アイコス モバイル バッテリー。 iqos新型2.4のバッテリーの容量とおすすめモバイルバッテリーについて!

アイコス3のセット販売がめちゃくちゃお得!コイツは買うっきゃ無いヽ(´ー`)ノ

アイコス モバイル バッテリー

IQOSの充電に役立つ「モバイルバッテリー」とは? アイコスの充電に役立つ 「モバイルバッテリー」とは、簡単に言えば持ち運びのできる充電器のことを言います。 普段スマホやアイコスなどを充電する際には、自宅のコンセントにケーブルを挿しながら充電するのが普通ですが、このモバイルバッテリーを持ち歩くことで外出中にも充電することが可能です。 最近ではスマホユーザーが増えアプリが充実していることから、スマホの充電が長時間もたないということでたくさんの方がモバイルバッテリーを持ち歩いています。 そして、このモバイルバッテリーはスマホのみならず アイコスを充電する際にも非常に役立ちます。 基本的にアイコスは、1本ヒートスティックを吸う毎にホルダーを充電をしなくてはなりませんが、それと同時にポケットチャージャー自体もヒートスティック約20本分に1度充電する必要があります。 1日に20本以上アイコスを吸う方は、外出時に充電切れを起こしタバコを吸えない状態になってしまう危険性がありますので、そんな方はモバイルバッテリーを持ち歩くことで、充電切れでアイコスを使えないという状況を回避することができます。 しかし、アイコスを充電するためのモバイルバッテリーはどれでも良いわけではありません。 モバイルバッテリー自体の容量や、出力、入力の値によっては、アイコスが充電できないものやアイコスの充電する時間が長いものなどがありますので、購入前に必ず確認する必要があります。 モバイルバッテリーの選び方 ではここからは、 モバイルバッテリーを購入する前に確認しておきたい内容を詳しく解説していきます。 モバイルバッテリーを購入する前に確認しておきたい内容は、以下になります。 モバイルバッテリーの容量(mAh)• 出力A(モバイルバッテリーからIQOSに充電する際に重要)• 入力A(モバイルバッテリーを充電する際に重要) 上記3点が非常に重要なことになりますので、それぞれ解説していきます。 モバイルバッテリーの容量(mAh) まずはじめに、 モバイルバッテリーの容量(mAh)を確認しておきましょう。 見方としては必ずパッケージやモバイルバッテリー本体に 「mAh」という記載がありますが、この表示がそのモバイルバッテリー自体の容量を表しています。 電器屋さんでよく見かけるのは「3,000mAh」や「5,000mAh」、大きいものだと「10,000mAh」などがありますが、中には「大容量」と記載しておきながら「4,000mAh」しかないものもありますので、決して間違えないようにしましょう。 ちなみに、アイコスのポケットチャージャーのバッテリー容量は「2,900mAh」になりますので、3,000mAhのモバイルバッテリーだと丸々1回分充電できると思いきやそうではありません。 よって、アイコスのポケットチャージャーを充電する際には、 4,000mAh以上のモバイルバッテリーが必要になるということになります。 ついでと言ってはなんですが、アイコスだけでなくスマホも一緒に充電したいので、 モバイルバッテリーを購入する際におすすめの容量は「10,000mAh」が理想です。 出力A(モバイルバッテリーからIQOSに充電する際に重要) 次に、モバイルバッテリーを選ぶ際には、 モバイルバッテリーの出力値(A)を確認しておきましょう。 モバイルバッテリーに記載されている「出力値」とは、 モバイルバッテリーからアイコスに充電する際に重要な数値となっています。 どういうことかと言うと、アイコスのポケットチャージャーの入力値は「2A」と記載されていますので、モバイルバッテリーでは出力値が「2A」以上の物を選ぶ必要があります。 中には出力値が「1A」のモバイルバッテリーも販売されていますが、アイコスの充電時間が異常なまでにかかってしまいますので注意が必要です。 入力A(モバイルバッテリーを充電する際に重要) 次に、モバイルバッテリーを選ぶ際には、 モバイルバッテリーの入力値(A)を確認しておきましょう。 モバイルバッテリーに記載されている「入力値」とは、主に モバイルバッテリー自体を自宅などで充電する際に重要な数値です。 例えば、10,000mAhのモバイルバッテリー自体の入力値が「2A」で充電する側も「2A」の場合は、約6時間で充電が完了します。 しかし、モバイルバッテリーの入力値が「1A」の場合は、充電が完了するまでに約10時間以上もかかってしまいますので、忙しい方には満タンにすることができない危険性もあります。 『モバイルバッテリーがあるからアイコスの充電が切れても大丈夫』なんて余裕をかましていると、いざという時にモバイルバッテリー自体の充電がされていなかったなんてこともありますので、選ぶ際には入力値が「2A」と記載されているものを選びましょう。 アイコスを充電する際に必要なモバイルバッテリーの仕様をまとめると、以下のようになります。 【楽天ランキング1位獲得】モバイルバッテリー 大容量 軽量 10000mah 送料無料 極薄 iphone iPhone8 iPhoneX iPhone7 Plus アイフォン7 iPhone6 plus iPhone6 iPhone6s 5 SE スマホ 充電器 薄型 GALAXY S8 Xperia XZs X z5 z3 エクスペリア ギャラクシー AQUOS 価格: 1,980円〜(税込、送料無料) 容量:10,000mAh 出力:最大2A 入力:最大2. 4A 入力:最大2.

次の

iqos新型2.4のバッテリーの容量とおすすめモバイルバッテリーについて!

アイコス モバイル バッテリー

iPhoneやandroidといったスマホ、電子たばこのIQOS(アイコス)やPloomTECH(プルームテック)など、日々の生活で電子機器を持ち運ぶことが多くなってきましたよね~。 更にはポケモンGOをはじめとする位置ゲーの登場や、便利なアプリの充実。 スマホの性能も上がってはいますが、それ以上に電力を消費してしまい、充電が1日持たないなんてよくあります。 暮らしが豊かになるのは有難いのですが、気になるのは バッテリーの残量ですよね! 僕は電子たばこのアイコスを利用しています。 ヘビースモーカーで、常にポケットチャージャーの電池残量を気にしてこまめに充電しているつもりだったのですが、先日ついに!まさかの! 飲み会の途中でアイコスの充電がゼロになってしまうという緊急事態が発生ッ!ソワソワして耐えられない状況です。 さすがにマイクロUSBを貸してくれる気のきいた居酒屋さんはそうそうありません。 そんな僕の困ったちゃんの様子を見かねた友人が、カバンの中からそっと僕に渡してくれたのが「 モバイルバッテリー 携帯充電器 」でした! 外出時の必需品!モバイルバッテリーを比較 そんなこんなで一命を取り留めた僕ですが、「 これは早急にモバイルバッテリーを購入しないとマズい!」と思い、早速モバイルバッテリーに関する情報収集を始めました。 どのモバイルバッテリーがいいかは、人によって多少違ってくると思いますが、僕が自分のライフスタイルに合うモバイルバッテリーに求める条件は以下でした。 アイコス、iPhone、androidを充電可能• 僕が助けてもらったように、同じような充電難民を救えるほどの大容量• 2台同時に充電可能• 充電スピードが速い• コンパクトかつ軽量で持ち運びやすい• 5,000円以内で買える手頃な価格• 保証が付いてる安心のメーカー こんな条件で探し、数社のメーカーのモバイルバッテリーと比較したところ、 見つかりましたよ、 最適なモバイルバッテリーが。 まず、20100mAhについて、簡単に説明します。 例えば容量が20100mAhのバッテリーなら、20100mAの電流を1時間流せる量の電気を蓄えられるというものです。 Anker(アンカー)は、モバイルバッテリー業界では最強のメーカーと言っても過言ではないほどで、販売されているモバイルバッテリーの種類も、ニーズを捉えた豊富な品揃えです。 創業は意外にも最近の2009年。 米Google出身の数名の若者達によって創設された新進気鋭の会社です。 創業以来、世界でも高い評価を受けているので安心感もあります。 そんなAnker PowerCore 20100の詳細を見てみましょう。 Ankerのメーカー公式発表のスペックは以下の通りです。 Anker PowerCore 20100 高スピード充電と長持ちするバッテリー 超大容量 数日のご使用にも十分な超大容量。 iPhone 6に7回以上、Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回の充電が可能です。 フルスピード充電技術 Anker独自技術PowerIQ 接続機器を検知し電流を最適化 とVoltageBoost ケーブル抵抗を検知し出力電圧を自動調整 により、超高速充電を実現しました。 業界トップの4. 8A出力 業界トップの4. 8アンペア出力で、タブレット2台も同時に急速充電が可能です。 20000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最もコンパクトです。 マット仕上げ 汚れや指紋もつきにくい高級感のあるマット仕上げ。 グリップ力もあり、持ちやすい作りです。 世界でも名高い製品保証 Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。 そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。 アイコスホルダーとポケットチャージャーのmAhは以下。 iPhone6 Plus =1,810mAh 2,915mAh• iPhone7 Plus =1,960mAh 2,900mAh• Xperia XZ=2,900mAh• Galaxy S6=2,600mAh• Galaxy S7=3,000mAh• arrows NX=2,850mAh Anker PowerCore 20100で、アイコスをフル充電できる回数は、iPhone6 PlusやGalaxy S7とほぼ同等ですが明記されていません。 Anker公式で発表されている数値では、「 iPhone6で7. 2回」と記載されています。 1回の充電が出来そうなのに、なぜ7. 2回?? 実は「3. 7V」や「5V」などの 電圧の違いによって、モバイルバッテリーからスマホやアイコスを充電する際に、電圧変換による容量のロスが発生します。 49回 とゆーことで、 Anker PowerCore 20100なら、アイコスを約4. 5回フル充電が可能ということですね。 参考程度に。 ちなみにこの記事を書きながら、アイコスが何分でフル充電されるのかを計測していました。 アイコスホルダーもポケットチャージャーも充電残量ゼロからのスタートです。 2つ点滅まで20:31• 3つ点滅まで41:23• 4つ点滅まで59:40• フル充電完了まで1:56:42 という結果でした。 モバイルバッテリーの残量は表すランプは、充電満タン時でMAX4です。 アイコスを1回フル充電してもランプは1つも減りませんでした。 モバイルバッテリーを人にオススメするなら「Anker PowerCore 10000」 実は購入してから、若干後悔しているのが「 大容量に寄せ過ぎた」ところです。 もちろん持ち運べないなんてことはないんですが、ちょっとサイズが大きかったので、もっとコンパクトで軽量に越したことはありません。 写真でもわかる通り、モバイルバッテリーだけiPhone6、アイコスと比べて頭1つ出ています。 複数人に電力を供給したい仏の精神を持った方や、長期の旅行にオススメなのは「Anker PowerCore 20100」ですが、 普段使いにはスマホよりも小さいサイズの「Anker PowerCore 10000」をオススメします。 Anker PowerCore 10000のメーカー公式によると、 iPad Airに約1回、Galaxy S6に約2回半、iPhone 6sに約4回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能。 と記載されています。 この数値ですと、 アイコスなら約2. 2回ということになります。 充電回数は半分ですが、サイズも重さも約半分です。 クレジットカードや名刺とほぼ同じ大きさ! 重さはなんと卵3つ分!!! 超コンパクト・超軽量・大容量と三拍子揃ったスゴいモバイルバッテリー! サイズ:約92 x 60 x 22mm 重量:約180g 価格:2,999円 税込・送料込.

次の

【徹底比較】モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング24選【2019年最新版】

アイコス モバイル バッテリー

アイコス(iQOS)はフィリップモリス社から販売されている加熱式の新型タバコです。 紙巻きタバコはタバコの葉を燃やして吸いますが、アイコスは特殊な機械で葉を熱して吸うことが出来ます。 燃やすのではなく、熱することで蒸すような形になるので「煙」ではなく「水蒸気」を発生させます。 その熱して生じた水蒸気を吸うシステムなので「電子タバコ」とは呼ばれずに「加熱式タバコ」と呼ばれています。 紙巻きタバコでもなく、電子タバコでもない新しいタバコとして愛煙家の中で一気に人気が出て、話題になりましたよね。 特殊な機器で熱するので、機器自体の充電が必要な点もアイコスの特徴です。 電子タバコはカートリッジを入れて吸う形をとりますが、加熱式タバコのアイコスは専用のタバコを機器に直接差し込んで熱して吸います。 アイコスの銘柄は大きく分けて「ヒートスティック」と「ヒーツ」の二つがあり、フレーバーは13種類となっています。 アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ない アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ないのが大きな特徴です。 タバコは通常「ニコチン」と「タール」という成分が入っていて、タバコを吸うとニコチンとタールを摂取することになります。 タールは葉を燃やすことで発生する成分なのですが、アイコスは葉を燃やさずに熱して吸うのでタールが発生しないのです。 一般的にタールは人体に有害な物質とされていますので、アイコス(iQOS)はそれをカットする形でタバコを吸えるということで健康に配慮したタバコと言われ人気があります。 もちろん、紙巻きタバコなどと比べると健康的と言えますが、あくまでタバコなので全く健康へ害がない訳ではないですよ。 アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出る アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出ます。 タバコを吸うにあたって問題となっているのが、副流煙が周囲の非喫煙者に及ぼす影響ですよね。 喫煙者がタバコを楽しむ際に、発生する副流煙にも健康によくない物質が含まれているため、タバコを吸わない人からすると喫煙者が敬遠されがちなケースがあります。 しかし、アイコスは煙の代わりに水蒸気が出るので周囲の人にも優しいのです。 煙と違って、水蒸気はすぐに気化しますので、臭いや健康害などの面で周囲への影響が少ないと言われています。 こういった理由から、子供がいる方なども楽しめるタバコとしてアイコスは人気なんですね。 また、初めてアイコスを使用する方はまずどのような手順で楽しむのかわかりづらいですよね。 慣れると簡単に楽しむことができます。 こちらの記事でアイコスの吸い方について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 相性によっては充電できないモバイルバッテリーもあるので注意しなければなりません。 どうしても機械と機械の相性という部分で問題が出てくる場合があります。 アイコスのメーカー自体がモバイルバッテリーの使用を推奨しているわけではなく、どのモバイルバッテリーもすべて使えるというわけではないので注意が必要です。 そういった点にも違いがあるので、まれに使えないものが出てくる場合があります。 また、メーカーからは公式のアイコス充電器を使用することが推奨されており、公式以外の充電器での使用で不具合などが起こった場合に保証対象外になるため、注意するようにしましょう。 非常時にスマホの充電器でアイコスの充電が可能ですが、普段は公式の充電器を使用するのがおすすめです。 アイコス(iQOS)の充電ができるケーブルとできないケーブルの違いは? アイコス(iQOS)の充電ができる iQOS純正ケーブル アイコス(iQOS)の充電ができるケーブル二つ目は、データ通信できるマイクロUSBケーブルです。 スマホやタブレットなどに使用されるマイクロUSBケーブルですが、実は種類があります。 「充電のみ」と「データ通信・充電両用」というように分かれています。 データ通信の可能なケーブルはアイコスも充電ができます。 このデータ通信が可能なケーブルは家電量販店や最近ではコンビニなどでも販売されているので、緊急時に気軽に購入することができます。 手元にアイコスの純正ケーブルがないという時に、マイクロUSBケーブルで代用したい場合は必ず「データ通信が可能」と記載されているマイクロUSBケーブルを購入しましょう。 近年では、ダイソーなどの100均でも「通信・充電両用」のUSBケーブルが販売されています。 購入時にデータ通信が可能な充電ケーブルかどうかをよく確認することが大事ですが、低価格で購入したい方にはおすすめです。 こちらの記事で100均USBケーブルをたくさんご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 アイコス(iQOS)の充電ができないケーブルは、データ通信ができないケーブルです。 ダイソーなどの100均などで販売されている「充電専用」と記載されているマイクロUSBケーブルでは、アイコスは充電できません。 また、アイコスを充電する際、充電ケーブルを差すと電池残量のモニター部分が緑色に点灯します。 まれにデータ通信できないケーブルでも、充電中のお知らせの点灯がある場合がありますが、上手く充電できなかったり、逆に電池が減ってしまったりというケースがありますので、使用しないようにしましょう。 故障の原因になる可能性もあるので、注意しましょう。 値段は2000円前後とお手頃なのですが、機能性が抜群の大容量モバイルバッテリーです。 シンプルなデザインでカラーはブラック・ホワイト・レッドの3種類から選べます。 男性でも女性でも使いやすいのが嬉しいですね。 10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、2018年11月時点で世界最小+最軽量と言われているほどコンパクトで軽いのが特徴です。 容量の目安としては、iPhoneXSで約2. 6回、ipadproに約1回、スマートフォンで複数回充電ができます。 アイコスを充電する際は、モバイルバッテリー付属のケーブルを使用するよりはアイコス付属の純正ケーブルを使用するのがおすすめですよ。 スマホ用に持ち歩いておいていざという時にアイコスの充電に使うのに十分な高機能モバイルバッテリーです。 25000mAhという超大容量で、出力ポートが3ポートあるので、複数デバイスに同時に充電することができる便利なモバイルバッテリーです。 大容量ということもあり少し重さがあるので、持ち運ぶ際に気になる方もいるかもしれませんが、iPhoneで約6回充電でき、スマートフォンで約5回充電できるので、プライベートと仕事用で複数端末を持ち歩いている方におすすめのモバイルバッテリーです。 上部に搭載されているLEDデジタルスクリーンにバッテリー残量がパーセンテージで表示されるので、一目でバッテリー残量が分かるようになっています。 デザインはブラックを基調として、淵がおしゃれな赤ラインになっていてとてもスタイリッシュです。 男性が持ってもかっこいいですね。 近年では無線充電対応のデバイスが増えてきていて、ケーブルなしで置くだけで充電できるようになってきていますね。 そんな便利な無線充電が可能なモバイルバッテリーです。 もちろん出力ポートもあり、2出力あるので無線充電と合わせて同時に3つのデバイスを同時に充電することが可能です。 20000mAhの大容量で重さは438gと少し重めではありますが、それを十分にカバーする機能性で申し分ない仕上がりとなっています。 スマホを無線充電しながら、ケーブルを使用してアイコスを充電することが可能なのでバッグの中にたくさんケーブルを持ち歩かなくてよくなりますので、普段使いに便利なモバイルバッテリーですね。 このアイコス充電器付き灰皿はとても便利で、LEDライト付きの灰皿にアイコスホルダーとアイコスチャージャーが同時に充電できるポートが搭載されています。 アイコスを楽しむうえで必要な充電器と灰皿が一体になっているので、車などで使用するのにもおすすめです。 もちろん自宅やオフィスなど、どこでもオールマイティに使えるのでとてもおすすめなアイコス充電スタンドです。 アイコス(iQOS)の充電にモバイルバッテリーを活用して便利に使おう! 健康に配慮したタバコとして話題になった加熱式タバコのアイコス iQOS ですが、加熱するための本体機器は充電が必要です。 寝る前に充電しておけば、問題はありませんが、充電するのを忘れて外出してしまったというシチュエーションもありますよね。 そんな時に、スマホのモバイルバッテリーを活用すれば大変便利です。 アイコスの充電ケーブルの規格は、スマホやタブレットに使用されるマイクロUSBと同じなので、モバイルバッテリーを使用することができます。 ただし、モバイルバッテリーによっては相性が合わずに使えないものもあるので注意してください。 また、ケーブルも付属の純正ケーブルかデータ通信可能なケーブルを選びましょう。 もちろんメーカーからは公式の充電器とケーブルを使用することが推奨されているので、いざという時の緊急時などに上手くモバイルバッテリーを活用して、外出先などでも便利にアイコスを充電するようにしましょう。

次の