光genji。 元「光GENJI」諸星和己 ブログで「献杯」記す― スポニチ Sponichi Annex 芸能

光GENJIがなぜSMAPのようにながくTVに出れなかったか ...

光genji

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたジャニーズファンに向けて、いま改めて読み直したいジャニーズ本をご紹介。 知られざるジャニー喜多川氏、ジャニーズ事務所の歴史を紐解く。 1990年『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』(データハウス)鶴田康文著 『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』(データハウス) 今回取り上げるのは、90年3月にデータハウスから出版された『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』である。 タイトルにもある通り、これは元フォーリーブスの北公次が88年12月に出版した、ジャニー喜多川氏のホモセクハラを告発した暴露本『光GENJIへ』シリーズの総集編という位置づけの本である。 当時、『光GENJIへ』の衝撃はすさまじいものがあった。 「その頃の光GENJIはまさに人気絶頂。 たのきんトリオの後、事務所の屋台骨を支えるほどのスターが輩出できず苦境に立っていたジャニーズ事務所は、ついに生まれた大スターの登場によって、改めて芸能界、テレビ界に大きな影響力を持つようになっていました。 そして、その後、続編が同じくデータハウスから異常なまでのハイペースで次々に発売されたのだ。 ・89年2月『光GENJIへ・再び』 ・89年4月『光GENJIへ3 みんなで考えようジャニーズ問題』 ・89年6月『光GENJIへ 最後の警告』 ・89年9月『さらば!! 光GENJIへ』 ・89年12月『光GENJIファンから北公次へ』 ・90年3月『ジャニーさん 光GENJIへ総集編』 ほかにも、北の告発、糾弾活動に共鳴した、元ジャニーズJr. たちで結成した「新・光GENJI」によるものもある。 ・89年6月『8人目の光GENJI』 ・89年10月『新・光GENJI ハロー・アイ・ラブ・ユー』 ・90年2月『がんばれ!! 光GENJI』 これらに加え、ジャニー氏から受けた性的行為についての詳細が記述された初代グループ「ジャニーズ」中谷良による『ジャニーズの逆襲』も含めれば、その関連本は10冊を超えてしまうのだ。 とはいえ、出版を重ねるうちに次第に内容も薄くなっていき、89年の後半からはもうネタ切れ感でいっぱいになっていった。 そして、最後に総集編として刊行されたのが、『ジャニーさん』だったわけだ。 「著者は、もはや北公次でも新・光GENJIでもなく、鶴田康文なる漫画家。 とにかく、ジャニー氏を徹底的にいじりまくり、さらに光GENJIのファンや、新・光GENJIのファンまでもディスりまくるという、悪ふざけの佃煮といった内容で、これまでの北の告発の真実味が大幅に薄れること間違いなしのお粗末な一冊でした」(同前) 例えば、「クイズ」という作品を見てみよう。 「クイズ! 男にあって女にないもの。 そして美しいもの、それは何…?」 という問題に、「ウ〜ム、何だろう?」と目をつむって考えるジャニー氏。 そんなことはない。 女性にだってちゃんとりっぱなケツの穴があります」という、どうしようもない注釈が付いている。 そんな4コマ漫画が、250篇以上も収録されているのだから、こんな悪趣味な本はないのだ。 コロナ自粛でいくら時間があっても、世界で一番無駄な時間を過ごしたい人以外は読むべきではないだろう。 (渡邊孝浩).

次の

「光GENJI」のメンバーの現在

光genji

光genji通達、別名芸通達 芸人通達 とは、 労働基準法の、年少者の労働の解釈として、当時の労働省が 労働基準名で に発した通達である。 基収号 のがあまりに過熱し、当時であった、及びが、の番組に出演できないことに対する、民の不満に対処することを的とした通達とみられたため、俗称光GENJI通達と呼ばれる。 なお、が所属の肖像の扱いに厳しい姿勢で臨む契機となった訴訟がにあった。 これは俗称、パシ権に関する「事件」 裁判所 判決 と呼ばれ、の裁判所で判決文に「パシ権」という文言が使われた初出事例とされる。 光GENJI通達、事件、に発生した「砧南 机「9」事件」の3者は、相互に関係がない。 概要 第3項は「児童は、これを酷使してはならない」としている。 これを受け、労働基準法第56条は 「使用者は、 児童が満に達した日以後の最初のが終了するまで、これを使用してはならない。 2 前項の規定にかかわらず、別表第1第から第までに掲げる事業以外の事業に係るで、児童の及び福に有でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、 官庁のを受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。 の又はの事業については、満13歳に満たない児童についても、同様とする」としている。 つまり、原則としてまでは労働させてはならない。 特例として、官庁のを得て、有でないの労働を13歳以上の児童にさせられる。 ・等の事業の場合は、年齢制限がないという事である。 また、労働基準法第条は 「使用者は、 満18才に満たない者をから午前までの間において使用してはならない。 ただし、交替制によつて使用する満16才以上のについては、この限りでない。 2 厚生労働大臣は、必要であると認める場合においては、前項の時刻を、地域又は期間を限つて、及び午前とすることができる。 3 略 4 略 5 第1項及び第2項の時刻は、 第56条第2項の規定によつて使用する児童については、第1項の時刻は、及び午前とし、 第2項の時刻は、及び午前とする」としている。 つまり、までは原則労働。 までは交替制以外の労働禁止。 までは全ての労働禁止。 以下の年齢で、特例として労働に従事している者は、当然労働させることは禁止され、時刻についてもより厳しく保護されている。 本件は、ののうち、年少者の業について、労働基準法第56条及び第条に関する諸条文を、どのように有権解釈するかに関しての通達である。 通達の内容 なお、一般に通達の多くは、その後、通知 技術的参考資料 や、訓となった。 上記が、狭義の通達であるか、通達や実例であるかについて、本稿筆者においては、確認がとれていない。 その後 に、子は、上記の表現者とみなすことを否認された。 その見解については、の、第回問題に関する特別委員会において、の諸問題と共に示されているので、議事録の一部を以下にする。 当時十四歳のがの歌番組に出演した疑いで労働基準署が調に入りました。 このときはなぜ問題にならなかったのですか、お伺いをいたします。 このときの調によりますと、報酬面や、あるいは先ほど申しましたように税法上の取り扱い、事業所所得として課税されているといったような実態から見まして、労働者とは認められないというような判断をしたわけでございます。 したがいまして、特段の導は行っておりません。 は摘発されては許されるというのはおかしいのではないかというをよく聞きました。 に対するがある以上、たちの的な見地から、の実態調を行い、必要な導を行うべきではないかと思います。 十年あるいは十一年に実態調に入られたと聞いておりますが、その後の導はいかがになっておりますか、お伺いをいたします。 この場合には、いわば売り出し中といいますか、もかなり名前が通って所得がてまいるような状況の方と、まだそこまで至っていないような状況の方がいらっしゃいますけれども、この場合は売り出しがまだできていないような方であったかと思います。 …… 現今の芸界では、多くの芸や放送局のによって、満未満または中の芸人については、間の活動を、概ねに制限している。 関連動画 光genji通達に関するの のとの代役として、 のとが演じているもの2件を下記に示す。 とを除いたで演じているもの、3件を下記に示す。 関連コミュニティ 光genji通達に関するを紹介してください。 関連項目• 労働基準法• 児童福法•

次の

光GENJIがなぜSMAPのようにながくTVに出れなかったか ...

光genji

光GENJIは1980年代に大人気を博した、ジャニーズのアイドルグループです。 ローラースケートのパフォーマンスは彼らが元祖。 これを受け継いでジャニーズJrや現在活躍中のキスマイなど、今ではジャニーズの伝統になっています。 光GENJIのメンバーは、リーダー内海光司(うちうみこうじ)メンバーの中で、最年長できのっぴーという愛称で呼ばれていました。 大沢樹生(おおさわみきお)ミッキーとよばれ、リーダーと大沢の二人は他のメンバーより年上で、一部では彼を売り出すために光GENJIが出来たともいわれています。 諸星和己(もろぼしかずみ)カー君の愛称で光GENJIの中で、No1の人気を博し、当時のアイドルのおニャン子クラブのメンバーのほとんどと恋愛関係にあったなど、ゴシップは尽きませんでした。 佐藤寛之(さとうひろゆき)真面目で穏やかな印象のひろくん。 あまり目立たない存在でしたが、光GENJIの歌唱は彼が支えていました。 山本淳一(やまもとじゅんいち)おぼっちゃま風な風貌で人気があり、メンバーの中では一番の体力派。 アクロバットを披露してファンを魅了しました。 赤坂晃(あかさかあきら)デビュー当時に顔が亀に似てるといわれ、相性が亀になりました。 メンバーの中で一番背が高く、俳優としてもドラマで活躍をしていました。 佐藤敦啓(さとうあつひろ)光GENJIでは諸星と人気を二分したイケメンメンバーで、佐藤はその容姿から、オーディションを受けずにジャニーズと契約したそうです。 point 629 1 写真:makiya22. com 人気絶頂だった光GENJIは実は数々の記録をうちたて、社会経済向上にも非常に貢献しています。 1986年から放送されていたタモリのミュージックステーション、通称Mステに光GENJIはレギュラー出演。 本来ゲストのみで構成されている番組ですが、その活躍の多さから彼らはレギュラーでした。 出演回数234回。 この記録はいまだにぬかれていません。 ちなみに2位がTOKIOの133回。 スマップは意外にも3位で125回です。 光GENJIはその国民的人気と活動から、労働省をも動かします。 当時まだ未成年だった数人のメンバーは8時以降就業することが出来ず、テレビ出演を欠席したり、収録を休んだりしていました。 しかし1988年余りの人気の沸騰に、「光GENJI通達」という事例が発行され、8時以降も仕事が出来るように規定が改正されたのでした。 また社会経済の貢献としては、光GENJIがムラサキスポーツを大きくしたと言われる逸話があります。 当時光GENJIが使用していたローラースケートはムラサキスポーツの提供でした。 光GENJIの影響で、ローラースケートを始める小中学生が後を絶たず、一時は商品が全く売り切れ状態になったと言います。 このローラースケートがキッカケで、一介のスポーツ用品店が店舗を次々と増幅し、飛ぶ鳥を落とす勢いで大企業に成長しました。 point 644 1 写真:blog. livedoor. jp 光GENJIは1995年の9月3日名古屋市の「レインボーホール」でのコンサートをもって解散します。 ステージ上で土下座をした諸星の姿が、今でも印象に残っているファンは多いでしょう。 光GENJIが人気の絶頂期に解散をやむなくされたのは、メンバー同士の大喧嘩が理由と言われていました。 紅白にした際に、諸星と大沢が大喧嘩になったというのです。 事の始まりは諸星の衣装の帽子。 リハーサル時に諸星の帽子にいたずら書きがあったのです。 それも王冠がつけられていた場所に股の絵が描かれていたというのです。 これに激怒した諸星が、ふきんのメンバーとつかみ合いの喧嘩になり、そのシーンがあたかも大沢と諸星のつかみ合いの喧嘩のようにとられてしまい。 噂は大きく広まりました。 しかし、大喧嘩の末の解散とは全くのデマで、本当の理由は、大沢の脱退によるバランスの崩れが、グループ全体を解散に追いやったようです。 大沢はつねに、アイドルを続けていて将来があるのか?と不安を抱えていたようで、暴露本でもその不安を綴っています。 諸星と大沢は実は大の仲良しで、最近では2人でディナーショーを開催し、テレビ出演も二人で果たしています。 point 576 1 写真:secrettalk. me 現在のメンバーの状況はというと、大沢や諸星は、時々テレビに登場するため相変わらずの芸能活動を続けていることは明らかですが、リーダーだった内海光司は、俳優業に転向し、舞台を中心に仕事をしているようですが、あまりにも激やせで、病気を患っているのでは?という世間の声がきかれます。 佐藤敦啓は、ジャニーズを脱退して歌手を続けているそうですが、最近は見かけませんね。 山本淳一は、広告会社を立ち上げて事業をやっていたようですが、借金がかさみ、バーテンダーとして働くところを道後温泉で発見されたという情報もあります。 赤坂晃は、ドラマ「HOTEL」での活躍など、俳優業に転向しています。 point 372 1.

次の