白 日 king gnu。 King Gnu常田大希にインタビュー

King Gnuが初紅白リハで見せた貫禄 Suchmosの名曲も披露

白 日 king gnu

音楽ファンに知られる存在から一気にメジャーシーンへ 2019年になってから一躍脚光を浴びたバンドKing Gnu。 彼らは2017年、新人の登竜門と言われるFUJI ROCK FESTIVALのルーキー・ア・ゴーゴーに出演。 翌年にはメインステージとなるRED MARQUEEステージで熱演を繰り広げるなど、かねてより注目を集めていたが、この時にはまだその熱狂は音楽好きの間に留まっていた。 2018年末頃から、その存在が次第に広く世に伝わり始める。 年末年始のメディアには「2019年要注目アーティスト」としてその名が頻出しており、さらにドラマの主題歌に抜擢されたことで知名度をぐんと上げた。 坂口健太郎が主演を務める日本テレビのドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』の主題歌として彼らは「白日」を書き下ろし、毎週そのサウンドがテレビで流れることになった。 ドラマ開始直前の1月16日には、2ndアルバム『Sympa』をリリース。 King Gnuはこのアルバムでメジャーデビューも果たした。 それから1カ月も経たない2月22日には、「白日」をデジタルシングルとしてリリースする。 さらに同日『MUSIC STATION』にも出演し、『Sympa』のリード曲「Slumberland」を披露した。 ドラマでその音楽を聴いたり、今年注目のバンドとして存在は知っていたけれど、実際に歌う彼らの姿を見たのははじめてという人もいただろう。 この曲をはじめすべての楽曲の作詞作曲を手がける常田大希(Gt,Vo)による拡声器を使ったパフォーマンスや、パペットとともに狂気的ともいえる表情で熱唱した井口理(Vo,Key)の姿は、見た人に強いインパクトを起こしたはずだ。 ストリーミングだから真価を発揮した「白日」の奥深さ 続いて、彼らのチャート成績をみてみよう。 「白日」は3月4日付(2月18日~2月24日集計)でストリーミングチャートに15位で初登場した。 翌週にはこの曲のMVも公開。 全編モノクロでメンバーが演奏する姿を写した映像が話題を集め、翌週のチャートでは2位に急浮上した。 以降は同チャートで6週連続2位をキープ。 3月23日にドラマが最終回を迎えると少し落ち着いてきていたが、4月26日に『MUSIC STATION』に再び出演し「白日」を披露すると、再びチャートを上昇。 5月13日付(4月29日~5月5日集計)のチャートで2位を記録し、現在まで17週連続でトップ10圏内をキープしている。 最新の7月8日付(集計期間:2019年6月24日~6月30日)チャートでも、約268万回の再生で第4位だ。 その勢いは、下半期に突入した現在も継続中。 ここまでのロングヒットとなっている理由には、King Gnuというバンド自体に注目が集まっていることも挙げられる。 2019年要注目アーティストとして紹介され、「最近アツイバンド」の筆頭としてその存在を知った人が、バンドのストリーミングページで一番最初に表示される「白日」をまず聴く、という流れは十分に考えられるだろう。 しかし、もちろんそれだけでここまでのヒットに結びつくわけではない。 購入した週しかチャートに影響を及ぼさないCDやダウンロードと違って、ストリーミングは「聴かれた回数」が評価基準。 繰り返し聴かれるための強度が楽曲に備わっていなければ、これだけのロングヒットにはならなかった。 「白日」は井口の澄んだファルセットからはじまり、バンドの演奏とともに常田のラップへと繋がっていく。 大切な人を失う喪失感を湛えたメロディはJ-POP的な哀愁へと接近し、一聴しただけで多くの人の心を掴む。 ケンドリック・ラマーなどから強く影響を受けた常田のビート感覚と、それを体現する勢喜遊(Dr)、新井和輝(Ba)のリズム隊の存在も、「白日」をKing Gnuにしかできないサウンドに仕上げている。 聴いてすぐに耳を奪う聴きやすさと、バンドが追求してきたサウンドの美学。 「白日」にはこの二つが同居し、楽曲の魅力に奥行きをもたらしている。 それこそが、長く聴かれ続ける一番の理由であることは間違いない。 「白日」のネクストアクションに高まる期待 まだまだ「白日」の勢いは留まる気配がないが、そんな中で彼らの次のアクションも気になるところだ。 「RISING SUN ROCK FESTIVAL」や「SUMMER SONIC 2019」をはじめ、夏フェスへの出演も多数決定しているKing Gnu。 そのセットリストの中には、きっと「白日」も含まれているだろう。 何千人、何万人の観客を前に披露されることで、楽曲の魅力はさらに広がっていく。 また、「白日」のリリースからは半年近くが経過しており、そろそろ新曲の発表も期待してしまうところ。 きっと遠くないうちに訪れる新曲のドロップまで、今は「白日」を繰り返し聴きながら待ちたい。

次の

『紅白』櫻井翔、King Gnuを言い間違え 「イジりまくるメンバー」に反響(2020年1月1日)|BIGLOBEニュース

白 日 king gnu

(『NHK紅白歌合戦 』リハーサルにて撮影) 31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』に、ミクスチャーロックバンドのKing Gnu(キングヌー)が出演。 白組司会である嵐・がバンド名を言い間違え、それに対するKing Gnuメンバーの反応に、反響が相次いでいる。 動画・ストリーミング再生が1億回を超える、ブレイクのきっかけとなった楽曲だ。 すると、彼らを紹介する際に櫻井が「King&Gnu」と紹介してしまうハプニングが発生。 すぐに「失礼しました。 King Gnuで……」と言い直していたものの、後輩グループに「King&Prince」がいたことが影響していたのだろう。 それぞれ、櫻井の言い間違いについて綴っていく。 笑」とコメント。 おつかれさまでした。 笑 そこ含めいい年末でした。 みんなありがとう!!! また、嵐ファンからも「翔くんの言い間違いを楽しく返してくれるKingGnuの方たち最高です」「KingGnuの皆さんが紹介のときの言い間違いに触れてくれてるの優しい」などの声が寄せられている。 King Gnuにとっても特別だったに違いない今回の『紅白』初出場。 そんな中で、言い間違いに動揺しながらも抜群のパフォーマンスを見せ、ユーモアあふれる対応を取ったのは、もはや大物の風格を感じさせる。

次の

king gnu(キングヌー)の白日の読み方や意味は?泣けるけど作詞作曲は誰?

白 日 king gnu

カテゴリ• King Gnu『白日』の概要 今回は人気ロックバンドであるKing Gnuの楽曲 『白日』の歌詞考察をしていきます。 『白日』とは2019年2月28日にネット上で公開された楽曲です。 僅か一週間で動画再生回数 140万回を記録し高い人気を得ています。 日本テレビ系土曜ドラマ 「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌ともなっています。 ドラマタイアップを強く意識しており歌詞全体もダークテイストに仕上がっておりドラマに重厚感を加える役割をしっかり果たしているように感じます。 また『白日』を作詞作曲したKing Gnuの常田大希さんは次のようにコメントしていました。 「去年は地元の友人が2人も立て続けに亡くなったりして生と死を強く意識した年になりました。 最近の自分の作詞作曲にはその出来事の影響が強くあります。 ずっと避けていた墓参りに行こうと思えたのはこの曲のお陰かもしれません」 上記のコメントとタイアップ映画の内容を考慮すると「自身の中で感じる罪」をテーマとする歌詞だと理解できます。 恐らく常田大希さんは亡くなった友人たちに何もできない無力さややるせない気持ちを「罪」だと感じていたのかもしれませんね。 同時に『白日』はそんな気持ちを真っ白にしてくれる歌詞でもあるのでしょう。 『白日』の曲調にも注目してみましょう。 曲調は実に変化に富む構成となっています。 イントロはピアノソロで切なさを演じています。 徐々にドラムとFXが加わっていきラップで盛り上がっていくという構成はファンを魅了し期待と興奮を高めることでしょう。 それではさっそく気になる歌詞の考察を始めていきましょう。 タイトル『白日』とは 「白日」には 「照り輝く太陽」「真昼、白昼」「身の潔白」と実に様々な意味があります。 中でも 「身の潔白」という意味がタイアップのドラマや歌詞の内容と合致しますのでこちらの意味が適切だと思われます。 ドラマの内容は主人公が冤罪となった弱者の見方になって弁護するといったものです。 特に 弁護される人たちの視点になって今回は考察していきたいと思います。 無実が証明される間、彼らは暗い闇の中に閉ざされていると言えます。 そんな彼らが主人公に助けられ無実を証明できた時に「白日」つまり身の潔白が証明されるのです。 同時に牢屋から出られるということならば外に出て照り輝く太陽の下で自由な生活を送れることでしょう。 彼らが白日を経験するまで後悔や苦闘する過程を歌詞から追ってみましょう。 さらに歌詞後半で違った角度から描写される「白日」にも注目していきます。 『白日』歌詞の意味 無自覚の罪 時には誰かを 知らず知らずのうちに 傷つけてしまったり 失ったりして初めて 犯した罪を知る 戻れないよ、昔のようには 煌めいて見えたとしても 明日へと歩き出さなきゃ 雪が降り頻ろうとも ドラマに登場するほとんどの人たちは、 無自覚のうちに罪を犯したあるいは犯したことにさせられていました。 本人が納得するしないに関わらず「罪」の重さを痛感することになってしまいます。 初めは否定していた事実でも人や物が失われたことを知ると自分の身に起きていることを自覚させられます。 そんな不安を纏った感覚を King Gnu は伝えているようです。 平和裏に過ごしていた日々が嘘のように遠のいていくのが全身を通してわかるのです。 順調だった過去が煌めいたとしても戻ることはできません。 今をそして明日を生きることしか選択肢はありません。 冤罪の状態にある人々にとって無実が証明されるまでは、例え 「雪が降る」足場の悪い道であったとしても、しっかりと踏みしめて前進していかなければならないのでした。 闇の中で成し得る事とは 今の僕には 何ができるの? 何になれるの? 誰かのために生きるなら 正しいことばかり 言ってらんないよな どこかの街で また出逢えたら 僕の名前を 覚えていますか? その頃にはきっと 春風が吹くだろう 無実が証明されるまでにできることは全くないように思えます。 自分の力では外にも出られず証拠を提出することもできません。 誰かのために生きたいとの願いは捨てずに握りしめていますが、それを実現させるためには正攻法ではいかないように思えます。 この部分の歌詞は弁護士の主人公視点にも感じられます。 弱者の立場にある人々のために今自分にできることは何か常に自分に問いかけていたことでしょう。 無実を証明するためにはどんな手段も厭わない覚悟でいます。 冤罪となった人たちには家族や恋人がいたことでしょう。 事件のあった街以外のどこかで偶然あったときに、まだ 自分の名前を覚えていて欲しい、そしてそのころには 春の順風が吹くつまり物事が順調に運ぶことを願っているのです。 雪が作り上げる白日 真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ 真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ 全てを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ 無罪にされ新たな人生を始めてもすべてが元通りになるわけではありません。 失った印象や長年張られたレッテルの影響にさらされることもしばしばです。 天を自由に羽ばたく鳥を夢見ていましたが、今も地を這うような惨めさを引きずって歩いている人たちもいます。 King Gnu のメンバーたちもこれまでの人生の中でそうしたことを経験しているのでしょう。 本当に求めていた 「白日」をあきらめ同時に降り積もる雪が作りあげる 「すべてを覆い隠すという」意味での白日を願い求めるのでした。 自分の過去や惨めな気持ちを周囲の人、特に大事な存在の前で露呈したくはないのです。 それは 「目覚めたら別の誰かに生まれ変わっていたい」です。 不利な状況を脱却したいという心理が働くのでしょう。 実際にある冤罪事件を調査してみると青春時代を牢屋の中で消化し老人になってから無実が証明され釈放されたという事例もあります。 「歳だけを重ねた」その人にとって牢屋の壁の向こうの生活は 「天国かそれとも地獄か」と歌詞は疑問を投げかけてます。 筆者が思うに天国のような日もあれば地獄のような日もあり、まさに両方をとった 「天獄」なのではないかと思いました。 人間は不完全 いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中 それでも愛し愛され 生きて行くのが定めと知って 後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの 一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなんもんだろう うんざりするよ この部分の歌詞でKing Gnuは人間のメカニズムや心理状態について綴っているようです。 「肚(はら)」とは 腹の内などを意味する漢字です。 誰も目に見えない 腹の内を完全に理解することはできないという意味だと思います。 理解できないから他者と問題になるということですね。 続く歌詞では人間の作りや傾向について一つの結論を出しているように感じます。 それは 「人間は不完全」で間違いを犯す生き物だとい結論です。 賢くても経験があっても老若男女問わず間違いを犯すのだと歌詞は歌っているのです。 罪の正当化というよりも事実を述べているフレーズであることを理解できます。 こうした事実や思考、惨めな気持ちをすべて埋め尽くすように空からは白い雪が降り注いでいくのでした。 すべてを白く染める雪、そう罪も真実でさえも。。 まとめ タイトル 「白日」や色褪せてしまった過去を意識してかMVは終始 「モノクロ」で表現されていました。 King Gnuさんの歌声や演奏が繊細な物悲しさ、無力さを巧みにリスナーに伝えていたと感じました。 今を順調に生きているだれもが 「取り返しのつかないこと」また 「人生を一変させてしまう経験」をするかもしれません。 そうしたことに巻き込まれないことを願うばかりですが、すでに経験されたことある方は特に共感できる歌詞だと思います。 King Gnuの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。

次の