名 探偵 コナン 映画 2020。 名探偵コナン2021劇場版のメインキャラは誰か調査!ネットの予想は阿笠博士?

CAFE MENU

名 探偵 コナン 映画 2020

Charactor 赤井秀一(あかい しゅういち) 黒の組織を追うFBI捜査官。 極めて優秀であり、洞察力、身体能力ともに一般人とはかけはなれている。 きわめつけは射撃の腕前であり、コナンの世界で右に出るものはいない。 黒の組織に潜入していた過去があり、ライのコードネームを与えられるほど、貢献していた。 しかし、ジン確保のタイミングで部下であるキャメルのミスにより、赤井がFBIとばれてしまう。 結果として赤井は組織を抜け、FBIに戻って改めて組織を追うことになった。 日本にやってきた赤井はコナンと出会い、とある計画によって、自分が死んだと組織に思わせることに成功した。 怪盗キッド、安室透に並ぶ、コナン3大・人気キャラクターの1人。 幅広い女性層に絶大な支持を得ている。 しかし、単なるコナンファンなら、コナンを幼少の頃から親しんできて大人になり撤退していった方と、近年ファンになった方とでは赤井秀一に対する評価が異なる。 一時撤退された方は赤井秀一を黒の組織の仲間と思っているはずだ。 登場初期はそういう描かれ方をしており、コナンも敵ではないかと疑っていた。 そんな状態でコナン離れをした方たちが、「ゼロの執行人」で戻ってきてみれば、赤井がなぜか味方になっている、というわけだ。 なお、赤井秀一が登場するなら、コナン映画への出演はこれで2度目となる。 (3度目と言う方もいるだろうが。 ) 根拠は? 「紺青の拳」の次回映画予告で赤井秀一の声が流れたことから、赤井秀一のメイン出演は確定となった。 ただし、赤井は原作において黒の組織に死んだと思われている以上、表立って活動することはできない。 おそらく基本的には沖矢昴として行動するのではないかと予想している。 き、きっと登場シーン以外は沖矢昴で動いてたんだよ。 今回はメインだらか登場シーンも多いだろうしね。 さて、ここで気になるのは、赤井が予告でなんと言ったか、ではないだろうか。 次回作のメインキャラクターがしゃべるこの方向性は2015年「業火の向日葵」後の予告から採用されている。 振り返ってみよう。 2015年「業火の向日葵」後の次回予告 「キール、バーボン・・・まさかな。 」(byジン) 2016年「純黒の悪夢」後の次回予告 「しのぶれどっちゅーわけか。 」(by服部平次) 2017年「から紅の恋歌」後の次回予告 「ゼロ。 」(by安室透) 2018年「ゼロの執行人」後の次回予告 「またお会いしましょう。 夜空に浮かぶ、船の上で。 」(by怪盗キッド) この演出は大当たりしており、お客さんはこの声で来年への期待を大きく膨らませている。 Charactor 世良真純(せら ますみ) 新一、蘭の通う帝丹高校に転校してきた、ボクっ娘高校生探偵。 赤井秀一の妹である。 兄譲りのジークンドーの使い手であり、蘭にも匹敵する強さを見せる。 推理力はコナンや平次には及ばないものの、事件を解決に導くことは可能である。 幼児化した母親・メアリーとともに、ホテルを転々として暮らしている。 また、赤井秀一以外に羽田秀吉という兄もいる。 秀一が憧れの兄、秀吉が親しみやすい兄といった感じだろうか。 コナン=新一を疑ってやまないが、確証は得られていない。 「名探偵コナン」には、世良の前に1度だけ別のボクっ娘探偵が登場した。 越水七槻(こしみず なつき)という。 単行本では54巻と55巻、アニメでは第479話の物語である「服部平次との3日間」に登場した。 この越水七槻、1度しか登場していないのに、ゲーム化が企画されるほどの絶大な人気を獲得している。 それならばと、改めてレギュラーとして登場させたボクっ娘探偵が世良真純なのだ。 原作でも物語の核心をつく重要人物であるのは間違いない。 徐々に徐々にコナンの正体を暴きつつあり、今後の出方が気になるところ。 そんな世良だが、劇場版名探偵コナンへの出演はただ1度。 第18作「異次元の狙撃手」である。 あれから6年経ち、そろそろ2回目の出演を迎えそうか。 根拠は? 赤井秀一が確定しているため、その妹というキャラクターから当然出演の可能性は高いだろう。 前回登場が6年前となるのも、時期的にちょうどよさそうだ。 しかし原作ではいまだに世良と赤井は接触していない。 世良は赤井が死んだと聞かされている。 そうなると映画で2人を同じ空間に描くのは困難だ。 なので、世良の登場があったとしても2人を同じシーンでは描かない。 仮に描くとしたら、やはり赤井が沖矢の姿で登場するしかないだろう。 その他 メインではないだろうけど、FBIのジョディ、キャメル、ジェイムズも登場するだろう。 他にメインの可能性があるとすれば、赤井の弟・羽田秀吉と母親・メアリーだろうか。 まぁとにもかくにも2020年は赤井イヤーになりそうだ。 その他注目なのは、「ゼロの執行人」で人気を獲得した安室透。 赤井のライバルであるため出演もありそうだが、「ゼロの執行人」の方ではまったく登場しなかったので、今回は出ないかも? メインの舞台はどこ? さて、メインキャラクターを紹介したところで、続いては物語のメインの舞台となる場所をご紹介しよう。 「純黒の悪夢」では遊園地&水族館というテーマパーク。 「から紅の恋歌」では京都。 「ゼロの執行人」では東京湾?お台場?と警視庁。 「紺青の拳」ではシンガポール。 そんな具合でそれぞれ舞台があるわけだが、果たして次回作の舞台は? 名古屋(推測) 2019年の海外渡航から一転して日本に戻ってきた。 しかも名古屋である。 根拠は? 「紺青の拳」後の次回予告を思い出してみよう。 あのシーン、きれいな夜景と厳かな月が描かれていたはず。 正直管理人はどこかわからなかったのだが、Twitterでは「名古屋」という意見が多く見られた。 一部紹介しよう。 名古屋テレビ塔とは? 名古屋テレビ塔は愛知県名古屋市中区栄にある久屋大通公園(ひさやおおどおりこうえん)に立つ、日本で最初の集約電波塔。 1954年に開設された。 高さ180mであり、地上90mにスカイデッキがある。 2012年に名古屋市が主催した「第1回名古屋まちなみデザインセレクション」において、「セントラルブリッジから見た名古屋テレビ塔のライトアップ」が市民投票により1位を獲得。 名古屋に訪れた際はぜひ観光したい場所の1つである。 photock. 次回営業再開するのは2020年夏ごろなんだとか。 オアシス21とは? オアシス21はバスターミナルなどの公共施設と商業施設との複合施設であり、2002年にオープンした。 「水の宇宙船」という地上14mの空中散歩が楽しめるスペース、「緑の大地」という都心部の芝生広場、「銀河の広場」というイベント開催も行われる多目的スペースがある。 photo-ac. 確かな情報は正式発表まで待とう。 「紺青の拳」での2020年映画予告を再現! それではお待ちかね、「紺青の拳」で流れた予告を画像ではあるが再現してみた。 初めのシーンはこちらだ。 唐突に表れた満月。 この時点でシックな雰囲気を感じさせる。 星もちりばめられていたかもしれない。 続いてがこちら。 満月のシーンから首都の夜景が加えられる。 こちらの画像は東京タワーだが、上述の通り、実際は名古屋テレビ塔なのだろう。 さらにオアシス21もあったはずだが、画像は東京の夜景を使っているためオアシス21はここにはない。 名古屋のいい画像がなかったのだ。 すまない。 正確性より雰囲気重視にさせていただいた。 最後にこちら。 首都のシーンが引きになり、ライフルの照準越しで映し出された。 そして、次の台詞が発せられる・・・。 公開日はいつ? コナン映画は毎年、4月の第2週目、第3週目に公開されている。 「紺青の拳」の次回予告では「2020年GW公開決定」と文言が出たが、おそらくまた4月2週目、3週目の金曜日だろう。 つまり、2020年4月10日、もしくは、2020年4月17日になるはず。 根拠は? 「ゼロの執行人」後の次回予告でも、「2019年GW公開決定」のような文言が出たが、ふたを開けてみれば公開は例年通り2019年4月12日。 つまり第2週目の金曜日だった。 タイトルは? さて、こればっかりは正直予想ができない。 第23作「紺青の拳」は予告からは絶対に導けないタイトルだった。 しかし赤井を表す隠語は何か使われそうだ。 ちなみに、ネット上では早くも次回作のタイトル予想が出ている。 狂騒の24時間 テルミナス 哀愁の絶息 ラストブレス まぁ、この段階では一貫性も特になし。 皆さんはどんなタイトルになると思いますか? 2019年9月9日追記: 毎年恒例、青山先生による「とびだせ!どうぶつの森」でのタイトルヒントが今年も公開された!こちらをご覧ください。 総合すると、今回のタイトルで最も可能性として高いのは、「 緋色の弾丸」ということになる。 ちなみにこの「緋色の弾丸」、なんと、 9月9日のTwitterで トレンド入りされている。 注目度高すぎではなかろうか。 そして、みんな「緋色の弾丸」と予想しているわけである。 可能性は高いけど、確かに「緋色の弾丸」だと簡単すぎるよね。 「緋色の銀弾(シルバーブレット)」「緋色の弾道」も有力候補みたい。 他にも様々な予想がされているが、青山先生が唯一否定したのはこちら。 タイトルの正式発表は例年通りなら11月末くらい。 あと2ヶ月ちょっと楽しみに待っていよう。 追記:タイトルは「緋色の弾丸」に決定! ついに情報解禁!タイトルは「緋色の弾丸」で間違いありませんでしたね。 今回はヒントが簡単すぎたみたいですね~。 今回は2020年のコナン映画の予想を 様々な角度から推測してきました。 当たり外れは置いといて、 来年の予想をするのも コナン映画の一つの楽しみ方である。

次の

名探偵コナンからコナンは泣いたことがない最終回で初めて涙を見せるので...

名 探偵 コナン 映画 2020

2020年3月26日に、東京・神奈川・千葉・埼玉・山梨県の各知事が、『不要不急の外出自粛』の方針を発表しました! パンデミック宣言されたコロナウイルスの感染者が、東京都内で急増していることを受けての自粛となります。 これを受け、映画ファンにとってはショックなことに、映画界・映画館でも自粛が始まってしまいましたね…。 2020年3月6日に公開予定だった映画『ドラえもん のび太の新恐竜』は、全国一斉休校の流れもあり、お客の安全も考えて、2020年8月7日に公開を延期しました…。 2020年4月17日には、人気アニメ映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』が公開予定となっているんですけど…。 今回の名探偵コナンには、人気の赤井秀一さんが出演するので、楽しみにしている方も多いと思うんですけど…。 やっぱりコロナウイルスの影響で、2020年の最新作映画・名探偵コナンも、公開延期・もしくは中止になってしまうのでしょうか? その場合、今後の映画公開がいつなのか、家族・親子でコナンファンなら、楽しみにしている方は気になりますよね? 子供だけでなく、女声ファンが多いことでも知られる名探偵コナンの、試写会やチケットの前売りについてもリサーチしていきます! 目次• コナン映画2020はコロナで公開延期? 2020年3月29日時点で、映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』が、2020年4月17日の公開を延期するという情報は、入ってきていません。 でも、4月のイベントスケジュールを見ても、まったく終焉の気配を見せないコロナウイルスの影響で、アーティストがライブを中止したり、来館を見合わせる会場があるのも事実です…。 前述しましたが、映画『ドラえもん のび太の新恐竜』は、お客の安全を考えて、公開を5か月延期しましたからね…。 しかも映画・名探偵コナンは、コロナウイルスの感染拡大を受け、 前売りチケットを発売延期、 試写会は中止 としましたし…。 日本政府からの外出規制は続いているし、コロナウイルスが拡大し続けている状況で、不特定多数の人が集まる映画館での上映は、リスクが大きいかもしれません。 でも! 映画・名探偵コナンが、公開延期・もしくは中止になる場合は、公式サイトから発表がありますよ! 配信を見逃さないようにしましょうね! コナン映画2020がコロナで公開延期の場合、再公開はいつ? 映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』が仮に公開延期になった場合、再公開は5~6か月前後の期間を置くかもしれません。 映画『ドラえもん のび太の新恐竜』と同じように 夏、もしくは秋の上映になるかもしれないということです。 コロナウイルスの拡大が、いまだまったく衰えを見せないですからね。 映画ドラえもんは、2020年3月の上映から同年8月7日(金)に延期になりました。 映画名探偵コナンは、本来はゴールデンウィークの小学生向けの映画ですが、夏休みをターゲットにする可能性が高いと言えます。 全国的には7月17日が終業式で、7月18日から夏休みなので、7月下旬の公開もありえるかもしれませんね。 2002年末から流行した、同じ感染症であるSARSを参考にしてみると、SARSの流行期間は約6か月、終息時期は2003年の5月でしたね? 蔓延しているコロナウイルスは、2019年末から徐々に拡大し、ついには2020年3月にパンデミック宣言をされました。 SARSも大変でしたが、せめて同じように、コロナウイルスも6か月で終息してくれるとよいのですが…。 アニプレックスの英断かと。 約1か月後の公開予定との事だが其の時の状況によっては再延期の可能性も告知された。 この未曾有の状況では致し方無し。 この状況では名探偵コナン新作映画公開延期も覚悟するべきでしょう😣 — 深野洋一 damedahazureda 冷静な分析に、頭が下がる思いです。 名探偵コナン、公開延期するのかしないのか・・・。 公開強行するなら公開中はシネコン行けないよなぁ。 四月映画の中では一番感染リスク高いだろうし。 同じ小屋に入らなくてもロビーがごったがいしたらヤバすぎるもんな。 — ささくれ hk5fTGS27NKxpUv そうですね、ロビーはリスクが高そうですね…。

次の

コナン映画2020は赤井秀一!予告再現!タイトルと公開日は?

名 探偵 コナン 映画 2020

コナン映画は毎年1本公開されていますが、その人気は上昇する一方です。 ここ10年近く、興行収入30億を下回ったことはなく、2016年からは60億を超える大ヒットを連発。 2018年「ゼロの執行人」では91. 8億という、コナン映画史上最大のヒットを飛ばしました。 この背景には、 コナン映画を熱烈に支持しているのは、実は大人たちである!という真実が隠れています。 原作コミックを夢中で読んだ子どもたちが大人となり、劇場版にドハマりしているというもの。 さらに 知識ゼロでも没入できる 、コナン映画ならではのストーリー・演出に魅了され、お子さん連れのママやパパが新たにファンになるという現象も起きています。 大人を虜にするクオリティの高さが、コナン映画最大の魅力です。 「売れている作品が全て面白い」とは限りませんが、 コナン映画に限っては興行収入順に観るのもおすすめです。 2019年6月現在、興行収入1位は2018年公開の「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」。 2位は2017年「紅の恋歌(ラブレター)」、3位は2016年「純黒の悪夢(ナイトメア)」です。 以降も4位~6位に、「業火の向日葵」「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」「異次元の狙撃手(スナイパー)」が入りますが、公開年はそれぞれ、2014・2012・2103年となっています。 つまり「興行収入順に観る=近年のコナン映画を観る」ということに。 コナン映画は年を追うごとに、純粋に人々を惹き付ける魅力が増してきているという証といえるでしょう。 期待を裏切らない面白さですよ。 コナンファンの間ではナンバー1の呼び声が高い作品で、原作者である青山剛昌の母も絶賛しているというのがこちら、「ベイカー街の亡霊」。 特筆すべきは、江戸川乱歩賞受賞作家である野沢尚が脚本を担当している点です。 通常コナンシリーズでは仲間たちが死ぬことはありませんが、こちらの映画は仮想空間を舞台にしているため、主要キャラがどんどん死んでしまいます。 コナンの父である工藤優作が出演しているという点も珍しいポイント。 設定自体はバーチャルアトラクションという未来型ですが、 シャーロック・ホームズの世界ともリンクさせており、19世紀末ロンドンの歴史も体感できるという独特な雰囲気が魅力です。 推理・アクション・ストーリーのすべてが素晴らしく、まさにシリーズ最高傑作と言えるでしょう。

次の