マイクロン テクノロジー 株。 マイクロン・テクノロジ

米決算発表予定(6/29

マイクロン テクノロジー 株

マイクロンテクノロジーは半導体メモリーを扱う大手企業です。 子会社を通じてクラウドやデータセンター、モバイル製品等に用いるDRAMチップや フラッシュメモリー NAND型、NOR型)を手がけています(主なブランドは「Micron」「Crucial」「Ballistix」等)。 DRAMで は1Xnm、1Ynm、1Znmプロセスで生産し、NANDでは96層3D製品の量産化、 128層3D製品の開発を促進しています(NAND製品では、一部、ストレージ製品「SSD」に加工して出荷) 生産拠点は米国、中国、日本、マレーシア、シンガポール、台湾にあります。 2013年には「エルピーダメモリ」(300ミリDRAMウェーハの大手)、16年には台湾の華亜科技(イノテラ・メモリーズ)を買収し、規模の拡大を図りました。 製品別の売上構成は、DRAMが約65%、NAND が約30%(2019年度)。 用途別で見ると、以下の売上比率になります。 9 48. 5 31. 1 41. 8 21. 2 14. 6 21. 6 6. 2 6. 7 10. 2 2. データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。 ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。 5 決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。 そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。 通年決算(GAAP基準) 最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。 EPS=希薄化後EPS)。 通常、売上高>営業CF>純利益となる。 営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。 14 46. 35 58. 85 50. 17 54. 04 45. 13 60. 54 51. 47 53. 27 58. 41 47. 51 51. 51 61. 期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。 上記DSOの出所はモーニングスター社。 こうした広告配信事業者は、ユーザーの関心に合わせた商品やサービスの広告を表示するために当サイトおよび他サイトへのアクセスに関する情報として 『Cookie』 氏名や住所、メルアド、電話番号は含まれない をたびたび使用しています。 なお、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細や情報が広告配信事業者に使用されないようにする際には、をクリックして下さい。 【アクセス解析ツールの使用】 当サイトではアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を用いています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを用いています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすれば拒否できるので、その場合は、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはアナリティクスのやグーグルのをご覧ください。 【当サイトへのコメントについて】 当サイトでは、スパムや荒らし対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされており、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 【個人情報の取得について】 当ブログのお問い合わせフォームには個人情報を入力する欄がありますが、そこで得られた情報を本人の承諾なく公開したり、他媒体に渡すことはありません。

次の

マイクロン・テクノロジー(MU)

マイクロン テクノロジー 株

米半導体大手 マイクロンテクノロジー 6月25日に米半導体大手である、マイクロンテクノロジーの決算発表がありました。 同社は、DRAMチップやフラッシュメモリ等の製造を主力に世界の半導体製造企業の中でもトップクラスの売上を誇ります。 その中でも、特にDRAMチップについては上位3位以内(他、サムスン・SKハイニックス)のシェアを持っています。 米中貿易摩擦の影響をモロに受けている企業のひとつで今回の決算は市場でも注目されていました。 ちなみに同社の業績をけん引するDRAMは、 従来PC需要がメインでしたが、その後スマホ需要が増え、最近ではAI関連に始まり自動運転・5G等での需要が徐々に増えてきていました。 さらに 上位3社だけで市場の9割以上のシェアを独占していたため、 価格も年々引き上げられてきました。 しかし、スマホの生産減や貿易摩擦の影響もあり2018年後半を境に販売価格が大幅下落を始めました。 そんな悪材料が重なった中での、2019. Q3の四半期決算の発表でした。 2019. Q3決算の内容 それでは、決算内容を見ていきましょう。 【2019. 6ポイント) Non-GAAP EPS:$1. 1) NonGAAP EPSについては、アナリスト予想は$0. 79だった事から大幅に上回りました。 と業績を出した上で同社CEOは 「需給改善の兆候が見られるが、需給バランス調整のため2020年度は大幅に設備投資を削減する予定」 と発表しました。 恐らくDRAM価格の減少が止まらないため生産量を抑える方向に向かうようです。 上位3社で寡占化しているからこそできる対策ですね。 また、注目のファーウェイに対してのコメントも発表しており、 「不確実要素はあるが一部製品については出荷を再開した」 と発表しました。 現に、ファーウェイは同社の最大顧客であるため禁輸措置の影響で 売上ベースで約$2億程度、押し下げられたとの事でした。 そして同社の見通しでは半導体需要の回復は今年下期になると従来の回復予想時期を貫いた形の発表でした。 出荷再開の動きは非常に良い事なのですが、これに対してトランプ大統領が今後どのような反応を示すのか、非常に気になる所です。 業績に目を移しても売上の減少もさることながら、 利益率の悪化も相当なレベルまで落ち込みました。 売上総利益率は前年同期比との差で約22. 2ポイントのマイナス。 前四半期であるQ2と比較しても約11ポイントのマイナスとなっています。 製品別の詳細についても念のため確認しておきます。 仕入額は変わらず、販売価格だけが下がってきている影響の方が大きいとしたら サプライヤー側の影響は限定的になるのではないか と思ってしまいます。 とすると、半導体の原材料としてはたくさんありますが、私が思い浮かぶのはシリコンウエハです。 半導体製造装置の減少、DRAMやNANDの販売単価減少は言われていますが 半導体素子であるシリコンウエハ専業の「SUMCO」の業績は保有株という事もあり決算ごとに確認しているのですが貿易摩擦の影響はまだ数字上はそこまで表面化されていないと感じていました。 SUMCOは前回のQ1決算では、ほぼ横ばいだったものの上期業績については減益となる旨を発表しました。 しかしマイクロンの決算内容を見ると 原価が変わらない=SUMCO等のサプライヤー企業の影響は同社ほど大きくない? のではないかと考えてみました。 とは言っても希望的観測な面の方が大きいので 半導体「素子」のスーパーサイクル を頑なに信じている私みたいな人向けの妄想ですね。 しかも、SUMCOの同社に対する出荷量は約8%程度だったと思うので、 SUMCOにとっては韓サムスンや米インテルあたりの情報の影響が大きくなります。 7月の決算発表は要注意ですね。 決算翌日の株価大幅高の理由 大幅減益の決算を発表した翌日に、まさかの10%超えの大幅高を演じました。 正直、反発の可能性もあるとは思ってましたがここまでとは予測してませんでした。 株価は年初来高値から20%以上も下がりPERも割安になり、今回の決算では純利益が80%近く減少、それでも予想よりは上回った、となればここが底だと考えるのも十分あり得ると思います。 ただ、減益拡大のスピードが尋常でないのでまだブレーキがかかりそうにない、というのも正直な所です。 メディアはあたかも出荷再開が反発のきっかけと伝えそうですが実際の影響は少ないでしょう。 ただ今回買われた理由は正直少ないと思っていますので、もしかしたら米国企業がここまで業績が悪化しているため G20で中国側と貿易摩擦解決の可能性は0でもなんらかの合意をするのではないか、 という見方もできると思います。 正直短期的なトレードになってしまう事は承知の上で配当金ももらえるし多少値下がりしてもまぁいいか、ぐらいの感覚で追加しました。 まとめ 今回は検証というよりも、持論多めの内容となってしまいました。 ひとつ言える事は 半導体業界についてはいまだ業績は悪化している最中であり、底は見えていない。 という事でしょうか。 長期投資家からすると買い場は今じゃないと思われます。 株価が下げ止まってから、ではなく貿易摩擦の決着が見えてから、が良さそうですね。 【最後に】 投資は自己責任です。 あくまで参考程度にお願いします。

次の

【激安・半導体銘柄】マイクロンテクノロジーは買い時か?買うタイミングはいつ? : 株、先物、オプションで儲ける人生、およびキャリア設計について(Byぺんたゴンチャ)

マイクロン テクノロジー 株

contents 企業概要 マイクロン・テクノロジ(英: Micron Technology)は、アメリカ合衆国アイダホ州ボイシ市に本社を置く、半導体製造の多国籍企業である。 なお、ナスダックで上場されている同社の株式はナスダック100指数の銘柄の一つにも成っていた。 財務内容 株価 46. 14倍(20:00) PBR(実績) 連 1. 42倍(20:00) EPS(実績) 連 5. 67 12. 27 4. 67 総資産 48,887,000千 43,376,000千 35,336,000千 自己資本 35,881,000千 32,294,000千 18,621,000千 自己資本比率 73. 44 27. 82 16. 75 資本金 118,000千 117,000千 112,000千 有利子負債 5,260,000千 3,791,000千 9,944,000千 将来予測 景気や需要に影響を受けやすい半導体企業であり、業績もその影響を多大に受ける。 業績を堅調なものにするため一層の企業周知が必要だろう。 株価考察 半導体が下がった時に株を購入するのが鉄則である。 株価が上がった時に買わないよう注意しよう。

次の