パーソナル カラー 診断 栃木。 集客・単価UP効果絶大! トレンドの「パーソナルカラー診断」を取り入れたメニュー| 集客・単価UP効果絶大! トレンドの「パーソナルカラー診断」を取り入れたメニュー

集客・単価UP効果絶大! トレンドの「パーソナルカラー診断」を取り入れたメニュー| 集客・単価UP効果絶大! トレンドの「パーソナルカラー診断」を取り入れたメニュー

パーソナル カラー 診断 栃木

これまでのパーソナルカラーはその方の持つ肌や髪、瞳などの色味を主軸に人を4つのシーズンに分類し、その方に似合う色を提案してきました。 しかしながら、今、私たちの日常では髪はカラーリングが当然、メイクも様々なカラーを使用しますし、縁取りのあるコンタクトレンズやカラーコンタクトレンズの使用もおしゃれの一部になってきています。 天然の(生まれ持った)カラー(肌・髪・瞳)の色味のみで似合う色を分析するというシステムでは、その方にピタッとハマるご本人が納得できる診断や色のご提案は無理なのが実情ではないでしょうか? サイ・アート診断では、色味(色)のみに主軸を置かず、色の3属性(色相・明度・彩度)をガイドラインに沿ってしっかりと分析・診断し、またクライアントのニーズも考慮して似合う色のご提案をしていきます。 今までの4シーズンのパーソナルカラー診断が絞り込みの診断だとすれば、サイ・アートは可能性、守備範囲を広げていく診断になります。 ただやみくもに広げるのではなく、サイ・アートのベースにあるしっかりとした『理論』 サイエンス)に基づくガイドラインに沿って、その方の似合う色の範囲を『ベストカラー』、『OKライン』、と幅を持たせてご提案できる、それがサイ・アート診断です。 過去に様々なシーズンを言い渡された経験のある「パーソナルカラー難民」と言われている方達にも、きちんと納得のできるベストな、そして本当の意味での パーソナルな診断をし、クライアントの満足に繋がる診断ができるパーソナルカラーアナリストを養成していくための講座です。 サイ・アートとはサイエンス&アート。 なぜ似合うのかを理論的に説明出来る事、雰囲気や主観での診断ではなく、きちんとロジカルに説明できるアナリストを育成します。 これまでの4シーズン診断では、色相(色味)に特徴が無いときちんと診断することが困難でした。 ゆえに、色相(ブルーベース、イエローベース)に特徴があまりない方の診断はアナリストの主観やこれまでのクライアントのイメージ、当日の服装や話し方などの雰囲気が大きく作用してしまうケースが多かったのです。 サイ・アート診断では、どんな方にもその方の第一優先の特徴をガイドラインにそって分析し、似合う色のご提案をしていきますので、非常に満足度の高い診断をご提供できるようになります。 ご受講後はプロのパーソナルカラーアナリストとして活動していただけるよう、講座の中では理論などの座学に加えて、ロールプレイングなどの実践も取り入れていきます。 栃木県、北関東ではまだまだパーソナルカラーを学べるスクールは少ないのが現況。 きらり館では、パーソナルカラーを初めて学ぶ方、色彩の知識の無い方でもパーソナルカラーの理論を理解できるよう、ご受講生のベースに合わせたカリキュラムで対応させていただきます。 もちろん、本部指定のカリキュラムを中心に色彩理論の基礎をしっかり補充して学べるカリキュラムを組ませていただきますので、初めての方でもご安心してご受講くださいませ。 サイ・アートパーソナルカラーアナリスト養成講座 4シーズンをさらに細分化し、4シーズンの矛盾を解消できる12シーズン分類するサイ・アートパーソナルカラー。 サイアート12シーズンのベースは4シーズン。 ですが、色相だけに主軸を置かず、3属性の優先度を平等に扱い似合うトーンを決定する12シーズン分類システムです。 内面のキャラクターも考慮するサイアートシステムは、より深くクライアントに関わり、幅広い分析、提案も致します。 その結果、トータルなカラーイメージコンサルティングまでも可能になるシステムです。 カラーセラピストの資格をお持ちの方でしたら、「色の持つメッセージ性」なども提案 診断)のサポートに活用することが可能です。 パーソナルカラーを学んでサロンメニューに加えたい方、有料の診断をしていきたい方におススメのサイ・アートパーソナルカラーアナリスト養成講座は3日間合計24時間でしっかりと基礎と実践を学べます。 その他、必要に応じて内容を組み立てていきます。 4日間でのご受講も可能です。

次の

パーソナルカラー

パーソナル カラー 診断 栃木

これまでのパーソナルカラーはその方の持つ肌や髪、瞳などの色味を主軸に人を4つのシーズンに分類し、その方に似合う色を提案してきました。 しかしながら、今、私たちの日常では髪はカラーリングが当然、メイクも様々なカラーを使用しますし、縁取りのあるコンタクトレンズやカラーコンタクトレンズの使用もおしゃれの一部になってきています。 天然の(生まれ持った)カラー(肌・髪・瞳)の色味のみで似合う色を分析するというシステムでは、その方にピタッとハマるご本人が納得できる診断や色のご提案は無理なのが実情ではないでしょうか? サイ・アート診断では、色味(色)のみに主軸を置かず、色の3属性(色相・明度・彩度)をガイドラインに沿ってしっかりと分析・診断し、またクライアントのニーズも考慮して似合う色のご提案をしていきます。 今までの4シーズンのパーソナルカラー診断が絞り込みの診断だとすれば、サイ・アートは可能性、守備範囲を広げていく診断になります。 ただやみくもに広げるのではなく、サイ・アートのベースにあるしっかりとした『理論』 サイエンス)に基づくガイドラインに沿って、その方の似合う色の範囲を『ベストカラー』、『OKライン』、と幅を持たせてご提案できる、それがサイ・アート診断です。 過去に様々なシーズンを言い渡された経験のある「パーソナルカラー難民」と言われている方達にも、きちんと納得のできるベストな、そして本当の意味での パーソナルな診断をし、クライアントの満足に繋がる診断ができるパーソナルカラーアナリストを養成していくための講座です。 サイ・アートとはサイエンス&アート。 なぜ似合うのかを理論的に説明出来る事、雰囲気や主観での診断ではなく、きちんとロジカルに説明できるアナリストを育成します。 これまでの4シーズン診断では、色相(色味)に特徴が無いときちんと診断することが困難でした。 ゆえに、色相(ブルーベース、イエローベース)に特徴があまりない方の診断はアナリストの主観やこれまでのクライアントのイメージ、当日の服装や話し方などの雰囲気が大きく作用してしまうケースが多かったのです。 サイ・アート診断では、どんな方にもその方の第一優先の特徴をガイドラインにそって分析し、似合う色のご提案をしていきますので、非常に満足度の高い診断をご提供できるようになります。 ご受講後はプロのパーソナルカラーアナリストとして活動していただけるよう、講座の中では理論などの座学に加えて、ロールプレイングなどの実践も取り入れていきます。 栃木県、北関東ではまだまだパーソナルカラーを学べるスクールは少ないのが現況。 きらり館では、パーソナルカラーを初めて学ぶ方、色彩の知識の無い方でもパーソナルカラーの理論を理解できるよう、ご受講生のベースに合わせたカリキュラムで対応させていただきます。 もちろん、本部指定のカリキュラムを中心に色彩理論の基礎をしっかり補充して学べるカリキュラムを組ませていただきますので、初めての方でもご安心してご受講くださいませ。 サイ・アートパーソナルカラーアナリスト養成講座 4シーズンをさらに細分化し、4シーズンの矛盾を解消できる12シーズン分類するサイ・アートパーソナルカラー。 サイアート12シーズンのベースは4シーズン。 ですが、色相だけに主軸を置かず、3属性の優先度を平等に扱い似合うトーンを決定する12シーズン分類システムです。 内面のキャラクターも考慮するサイアートシステムは、より深くクライアントに関わり、幅広い分析、提案も致します。 その結果、トータルなカラーイメージコンサルティングまでも可能になるシステムです。 カラーセラピストの資格をお持ちの方でしたら、「色の持つメッセージ性」なども提案 診断)のサポートに活用することが可能です。 パーソナルカラーを学んでサロンメニューに加えたい方、有料の診断をしていきたい方におススメのサイ・アートパーソナルカラーアナリスト養成講座は3日間合計24時間でしっかりと基礎と実践を学べます。 その他、必要に応じて内容を組み立てていきます。 4日間でのご受講も可能です。

次の

プロフィール

パーソナル カラー 診断 栃木

ヘアメイクやファッションの色によって、肌の透明感が上がったり、血色よく見えたり……。 身につける色によって、肌や瞳の色が違って見えることがあるのは、パーソナルカラーが関係しています パーソナルカラーとは、その人に似合う色のこと。 みなさんは、ご自身のパーソナルカラー、つまりご自分に似合う色をご存知ですか? リップカラーの新色をつけたモデルがとても素敵だったので、自分もつけてみたけれど、なんだか顔色が悪く見えた……なんてこと、ご経験があるのではないでしょうか。 好きな色だからといって、ご自分に似合うとは限りません。 特に、メイクやヘアカラー、ファッションやアクセサリーなど、 お顔まわりにもってくる色は、肌色の見え方、顔立ちや瞳の印象を大きく左右します。 肌や瞳の色が一人一人違うように、人それぞれ似合う色=パーソナルカラーがあるのです。 「あなたには情熱的な赤よりも、知的な青が似合う」というように、その人のイメージに合う色も大切ですが、パーソナルカラーは少し違った見方をします。 「あなたには、オレンジみの赤が似合います」「あなたには、スカイブルーのような爽やかな青が似合います」というように、色み(色相)、明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)の傾向を細やかに見ていきます。 正しいパーソナルカラーで肌色が明るく顔立ちスッキリ パーソナルカラーの4つの基本タイプには、四季(春夏秋冬)の名前がついています。 4つのタイプのカラーパレットには、レッド、ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ブラウン……があります。 対面型のパーソナルカラー診断では、100色を超えるカラードレープ(布)をつかって、お顔うつりの良し悪しを見ていきます。 パーソナルカラーの4つの基本タイプに照らし合わせながら、その人に似合う色・似合わない色の傾向をとらえていきます。 <パーソナルカラーの4つのタイプ>• スプリング(春)• オータム(秋)• サマー(夏)• ウィンター(冬) 上図で示したように、 スプリング(春)タイプとオータム(秋)タイプは、黄みがかった色が似合うイエローベース、サマー(夏)タイプとウィンター(冬)タイプは、青みがかった色が似合うブルーベースと呼ばれます。 自分には赤は似合わないと思っている方にも、似合う赤があります。 自分には青は似合わないと思っている方にも、似合う青があります。 似合う色・似合わない色の傾向を把握したうえで、その人の個性やライフスタイルに合ったスタイリングをご提案する……それがパーソナルカラーです。 まずは、あなたに似合う色は、パーソナルカラーのどのタイプなのかを把握するところから始めましょう。

次の