おはよう 朝日 キリマンジャロ。 おは朝・岩本アナ キリマンジャロ登頂へ 「筋肉的には大丈夫」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

58歳・お天気キャスター“アフリカ最高峰”キリマンジャロへ「この年で登れるのか?」

おはよう 朝日 キリマンジャロ

Contents• ツアーはいつ申し込めば良い? 可能なら現地申し込みをお勧めします。 まず、現地で申し込むと交渉次第でホームページ記載価格より安くなる確率がかなり高いです!! 半額以下がザラにあります。 私もまずホームページでチェックした後に、直接いくつかのツアー会社に金額を聞きに行ったら、ホームページに載っている価格よりだいぶ安くなりました。 (オフシーズンたったのも関係しているかも) また、直接ツアー会社に行くとみなさんが抱く疑問をその場で聞いて解決できます。 がしかし、私がみなさんに直接申し込みを強くお勧めする理由は、半額になることよりも重要なこと、 金額やツアー内容を直筆で明記してもらう必要があるから!! その理由は後ほど。 キリマンジャロ登山 ツアー会社の選び方 キリマンジャロ登山の拠点となる町モシに到着したあなたはきっと驚く事でしょう。 ツアー会社の多さに!!!!!!! もちろん、ほぼ全ての会社がキリマンジャロ登山を扱っています。 ちょっと道を歩くと凄い頻度で『キリマンジャロもう登った?!登らない?!』といろんなツアー会社の人から声をかけられます! ぼったくりは別として、高いツアーには高い理由がありますし、安いツアーには安い理由があります。 なのでしっかりとしたフォローやケアが欲しい方は内容をしっかり聞いた上である程度のお金は出した方がいいと思います。 極端に安いツアーは安かろう悪かろうの場合が多いと言うのが私の意見です。 おススメのツアー会社 これも私の個人的な意見ですが、私は実際に自分が利用した キリクライマーズ というツアー会社をお勧めします。 もともとは私も、先にキリマンジャロに登った友人何人かにお勧めされてこのツアー会社を利用したのですが 正解でした !!!!! その理由は。。。。 登るならアジア人がいるチームもしくはアジア人のみのチームに入る事を強くお勧めします。 なのでアジア人利用者が多いのは助かります。 私は申し込んで2、3日後にアジア人グループの申し込みがあり、そのグループに加えて頂く事が出来ました。 スタッフについては悪い話もよく聞く中でキリクライマーズのスタッフは本当に親切でした! ただし!!!! キリクライマーズもふくめ、各ツアー会社には沢山のスタッフが所属していて、中には悪質なスタッフもいるという話を良く聞きます。 ただのラッキーだったのかもしれませんが、私はスタッフに恵まれました。 参考までに、受付スタッフは フランク 、メインガイドの マロ 、サブガイドの ジャクソン はとても優しく親身にサポートしてくれ、三人とも登山後に町で偶然会った際にもバス停までわざわざ送ってくれたり、次の町への注意点を教えてくれたりとツアー時だけでなくお世話になりました。 もしキリクライマーズを利用する際には指名する事をお勧めします! 同じツアー会社でも、スタッフによって信頼度は全然違います。 基本的に「アフリカのツアーはぼったくってくるのが常識」と心得ておいたほうがいいです。 私はたまたまスタッフに恵まれ良い経験ができましたが、同じくキリクライマーズを利用した人たちの中には最悪だった。 ぼったくられた。 という人たちもいます。 私がお勧めしたスタッフを指名した場合でもしっかりサイン付きで紙に書いてもらって証拠を残しておいてください。 モシのツアー会社では「お金を忘れた!あとで返すから払っておいて!」と入山料などを二重で払わされるという事例が結構あります。 そしてそのお金はまず返ってこないと思ったほうがいいでしょう。 ツアー申込時の注意点 ここからは本当に重要ですので、 後で嫌な思いをしない為にもしっかりと目を通して下さい!!! 残念ですが、現地のツアー会社はぼったくりが多いです。 絶対にあなたにして欲しい事は、 料金、スタッフの人数、時間、などの数字、大事な事は全て紙に書いてもらい、証拠を残す事!!!! サインもしっかりと書いてもらって下さいね。 キリマンジャロツアーに限らずアフリカのツアー会社は 平気で金額や契約内容を変更してきます。 言った言ってないの話になると 相手は絶対に折れません! なのでそんなトラブルが起きたときの為に金額、ツアー内容、決め事は全て紙に書いてもらい、 証拠として取っておいて下さい! キリマンジャロツアーにおいて必ず書いてもらって欲しい内容は• ツアー料金• ツアー料金に含まれるもの• 各スタッフのチップの相場• スタッフの数• ツアー日数 特にスタッフの数は忘れない様にして下さいね! なぜなら各ツアー会社で、 「最初に言われていた数よりスタッフの数が明らかに多い!」 というぼったくりが多いそうなんです。 スタッフの給料の大部分は私たちが直接払うチップです。 そのチップ目当てで予定以上のスタッフが紛れ込む事があるんです。 というかよく聞きます。 キリマンジャロツアーはチームを作って登りますが、一人当たり最低でも3、4人のスタッフがつきます。 ツアー参加者全員分となるとかなりの数のスタッフです。 私が登った時はスタッフだけで30人弱のスタッフがいました。 なので全員の顔を覚える事なんて難しい。 そこを利用してしれっとスタッフが増えてる。 というやり口です。 気をつけて下さいね。 キリマンジャロ登山はきっとあなたにとって一生の思い出。 山頂にたどり着いたときの感動も一生忘れられないと思います。 そんなかけがえの無い経験の中で嫌な思いが残ったりする事がないよう、ツアー会社決めや契約には細心の注意を払って下さいね。 むしろ、 ツアーを申し込んだからこそ警戒してください。 アフリカ大陸に半年近く滞在した私が言い切ります。 アフリカのツアーはひどいです。 最後まで気が抜けませんし、アフリカ大陸の各国でたくさんツアーを利用し、ほぼ毎回揉めた私が断言します。 中には笑いが出るような言い分を突きつけてくる人たちもいます。 一言で言うと めちゃくちゃです。 残念ですがキリマンジャロ登山ツアーも例外ではありません。 ひどい思いをした人たちもたくさんいます。 もちろん100パーセントではありませんが、逆に「アフリカのツアーが最初の話通りうまくいくことは100パーセントない。 何か起きる」くらいの心構えでいた方が腹が立たないと思います。 トラブルを未然に防ぐことができる可能性が高いと思います。 しつこいですが、最後にもう一度書きます。 キリマンジャロ登山はツアー申し込みで全てが決まると言っても過言ではありません。

次の

インタビュー:「おはよう朝日です」キリマンジャロ登頂挑戦企画。その”ビハインドストーリー”を同行した田中ガイドが語る!

おはよう 朝日 キリマンジャロ

そんな中、この夏の超大型挑戦企画として、番組きっての肉体派・メインMCの岩本計介アナウンサー(43)と、今年で番組出演30周年となる、お天気キャスター・正木明(58)が、アフリカ最高峰5895メートルのキリマンジャロ登頂に挑戦することになり、その出発に向けて3日、大阪と奈良の県境にそびえる生駒山頂上で会見を行った。 出発は8月23日を予定している。 実は、5月の挑戦発表から、2人は2週間に1度、関西の山々への練習登山を行っており、今回が最後(6度目)の登山となった。 会見の司会を務めたのは、『おは朝』アシスタントの川添佳穂アナウンサー。 この日、岩本アナウンサー、正木キャスターは午前7時半に近鉄生駒駅を出発し、生駒山山頂まで登ってきたという。 早速、2人を呼び込むと、「わぁ、絶景!」と疲れを感じさせない岩本アナに対し、正木キャスターも「汗びっしょりです」と言いつつも、ともに充実感いっぱいの様子。 キリマンジャロ出発まで、あと20日を切った今、心境をたずねられた岩本アナは「キリマンジャロが決まった時は楽しみばっかりで、練習登山が始まった時もみんなでウキウキしながら登ってたんですけど、8月に入ってからは不安の虫がムクムクと湧き上がってきて、今はひたすら不安ですね。 山頂を極められるかという不安」と明かした。 さらに、「キリマンジャロの山頂到達率は50%だそうで、それも登山の心得がある人でも半分の人は登れないという山に、素人に産毛が生えたぐらいの2人が挑戦するんです」。 すると、正木キャスターから「2人のうちの、どっちかしかが登れない!? 」と自虐的なコメントも飛び出した。 そんな正木キャスターは、5月の『おは朝』終わりの朝食の時に、番組出演が30周年という話をポロッとすると、ディレクターから「それは誘わなきゃな」と、後日キリマンジャロ登山を言い渡されたという。 「これまで『おは朝』のスぺシャルな企画にはなかなか参加できていなかったので、最初はうれしかったんです。 しかし、先週末に個人的に六甲山に登り、ガクッと自信がなくなって。 こんな800〜900メートルの山でいいのかな」と、弱気な発言。 それでも、「もう行くしかない。 あとは、自分の体が持つかどうかだけなんで、気持ちは頂上です」と力強い決意を語れば、岩本アナも「登れないと、番組が成立しないというプレッシャーもあります」と続けた。 その言葉通り、今回のキリマンジャロ登頂は、スタッフも含め7人での挑戦となり、9月9日〜12日の4日間にわたり、番組内で放送される。 「『登れませんでした』はありえませんよ」と川添アナからハッパをかけられれば、岩本アナは「川添さんが何か特集していいですよ」と言うと、正木キャスターまでも「2日間ぐらいやって、残りの2日間はお天気の特集を考えましょう」と提案。 そこへ、「この挑戦をぜひとも応援したい!」と呼び寄せていた、平均年齢66歳、最高齢は78歳という「大阪おとんおかんチアリーダーズ」の17人が登場。 元気いっぱいのチアリーディングに元気をもらった岩本アナと正木キャスターは、チーム最高齢の女性から「あんまり考えない。 一期一会を楽しむこと」とくじけそうになった時の秘訣を伝授されると、「僕らは深刻に受け止めすぎなんかな」と納得。 最後に「Go! キリマンジャロ!! 」とエールをもらい、岩本&正木両氏は勇気百倍に!? キリマンジャロには、山頂に「神が宿っている」と言われる。 そこで山頂に到達したあかつきには、大きな旗を降って、その瞬間を証拠として残しておくという。 その大きな旗もお披露目された。 「ほんと、責任重大すぎます」と、いささか不安がる2人。 すると、川添アナが「これだけ大勢の方の思いを背負ってますから、できなかった時は、それなりの責任を負っていただきます!」と追い打ちをかける。 とここで、彼女からトンデモナイ発表が。 「もしも登頂できなかったら…『岩本計介ボディビル大会入賞に挑戦!』」。 これを聞いた岩本アナは「キリマンジャロに何にも関係ないやんか。 ボディビル、なめたらダメよ。 あの人たちは、人生かけてやってますから」と腰が引ける。 だが、川添アナは「これぐらいの覚悟をもってやってください」と容赦なく、大会用のブーメランパンツは「私が縫います(笑)」といいつつ、条件は「連帯責任で、必ず2人とも登頂すること」と冷たく言い放った。

次の

おはよう朝日です 40周年記念特別番組キリマンジャロに挑戦 ほぼノーカット版スペシャル|朝日放送テレビ

おはよう 朝日 キリマンジャロ

そんな中、この夏の超大型挑戦企画として、番組きっての肉体派・メインMCの岩本計介アナウンサー(43)と、今年で番組出演30周年となる、お天気キャスター・正木明(58)が、アフリカ最高峰5895メートルのキリマンジャロ登頂に挑戦することになり、その出発に向けて3日、大阪と奈良の県境にそびえる生駒山頂上で会見を行った。 出発は8月23日を予定している。 実は、5月の挑戦発表から、2人は2週間に1度、関西の山々への練習登山を行っており、今回が最後(6度目)の登山となった。 会見の司会を務めたのは、『おは朝』アシスタントの川添佳穂アナウンサー。 この日、岩本アナウンサー、正木キャスターは午前7時半に近鉄生駒駅を出発し、生駒山山頂まで登ってきたという。 早速、2人を呼び込むと、「わぁ、絶景!」と疲れを感じさせない岩本アナに対し、正木キャスターも「汗びっしょりです」と言いつつも、ともに充実感いっぱいの様子。 キリマンジャロ出発まで、あと20日を切った今、心境をたずねられた岩本アナは「キリマンジャロが決まった時は楽しみばっかりで、練習登山が始まった時もみんなでウキウキしながら登ってたんですけど、8月に入ってからは不安の虫がムクムクと湧き上がってきて、今はひたすら不安ですね。 山頂を極められるかという不安」と明かした。 さらに、「キリマンジャロの山頂到達率は50%だそうで、それも登山の心得がある人でも半分の人は登れないという山に、素人に産毛が生えたぐらいの2人が挑戦するんです」。 すると、正木キャスターから「2人のうちの、どっちかしかが登れない!? 」と自虐的なコメントも飛び出した。 そんな正木キャスターは、5月の『おは朝』終わりの朝食の時に、番組出演が30周年という話をポロッとすると、ディレクターから「それは誘わなきゃな」と、後日キリマンジャロ登山を言い渡されたという。 「これまで『おは朝』のスぺシャルな企画にはなかなか参加できていなかったので、最初はうれしかったんです。 しかし、先週末に個人的に六甲山に登り、ガクッと自信がなくなって。 こんな800〜900メートルの山でいいのかな」と、弱気な発言。 それでも、「もう行くしかない。 あとは、自分の体が持つかどうかだけなんで、気持ちは頂上です」と力強い決意を語れば、岩本アナも「登れないと、番組が成立しないというプレッシャーもあります」と続けた。 その言葉通り、今回のキリマンジャロ登頂は、スタッフも含め7人での挑戦となり、9月9日〜12日の4日間にわたり、番組内で放送される。 「『登れませんでした』はありえませんよ」と川添アナからハッパをかけられれば、岩本アナは「川添さんが何か特集していいですよ」と言うと、正木キャスターまでも「2日間ぐらいやって、残りの2日間はお天気の特集を考えましょう」と提案。 そこへ、「この挑戦をぜひとも応援したい!」と呼び寄せていた、平均年齢66歳、最高齢は78歳という「大阪おとんおかんチアリーダーズ」の17人が登場。 元気いっぱいのチアリーディングに元気をもらった岩本アナと正木キャスターは、チーム最高齢の女性から「あんまり考えない。 一期一会を楽しむこと」とくじけそうになった時の秘訣を伝授されると、「僕らは深刻に受け止めすぎなんかな」と納得。 最後に「Go! キリマンジャロ!! 」とエールをもらい、岩本&正木両氏は勇気百倍に!? キリマンジャロには、山頂に「神が宿っている」と言われる。 そこで山頂に到達したあかつきには、大きな旗を降って、その瞬間を証拠として残しておくという。 その大きな旗もお披露目された。 「ほんと、責任重大すぎます」と、いささか不安がる2人。 すると、川添アナが「これだけ大勢の方の思いを背負ってますから、できなかった時は、それなりの責任を負っていただきます!」と追い打ちをかける。 とここで、彼女からトンデモナイ発表が。 「もしも登頂できなかったら…『岩本計介ボディビル大会入賞に挑戦!』」。 これを聞いた岩本アナは「キリマンジャロに何にも関係ないやんか。 ボディビル、なめたらダメよ。 あの人たちは、人生かけてやってますから」と腰が引ける。 だが、川添アナは「これぐらいの覚悟をもってやってください」と容赦なく、大会用のブーメランパンツは「私が縫います(笑)」といいつつ、条件は「連帯責任で、必ず2人とも登頂すること」と冷たく言い放った。

次の