猫又 おかゆ 顔。 トラブルにも温かい声が!猫又おかゆさん、戌神ころねさんも登場したBitSummit Gaiden生放送でお買い得な応援PC情報も(アスキー)

猫又おかゆとは (ネコマタオカユとは) [単語記事]

猫又 おかゆ 顔

「ぉかゅ~?」 ころねの呼びかけに、少ししてマイクから 「んん…。 」 「起きて~、そろそろ朝になるよ~。 」 「んあ~…マジか~…。 」 配信外だったからまだよかったものの、これがコラボの朝とかだったら大変だな~なんて、結局徹夜配信を今しがた終えたばかりのころねはあまり回ってない頭でぼんやり考えていた。 「ころさんまた徹夜?」 「ん~結局徹夜~。 」 「ほんと体壊すよいつか。 」 「こ~ねは体力つよつよだからまだだいじょぶ。 あと五時間はできる。 」 そう言ったら、通話越しのおかゆにふう、と溜め息をつかれてしまった。 「…あのねえころさん、自分の体力ならまだいける!って突っ走っちゃうんじゃなくて、少しセーブしておこうって思ってよ。 」 「みんなが楽しんでくれてる時に途中で辞めちゃうのはそれはそれでヤなんだよころねは…ふわああ…。 」 「その気持ちは…何か解るけど、今は取り敢えず寝なさいよ。 」 「ぉかゆ、なんかミオちゃんみたいなこと言ってるね…解った、うん、寝るよ~。 」 「おやすみなさい。 」 ぉかゆはやっぱり優しいなあ…こう言う所が可愛くって、こ~ねはもっと頑張れる気がしてきちゃうんだよ。 通話は既に切れていて、ぉかゆがちゃんと寝かしつける気でいるのが伝わってくる。 「…ん、おやすみぉかゆ。 」 今日は朝日と共におやすみ。 「…うう…んん…ん。 」 寝苦しさとともに目を覚ましたころねは、激しい喉の渇きと頭痛に襲われた。 「ううっ…。 」 起き上がるのが精一杯で、なんとか体を布団に起こすのにずいぶん時間がかかってしまった。 …頭がガンガンして、視界がグルグルと回る。 …あれえ…? 「どうしちゃったんだろう…。 」 自分の声がずいぶん遠くに聞こえる。 どうしよう…ひょっとしなくてもこれは確実に… 「…うう…風邪引いた…。 」 喉がガサついて頭痛が酷い。 「…まだ、らい丈夫だと思ってたんらけろなあ…。 」 ああ、頭がぼーっとしてる。 遠くから聞こえる声も、ろれつが回ってない。 こんなに体調をぶち壊すことなんて久しぶりだなァ…。 「…えーっと…スマホ、スマホ…。 」 普段から充電長持ちさせるために画面暗くしてたのが今日はいい方向に働いた。 画面が明るくなってたら多分今よりもっと目がちかちかしてただろうから。 「…あ~、だめだぁ…」 震える指で何とかTwitterを開いて、全く回っていない頭を何とかゆっくり動かして、短くツイート。 せめて…みんなに謝っとかないと…。 『久しぶりに体調ぶち壊しちゃったから、今日の配信できそうにないの。 ごめんね…。 』 いつもの挨拶とかも思い浮かばないくらい頭が重い。 ツイートボタンを押したのだけ確認して、こ~ねはまた布団に倒れ込んで気を失ってしまった…。 …あ、あれ…なんか、ちょっと楽になって来たかも…?真っ暗にしてたはずなのに、薄目を開けた途端眩しく光が飛び込んできた。 「…あ、ころさん。 …大丈夫?起きた?」 「…ぉかゆ~…?」 あれ、ぉかゆって一緒に住んでたっけ…?…あれぇ? 「まったくもう、ころさんってば…だ~から言ったんだよ、自分の限界に挑戦するんじゃなくて、「八分目」で止めておくべきなんだって。 」 洗面器に向かって水を絞っているぉかゆの後ろ姿が、何だかいつもよりとっても大きく見える。 「…ごめんね、ぉかゆ。 心配した?」 「全然。 遅かれ早かれこうなると思ってたから…。 」 ちょうどよく絞れたと見えて、ぉかゆはころねの額に乗っていたタオルを交換してくれる。 「酷いなあ、ちょっとくらい心配してくれたって良いじゃん…。 」 こ~ねとしては結構むっとした言い方をしたつもりだったんだけど、ダメだなあ、力が出ない所為か声もへにょへにょだ。 「自業自得だよ、まったくもう。 風邪ひいて倒れちゃったから、結局やる予定だった配信できなくなっちゃったでしょ?…切りたくないからってずるずる延長して倒れちゃうのと、その時はスパッと切って、次の配信笑顔でやるのと、ころさんはどっちがいい?」 「…こ~ねは…」 ぉかゆはころねの返事を待ってくれてる。 急かすでも、ため息を吐くでもなく、真剣にころねと向き合って。 「…こ~ねは、できると思ってたんだよ。 …配信をやり続けて、みんなと楽しくおしゃべりし続けられるって、ころねのつよつよな体力なら、できるって思ってたんだよ…。 」 「…うん。 」 いつしかころねの声は涙交じりになってた。 「…ころねは、喜んでくれてるみんなと、その時間を終わりにしたくなくって…だから、できる限り間隔を空けないでできるようにしてた。 …寝る時間が惜しいくらい…。 」 「…ころさんは、大好きなんだよね、みんなのこと。 」 「…うん。 」 ポロッと、ころねの右目から涙がこぼれた。 「…大好きだから、もっといっぱいお喋りしたくって…。 」 「…ころさん…その気持ちは解るよ。 」 おかゆが頷く。 「僕も、ころさんみたいに「あ~この時間終わってほしくないな~」って思う時はたくさんある。 って言うか、終わる時殆どそうだもん。 終わっちゃうのが寂しい。 だから、ついつい決めてた時間を過ぎちゃうことはあるよ。 それは。 」 「…ぉかゆも、そう思ってたんだ。 」 「うん。 …でもねころさん。 」 おかゆの顔がちょっと真剣さを増した。 「…ころさんは、それを通り越して心配になるんだよ。 あまりにも時間が長くなりすぎると、僕も、ミオちゃんとかフブキちゃんとかも、心配になっちゃうの。 …ころさんのこと、僕達本当に大切だと思ってるから。 …ころさんにはこんなに長い時間ずーっとじゃなくていいから、もっとずっと長く楽しいことしてて欲しいんだよ。 」 おかゆの声が、優しくころねのことを包んでくれる。 「…心配、してくれてるんじゃん…。 」 「…そりゃ、そうでしょ。 」 「っ…さっきは、してないって…。 」 おかゆはちょっと拗ねたように口をとがらせる。 「本心であんなこと言うわけないじゃん…大体何、あのツイート。 僕に風邪ひいたって一言言えば良いじゃん。 そしたら「ころさんが風邪ひいちゃった」とかそう言う話僕からしたのに。 」 「…それは、ぉかゆに申し訳ないよ…。 」 「ころさん、体調悪い時に気を遣わなくていいから、僕に甘えてくれていいんだってば。 」 おかゆの顔が照れたように赤くなってる。 「…じゃあ、次からはそうするよ…。 」 「うん、そうして。 …ころさんのお婆ちゃん、今おかゆ作ってるけど食べられそう?」 めっちゃ真顔だけど、ぉかゆにそんなこといわれたらさすがに面白くなっちゃって、つい吹き出してしまった。 「…え?何で笑うのさ~!」 「だぁって、ぉかゆが「おかゆ食べる?」って…面白くって…。 」 「え?あ、…あ~、そう言う事か!」 ぉかゆは今やっと気づいたみたい。 「あ~えっと、それで…どうする?」 「うん、おかゆ食べたい。 …あ、でもその前にお水飲みたいな。 」 「お水とお茶とスポドリとあるけど、何が飲みたい?」 「オレンジジュース。 」 「…ごめん、さすがに予想外。 」 次の日の朝になると熱も引いて、軽く立ち上がれるようにはなった。 「まだ喉がイガイガして気持ち悪い…。 」 「まだむりしちゃだめだよ、ころさん。 」 「無理はしないようにするよ。 …ぉかゆにこれ以上心配させるのもあれだし。 」 「うん、まだ寝てた方がいいって。 」 ぉかゆに看病してもらったおかげでなんとかここまで回復できた。 …普段は甘えたり甘えられたり、どっちがどっち役みたいなのが曖昧だけど…甘えさせてほしい時こうして甘えさせてくれるのは、ぉかゆくらいなんだよなあ…。 それがなんだかとても嬉しい。 「ぉかゆ。 」 「ん?何ころさん。 」 「…大好き。 」 ぉかゆはちょっとびっくりした顔をしたけど、すぐにふにゃっと笑ってくれた。 「…うん、僕も大好きだよ。 」 …何か、照れる。 数日後。 「おかゆ~!朝だよ~起きて~?」 「う、うう~ん…」 朝七時半、今日は我ながらちょうどいいくらいの時間におかゆに電話できた。 「あ~はいはい、今起きた~。 」 「おあよ~。 」 「うん、おはよ~ころさん。 」 電話口でおかゆが大きく欠伸をしているのが聞こえる。 「あふわああ…ころさん、また徹夜したの?」 「ううん?今日はしてない。 」 「んなこと言っといて、本当は?」 「嘘じゃないよ、ちゃんと今日は3時間寝たし。 」 「日野神かよ。 」 お、ぉかゆも妖怪ウ〇ッチの面白さが解ってきたのかな? 「耐久配信は程々にね。 マジで。 看病するのも大変なんだから。 」 冷たく言ったけれど、おかゆはその後クスッと電話越しで笑った。 「…なんか今僕結構ツンデレっぽくなかった?」 「おかゆは普段からツンデレじゃん。 」 「え~?そうかな~。 」 「今日はこの前のお詫びとお礼のコラボ配信だし、こ~ねももう少し寝て万全の体調でやるよ~。 」 「うん、そうして。 頭回んなかったら困るでしょ、今日パズルゲーなんだから。 」 こーね、もっと成長するんだ。 おかゆやミオちゃんやフブキちゃんや、みんなに心配をかけ過ぎないように。 その為にも今は。 「それじゃあおやすみ、ぉかゆ。 」 「ん、おやすみなさいころさん。 」 うん、いい夢みるよ、おかゆ。 They are important to each other.

次の

originalsupperbox.co.uk:トラブルにも温かい声が!猫又おかゆさん、戌神ころねさんも登場したBitSummit Gaiden生放送でお買い得な応援PC情報も

猫又 おかゆ 顔

由縁ミナと由縁アヤの動画を確認してみると似ているのは声が低いところだけです。 声が低いところ以外はあまり似ていないとわかるはずです。 由縁アヤの声は戌神ころねと全く一緒なのが確認できますが由縁ミナは猫又おかゆと言われると違和感があります。 ですので、猫又おかゆの前世は由縁ミナではありません。 ちなみに由縁ミナは 2018年12月31日に引退宣言をして活動をやめてしまっています。 AyaMinaGames 今まで本当にありがとうございました。 色々な縁、色々な体験、本当に楽しかったです。 寂しくなったり、会いたくなっら いつでも遊びに来てね。 まとめ• 猫又おかゆの前世(中の人)はニコニコで活動していたイカスミ系女子• 猫又おかゆの前世(中の人)のイカスミ系女子はマスクしているが顔出ししている• 由縁ミナは猫又おかゆの前世ではない• 猫又おかゆのイラストレーター(絵師)は神岡ちろる.

次の

猫又おかゆ前世や中の人はイカスミ系女子?顔や年齢の身バレはあるのか調査

猫又 おかゆ 顔

荻田安静『宿直草』より「ねこまたといふ事」。 狩人が自分の母に化けた猫又(左下)を射る場面。 中国では日本より古く時代には「(びょうき)」「」といった怪猫の話が伝えられていたが、日本においては前期のによる『』の元年()の記事に、南都(現・)で「猫胯」が一晩で数人の人間を食い殺した という記述がある。 これが、猫又が文献上に登場した初出とされており、猫又は山中の獣として語られていた。 ただし『明月記』の猫又は容姿について「目はネコのごとく、体は大きい犬のようだった」と記されていることから、ネコの化け物かどうかを疑問視する声もあり 、人間が「猫跨病」という病気に苦しんだという記述があるため、にかかった獣がその実体との解釈もある。 また鎌倉時代後期の『』(1331年頃)に「奥山に、猫またといふものありて、人を食ふなると人の言ひけるに……」と記されている(第89段)。 の集である『宿直草』や『』でも、猫又は山奥に潜んでいるものとされ、深山で人間に現れた猫又の話があり 、民間伝承においても山間部の猫又の話は多い。 山中の猫又は後世の文献になるほど大型化する傾向にあり、(貞享2年)の『』で山中で捕えられた猫又はほどの大きさとあり、(安永4年)の『倭訓栞』では、猫又の鳴き声が山中に響き渡ったと記述されていることから、やほどの大きさだったと見られている。 (文化6年)の『寓意草』で犬をくわえていたという猫又は全長9尺5寸(約2. 8メートル)とある。 (現・)で猫又が人々を食い殺したといわれる、(現・)で猫又が人間に化けて人をたぶらかしたというのように、猫又伝説がそのまま山の名となっている場合もある。 猫又山については民間伝承のみならず、実際に山中に大きなネコが住みついていて人間を襲ったものとも見られている。 人家のネコが化ける猫又 [ ] に設置された猫又のブロンズ像。 尻尾が2本に分かれている。 一方で、同じく鎌倉時代成立の『』(1254年稿)の観教法印の話では、嵯峨の山荘で飼われていた唐猫が秘蔵の守り刀をくわえて逃げ出し、人が追ったがそのまま姿をくらましたと伝え、この飼い猫を魔物が化けていたものと残したが、前述の『徒然草』ではこれもまた猫又とし、山にすむ猫又の他に、飼い猫も年を経ると化けて人を食ったりさらったりするようになると語っている。 江戸時代以降には、人家で飼われているネコが年老いて猫又に化けるという考えが一般化し、前述のように山にいる猫又は、そうした老いたネコが家から山に移り住んだものとも解釈されるようになった。 そのために、ネコを長い年月にわたって飼うものではないという俗信も、日本各地に生まれるようになった。 江戸中期の・による『安斎随筆』には「数歳のネコは尾が二股になり、猫またという妖怪となる」という記述が見られる。 また江戸中期の学者であるも「老いたネコは『猫股』となって人を惑わす」と述べており、老いたネコが猫又となることは常識的に考えられ、江戸当時のなどでもこうしたネコの怪異が報じられていた。 一般に、猫又の「又」は尾が二又に分かれていることが語源といわれるが、的な観点からこれを疑問視し、ネコが年を重ねて化けることから、重複の意味である「また」と見る説や、前述のようにかつて山中の獣と考えられていたことから、のように山中の木々の間を自在に行き来するとの意味で、サルを意味する「爰(また)」を語源とする説もある。 老いたネコの背の皮が剥けて後ろに垂れ下がり、尾が増えたり分かれているように見えることが由来との説もある。 ネコはその眼光や不思議な習性により、古来から魔性のものと考えられ、葬儀の場で死者をよみがえらせたり、ネコを殺すと7代までたたられるなどと恐れられており、そうしたが背景となって猫又の伝説が生まれたものと考えられている。 また、ネコと死者にまつわる俗信は、肉食性のネコが腐臭を嗅ぎわける能力に長け、死体に近づく習性があったためと考えられており、こうした俗信がもとで、死者の亡骸を奪う妖怪・と猫又が同一視されることもある。 また、日本のネコの妖怪として知られているものにがあるが、猫又もネコが化けた妖怪に違いないため、猫又と化け猫はしばしば混同される。 なお、で2本の尾を持つネコの写真が撮られている。 妖怪画 [ ] 『』より「猫また」 江戸時代には図鑑様式のが多く制作されており、猫又はそれらの絵巻でしばしば妖怪画の題材になっている。 (元文2年)刊行の『』などでは、人間女性の身なりをした猫又がを奏でている姿が描かれているが、江戸時代当時は三味線の素材に雌のネコの皮が多く用いられていたため、猫又は三味線を奏でて同族を哀れむ歌を歌っている 、もしくは一種の皮肉などと解釈されている。 の服装をしているのは、かつて芸者がネコと呼ばれたことと関連しているとの見方もある (冒頭の画像を参照)。 また(安永5年)刊行の『画図百鬼夜行』では(右側の画像参照)、向かって左に障子から顔を出したネコ、向かって右には頭に手ぬぐいを乗せて縁側に手をついたネコ、中央には同じく手ぬぐいをかぶって2本脚で立ったネコが描かれており、それぞれ、普通のネコ、年季がたりないために2本脚で立つことが困難なネコ、さらに年を経て完全に2本脚で立つことのできたネコとして、普通のネコが年とともに猫又へ変化していく過程を描いたとものとも見られている。 また、のにビゲロー・コレクション(浮世絵コレクション)として所蔵されている『百鬼夜行絵巻』にもほぼ同様の構図の猫又が描かれていることから、両者の関連性も指摘されている。 仙狸 [ ] 中国で「 仙狸」(せんり。 「狸」はの意)という猫の妖怪が伝えられている。 これは年を経た山猫がを身につけた存在であり、美男美女に化けて人間の精気を吸うとされる [ ]。 日本の猫又の伝承は、この仙狸を起源とする説もある。 その他 [ ]• には、「(猫貍坂・猫股坂)」という坂がある。 の伝承では、中ノ俣の村に何千年も生きた猫又が暴れていたので、吉十郎という男が退治したが、その死体は下の人々に見せられた。 のち、「猫又塚」が作られ、今は「猫又稲荷神社」も建てられた(死後の祟りを恐れた伝承の一)。 の山麓には、のがある。 脚注・出典 [ ] []• 170-171• 127-12• 696• 36-66• 荻田安静編著「宿直草」『江戸怪談集』上、編・校中、〈〉、1989年(原著1677年)、121-124頁。 編著者不詳「曾呂利物語」『江戸怪談集』中、高田衛編・校中、岩波書店〈岩波文庫〉、1989年(原著1663年)、57-58頁。 『続 日本の地名』〈〉、1998年、146頁。 日野巌『動物妖怪譚』下、〈〉、2006年(原著1926年)、158-159頁。 2013年12月30日時点のよりアーカイブ。 2014年12月23日閲覧。 佐野賢治他『民間信仰辞典』編、、1980年、223頁。 「妖怪の宴 妖怪の匣 第6回」『』vol. 0029、郡司聡他編、〈カドカワムック〉、2010年、122頁。 Hartwell, Sarah 2001-2009. Cat Resource Archive. Messybeast. com. 2010年4月26日閲覧。 155• 編著『続・妖怪図巻』、2006年、161-165頁。 『真・女神転生悪魔事典』新紀元社編集部編、監修、〈〉、2003年、94頁。 『世界の幻獣エンサイクロペディア』監修、、2010年、194頁。 参考文献 [ ]• 石川純一郎他『日本伝奇伝説大事典』乾克己他編、、1986年。 『図説・日本未確認生物事典』、1994年。 『妖怪図巻』・多田克己編、、2000年。 「猫股伝説の変遷」『猫の歴史と奇話』、1992年。 古山桂子他『播磨の民俗探訪』播磨学研究所編、、2005年。

次の