よろしい かと 存じ ます。 「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

「存じます」の意味とは?正しい敬語の使い方や類語を例文で紹介

よろしい かと 存じ ます

「存じます」の意味 「存じます」は「思います」という意味 「存じます」は「思います」や「知っています」という意味の言葉です。 「思う」「知る」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」を加えた敬語表現であるため、目上の相手に使うことができます。 「知る」と「思う」の2つの意味が含まれているため状況に応じて使い分けてください。 「存じます」の読み方は「ぞんじます」 「存じます」は「ぞんじます」と読みます。 「存」という漢字は「ぞん」の他に「そん」とも読めるため、読み間違えに注意してください。 特にメールなどの書き言葉ではなく、話し言葉として「存じます」を使う際は読み方に気を付けましょう。 「存じます」の類語表現 「承知」を使って言い換える 「存じます」を「知っている」という意味で使う際は「知っていること」を意味する「承知」や「推測して了解すること」を意味する「お察し」が類語として使えます。 また、「思っています」という意味で「存じます」を使う際は「~でございます」が類語となります。 ビジネスでの「存じます」の使い方 「存じます」の使いすぎに注意 目上の相手に適した表現である「存じます」ですが、使いすぎには注意が必要です。 かしこまった場以外での使用や、「存じます」を多用することにより、相手に堅苦しいという印象を与えてしまう場合があります。 過剰な敬語表現と捉えられないためにも、類語を使って言い回しをしてください。 「知っている」を丁寧に表現した「存じ上げます」 「知っている」という意味で「存じます」を使用する際に「存じ上げます」という言い回しができます。 「存じます」よりも丁寧な表現となる「存じ上げます」ですが、知っている対象が「人」である場合のみ使える言葉となるため注意してください。 「知っている」対象が物や出来事である場合に、謙譲の意味を強める「上げる」を使うと過剰な敬語表現となります。 例えば「先日の会議の内容は存じております」という文章だと、「知っている」の対象は「前日の会議の内容」であり、人ではないため「上げる」という表現は加えず「存じております」となります。 「欲しい」の謙譲語である「いただく」に、願望を表す助動詞の「たい」を加えた言葉が「いただきたく」であり、さらに「存じます」を付けた「いただきたく存じます」は目上の相手に適した敬語表現であるといえます。 「いただきたく存じます」の「いただく」は漢字を使った「頂く」と平仮名の「いただく」の2種類の表現があります。 「食べる・飲む」や「もらう」の謙譲語として使う際は漢字で「頂く」と表現し、「教えていただく」や「読んでいただく」といった、補助動詞として使う際は「いただく」と平仮名を使ってください。 例えば、「教えていただきたく存じます」という文章だと、補助動詞として平仮名の「いただく」が使われており「教えてほしいと思います」という意味になります。 「させていただきたく存じます」は使い方に注意 「存じます」を使った言い回しの1つである「させていただきたく存じます」を使う際は注意が必要です。 「させていただく」という表現は相手に許可をとったことや相手に依頼されたことに対してのみ使える言い回しであるため、許可を取る必要のないことや自ら申し出たことに対しては使えません。 例えば上司の結婚式に招待された場合は、相手に依頼されたということになるため「出席させていただきたく存じます」となります。 「させていただきたく存じます」を使う際は状況に応じて使用してください。 メールで「存じます」を使った例文 「ことと存じます」を使った例文 「ことと思います」を謙譲語で表現した言葉が「ことと存じます」です。 例えば「繁忙期に入り忙しいことと思いますが、よろしくお願いします」という文章に「存じます」を使うと「繁忙期に入りお忙しいことと存じますが、何卒よろしくお願い致します。 」となります。 話し言葉だけでなくメールや手紙などの書き言葉としても使えるため、状況や相手によって使ってください。 「存じ上げますが」を使った例文 「知っている」を謙譲語で表現した際、「知っている」対象が人である場合に「存じ上げる」が使えることを説明しました。 例文の場合「知っている」対象が人であるため、「存じ上げる」が使えます。 例えば「ご連絡していただければと存じます。 」という文章だと「連絡してもらえたらと思う」という意味となります。 上記の例文では補助動詞として「いただく」が使われているため漢字ではなく平仮名で「いただく」と表記してください。 メールなどの書き言葉では言葉使いだけでなく、漢字や送り仮名などの表記にも気をつける必要があります。 目上の相手へは特に、失礼にならないよう注意して正しく使ってください。 まとめ 「存じます」とは「思います」「知っています」を謙譲語に変換した言葉で、目上の人へ使う言葉として適しています。 敬語表現ではあるものの、使いすぎると過剰な敬語表現となるため注意してください。 類語や言い回し方を変えて状況に応じて正しく使いましょう。

次の

「ご都合のよろしい日にご挨拶に伺いたいです。」この文章の日本語は正しいです...

よろしい かと 存じ ます

[スポンサードリンク] 基礎 意味 「思う」 の謙譲語です。 ビジネスや文書で頻繁に見聞きする言葉ですね。 正しく使うには 謙譲表現なので、自らの行動をへりくだって表現する時に使用します。 相手が思うことに対して使ってはいけません。 特に難しい決まりごとや、陥りやすいミスがあるような言葉でもないので きっちりと敬語をキメる為の基本ワードとして、積極的に使用していくようにしましょう。 ちなみに、尊敬語になると「思われる」「お思いになる」のように変化します。 似たような言葉に「存じております」というものがありますが これは「既に知っている」という意味になるので、全く別の言葉となります。 「存じ上げます」も同じく「知っている」の意味なので、 「思う」を表す場合は、ちゃんと「存じます」を使うようにしましょう。 使い方・例文 ビジネスの場面で こちらのプランで御満足いただけるかと存じます。 ええ、まさに仰るとおりだと存じます。 大変お心苦しいかと存じますが、なにとぞ御了承下さいませ。 お礼を述べる時に この度のお心遣い、まことにありがたく存じます。 お褒めに預かり、恐悦至極に存じます。 謝罪する時に 今回の件については誠に申し訳ありませんでした。 二度と過ちを犯すことがないよう、人材教育の方面にも善処したいと存じます。 突然連絡いたしましたこと、大変失礼しました。 すぐにお伝えすべき用件だと思いましたので、こちらにご連絡致しました。 大変不躾かとは存じますがご検討いただければ幸いです。 よろしくお願いします。 意見を述べる時に にがりの様々な新しい使用法を皆さまと共に考えていきたいと存じます。 様々なご意見、お待ちしております。 従業員の待遇を改善するには数多の方法があるかと存じます。 何がベターか、ベストかは悩ましい限りですが、まずは最低賃金法と労基法厳守のための方策でしょうか。 イベントや商品の告知を出すときに スタジオ利用開始のお知らせです。 プレオープン期間中につきご不便もあるかと存じますがどうぞ宜しくお願い致します。 「フルーツ・クランブル」はサブレ生地の上にリンゴとベリーをのせ、上からクランブルをトッピング。 素朴な味わいの虜になると存じます。 弊社のイベントでは遠方からも多数のお客様にご参加頂いております。 交通の関係でお時間に限りがあるお客様もいらっしゃると存じます。 お急ぎのお客様は優先的にご案内致しますので、会場にてスタッフにお声掛け下さい。

次の

『よろしいか?』って?in松阪

よろしい かと 存じ ます

正しいです。 二重敬語とは、一つの言葉に同じ種類の敬語を二度使うことです。 例えば、「お召し上がりになられる」は、尊敬語「お召上がりになる」+尊敬語「れる」であり、一つの言葉に同じ種類の尊敬語を重ねて使っているので二重敬語なのです。 対して、「お召し上がりになります」は、尊敬語「お召し上がりなる」+丁寧語「ます」であり、尊敬語と丁寧語は同じ種類の敬語ではないので二重敬語ではありません。 まして、お示しの文は、「ご都合」と「ご挨拶」は、異なる言葉なので二重敬語になりようがありません。 一つの文中で異なる言葉に幾つ「ご」をつけようが二重敬語にはなりません。 ただ、あまりにも「ご~ご~ご」と続くとくどい感じがするので避けるべきですが、二つくらいでしたら問題ありません。 それより、お示しの文の文末が「伺いたいです」となっているのが気になります。 なぜならば、「伺いたいです」の前の文が「ご都合のよろしい日にご挨拶に」と非常に丁寧な表現なのに対して「~たいです」では釣り合いが取れていません。 せめて「お伺いいたしたいです」、あるいはもっと丁重に「お伺いいたしたく存じます」とすべきです。

次の