武田 株価。 【武田薬品工業】[4502] 過去10年間の株価

武田薬品工業(4502)の株価が下落!配当金利回りと株主優待から今後の株価を予想してみた │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

武田 株価

国内5大医薬品メーカーとは [4502]武田薬品工業をはじめとし、• (旧:山之内製薬、国内18位)• 第一三共(国内20位)• 大塚ホールディングス(大塚製薬・アース製薬ほか、国内21位)• エーザイ(国内29位) を加えた5社が「国内5大医薬品メーカー」とされています。 国内の製薬業者のランキング [4502]武田薬品工業の国内ランキングを売上高で確認してみます。 国内2位の、国内3位の 第一三共に差をつけ、武田は堂々の 第1位となっています。 地域別の売上高・比率 [4502]武田薬品工業の地域別の売上比率です。 アメリカ、日本、ヨーロッパ・カナダで8割以上の売上を上げていることがわかります。 地域 売上高(億円) アメリカ 8289 日本 5710 欧州・カナダ 4056 アジア 1054 中南米 881 ロシア 597 その他 383 タケダ・エグゼクティブ・チームとは [4502]武田薬品工業では、取締役会とは別に タケダ・エグゼクティブ・チームと呼ばれるグローバルチームを編成し、 世界中でビジネスユニットを統括する体制を整えています。 タケダ・エグゼクティブ・チーム(TET)は、社長CEOであるクリストフ・ウェバーと、社長CEOへの レポートラインを有するメンバーから構成され、各メンバーは、タケダグループの経理・財務、人事、法務、広報、研究開発、製造・品質の各機能ならびに日本、米国、欧州・カナダ、新興国の各販売地域およびオンコロジー、ワクチンの各専門領域のビジネスユニットを統括しています。 (IRレポートより引用) [4502]武田薬品工業 株価 ( 2020/06/26時点) [4502]武田薬品工業の 株価は、 3970円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約39.7万円です。 1年チャート 5年チャート [4502]武田薬品工業 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [4502]武田薬品工業の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [4502]武田薬品工業の 1株当たりの配当金は、 180円です。 100株保有の場合、 年間18000円の配当金が支払われます。 配当利回り [4502]武田薬品工業の 配当利回りは、 4.53%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 4. 79685= 3. 61% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [4502]武田薬品工業の 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [4502]武田薬品工業の 配当性向は、 467%です。 [4502]武田薬品工業 配当金まとめ 株価 3970円 年間配当 180円 最低購入額(100株) 約39.7万円 年間配当(100株) 18000円 利回り(税引き前) 4.53% 実質利回り(税引き後) 3.61% ( 2020/06/26時点) [4502]武田薬品工業 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [4502]武田薬品工業の 配当金支払い実績です。 毎年一定の 180円の配当を出しています。 配当方針が極めて明快です。 配当利回りの推移 [4502]武田薬品工業の 配当利回りの推移です。 利回りは 3~4%台で推移しています。 株価・配当ともに安定的で、利回り自体もあまり大きく変動していない印象を受けます。 配当性向の推移 [4502]武田薬品工業の 配当性向の推移です。 配当性向は、 非常に大きい範囲で変動しています。 「配当金自体を一定にする」という配当方針であるため、その年の1株あたり利益に対し比例した配当性向となります。 [4502]武田薬品工業 業績 売上高 [4502]武田薬品工業の 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [4502]武田薬品工業の 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [4502]武田薬品工業の 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [4502]武田薬品工業の 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [4502]武田薬品工業は、安定的な配当が魅力の銘柄です。 調べてみると、配当性向は100%を超えることもあり、業績面では案外安定的でないことが分かりました。 製薬はディフェンシブ銘柄に思われがちですが、外資との競争などの不安要素もあり、注視が必要と思われます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

【武田薬品工業】[4502] 過去10年間の株価

武田 株価

武田薬品工業 4502 の株価が不調です…日本を代表する製薬企業の今後は? 株主優待と配当はどちらを重要視して投資していますか? どちらが正解という解答があるわけではありません。 管理人クロノは配当を重要視していますが、優待の重要性も重々承知しています。 特に人気優待銘柄は株価の安定度が魅力です。 本日は日本を代表する製薬会社である武田薬品工業の株価について考えてみました。 一昔前は配当狙いで投資する優良銘柄の代表格でしたね。 ここ十年程で業界の再編が慌ただしい製薬業界です。 高配当銘柄投資に興味がある方は是非ご覧ください。 参照:SBI証券 武田薬品の株価チャートより 武田薬品と言えば個人投資家にも人気の優良企業銘柄ですね! 2016年7月頃から一時下落していた株価が上昇トレンドに乗ります。 2018年初頭には武田の株価は6500円を超えており、1. 5倍にもなっていますね。 しかしそこから武田株主の苦悩は始まります…。 相次ぐ合併により借金は増え続け武田薬品の将来性に疑問を呈するニュースが急増しました。 その後はレンジ相場となるものの一時は3500円強まで株価が下落する場面もありました。 一時は4500円付近まで盛り返していました。 武田薬品の予想PERはー244. 6円です。 PBRは1. 16倍程度で保有資産に見合った株価となっております。 続いて配当について確認しましょう。 予想1株配当は180円で、年間予想配当利回りは4. さらに時期は赤字予想なので配当性向は算出不可です。 配当維持の施策もこの赤字が続けばいつまで持続かできるか疑わしいですね。 武田薬品のような高配当銘柄に長期投資するのはサラリーマン投資家としてはありですね。 一気に値嵩株を単元株購入するのに比べればリスク分散が可能です! 武田薬品の株主優待は?端株で隠れ優待をゲットしよう! さて高配当銘柄のイメージが強い武田薬品ですが株主優待はどうでしょうか? 証券会社や武田薬品のHPを見ても公式に株主優待はアナウンスされていませんね。 さらにこの株主優待は武田薬品の端株(1株)でも貰えるようです。 参照: 売上高は3兆3千億円の予想です・・・さすが日本を代表する企業の1つです。 純利益はマイナス3830億円と赤字のスケールも凄まじいです。 次期の武田薬品の赤字決算の要因は資料の通りシャイアー Shire 社の買収関連費用が大きいです。 企業結合会計により純利益はマイナス5700億円もの試算となっています。 そんため実は買収による影響を除けば武田薬品の決算予想は黒字となります。 シャイアーとの合併との影響を早く精算して、統合シナジーをいかに発揮ですか鍵になります。 統合による合理化で費用削減を進めているようです。 日本人社長から外国人社長に変えた旧経営陣の思惑通りの展開なのでしょうか? 行き過ぎた買収による費用と借金増加が気になりますね。 そんな武田薬品に対して報酬返還条項提案がありました。 シャイアーとの合併で損失が起きた際に、役員報酬の返還を求める株主提案のようです。 参照: 武田に報酬返還条項提案 世界トップレベルの製薬企業を目指して急ハンドルをきる武田薬品の現経営陣です。 急な動きで企業経営がひっくり返らないことを祈るばかりです。 単元株投資(100株など)に対して、1株単位で投資するのが端株投資です。 一時にまとめて単元株を購入するのに比べて時期をずらして購入することが可能です。 最近Tポイントによる投資を特徴にした新サービスのSBIネオモバイル証券がはじまりました。 Tポイントの有効活用に加えて、SBIネオモバイル証券では端株投資の費用を抑えられます。 端株優待や端株投資に興味がある方は是非下記の記事をご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト 関連記事>>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の

武田薬品工業 (4502) : 時系列の株価推移 [TPC]

武田 株価

緑の習慣• ロックミンゴールド• ロゼレム• レルゴリクス• レミニール• ルビーナ• リュープリン• ユニシア• メタクト• マイティア• ボラギノール• ベンザブロック• ベルケイド• ベクティビックス• ベイスン• プレバシド• ブロプレス• フローミンエース• フレア フレグランス• フェリア• ビオフェルミン• ハイシー• ネシーナ• ニンラーロ• ニコレット• タケプロン• タケキャブ• スプリエホワイトEC• ストレージ• スコルバ• シャンラブ• クリストフ・ウェバー• クリア• オスバンウォッシュ• エンティビオ• アログリプチン• アリナミン• アジルバ• アクトス• アクテージ• 武田薬品工業のみんかぶ目標株価は「5,440円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 5,572円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 5,107円 と判断されています。 武田薬品工業は、【医療・医薬品、バイオ抗がん剤、医薬品関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の