが入っていました。 手で持ってみるとサイズが大きいのがわかります。 ファッション小物に缶バッジというよりも好きなデザイン、キャラクター、イラストを見て楽しみたい時におすすめです。

次の

100均の缶バッチカバーでお気に入りを守って飾ろう♪

缶バッチ 100均

ダイソーのOPP袋とは? ダイソーというには100円均一でもお馴染みの店舗なので、知らない人は少ないでしょう。 ではOPP袋という商品は、名前を言われてパッと頭に浮かんでくるでしょうか。 名前を言われても、商品が思い浮かぶ人は少ないかもしれません。 しかし商品自体を見れば、多くの人が見たことがあると答える商品でしょう。 OPP袋とは透き通った透明の、パリッとした袋のことをあらわしています。 お店でプレゼントを購入した時などに、ラッピングの前に透明な袋に商品を一度入れてくれるのを見たことがないでしょうか。 あの綺麗で透明な袋がOPP袋と呼ばれる袋で、プレゼントなどの中身が見えつつも保護してくれる優れた袋になります。 プレゼント用の袋としても使えるほど高級感がある袋ですが、実はダイソーなどの100円均一でも何枚かをセットで購入できるお得な商品なのです。 ダイソーにはOPP袋のサイズが豊富に取り揃えられています。 そのためOPP袋が必要になったときには、ダイソーに行けば欲しいサイズのOPP袋に必ず出会えるのです。 ダイソーで販売されているOPP袋のサイズを解説 ダイソーには、様々なタイプのOPP袋が取り揃えられています。 その中でも 「クリアポケット」というシリーズが、使い勝手がよくて人気になります。 そんなOPP袋であるクリアポケットのサイズ展開をご紹介します。 テープ付きにはフタの分の長さも加わっているため、テープなしと長さが違います。 しかし中に入る大きさは同じなので、紹介は同時に進行です。 B6用の 「131x183+32」と「133x186」があり、A5用の 「151x211+30」と「154x211」があります。 カードなどを保存する大きさにぴったりでしょう。 そしてB5用 「185x258+30」と「188x260」があり、A4用の 「213x298+32」と「216x301」「241x305」が揃っています。 最後に一番大きいサイズはB4用の 「261x364+30」と「264x366」になるのです。 豊富なサイズ展開なので、一度手に取って確かめてみましょう。 100均ダイソーのOPP袋はラッピング売り場で販売 ダイソーでのOPP袋の売り場は、ラッピングコーナーになります。 ラッピングの際に有効活用できる素材なので、覚えやすい売り場ではないでしょうか。 可愛いラッピング袋が並んでいる場所に、一緒に並んでいたり少し離れた所に置かれていたりします。 プレゼント用に活用したいのであれば、可愛いラッピング袋と一緒に購入すると助かるでしょう。 店舗によってはラッピングコーナーに、見当たらない場合もあります。 梱包材コーナーや文具コーナーに、置かれていることも稀にあるようです。 ラッピングコーナーに見当たらない場合は、一度他のコーナーも覗いてみるといいでしょう。 それでも分からない場合には、店員さんに直接聞いてみるとすぐに案内してくれます。 ダイソーのOPP袋は梱包におすすめ! ダイソーのOPP袋は 梱包に最適な商品です。 どんな点が梱包におすすめの理由なのか、ご紹介していきましょう。 保護能力が高い• 高級感がある• 中身が見える• コスパがいい• 簡単にできる では、それぞれの理由を詳しく見ていきます。 例えば現在はフリマアプリのメルカリなどが流行っていますが、メルカリで販売した商品などの梱包にも役立ちます。 購入してくれた人に送る際、商品が濡れたり汚れたりしては取引が台無しになってしまうでしょう。 そんなときにOPP袋に商品を入れておくだけで、防水効果も保護効果も得られるのです。 フリマアプリを利用しようと思っている人は、ぜひダイソーのOPP袋で保護をしてから商品を送ってみてください。 梱包をする商品というのは、誰かに渡す商品が多いのではないでしょうか。 プレゼントする際にダイソーのOPP袋を使用して梱包すると、商品の品質自体を高く見せることができます。 プレゼントのときにも、フリマアプリで購入者に送りたいときも、商品を高く見せることができるという利点は大切です。 中身が見えないタイプの袋や紙の場合、梱包後に商品の確認がとれずに梱包を解いた経験のある人はいるでしょう。 透明のダイソーのOPP袋なら、そんな苦労はしなくてよくなります。 梱包後も一目見ただけで中身が分かるからです。 つい中身チェックをしたくなる人は、ダイソーのOPP袋がおすすめです。 商品自体にお金を掛けるのはいいけれど、梱包にはあまりお金をかけたくないという人もいるのではないでしょうか。 または梱包する量が多いため、梱包の料金が気になってしまう場合もあるでしょう。 そんなとき100円で数枚セットとなっているダイソーのOPP袋は、お財布に優しくて手が届きやすいためおすすめです。 梱包と聞くと、不器用な人は気が進まないという人もいるでしょう。 しかしダイソーのOPP袋は商品を袋に入れるだけで終了なので、不器用な人でも簡単に綺麗に梱包できます。 梱包初心者の方や、不器用な人は、ダイソーのOPP袋がおすすめです。 ダイソーのOPP袋を使った缶バッジやブロマイドの保存方法10選 ダイソーのOPP袋を使って、 大切な缶バッジやブロマイドを保管している人が多数存在します。 どのような保存方法があるのか、ご紹介します。 絶対に汚したくないカードの保存方法• ジャストフィットのOPP袋で完全保存方法• 使用しても汚れない保存方法• 手間がかからない缶バッチの保存方法• 永久保存ができる缶バッチの保存方法• OPP袋を使って缶バッチを綺麗に保存する方法• トレーディングカード用のOPP袋の保存方法• 保存しながら使えるキーホルダー• カードマニア必見のOPP袋の保存方法 では、それぞれの保存方法を詳しく見ていきましょう。 そんな時にはカード入れを活用する人は、少なくないと思います。 しかしカード入れに保管するだけでは、心配になることがあるのではないでしょうか。 そういった絶対に汚したくないカードの保管方法は、 カード入れに入れる前にOPP袋に保管することで解決できます。 二重の保管になるので、汚れたり傷ついたりする確率が低くなるでしょう。 ジャストフィットではない場合は、空気などが入ってしまい、鑑賞時にも少し残念になってしまいます。 せっかく保存するのだから、綺麗な保存方法を心がけたいところです。 ダイソーのOPP袋ならサイズも豊富に取り揃えられているので、ジャストフィットサイズでカード1枚1枚を保管できるでしょう。 鑑賞用カードの保管方法は、ジャストフィットが必衰です。 このように OPP袋に保管したものを使用すれば、汚れもつかず傷もつかずに使い続けられます。 お気に入りのものは、できれば綺麗なままずっと使い続けたいと思う人は多いでしょう。 そんな願いをこちらのダイソーのOPP袋を使った、保存方法は叶えてくれるのです。 汚さずに使いたい代物がある人は、こちらのOPP袋を使った保存方法がおすすめになります。 ひとつひとつのポケットに保存することができて、缶バッチにはぴったりのサイズ感ではないでしょうか。 またポケットに入れるだけで保存が完了なので、大量の缶バッチがある方には手間が省ける魅力もあります。 OPP袋特有の透明さで、可愛い缶バッチをいつでも鑑賞させてくれるので、部屋のインテリアにもぴったりです。 そんな人には 缶バッチの袋のサイズぴったりの、ダイソーのOPP袋に保存するのがおすすめです。 二重保存のため、缶バッチ本体が傷ついたり汚れたりする恐れはなくなります。 もしもOPP袋が破けたとしても、また新しいOPP袋で保存すれば良いので、永久保存が可能になるのです。 缶バッチケースに入れる前に、ダイソーのOPP袋に保存するのが缶バッチコレクターの基本です。 缶バッチケースへの保存だけでも綺麗ですが、OPP袋に入れることで更に綺麗な状態を保つことができるでしょう。 缶バッチをコレクションしたい人は、ぜひ真似してほしい保存方法です。 缶バッチカバーについてはこちらの記事で詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください! 100円で手に入る「オタ活グッズ」としてキャンドゥ商品で話題になっているのが缶バッジカバーです... 他のOPP袋よりも厚みがあるのが特徴で、カードを入れる専用に作られていることが分かります。 このトレーディングカード用のOPP袋に合うカードなら、こちらで保存するのが一番しっくりくるでしょう。 カードを傷つけないような、かっちりとした作りに安心して大切なカードを任せられます。 お気に入りのカードキーホルダーは、使っていると汚れたり傷ついたりとしてしまうことが心配でしょう。 かといってキーホルダーを使わないのも、勿体無いと感じる人も少なくありません。 せっかく手に入れたお気に入りのキーホルダーは、色んな場所に身につけて行きたいと思うでしょう。 そんな時は本体だけをOPP袋でカバーする保存方法なら、汚れや傷を気にせずにすみます。 大切な思い出と一緒に手に入れたチケットやカードは、何度も眺めて楽しみたい人も多いでしょう。 そんな人はチケットやカードを綺麗に保存させるためにOPP袋を使用して、可愛いカバーを付ければインテリアとしても役目を果たせます。 この保存方法ならいつでも眺めることができますし、ダイソーのOPP袋で綺麗に思い出を保存することもできます。 しっかりと保存もできますし、鑑賞もいつでもできます。 カードマニアに嬉しいのは、クリアポケットがファイルに挟めるように穴がついていることです。 クリアポケットの収納場所が無くなれば、クリアポケットだけを購入してファイルに付け足すことが可能になります。 どんどんカードをコンプリートすることができる、ダイソーのOPP袋の保存方法です。

次の

缶バッチを自作!簡単な作り方紹介!初心者さんでも100均で材料が揃うから安心!

缶バッチ 100均

キャンドゥにも同じように売っているそうです。 後ろに切り込みがあり、上と 下も結構結構広げる事ができます。 薄いですが、簡単には破れません。 上から、入れてみます。 すんなり入りました。 表はこんな感じです。 ただ、裏の部分が気になる。 カバンや帽子にも付ける事が出来ますが、掛かります。 ちょっと邪魔です(笑) 自宅用には問題ないです。 私は、セリアで購入したので、ダイソーやキャンドゥの缶バッチカバーは違うかもしれません。 私は、セリアで購入しました!使い方をご紹介した缶バッチカバーもセリアの物で、ダイソーやキャンドゥ商品とはまた異なるかと思います。 私は、ダイソーで探しましたが、売り切れ中で中々入荷されず、セリアでやっと購入できました。 以前は、缶バッチカバーなんてなかったですよね。

次の