競輪 グランプリ 2019 予想。 【競輪グランプリ2019】競輪グランプリの出場選手の紹介と予想情報について【みんなの競輪】

KEIRINグランプリ2019前夜祭 出場選手コメント全文・ライン予想

競輪 グランプリ 2019 予想

このページは、みんなの競輪スタッフが更新しています。 みんなの競輪への登録はこちら はじめに 競輪投票サイト「」では、競輪界で有名な方から無名な方まで予想情報を募集し、サイト内でご紹介しています。 有名・無名は関係なく、競輪グランプリでの的中を目指し本気で予想し、皆様にとって有益な情報として提供させていただいております。 皆様にとってちょうど良い予想があったら、「みんなの競輪」に登録して、車券を買ってみてくださいね。 1976年デビュー。 通算464勝。 競輪祭 1979 、日本選手権 1980 、オールスター競輪 1984 の覇者。 松戸競輪場では吉井氏の功績を称え、「吉井秀仁杯 フラワーラインカップ」という冠レースが開催されている。 1986年デビュー。 通算523勝。 1990年のKEIRINグランプリ覇者。 ロサンゼルス五輪 1984 の自転車競技で日本人初となる銅メダルを獲得するなど、『ロスの超特急』と呼ばれるほどの圧倒的な先行力でレースを支配。 1985年デビュー。 通算665勝。 1991年のKEIRINグランプリ覇者。 G1レースで4つのタイトル、記念競輪優勝49回等、数々の成績を残した名選手。 そんな歴史の変わり目に、競輪界の勢力図も一新となった印象です。 言うまでもなく、グランプリは超精鋭揃い。 まず、実況をするにあたり「常に平等な目線」というのは欠かせませんが、ここは「中国コンビ」に注目しました。 早くも令和の競輪界を席巻しつつあるこの連係。 新時代の到来に相応しいレースを期待します。 同じレースは二度となく、そんな素晴らしい一瞬の感動を伝える立場の人間として、選手の皆さん、そしてファンの皆さん同様に全力投球で挑みます。 【プロフィール】 2018年に立川競輪場で実況者としてデビュー。 競輪はもちろん、オートレースの実況者としても活躍中。 今年の「KEIRINグランプリ」の実況という大役を担う。 冬場の立川はバンクが重くなり、パワータイプが活躍する印象。 ナショナルチームのスピードが活かされにくいコンディションになるとみる。 【買い目】 2=8-57463、2=7-84563、2=4-87563 【プロフィール】 競輪を中心にした動画をYouTubeで定期配信中。 ご投稿された方の中から数名様の予想を「みんなの競輪」公式HPにてご紹介させていただきます。 「当たるんです」は経済産業省が所管する小型自動車競走法に基づき地方自治体が主催するオートレースをロトくじ感覚で楽しめる高確率の重勝式投票券です。 「当たるんです」の売上は、当選者への払戻金のお支払いや、サイト及び関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、機械工業の振興、社会福祉の増進に役立てられています。 国際規格(オリンピックなどと同じ)のKEIRINを日本で観戦することができるようになります! 千葉ドームで目指すべき姿はこちら 参考にしたいスポーツ演出例はこちら NBA編 Bリーグ編.

次の

【ライン予想】競輪グランプリ2019

競輪 グランプリ 2019 予想

KEIRINグランプリ その年のナンバーワンを決める年末の頂上決戦、それが『KEIRINグランプリ』。 第1回は1985年に立川競輪場で開催され、中野浩一が優勝を遂げた。 2001年にはグレード制導入に伴って『GP』格となり、競輪界最高峰のレースとして位置付けられた。 さらに2004年に優勝賞金額が1億円(副賞込み)に増額され、大きな注目を集めた。 現在の選考基準は、1月から11月までの選考期間において、1:G1優勝者、2:選考委が特に認めた選手、3:選考用賞金獲得額上位者(同額の場合は1月~10月開催までの平均競走得点上位者)となっている。 11ヶ月もの長きにわたる出場権争いを勝ち抜いて出場できるのは、わずか9名のみ。 この9名がS級S班として格付けされ、さらにグランプリ優勝者は翌年チャンピオンユニホームを身にまとい、すべてのレース(翌年のグランプリ前まで)において1番車で出走できる。 競輪界最大の一発勝負である『KEIRINグランプリ』の今年の舞台は立川競輪場。 立川では3年ぶり20回目のメモリアル開催となる。 ヤンググランプリ 2019 1995年に復興支援競輪として、デビュー5年未満の新鋭レーサー上位9名(競走得点)によって立川競輪場で初開催された。 初代優勝者は金古将人だった。 そこからヤンググランプリという名称でのレースは行われなかったが、その間、競輪祭で実施されていた新人王レースが新番組改革によって廃止となり、代わって2001年からヤンググランプリが復活した。 その名の通り、若手のナンバーワンを決める年末の大一番であり、今年はデビュー3年目以内の111期から115期の中から、選考期間中(111期、113期は1月から9月、115期は7月~9月)の平均競走得点上位者が順に選抜される。 過去の優勝者を見てみると、2004年の海老根恵太、2005年の山崎芳仁、2010年の深谷知広など、後の競輪界をリードするそうそうたる顔ぶれが並ぶ。 これが「若手選手の登竜門」や「出世レース」と言われる理由である。 近況も渡邉雄太、鈴木竜士、太田竜馬と現在のビッグレースを賑わす面々が制している。 出場予定選手 レース展望 次代の競輪界を背負う新鋭レーサー9名が覇を競うG2ヤンググランプリは12月29日、第11レースにて実施される。 今年も9選手全員に自力があるため、単騎で勝負するのか、ラインを形成するところがあるのか、興味は尽きない。 また、ライバル心むき出しで若手機動型が激突するため、高配当決着になることも多く、ここ10年は全て3連単で万車券決着となっている。 ちなみに、ヤンググランプリの3連単最高配当は2016年に渡邉雄太が優勝した時の40万6,260円で、9選手全員が単騎を宣言したレースだった。 今年は111期3名と113期6名がエントリー。 中でもナショナルチームでも活躍する113期の 松井宏佑が注目を集めるだろう。 ワールドカップのケイリンで銅メダルを獲得し、11月のG1競輪祭でもシリーズ3勝を挙げており、そのスピードはすでにトップクラスだ。 その松井を3月のルーキーチャンピオンレースで下しているのが 宮本隼輔で、7月には大垣G3で優勝も果たしている。 ルーチャンを制した同じ年に、ヤンググランプリも優勝した例は、今まで96期の深谷知広しか記録していない。 宮本が偉業達成に挑む。 そのルーキーチャンプで激しい主導権争いを演じたのが 森田優弥と 河合佑弥。 両者ともに先行逃げ切りでS級優勝を経験しており、この大一番でも動向が注目される。 113期卒記ウィナーの 藤根俊貴も出世争いに後れを取るわけにはいかない。 卒記ウィナーがヤンググランプリを制した例は、過去に荒井崇博、太田竜馬と2回ある。 繰り上がりでの出場だが 上田尭弥も千載一遇のチャンスで勝負に出る。 111期の 南潤と 松本貴治は昨年に続いての出場となる。 昨年は松本が先行して8着、南は捲りで惜しくも準優勝。 もちろん両者ともにリベンジに燃えるだろう。 また111期の 野口裕史は36歳ながら走りは豪快そのもの。 一撃があっても不思議ではない。 歴代優勝者 回 (開催年) 開催場 優勝者 太田 竜馬 鈴木 竜士 渡邉 雄太 野口 大誠 近藤 龍徳 レース展望 今年も長く険しいグランプリロードを勝ちぬいた9選手が出そろった。 ナショナルチームのメンバーは、来年に迫る大目標の東京オリンピックに向けて、国内の競輪レースへの出場機会が限られていたが、 脇本雄太と 新田祐大はその少ないチャンスをしっかりとモノにしてグランプリ出場権を手にした。 世界の舞台でも活躍するナショナルチームのレースぶりは、圧倒的なインパクトを残し、競輪界全体の流れを新たな局面へと導いているといっても過言ではないだろう。 脇本は昨年、グランプリに初出場。 近畿ライン4車の先頭で主導権を握り、番手の三谷竜生が優勝し、自身は5着に終わっている。 今年は 村上博幸との近畿連携で、昨年果たせなかった日本一の座を狙う。 もし、逃げ切りでグランプリ制覇なら、01年の伏見俊昭以来となる。 村上博は2010年に立川でグランプリ初出場、初制覇を達成しており、今回のメンバーでは唯一の優勝経験者だ。 新田は今年で6回目の挑戦になるが、ここまでは頂点制覇まであと一歩のレースが続く。 脇本とともに8月G1オールスターから日本の競輪には参戦していないが、両者による極限のスピード勝負は大きな見所の1つとなろう。 新田には、13年ぶりにグランプリに戻ってきた 佐藤慎太郎が気迫のマークを見せる。 43歳の優勝は、過去に山口幸二が記録している。 清水裕友と 松浦悠士の中国勢は今年のビッグレースを大いに沸かせた2人。 清水は2年連続、松浦は初タイトルを獲得して出場と、スケールアップした走りは魅力十分だ。 11月G1競輪祭決勝でワンツーを決めたばかりだし、連携実績も豊富。 アグレッシブな中国ラインがレースのカギを握りそうだ。 なお今回は清水、松浦および郡司浩平の3名が20代で、20代の優勝なら08年の井上昌己以来となる。 中川誠一郎、 平原康多、 郡司浩平は地区的には1人なので、コメントと動向には注目が集まる。 平原は総合力上位の存在だし、今回メンバーで最もグランプリ出場回数も多い。 経験値を活かして、初制覇に挑もう。 中川は2月G1全日本選抜を、郡司は9月G2共同通信社杯をそれぞれ単騎戦で制している。 熊本勢、神奈川勢にとってグランプリ初制覇の期待がかかる。 昨年から選考基準が大幅に変更されて、1:ガールズグランプリトライアルレースの優勝者2名、2:運営調整部会が特に認めた選手、そして3:1月からトライアル最終日までの選考用賞金獲得額の上位者に出場権が与えられることになった。 第3回大会から優勝賞金が1,000万円 副賞含む となり、賞金女王が決定する年末の大一番としてファンの間にもすっかり定着した。 なお、過去7開催で最多優勝は梶田舞 栃木104期 の2回であるが、グランプリ連覇を達成した選手はまだいない。 出場予定選手 レース展望 今年で8回目となるガールズグランプリだが、開催を重ねるごとに出場権争いは激化の一途を辿り、今年も最後まで目が離せない激戦が繰り広げられた。 昨年からの連続出場は梅川風子、児玉碧衣、石井寛子、石井貴子(千葉)の4選手。 東京五輪を目指して競技に専念している小林優香が4年ぶり、奥井迪が2年ぶりに頂上決戦に舞い戻り、昨年7月デビューの佐藤水菜は初出場を決めた。 まず注目は、 小林優香の存在だろう。 グランプリトライアルで完全優勝してラストチャンスを掴んでおり、グランプリまではワールドカップに参戦。 世界のスピードを繰り出して、4年ぶり2度目の制覇を狙う。 対小林優に燃える 児玉は初の連覇がかかる。 今年の両者の対戦を振り返ると、3月大垣のコレクションは児玉の捲りを小林優がさらに捲りで捕えて優勝。 9月名古屋のガールズドリームレースでは児玉が先行で2着に粘り、小林優は捲り届かずの3着だった。 そのドリームレースで児玉を巧追走から差し切り優勝したのが 石井寛。 今回で7回目の出場なので、経験値は他の追随を許さない。 一昨年は奥井をタイヤ差かわしてグランプリ初戴冠。 同期・梶田舞に続いてのグランプリ2V目を狙う。 梅川はグランプリトライアル連覇で2年連続の出場を決めた。 児玉とはトライアル前まで今年5回対戦して全て先着を許してきたが、一矢報いた格好だ。 今年は初開催のフレッシュクイーンも制しており、ここ一番の強さも身につけてきた。 千葉の 石井貴子は、7月別府のフェスティバルを優勝。 すでにコレクションも3度優勝と勝負強さに定評あるが、グランプリは昨年が準優勝で、初制覇にはまだ届いていない。 3度目の挑戦で悲願成就なるか。 動向が注目されるのは、 奥井と 佐藤の両名だろう。 共にビッグレースでの優勝実績はまだないが、積極性あふれるレーススタイルから、展開のカギを握る。 僅差でグランプリ出場権を獲得した奥井は、ホームバンクの大舞台で再び力勝負を演じよう。 佐藤は今年メンバー中最多となる18回の優勝をマーク。 初のグランプリでどんな走りを見せてくれるか。 ちなみに小林優がグランプリ初制覇したときは、今回の佐藤と同じ21歳だった。 歴代優勝者 回 (開催年) 開催場 優勝者 児玉 碧衣 石井 寛子 梶田 舞 小林 優香 梶田 舞 キャンペーン概要 立川競輪【GP】KEIRINグランプリ2019におきまして、投票キャンペーンを実施いたします! 2019年12月28日 土 ~30日 月 に開催される立川競輪の車券 全レースの通常車券、Dokanto! 7、Dokanto! 4twoどれでも可 合計3,000円投票してキャンペーンにご応募されたお客様が対象となります。 A賞: 49V型4K液晶テレビ「VIERA」 抽選 1名様 B賞: Apple Watch SERIES5 抽選 3名様 C賞: Nintendo Switch 抽選 5名様 D賞: 1万円キャッシュバックまたはチャリカ 抽選 100名様 E賞: KEIRINグランプリ2019オリジナルQUOカード 抽選 50名様 F賞: KEIRINグランプリ2019オリジナルジャンパー 抽選 10名様 G賞: KEIRINグランプリ2019オリジナルキャップ 抽選 10名様 詳しくはをご確認ください。 も併せてご覧ください。

次の

【ライン予想】競輪グランプリ2019

競輪 グランプリ 2019 予想

出場者(出走メンバー) まず今年の出走メンバーを見てみましょう。 ・中川誠一郎(40歳・熊本)全日本選抜、高松宮記念杯 ・脇本雄大(30歳・福井)日本選手権 ・新田祐大(33歳・福島)オールスター競輪 ・村上博幸(40歳・京都)寛仁親王牌 ・松浦悠士(29歳・広島)競輪祭 ・清水裕友(25歳・山口)賞金獲得第3位 ・佐藤慎太郎(43歳・福島)同5位 ・平原康多(37歳・埼玉)同7位 ・郡司浩平(29歳・神奈川)同8位 以上が今年の出場者になりますが、今年も有力選手が揃いました。 特別競輪優勝者、獲得タイトル 今年の出場者の中で一番光るのは、特別競輪2勝の実力者で、賞金獲得ランキングでも第4位に入る中川誠一郎選手でしょう。 2月の全日本選抜(別府)では、単騎で戦うことを余儀なくされるも、残り1周で先頭に立つと、そのまま押し切って優勝し、40歳という年齢を感じさせない、力強い脚力を披露しました。 同様に6月の高松宮記念杯(岸和田)でも、脇本雄大選手の番手に付けて残り1周でスパートをかけ、追いかける新田祐大選手を全く寄せ付けない強い勝ち方をしました。 この脚力がグランプリでもフル回転したら太刀打ちできる選手も少ないでしょう。 その中川選手と高松宮記念杯でコンビを組んだ脇本選手。 賞金獲得ランキングでは堂々の1位を記録しており、日本選手権競輪(松戸)では、先行選手が有利な333バンクでありながら、見事な捲り戦法を披露し、優勝をゲットした機動力は大いに注目されます。 これ以外にもG2ウィナーズカップ(大垣)を勝つなど、中川選手に伍して戦えるだけの実力者といえます。 オールスター競輪を勝った新田選手。 高松宮記念杯では中川選手に押し切られた形になりましたが、新田選手の位置取りを考えればむしろ善戦といえる内容であり、上がりの脚は中川選手を上回る速さ(中川選手11. 1に対し新田選手10. 8)だったことから、グランプリで一矢報いる可能性も大いにあり得ます。 佐藤慎太郎選手という同県福島の援軍を得られたこともあり、展開一つで台風の目になるかもしれませんね。 他には、寛仁親王牌を勝って依然健在ぶりをアピールする村上兄弟の弟・博幸選手と、競輪祭を勝ってグランプリへの切符を獲得した松浦悠士選手。 村上選手は今回でグランプリ出場4回目であり、初出場の2010年にはグランプリレーサーに輝いた強者。 ベテランながら自分で動ける脚を持っており、まだまだ若い選手にはひけをとりません。 一方で若い選手でも楽しみな選手がいます。 松浦選手は先月の競輪祭を勝ち、特別競輪参戦34回目にして嬉しいG1初勝利を飾りました。 まだ29歳と先が楽しみな若武者であり、時の勢いでベテラン選手達を圧倒できるかが注目ですね。 賞金獲得上位者にも注目 これに対して賞金獲得上位組ですが、競輪祭で先述の松浦選手とコンビを組んだ清水裕友選手。 今年は年明けの立川記念と11月の防府記念を勝ち、特別競輪でも決勝に4回進んで実力の片鱗を覗かせ、一流レーサーへの道を着実に歩み続けています。 競輪祭2着の余勢を駆って、今度こそ栄冠を掴み取りたいところです。 一方、新田選手という機動力満載の先行選手を得た佐藤慎太郎選手。 衰えを見せないパワフルさで、今年も特別競輪の決勝に5回も残る好調さを見せています。 展開が嵌れば、佐藤選手の強烈かつ鋭い差し脚が見られるのではないかと期待しています。 あとは最後の最後でグランプリの切符を掴んだベテランの平原康多選手と、こちらも今年の記念競輪で2勝(川崎、小田原)をマークした郡司浩平選手。 特に郡司選手は時の勢いがあるだけに、見逃せない選手の一人と考えられます。 ライン予想 まだこの原稿を書いている段階では、 どの選手とラインを組むのか? 各自戦法はどうするつもりか? その動向が掴めていないだけに勝負の行方は混沌としていますが、これまでの実績を踏まえた上での展望を考えてみましょう。 想定できるラインとしては ・中川=脇本(高松宮記念杯で実績あり) ・脇本=村上(北陸近畿ライン) ・新田=佐藤(福島ライン) ・松浦=清水(中国ライン。 競輪祭で実績あり) ・平原=郡司(関東ライン) これだけ見ても細かい4分戦になると想像がつきますが、場合によっては単騎でも戦える中川選手が、自由自在に動くことを希望して単騎で勝負してくるかもしれず、今年の戦績を考えた上でも優勝の最有力候補と考えられます。 無論味方が一人でも多い方が勝負においては有利ですから、中川選手の脚力を警戒して、集団で中川選手を潰しにかかるかもしれませんが、どんな展開になっても戦うことができる中川選手の自在さは、大一番において強みを発揮すると考えられます。 それらを考慮した上で各選手とも、これから作戦を練ると思われますが、こうして推理をしてみるのも、競輪を見る楽しさの一つであると言えますね。 はたして優勝するのはどの選手でしょうか? 人気ブログランキングにエントリーしています.

次の