カレイ 釣り コツ。 カレイ釣り【基礎編】

カレイ釣りの概要【低水温期の人気ターゲット・カレイを釣りたい!】

カレイ 釣り コツ

上の画像の右側の仕掛けは、「遊動式」仕掛けと呼ばれる、喰い込みの良さを重視した作りの仕掛けです。 遊動式仕掛けは、天秤の両アームの間を道糸が自由に上下できる仕組みなっており、カレイの前アタリが出た段階で道糸を送り込み、カレイの喰い込みを促進して確実にフッキングさせることが可能です。 特に狡猾なカレイは、最初にエサをくわえた段階で出る前アタリを竿先が捉えた際に生じる、わずかな竿先の反発力による抵抗を感じ取っただけで、エサを口から放してしまい、以降アタリが遠のいてしまうことがあります。 また、厳寒期にもエサの喰い込みが極端に悪くなるため、遊動式仕掛けは、こういったシビアコンディションで威力を発揮してくれます。 投げ釣りでは、長年ナイロン製道糸が広く釣り人に使われてきましたが、ここ数年はPE製道糸を用いるのが主流となっています。 PEが持つ軽さ、細さ、低伸縮性などの特徴によって、遠投力やアタリの取りやすさは、ナイロン製道糸の場合と比較して飛躍的に向上しています。 ただし、PEが持つ伸縮性や耐摩耗性の低さは、仕掛け作りで使用する結び方を複雑化させているだけではなく、扱いにも細かいコツを必要とするなど、初心者にもおすすめできる道糸とは言い難いのが実情です。 ですから、釣り自体が初心者の方の場合は、ナイロン製道糸が無難でしょう。 使用するオモリの重さにもよりますが、基本的にはPEは1号、ナイロンは3号の太さが基準となります。 天秤は、仕掛けを投げた時や海中での仕掛けの安定性を左右する重要な仕掛けアイテムです。 様々なタイプの天秤が市販されていますが、オモリと一体型になっていて、固定式仕掛けにも遊動式仕掛けにも使用可能なL字型のカイソウ天秤や、2本のアームの角度が可変式になっている改良名古屋天秤などがポピュラーです。 仕掛けの全長が長い場合は、アームの長いテンビンをチョイスすることおすすめします。 投げ釣りで使用するオモリは、重いものほど潮流に流されにくいメリットがある一方、固定式仕掛けではアタリが感じ取りづらくなるデメリットもあります。 また、オモリと一体型の天秤は、状況に応じてオモリの重さを柔軟に変更することが困難な点にも注意が必要です。 幹糸やハリスの太さは、仕掛け全体のパワーを決定するため、釣れるカレイの最大サイズに合わせて選択することが大切でしょう。 なお、根掛かりした際でも幹糸が生き残るようにして、ハリス交換のみで素早く釣りを再開できるように、ハリスの太さよりもワンランク太い糸を幹糸として使います。 釣れるカレイの最大サイズが40cm程度であれば、ハリスが3号、幹糸が4号でも全く問題ありませんが、50cmを超す大物カレイが姿を現す釣り場では、場合によってはハリスが5号、幹糸が7号という極太仕掛けも視野に入ってくるでしょう。 長い仕掛けや早い潮流でも絡みにくいコシがあり、根ズレにも強いフロロカーボン製の糸が、幹糸やハリスには最適でしょう。 カレイの投げ釣りで使用する主なハリは、「流線バリ」と呼ばれる、軸のチモトから腰曲げにかけての部分が、S字にカーブしている形状のハリを原型としているものがほとんどです。 流線型のハリは、魚の吸い込みが非常によく、特にカレイのような、おちょぼ口でエサを吸い込むようにして食べる魚に最適の形状のハリと言えます。 一部のハリには、チモトの下に「ケン」と呼ばれる突起が付いているものがあり、虫エサのズリ落ちを防ぐ効果があると言われていますが、筆者の経験では、虫エサがハリの腰曲げ付近まで大きくズリ落ちた状態でないと、ケンの効果が発揮できないように感じましたので、あくまで「無いよりはマシ」程度に考えておくのが良いかもしれません。 カレイに対して、エサの存在を視覚的に強力にアピールすることができるとされているのが、各種装飾アイテムの使用です。 中には、ネックレスのような状態になるほど、たくさんの装飾アイテムを付けたド派手な仕掛けを愛用している釣り人もいます。 実際の効果の有無についてですが、科学的研究や筆者の経験では、カレイを含むほとんどの魚は、視覚を頼りにエサを探していないという結論が出ています。 派手な仕掛けで好釣果を上げているという釣り人は、おそらく装飾アイテムによって仕掛け全体の重さが最適な状態になり、結果的に釣果がアップしているものと思われます。 ただし、この点は自己満足の部分もありますので、必要に応じて使ってみるのも面白いでしょう。

次の

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。|終活ねっと

カレイ 釣り コツ

仕掛けを自作して派手派手な仕掛けにしたり、かけ上がりに仕掛けを置いとく、餌をアカイソとアオイソのミックスで房掛けにする等そんな程度の事しかありませんw ここにツブ根や深みがあるからここが釣れやすいとその釣り場を知り尽くした常連であっても、今日始めて来たような初心者が釣れたのに常連はボウズだったwみたいな事はよくある事です。 所詮は釣れる可能性をあげる方法はあっても、運の要素の方が強いのですw それがお互いにその域まで達して無いのでしたらただの運勝負でしかありません。 ちなみに、何気に足元から水深があれば手前に大きなのが居る事もよくある事ですw 私はある場所でカレイ釣りの合間に、シマイサキが釣れてたので暇つぶしにサビキで釣ってたら30後半のカレイがかかり・・・ それ以来、遠投しなくても釣れるポイントでは、市販のサビキにイソメを1~2センチ程の大きさで付けちょこっと投げて放置しておりました。 すると、小物が多いですが中々に好釣果でして。 市販のサビキですと絡みや根掛りが多く・・・・たどり着いたのが、段差胴付きサビキ針仕様な訳です・・・ 普通の胴付きのハリスを上の方から長めに取り下の方が短い感じで、針は船で使うようなサイズのサビキ針。 ですが、そのままでは絡まってしまうので赤い絡み止めパイプを通す事でハリスに硬さを持たせ投げる時もダラ~ンと下に垂れにくくして絡みも防止しました。 それをフルキャストでは無く適当に投げるんですw 水中では幹糸は斜めになってますが、ハリスは上の方から長いので底や底付近に居るわけです。 さらに、普段の投げ釣りではベタっと底に張り付いたままの物が、胴付き仕様にする事でハリスが潮の流れを受け適度に餌が動いて勝手に誘ってくれます。 メリットは他にもありますが長くなるのでこれで・・・もちろんデメリットもあります。 潮が強い場合はハリスの真ん中より下の適当な所にがん玉でも打っておきましょう。 ちなみに絡み止めパイプの上からがん玉を付ければ、たま~に勝手にハズレちゃいますが、ラインに傷もつきませんしw外してまた使えますw それくらいしても絶対には釣れませんwよって運にかけましょうww.

次の

カレイとヒラメの釣り方とは?基本的な釣り方とコツを解説

カレイ 釣り コツ

カレイはエサを見つけると、意外にですが泳いで寄ってきます。 そのエサで効果的なのは匂いがあるもののようです。 私も以前、エサによる釣果の違いを目の当たりにしたことがあります。 同じ場所で同じ釣り方においてエサを変えたことで釣れ方が変わったときは非常に驚きました。 エサについてはのちほど種類を紹介していきたいと思います。 カレイ釣りの仕掛けですが、数本の針が付いた仕掛けを使うのが基本となります。 こうすることでエサ取りの対策ともなり、また数枚一気に釣り上げることもできたりします。 さらにカレイ釣りの仕掛けで特徴的なのが、装飾が多く付いていることです。 それはビーズだったり、カレイ釣り特有の毛玉のようなものだったりします。 これらは過去の実釣から導き出されてきたものですので、ぜひ使ってみることをおすすめします。 カレイの誘い方は、重りを基本的に目立たせるようにして使っていくとよいです。 重りの重さはエギングロッドに表記してある重さで最大の重さを選ぶと遠投が効きますので良いと思いますが、併せて無理をしないようにキャストするようにしてください。 誘うときは重りをトントンとロッドで操作したり、引きずったりして砂煙やボトムを叩く音を出すとよいです。 そうするとカレイがそれに興味を持って寄ってきます。 そしてそこにあるエサに食いついてくると言った感じです。 狙っていくべきポイントはカケアガリや離岸流によってできた溝です。 こういった場所はカレイの通り道になっていることが多く、おすすめの狙うべきポイントとなります。 重りを通して伝わってくる抵抗の大きさや波の立ち方をよく観察してこのような場所を見つけて重点的に狙っていくとよいでしょう。

次の