しろてにりせまら。 【白猫テニス】最新リセマラ当たりランキング!【7/21更新】/白テニ

【白猫テニス】最新リセマラ当たりランキング!【7/21更新】/白テニ

しろてにりせまら

敵の戦力を削ぐ事、味方の火力アップに特化しており大幅なパーティ強化が可能。 中でも3ターン継続する被ダメージ100%アップは強敵との戦闘時間を大幅に縮められる優秀な効果。 多少火力が足りなかったとしても十分補えるので、ボス用のサポーターとして確保しておきたい。 それだけでなく、 敵単体に被ダメージ25%アップ後にダメージを与えるサイコクラッシュは単体にも対応。 縦横範囲の攻撃を持つキャラは複数いるものの、全体攻撃は貴重。 育成アイテムを獲得するにあたって必ず周回は必要となる為、入手しておくと便利。 と似た性能となっており、同時運用を行えば周回が快適になる事間違いなし。 全体攻撃を持つキャラ自体が貴重な上、ボス戦なら単体攻撃を使えるなど幅広い活躍が可能。 奥義も全体攻撃と、殲滅力が高く 周回性能がかなり高め。 当然全体を対象としている為、威力自体は低く設定されているが使いやすさはトップクラス。 補助スキルで 火力アップや 奥義ゲージアップを行える為、低い火力を自分で補えるところも嬉しい。 強いて言うなら 付与効果が一切なく、ダメージのみ。 とはいえ、キャラ育成の際に周回は必須となるので獲得しておけばかなり便利。 奥義も3回攻撃となっており、ボス戦では重宝するアタッカー。 防御力がかなり低いが、特性により バトル開始直後から[闇]キャラに無敵付与が出来るので生存率は高め。 その他、 補助スキルでも無敵を付与出来たりと自身で防御面を大きくカバー出来ている点は優秀。 周回や長期戦には向くタイプではないのでサッとバフをかけて最大火力を放つ運用でOK。 奥義においても ダメージ&被ダメージアップを与え、2回に分けて繰り返す事が可能。 その為、味方の火力を大幅に底上げして戦闘を優位に運べるのがポイント。 他にも 「火」を持つキャラのすばやさ5アップの効果を持っており、編成次第で大きな恩恵を得られる。 複数の敵に対してデバフを撒けるのは有難い。 味方のHP回復、ターン終了時にHP回復、再臨 戦闘不能時にHP30%で蘇生 などヒーラー特化の能力を持つ。 縦範囲の攻撃を持つが、自身の攻撃力が低いのでアタッカーとしての評価は当然低め。 ただ、 運用場所が少ないのもネック。 3%アップ&無敵を付与出来るキャラ。 その為、長期に渡って味方をサポート出来る優れた性能を誇る。 汎用性が高く、幅広く運用出来る優れた性能が魅力。 バフ要素は持ち合わせていないが、回復キャラを必要とした場合には獲得しておきたい。 奥義は 敵1体の被ダメージを3ターン100%アップさせ、さらに3ターン被ダメージ33. 3%ダウンを付与。 その為、ボス単体と戦闘を行う場合に味方の火力を大幅に底上げしてくれる優秀なキャラ。 補助スキルでは 敵1体のチャージダウン、自分の状態異常付与成功率アップの効果。 他にも 味方の奥義ゲージ30%アップも付与など、サポートがメイン。 自身に補助スキルを使う事で一気に奥義ゲージを取得出来る為、パーティの最大火力を引き出すのも短時間で可能。 他キャラと組合わせやすいのも大きな特徴。 横範囲攻撃が刺さる場所なら周回も可能だが、 火力はやや低め。 勿論、サポート能力がメインなのでそこまで気にする必要はない。 強敵との戦闘で毎ターン火力バフを味方に付与出来るのは大きな強み。 奥義は被ダメージ100%アップの効果となっており、敵が[獣][精霊]なら追加で被ダメージ100%アップが可能。 特定の相手には勿論、そうでない場合にも味方全体の火力アップに貢献出来る。 ただ、対象が単体となっており 複数の敵に対しては恩恵が少な目。 その他、補助スキルでは 敵の素早さ10ダウンや 自身へ無敵付与などサポート能力に特化した性能を持つ。 条件さえ揃えばのサポート能力を超えるが、汎用性はやや劣る。 既にロックブーケを確保しているのなら優先度は低め。 ステータスは 素早さが高い為、先手で味方にバフや無敵を付与出来る為サポーター運用がオススメ。 アタッカー、壁役を支える優秀な性能を持つので獲得しておくと非常に便利。 無敵効果も3回付与となっており、それだけで入手の価値は十分。 サポート能力が多く、奥義も 味方1体に与ダメージ50%アップ&3ターン無敵&奥義ゲージ30%アップの効果。 奥義ゲージアップは補助スキルでも使用出来る為、味方単体の奥義回転率を大幅に早められるのが特徴。 ただし自身の火力自体は正直そこまで。 ダメージソースも無いので、火力枠としての運用は厳しめ。 強力な奥義を持つキャラと組み合わせると真価を発揮するタイプ。 奥義に関しても 単体攻撃+奥義ダメージ100%アップとなっており、単体火力は高め。 単体アタッカーとして優秀な性能を誇るが、逆に言えば 周回要員としては向かない。 奥義の回転率が良く、単体に与えられるダメージ効率も良いので入手はおすすめ。 火力は非常に高く、補助スキルで自身の奥義ゲージアップ&無敵獲得も可能。 味方への恩恵は少なく、正直単体アタッカーとしての運用以外での使い道はない。 手持ちに単体アタッカーがいないのなら確保しておいて損はないが、既に確保しているのならスルーしてもOK。 奥義も3回攻撃となっており、火力面に特化したアタッカータイプ。 自身で火力バフを付与出来る為、他キャラに依存しなくて済むのはメリット。 しかし、そうなった場合には 最大火力を発揮するまでに時間が必要。 強敵との戦闘時に手動で行動選択する場合には強いキャラといえる。 横範囲攻撃は他キャラと違い、2回に分けてダメージを与えられるので普通よりも高火力。 その他、補助スキルでも 味方に無敵1回を付与出来たりと非常に強力。 縦範囲の攻撃は他キャラに任せなければならないが、周回やボス等で十分活躍可能。 強力な性能を持つ為、確実に入手しておきたい。 単体高威力の奥義を持っているが、 自分に2ターンのマヒを付与する等大きなデメリットを伴う。 ただ 基本行動のかまえると併用する事で超火力を発揮出来る為、使いどころでは強力。 補助スキルも全て自身の火力アップとなっており、単体アタッカーとしてならトップクラス。 その反面、汎用性は低く 周回要員としては使い物にならない。 イベントボスや強敵への対策として獲得するならオススメ。 奥義は 敵1体の被ダメージを3ターン100%アップ+3マスのディレイを付与+自分の奥義ゲージ50%アップの効果。 そのほか、 状態異常の付与率アップや スタン付与の効果など敵の行動を妨害するスキルを多く保有。 敵の行動を遅らせつつ、先制をとれるなど戦闘を優位に運べる優秀なキャラ。 味方の火力アップにも貢献出来るなどかなり便利。 回転率の早い奥義によって常時安定した高火力を得られるのも嬉しい。 周回にも運用出来るがボス戦等で高い効果を発揮する。 常時味方の回復を行える為、サポート要員として運用するのがオススメ。 強敵との戦闘で壁役に対して回復を行えばそれだけで生存率アップにも繋がる。 奥義は 味方1人の奥義ゲージ100%アップ+補助スキルのクールタイム1短縮の効果。 しかし、 ディレイとなっているのでヘイトが集まらない場所に配置させないと戦闘不能もあり得る。 補助スキルでもHP回復が出来、1ターンの無敵付与も可能。 サポート能力に特化しているので高難易度のクエストでも十分活躍出来る性能。 基本行動は 単体攻撃と味方1人のダメージを肩代わりするかばう。 かばうはファスト+自身に無敵付与となっており、パリィの上位互換。 パリィは自身のみだが、かばうは他の味方に対してもパリィを行うようなもの。 その為、 単体攻撃のみの敵と戦う場合には非常に便利。 奥義は 単体攻撃+自身のHPを500回復と、耐久面でも優秀。 その他、補助スキルでも 自身に無敵を付与出来たりと壁役として高い性能を誇る。 ヘイトが高くなる場所に配置しての運用が好ましい。 奥義は [光][弓]の味方キャラのクリティカル率を100%アップと縛りはあるが強力な効果。 同時に 連携率33. 3%アップ&無敵付与も出来たりと、サポート能力が高いキャラ。 ただ、上位キャラの場合敵の被ダメージアップなどを行えたりと他の味方への恩恵も大きい。 同時実装のは自身でクリティカル率100%アップを獲得出来るので、他キャラと編成したいところ。 奥義に関しても3回攻撃となっており、手数が多い事と補助効果によって単体火力はかなり高め。 奥義ゲージを35%アップする補助スキルも奥義の回転率を底上げするにあたって便利。 イベント内でしか発動しないが、育成時間を大幅にカット出来る点は非常に魅力。 イベント周回を行うのであれば獲得しておいて損はない。 奥義も単体3回攻撃と火力が非常に高いものの、 5ターンクリティカル率50%ダウンのデメリットも。 とはいえ、クリティカル率が下がるだけなので正直そこまで大きなデメリットとは言えない。 基本行動で前述したクリティカル関係のバフを獲得出来る上に、補助スキルで 状態異常解除も可能。 攻撃力の高いアタッカーとなっており、奥義の回転率が良いのも有難い。 奥義の ソウルアーマーは敵にダメージを与えられないものの、3ターン自身の攻撃75%アップ+すばやさ30アップ+無敵付与と非常に優れた補助効果。 奥義で大きなダメージは与えられないが、自己火力を安定して底上げ出来るのは魅力の一つ。 補助スキルでも敵単体に攻撃できるので、ダメージを稼ぎたい場合にも優秀。 すばやさの遅さも奥義でカバー可能な為、シンプルに強いキャラ。 単体火力に安定感が欲しいならオススメ。 奥義の夢想弓は 単体ダメージ+6ターン中5回自分に瞑想を付与出来る。 瞑想はターン開始時に自身の攻撃力を33. 3%増加する効果となっており、他キャラに頼らず安定した火力を発揮できる点は大きなメリット。 ただし 敵から攻撃を受けた際に解除されてしまうので全体攻撃持ちとの戦闘などには不向き。 勿論ヘイトが高まる場所への配置も控えるようにしたい。 逆に、単体攻撃に特化した敵にヘイトが下がる場所へ配置した状態で運用すると効果は大きい。 高火力アタッカーなので、火力不足なら確保しておこう。 防御力が非常に高く、奥義のフランクガードで1ターン味方の被ダメージを肩代わり可能。 ファストで発動するので敵の攻撃後に技が発動したりする使いにくさもないのが魅力。 元々の防御力も高く、ヘイトがあつまる場所へ配置することで常時壁役として活躍してくれる。 似た性能としては基本行動でかばうがあり、常時壁役として運用出来る。 ただ、ユリアンは奥義ゲージが溜まるまでかばえないのでやや見劣りする。 しかし、 引き換えに自身が2ターンマヒしてしまうデメリットも。 ラザレス 限定衣装 などを編成しておけば補助スキルで状態異常解除も出来る為、編成次第ではデメリットをカバー出来るがやはり行動回数を1回無駄にしてしまうので使いどころが肝心。 ただ、すばやさダウンは敵の行動順を下げられる優れた効果。 サポート能力は高いので、デメリットをカバー出来るキャラを持っているなら狙うのも有り。 同ガチャのがジャマータイプなので、同時編成すると高い効果を得られる。 3%アップ+奥義ダメージ66. 6%アップと非常に強力。 味方をサポートするようなスキルが豊富な為、サポーターが足りていないのなら獲得しておこう。 3%アップの補助効果。 奥義は [魔][棍棒]キャラの連携率を33. 3%アップ、単体範囲のダメージ66. イベント期間中はこの効果により効果的に運用が出来るものの、イベントが終わってしまえば他のサポートキャラとそこまで変わりがないのがネック。 その為、[水][体術]で縛るのであれば大きく火力の底上げが出来る。 火力は勿論、生存率の底上げまで対応出来る。 補助スキルでも 不動や奥義ゲージアップ等を行える為、メインはサポーターとしての運用がオススメ。 [水][体術]のキャラと相性が良いものの、奥義以外では属性関係なく恩恵を付与出来る点も魅力。 ただ、それなら上位キャラの方が運用がしやすくオススメ。 対象の属性キャラを多く保有しているのなら狙うのも有り。 補助スキルでも 不動や HP回復を行えたりと主にサポート能力に突出。 素早さも高く、先手で火力アップを行えるのでターンを無駄にしないのもポイント。 縛りがあるので編成には注意して使いたい。 同時に自身の与ダメージ100%アップの効果も獲得。 奥義は 単体3回攻撃となっており、単体アタッカーとしての性能も高い。 ただ実際使うとなると、 周回で必要な横範囲攻撃は1ターン消費が必須とネック。 その為、周回要員としてよりも高火力アタッカーとしての運用がオススメ。 火力自体は高いので他キャラのバフで底上げすれば優秀なアタッカーになる。 6%アップする効果を付与。 奥義でも 単体攻撃+相性による与ダメージアップ出来るが、その倍率は66. 6%アップと強力。 補助スキルでも33. 3%の倍率アップを行える為、パーティ全員が優位属性で挑めるのなら大幅な火力アップが可能となる。 属性縛りがないのでどんな敵に対しても運用出来るのが大きな魅力。 敵へのデバフなので、味方にバフを持つキャラと組み合わせるのもオススメ。 同時実装されたは味方に対しての効果だが、こちらは全て自身に対して。 縦横範囲の攻撃を持たないので 周回要員としては運用しにくいが、ボスやイベントでは強力な火力を発揮出来るのがポイント。 補助スキル等でも自身の火力を底上げ出来る為、 最大火力はトップクラス。 唯一の星属性キャラだった星4レアリティに比べると水属性になっている点は少し残念。 奥義はシンプルに単体攻撃となっており、 4回に分けてダメージを与えられる。 攻撃力が高く、自身に無敵効果も付与出来るので火力だけでなく生存率も高め。 基本行動の奥義威力アップは被ダメージ時には解除されるので、ヘイトが低い場所に配置したい。 さらに、ためるを使えば高ダメージを狙えるのでアタッカーとしてはかなり強力。 補助スキルは 自分の相性による攻撃を36%アップ、自分の奥義ゲージ35%アップと非常に攻撃的。 睡眠が付与された敵は行動不能になり、被ダメージがアップする。 ダメージを与えると睡眠は解除されるものの、最大3ターン動きを止められるのも優秀。 奥義も単体睡眠付与だが、被ダメージが66. 6%アップと効果が大幅アップ。 連携スキルも 状態異常の成功率アップとジャマー能力に突出した性能。 一発の火力を出したい場合には勿論、敵数が多い場合の足止めにも運用出来るのがメリット。 現状唯一無二の性能なので、入手をオススメ。 奥義は 味方全体の奥義ゲージを15%アップ+[光][剣]を持つキャラの奥義ゲージを10%アップ+すばやさを20アップの効果。 補助スキルでも 味方1人の与ダメージ30%アップを付与出来たりと性能的には完全にサポート要員。 自身の火力はそこまで無く、サポート能力も[光][剣]キャラと同時に編成する事で最大効果を発揮。 それ以外のキャラに対しても恩恵は大きいが、全体を対象としているので効果は正直薄め。 縦横範囲の攻撃を持たない為、 周回要員としての性能は低め。 ただ、奥義で [闇][大剣]を持つキャラのクリティカル率を100%アップ&補助スキルのクールタイムを1短縮&無敵を1回付与とサポート能力に秀でた性能となっている。 縛りがあるもののクリティカル率100%アップは大きく火力を底上げ出来る為、ボス等で便利。 [闇][大剣]のキャラを確保しているのなら入手しておくと火力アップに使えるキャラ。 その為、自身や味方の火力アップを行うにあたって非常に優秀な性能といえる。 範囲攻撃は出来ないが、 高火力の単体奥義も保有しておりデバフ要素も加えて ジャマーで有りながら火力にも期待出来るキャラ。 特にイベント「聖なる夜の大暴走!あのマシーンを止めろ!」ではバトル開始時に奥義ゲージ100%の状態になるので火力アップを容易に行える点も魅力的。 イベントクリアの為なら勿論、それ以外でも火力の底上げ要員として確保しておくのも有り。 周回性能は低いが 高難易度のステージで刺さるキャラ。 奥義でも 単体暗闇+被ダメージ66. 6%アップなど、ジャマー性能が高い。 その他、補助スキルでも 敵の被ダメージ33. 3%アップを付与出来るので火力の底上げに便利。 では破格の性能を持っていた白薔薇姫だが、インサガECでは正直そこまでといった性能。 単体のボスやイベントボスに対しては味方全体の火力アップを行えるのは魅力。 優先度は低めだが、優秀なキャラではある。 ただ、 技を閃く事で基本行動2が横範囲攻撃+スタンになる。 その為、素早さを高める陣形位置に配置する事で先手でスタンを撒けるのが強み。 奥義も単体攻撃+スタンとなっており、ジャマー寄りのアタッカーとして運用可能。 敵の行動を封じれるのは大きな強み。 被ダメージ軽減にも繋がる優秀な性能といえる。 奥義は 敵単体に3回攻撃となっており、単体の敵に対して特化した性能。 補助スキルでも 自身の火力の底上げや無敵を付与出来る為、生存率も高いキャラ。 周回よりもイベントボス等での運用がオススメ。 「臨時捜査官走る!帝都転覆計画を阻止せよ!」でアイテムドロップ率アップなどのボーナスを得られる為、イベント周回用に確保しておくと便利。 補助スキルにおいて 無敵付与が出来るので、基本行動の 怒り付与と合わせて壁役としても運用可能。 但し、無敵効果が切れたら怒り付与を使わないようにしないと直ぐに落とされるので注意。 奥義はファスト行動となっている為、ジリ貧のバトル時では有難い効果を発揮。 単体火力自体は高いので、イベントボス等で火力要員として活躍出来る。 期間限定イベント『石の呪詛を祓え!死せる賢者が棲まう魔塔!』参加時には相性が常に有利になり、奥義ゲージ100%の状態でスタート出来る特攻効果を保有。 ジャマーとはいえ、十分アタッカーとして優秀な性能。 チュートリアルガチャからの排出ではないが、同様入手しておけばかなり役立つ。 アタッカーとして幅広く運用出来て、どんなクエストでも編成していける点は強み。 範囲攻撃を豊富に持つ為、序盤では雑魚殲滅要員として重宝する。 奥義効果で 自身の奥義ゲージ50%アップとなるので奥義の回転率も高め。 火力不足になりがちな土属性の範囲攻撃を十分補う事が出来る性能なので入手しておきたい。 汎用性の高さはトップクラス。 十字マスに攻撃出来るキャラは引き直しガチャでは排出されない為、貴重。 開催している「雲上の緊急事態!魔龍公降臨!」の ビューネイ相手対して特攻を得られるのでイベント攻略を望むのなら獲得しておきたいキャラ。 攻撃範囲が広く、イベント終了時でも刺さる場所の多い性能となっており獲得しておいて損は無い。 尚且つ 闇属性となっているので汎用性は非常に高い。 縦範囲の敵に与ダメージダウンを付与など出来る事が豊富に揃っているのでオススメ。 穴の無い性能が魅力となっており、使い勝手が良い。 奥義は 3ターン、味方1人の攻撃ダメージ50%アップ+被ダメージ25%ダウン+不動付与の効果。 味方単体ではあるが大幅にステータスアップを付与出来る為、陣形等と組み合わせて運用する事で高い効果を発揮してくれる。 全体的にサポート能力に特化しているので、必要ならば入手しよう。 奥義は 単体大ダメージとなっており、どちらかというと単体攻撃に特化した性能。 汎用性はともかく、ボス戦等にも幅広く対応出来る点はメリット。 「指輪の君乱心!真の英雄の資格とは!?」イベントで相手の相性を無視して有利属性で戦闘を行えたり、 バトル開始時の奥義ゲージ100%を獲得出来るイベント特効効果を持つ。 初っ端から高ダメージを狙えるのでイベント周回という点では確保しておきたい。 イベントを度外視する場合は最優先とはいえないだろう。 サガフロ1or気属性キャラの攻撃力をアップ出来るコマンダースキルを保有している為、所持キャラを見て獲得を決める事をオススメする。 奥義も横範囲、さらに補助スキルでも横範囲攻撃が出来る横範囲攻撃のスペシャリスト。 横範囲攻撃が刺さるステージでは大いに活躍出来るが、 縦範囲の敵が多いステージは苦手。 周回用として確保しておけば便利なキャラだが、そこまで優先度は高くない。 「臨時捜査官走る!帝都転覆計画を阻止せよ!」イベントでのボーナスキャラとなっており、イベント周回を狙うならオススメ。 非常に高火力な単体奥義も持つが、 自身に2ターンマヒを付与してしまうデメリット付き。 とはいえ、イベントボス等強力な敵に対して弱点をついて大ダメージを与えられるのは大きなメリット。 補助スキルでも火力アップが多いので、獲得しておけば優位属性の強敵に対して便利。 むしろ単体火力はイベントボス戦では必須なので獲得しておきたい。 ただし周回前提のゲームな為、縦横範囲持ちのキャラに汎用性は劣る。 奥義でも 単体攻撃+[気][剣]キャラの奥義ゲージ10%アップとサポートよりの性能。 その為、周回要員としてよりもボスや強敵といった高難易度の敵に対して効果を発揮する。 ただし上位キャラと比べると汎用性も低く、周回するにしてもイベント時くらい。 「宿命の宝石は輝く!大炎魔イフリートの強襲!」イベント周回時にイベントポイントの獲得量が上がるので、イベント周回用に獲得するのは有り。 ギュスターヴ キャラ性能&個別評価 高い攻撃力と バフ効果によりアップするクリティカルにより高ダメージを引き出せるキャラ。 横範囲攻撃のスキルと奥義を持ち、 ためる事で攻撃ダメージ100%アップと少ないターンで敵を殲滅させたい場合には便利なスキルを持つ。 気属性の横範囲アタッカーは貴重なので、獲得しておけば活躍してくれる。 攻撃力も高く、補助技能でも火力アップを行える為扱いやすい性能。 奥義は単体攻撃となっているので、周回要員としてもボスアタッカーとしても運用しやすい。 とはいえ、そこまで突出している性能では無いのであえて狙う理由は少な目。 バーバラ キャラ性能&個別評価 幻属性のディフェンダー。 ディフェンダーで有りながらも 高威力の単体、横範囲攻撃を持つキャラ。 さらに、奥義では 自身に無敵効果も付与出来るので非常に使いやすい性能。 サブアタッカーとしての運用も出来、無敵効果によってボス攻略にも貢献出来る為オススメ。 自身の攻撃スキルに関しては単体攻撃のみとなっており、殲滅力に欠ける。 その為、 敵数が多いステージなどでは必然的に他キャラに頼らざるを得ない点がネック。 ただ スキル威力自体は高いので火力アップのサポート能力と合わせて イベントボス等では重宝する性能。 キャラ編成で弱点となる殲滅力をカバーしよう。 奥義は 縦列攻撃+3ターン1000ダメージの火傷効果。 敵のHPが高くなってくる後半になると持続ダメージの威力が低すぎて期待は出来ないが、序盤なら十分な火力。 補助スキルでは 縦範囲の敵に被ダメージアップの効果など、火力アップも可能。 特に火傷は同時開催の「テルリックバウム討伐」で活躍出来る。 テルリックバウムは防御力が高く、通常攻撃でのダメージが与え辛い。 イベントが終われば正直そこまで役立つ性能とはいえないがイベント開催時には重宝するキャラ。 とはいえ、 他に火属性の火傷付与が出来るキャラがいるのならあえて狙わなくても問題ない。 ルビィ キャラ性能&個別評価 攻撃力+速度に長けた気属性のジャマータイプ。 縦範囲攻撃や 火傷による継続ダメージは序盤では非常に強力。 タリア キャラ性能&個別評価 水属性のジャマータイプ。 速度が高く、先手を打って敵を毒状態に出来る点は魅力。 状態異常だけでなく 縦攻撃も強く、補助技能により火力アップを行える点も優秀。 その為、水属性をメインに運用する場合は必須キャラといえる。 序盤では固定ダメージを与えられる毒も使いやすくオススメ。 ヴェント キャラ性能&個別評価 高い速度を持つので先手を打ちたい場合には便利なキャラ。 範囲攻撃や 次のターンまで必ずクリティカル発生+クリティカルダメージ50%アップの脳削りなど火力を補えるスキルも保有しているので以外と優秀。 補助技能により、 敵が受ける横範囲のダメージアップも可能なので火力底上げにも運用可能。 最優先では無いものの、獲得しておけば幅広い活躍を見込める。 ヒューズ キャラ性能&個別評価 火属性のジャマータイプ。 横範囲の敵に与ダメージダウンを豊富に付与出来る為、被ダメージ軽減にも貢献可能。 シンプルに使いやすいので最低でもこの辺りのキャラを狙っておきたい。 範囲攻撃を持たないので対複数には役立てないが、単体ボスや強敵相手には頼もしいタイプ。 イベント「ナイツ一家の大問題!誘惑の妖女出現!」では属性有利を獲得出来るので、イベントクリアの為に獲得しておくのも有り。 リッチ キャラ性能&個別評価 高い攻撃力に 縦範囲攻撃も持つアタッカー。 奥義効果により 自身の攻撃ダメージを50%アップも出来たりと火力だけでいえばトップクラス。 補助技能を使う事で クリティカル率も高められる為、火力だけを目的としているのなら入手したい。 速度が高くない点はネックだが、火力の高さで十分カバー出来る。 ジャミル キャラ性能&個別評価 横範囲攻撃を持つ風属性のジャマータイプ。 更に、 単体ディレイ効果も付与出来る。 ディレイを付与する事で敵の行動順が遅くなるので被ダメージを受けたくない場合にはオススメ。 行動順を遅らせる事で大きく戦略が広がり、戦況をコントロール出来る点は有難い。 ディレイ効果を持つキャラは貴重なので、入手しておくのも有り。 バルマンテ キャラ性能&個別評価 火属性のアタッカー。 高い攻撃力の分、 速度が終わっているので速度を重視する場合は避けたいキャラ。 しかし、攻撃力の高さはトップクラスとなっており 縦範囲の攻撃スキルで殲滅力も高い。 低い速度をどうにかするよりも長所である火力を伸ばすようにしたい。 単体攻撃に特化しており、尚且つ 自己回復のスキルも保有。 補助技能でも 自身の攻守アップと魅力的な効果を持つが、 味方に対してのバフや範囲攻撃を持ち合わせていないのが難点。 それでも十分火力は高くダメージには期待が出来るので入手しておくと序盤では活躍してくれる。 但し、範囲攻撃キャラとの組み合わせは必須。 全ての攻撃を無効化するパリィを保有しており、ディフェンダーとしての能力は最高峰。 敵単体に怒りを付与したり、 敵のクリティカルを下げたりと優秀なキャラ。 高い防御性能を誇るものの、序盤ではディフェンダーの出番が低いのがネック。 今後どこかピンポイントで刺さるような場所が追加されれば光る性能。 /と同じサポーター枠だが、奥義によって 無敵効果を付与出来る点は魅力。 気属性の剣キャラと相性が良いので等と一緒に編成する事で高い効果を発揮してくれる。 あくまでも自身はサポーターの為、 火力面にはそこまで期待出来ないのがネック。 高難度クエスト等で輝くタイプ。 ミルリク キャラ性能&個別評価 風属性のディフェンダータイプ。 ディフェンダーで有りながらも 範囲攻撃を持っているのでそこまで使い勝手は悪くない。 ディフェンダーは序盤では活躍の場が少ないのでオススメしない。 ホーク キャラ性能&個別評価 水属性のディフェンダータイプ。 回復能力や 防御バフなどを持つが、序盤ではそこまで活躍の場は無い。 やはり優先すべきは縦横範囲攻撃持ち、もしくはのように無敵になれるスキルなど。 その為、あえて狙う必要は無く活躍の場は狭い。 アイシャ キャラ性能&個別評価 土属性のサポーターキャラ。 味方に対してのバフを豊富に持つが、序盤ではそこまで役には立たない性能。 コマンダースキルは 土属性のロマサガ1に対して大幅なステータスアップを行えるものの、 縛りが強めなので使えるタイミングは無い。 ピンポイントで刺さる場所が何かのタイミングで出て来そうではあるが、今のところ優先度は低め。 使い勝手がそこまで良くなく、あえて狙う必要のないキャラ。 後々使える場所が出るかも知れないが、現時点では不要。 ただ、この4キャラに関しては引き直しガチャで入手出来ないので引き直しガチャで狙うのなら以下を狙うようにして下さい。 シリアルコード 「RUNNINGSAGA2019」を入力すれば10連チケットを獲得出来るのでリセマラを行う際には便利です。

次の

【白猫テニス】最新リセマラ当たりランキング!【7/21更新】/白テニ

しろてにりせまら

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2019年4月)• はなどを用いてください。 ( 2019年4月) 宝塚歌劇団105期生(たからづかかげきだん105きせい)は、2017年4月にに入学、2019年3月にに入団した40名を指す。 概要 [ ] 初舞台の演目は、公演「」。 音楽学校の受験者は前年より37人少ない1,042人、入学倍率は26. 一覧 [ ] 芸名 読み仮名 誕生日 出身地 出身校 愛称 役柄 所属 退団年 備考 ねいろ ゆい はばまい 娘役 雪組 なつき まなと あっしー 男役 花組 うた ちづる ちづる 娘役 月組 みそら まる 兵庫県 みそまる 男役 花組 ほしぞら みさき みゆう 娘役 花組 おうか るりな るりな かみやん 娘役 星組 ことみね さあら 兵庫県 さあら こあら 娘役 雪組 きしろ ゆりや 兵庫県 のりぴー 男役 雪組 姉は やまぶき ひばり ぶき 娘役 宙組 ほしかげ なな 東京都 まりあんぬ 娘役 星組 きしょう かずと 東京都 マウイ 男役 星組 高祖父は 父は 祖母は ひとみ きらり 東京都 きらり たしゃ 娘役 星組 あいみ さら 東京都 さらぴー 娘役 宙組 まれな ゆい おかもん 娘役 花組 はつね ゆめ ゆうゆ 娘役 花組 みかげ くらら 東京都 すぅ 娘役 雪組 みさき けい みっけ 男役 雪組 ひじり とあ りっと 男役 宙組 しずね ほたる あつき ほたる 娘役 月組 双子の姉は ななしろ みやび 愛知県 きど みやび 男役 月組 こはな うた よしりん 娘役 花組 つきせ よう 兵庫県 もね 男役 雪組 あさか ゆらら 愛知県名古屋市 ゆらら 娘役 月組 みせい はんな ちっち 娘役 宙組 おおじ りせ 愛知県名古屋市 りぃ りりぃ 男役 宙組 あいそら みなみ 大阪府 みみぃ 娘役 雪組 あやか こいき 東京都 こいき こいきっち 娘役 星組 かなは みお 愛知県名古屋市 かなみん 娘役 月組 きすい なおと 大阪府 みなえ 男役 雪組 はるき れお 京都府 ゆいぴー 男役 月組 あおい ゆうき 神奈川県 ごん 男役 宙組 たいき はやて 東京都 はやて あいみん 男役 星組 まき てると 兵庫県 まきてる 男役 月組 さいもん ねお 東京都 さいもん ねおん 男役 星組 れあき みら 大阪府寝屋川市 おみや レイナ 男役 花組 せんどう なる 埼玉県 なる 男役 宙組 はなと ひかり らいす 男役 花組 みずしろ あおい 神奈川県 あかね 男役 月組 姉は あおかぜ きお 大阪府 きお 男役 星組 あきと せい トミティー トミカ 男役 宙組 脚注 [ ] [].

次の

【白猫テニス】最新リセマラ当たりランキング!【7/21更新】/白テニ

しろてにりせまら

リセマラとは、リセットマラソンのである。 歴史と由来 リセマラという言葉は、頃にで「リセットマラソン」という言葉を略して産まれた言葉である。 その後の記事などでもリセマラという言葉が使われる様になり、世間的にも使われる言葉として定着した。 リセットマラソンとは、 除く にいてとを繰り返す行為のことである。 どのは +制 であり、最初のを終了すると何回かを回すことができる。 そこで高の強を当てるまでの・を繰り返す行為ことで、当てのものを所持した状態でをはじめることができる。 とをの如く長時間続けることからリセットマラソン、略してリセマラと呼ばれるようになった。 また、一般においても用いられることがある。 特になどでを競う場合は、序盤の敵がの強を落とすまでリセマラをすることはしくない。 リセマラ不可能な主要ゲーム リセマラ可ながどのため挙げるとキリがい。 なのほうが少数なのでそちらを挙げる。 を終了させてしまうと、紐付けが行われリセマラとなってしまう。 その代わり、以上のが保されており、Rも他とべると大幅に高な模様。 版は番号を取っているため。 そのためしや非対応のではすら。 むしろ、最初のでは必ずを貰ってからのなのでリセマラの意味がない設計となっている。 紐付けのとして、複数の端末でもが同じであればの共有が行えるほか、は適宜自動的ににされるのでをしてしまっても損で可。 版は未。 リセマラ可能だが非常に時間がかかって面倒な主要ゲーム• 版はするだけでが全消去されるのでリセマラはしやすい。 版はするだけでが全消去されるのでリセマラはしやすい。 なおチケットは終了後2間経過しないと貰えない。 逆に、リセマラ不要な点を謳い文句にしているゲーム いずれも新規限定。 再をせず、終了後にあるで結果が気に入らなければ何回でもやり直し、納得した時点でお当てのを貰うことが可。 ゆるシル ラボ リセマラをすべきか否か はその性質上、基本的にしていく傾向がある。 そのため 特に対人要素の強いでは 何時間も何日もかけてリセマラして手に入れたが、少し後には使い物にならない状態になってしまうこともある。 あくまで次第ではあるが、はするものだということを念頭に置いて、時間と相談しつつ理のない程度に行うことを推奨する。 関連動画 関連項目•

次の