シルバーフルバスター 声優。 グレイ・フルバスター (ぐれいふるばすたー)とは【ピクシブ百科事典】

【上選択】 フェアリー テイル グレイ 画像

シルバーフルバスター 声優

アニメ、漫画で屈指の人気を誇る魔導士の物語『フェアリーテイル』。 作中には数々のイケメンキャラが出てきますが、その中でも特に多くの人気を集めているのが「グレイ・フルバスター」です。 今回は、そんな彼の魅力についてご紹介したいと思います。 ご注意下さい。 その後はウルを師匠として氷の造形魔法の習得に励み、ウルがデリオラとの戦闘で死んだあとは西の国を目指し、フェアリーテイルを見つけ、加入することになります。 グレイ最大の特徴は何といってもその脱ぎ癖でしょう。 気付いた時には服を着ていない・・・という事も多々あり、ギルドの仲間に注意されるシーンをよく見かけます。 また、昔からナツとは犬猿の仲でよく喧嘩しています。 しかし、ナツの実力は認めており、戦闘時はお互いに協力しますが、なかなか常に仲良く・・・とはいかないようです。 普段はクールな彼も戦闘になると熱くなります。 頭の回転も速く、何が重要かをいち早く察し、迅速に行動する様はさすがとしか言えません。 また、仲間が傷つけられる事に誰よりも怒り、ギルドをとても大切にしています。 楽園の塔でエルザを助け出すために戦うシーンでは、いつにもまして熱くなり、その造形魔法で敵を倒す姿には、心惹かれ感動すること間違いなし。 どんな状況でもあきらめずに敵に立ち向かう姿は、見る者すべてを魅了させることでしょう。 父親であるシルバーとの戦いで滅悪魔法を受け継ぎ、氷のデビルスレイヤーの力を得て、ますます強くなりました。 滅悪魔法を完全に習得したグレイがこれからどんな強敵と戦っていくのか楽しみです。 そんなグレイはジュビアに熱心に惚れられています。 きっかけはファントムロードとの戦いで、グレイがジュビアを倒したことから始まります。 グレイはジュビアのことを軽くあしらっていますが、二人でユニゾンレイドを決めるなど、本当は分かり合えているようです。 オラシオンセイスの時に、グレイはルーシィに気がある事が発覚しましたが、今では謎・・・です。 ジュビアがグレイを他の女性に渡すとは思いませんが・・・。

次の

【フェアリーテイル】グレイの強さと魅力 デビルスレイヤーとは一体

シルバーフルバスター 声優

フェアリーテイルの登場人物で好きなのは誰ですか?という質問をすると、必ず上位にアランクインする人気キャラ、グレイ・フルバスター。 主人公のナツとは常にケンカをしつつも、ナツの良きライバルであり幼馴染でもあるグレイ。 グレイが得意とする氷の魔法は、少年時代に師匠であるウルから教わりました。 兄弟子のリオンも同じく氷の造形魔法を使います。 氷の造形魔法は単純ですが、単純だからこそ応用の幅も広いみたいです そして後には、後にシルバーから滅悪魔法を授かります。 魔法を使うときは「アイスメイク 〇〇」と言って魔法をかけます。 グレイは師匠ウルの教えに従い必ず両手をつかって魔法をかけることで、魔法と氷の強度が増すらしいです。 広範囲を護ることができる。 槍騎兵(ランス) 手先から無数の氷の槍を造り出し敵を貫く。 床(フロア) 辺り一面の足場を凍らせる。 大槌兵(ハンマー) 巨大な氷のハンマーを作り上げて落下させる。 牢獄(プリズン) 氷の檻を造り出し閉じ込める。 戦斧(バトルアックス) 氷の斧を造り出す。 城壁(ランパード) 氷の壁を創り出す。 飛爪(ひそう) 氷の爪のついた鎖を創り出す。 大鎌(デスサイズ) 氷の大鎌を創り出す。 戦神槍(グングニル) 氷の大槍で相手を貫く。 海中においても有効。 氷欠泉(アイスゲイザー) 地面から大量の氷を間欠泉のように噴き出させる。 氷雪砲(アイスキャノン) 巨大な大砲を造形し強烈な砲撃を放つ。 氷聖剣(コールドエクスカリバー) 身の丈を超える氷の大剣を振りかざす。 氷魔剣(アイスブリンガー) 二対の氷の剣で十字に斬撃する。 氷刃・七連舞(ひょうじん・ななれんぶ) 氷の刃で敵を切り裂く連続攻撃。 そのときに両親共に死別し、グレイ自身もデリオラに殺されるところでしたが運よくウルに助けられました。 グレイはウルのことを魔導士の師匠として慕っており、兄弟子であるリオンと同じく「ウルの造形魔法は最強」と言っているくらい尊敬していました。 ウルは、リオンとグレイをデリオラから守るために、「アイスドシェル」という魔法を使ってしまい、水と一体化して海に流れ出てしまいました。 naver. この世界から魔法を無くすため、九鬼の門達による「フェイス計画」が実行されようとしていました。 そこでフェアリーテイルのメンバーが、なんとか阻止しようとして死闘を繰り広げる中、グレイもその一人でした。 そこで対峙したのは「シルバー」という男でした。 ナツもすぐに気付いたほど、グレイとシルバーは似ていました。 シルバーも同じく氷魔法を使い、太陽の村を氷らせてしまったのはシルバーだったのです。 そして、グレイは一目見てすぐに自分の父親であることに気付きました。 しかし、シルバーは「俺はお前の両親を殺したデリオラだ」と言い、グレイに罵声を浴びせたのです。 こんなところで、まさかまさかのグレイの父ちゃんが出てくるとは、まったく意外でしたね~ 戦闘中はグレイもデリオラということで闘っていましたが、本当はデリオラじゃないということはちゃんと分かっていました。 実はシルバーは既に死んでいたのですが、ネクロマンサーによって死体を操られていました。 九鬼の門に属しながら、あちこちの悪魔を葬っていたシルバー。 炎の悪魔である「 END 」を倒すため、「氷の減悪魔導士(デビルスレイヤー)」を習得したのです。 ところが、グレイが生きていることを知って「自分の手はあまりにも汚れすぎている」と自分を責めることになってしまします。 その結果、「デリオラ」だと嘘をつき通し、グレイに全てを任せることにしたのです。 阿その後、シルバーの念話によりジュビアがシルバーを操っているネクロマンサーを倒しました。 結果的に、シルバーの肉体を倒したのはジュビアでした。 シルバーの父親としての言葉に、ついつい涙を流してしまうほどジーンとくるストーリーでした。 竜を超えるドラゴンスレイヤー(滅竜魔導士)や神をも超えるゴッドスレイヤー(滅神魔導士)と比較して、どれが一番強いというのは無さそうですが、その威力はすさまじく、とにかく強いの一言につきます。 父シルバーからデビルスレイヤーとしての力を譲り受けたグレイは、炎の悪魔「 END 」の破壊することを決意します。 そして、デビルスレイヤーとなったグレイは今までと段違いの強さを得ます。 魔障粒子が空気中にまき散らされた時も、グレイがあっという間に全てを氷漬けにしてしまいました。 それを見たラクサスも、「今までと全く違う…」と驚愕していました。 それは魔力だけでなく、雰囲気も含めての驚きだったのでしょう。 親子だから父ちゃんも氷魔法なのですね!一見合点がいくように思いますが、よくよく考えたらグレイの氷魔法は、師匠のウルと出会って習得した魔法だったんじゃ・・・ それとも、もしかしてウルはシルバーの娘だったりするのでしょうか?! いやいや、それとも隠し子だったりとか?!?! まぁその辺は大人の事情もあると思いますので、良しとしましょうか!笑 スポンサーリンク.

次の

【フェアリーテイル】グレイの強さと魅力 デビルスレイヤーとは一体

シルバーフルバスター 声優

概要 CV: の中の人 『』「」が一角。 端正な顔立ちのの姿をしており、左額にがある。 「」の異名を持ち、纏う鎧には「ABSOLUTE ZERO」と刻まれ、にはのを付けている。 その二つ名が示す通り のであり、のみで揃えられた(とされる)九鬼門に属しながら、を誅する魔法を使うことができる。 は一見アッケラカンとしており、を誤って凍らせてしまった尻拭いをしてくれたに対しては素直にしたり、でされたにを投げ与えたり(ナツにもやれよ)しているが、戦いとなると狂戦士の如くに、氷のようにに敵を追い詰める。 彼はその苗字からもわかる通り、 17年前に死んだのであった。 ナツにも「匂いが似ている」と言われており、それを指摘された際には手のひらを返したがごとくを振るっている。 「もうわかってんだろうグレイ」 「この身体はあの時乗っ取ったモンだよ」 「オレの名は だ」 本拠地に攻め込んできたグレイとの戦いの最中、自らがデリオラそのものであり、息絶えたシルバーの身体を奪い取ったことを宣告して嘲笑う。 の絶対氷牢を受けてしたデリオラであったが、コアだけはに回収されたのだという。 シルバーはもともと氷の滅悪魔法を使いこなせる素養があり、他の悪魔への抑止力のためにマルドの配下について滅悪魔法を会得したシルバーは、ウルの師弟たちにするため、グレイを追い詰めていく。 氷の滅悪魔法 滅悪魔法とは「悪魔を滅ぼす」であり、やと同じく、 やを食うことで自らの力を増す魔法である。 従ってに生成されたモノのみならず、氷の魔導士が作り出した氷やを食うことでドンドン力を増していく。 それを踏まえてもシルバーの滅悪魔法はあまりに凶悪であり、太陽の村を凍てつかせた際にはほぼ抵抗を受けることもなく巨人たちをコールドフリーズさせた挙句 すら凍らせていた。 ただしスレイヤー系魔導士のとして、自らと全く同じ形質の氷を食うことはできない(ナツ曰く「おめえよー、自分がしてるやを食うのかよ」)。 関連項目 :氷の滅悪魔法を使用する。 本来は九鬼門の呪法を使うキャラなのだが、彼の技も使える。 以下、注意 分かってたんだよ…チクショウ… アンタはデリオラじゃねえ!! オレの 親父だろ 実は前述の正体は全て偽りであり、デリオラは既に死んでいる。 シルバーは九鬼門の一人 によってであり、数え切れないほどのモルモットの中から唯一生き残ったである(のような人造悪魔ではなく「生きている死人」)。 妻や息子を奪ったデリオラへのを糧に生き延びたシルバーは滅悪魔法を習得し、冥府の門の眼を盗む傍ら、各地で悪魔狩りを行っていた(太陽の村も住んでいたたちを悪魔と勘違いして襲撃した)。 だが、グレイは死んでなどいなかった。 でグレイが大活躍を果たしていたことを知ったシルバーは、自分の手がで汚れきっていることにも気づいてしまい、自らが役目を終えたことを痛感した。 冥府の門に乗り込んできた息子に向け、シルバーはあらん限りの嘘を吐き、を叩き込む。 そして仇の名を名乗ってまでグレイを焚きつかせ、遂にグレイはシルバーの氷を造形することに成功し、撃破した。 とどめを刺すようグレイに進言するシルバーであったが、その正体に気付いてしまったグレイは 「敵であることも悪党であることも知ってる…けど…それでもオレはアンタを殺せねェ!!! 」と慟哭する。 泣き叫ぶ息子に向け、シルバーはそっとすり寄り、優しく抱き留めた。 今際の末に冥府の門の真のマスターである「」が の悪魔であることをグレイに伝え、全ての真相を知ったがシルバーの生殺与奪の権利を握っているキースを涙ながらに撃破したことで、遂にこの世を去った(ちなみにジュビアに対しては「グレイの 女か…」とやけに嬉しそうに接していた)。 かくしてグレイは滅悪魔法を承継し、物語は大きく動き出していくこととなる。 悪魔の名を騙った男は、愛する妻の所に辿り着くことが出来たのだろうか? 答えを知る者は、誰もいない。 関連記事 親記事.

次の