持田香織 声質。 Every Little Thing

華原朋美 と 持田香織

持田香織 声質

柔らかな鳴り系の地声域・柔らかいミックスボイス・ファルセット どういう歌い方か 共鳴や音色 鼻腔や軟口蓋などの上方向中心に声を当てて明るい音色を作っています。 先ほど書いたように年代によって音色のニュアンスが変化していますね。 昔の歌い方は声を上アゴに当てるような 斜め前上方向への声の方向性があります。 近年は 上方向もしくは斜め後ろ方向へ声を当てるような方向性の音色のように感じます。 また舌の使い方に丸みがあるのも近年の特徴ですね。 これも声が上方向や斜め後ろに当たるような柔らかいニュアンスを作り出している要因に感じます。 ビブラート ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。 フレージング・歌い回し・歌唱力 フレージングなどの歌い方自体は大きな癖はなく、ベーシックなタイプです。 声質な声の音色の作り方・発音の仕方などに特徴のあるタイプですね。 どういう練習をすれば持田香織さんのように歌えるか 持田香織さんのように歌うには、多くの音楽的要素が必要です。 しかし、要点を絞れば近づく近道になります。 持田香織さんのように歌うポイント.

次の

NHK『名盤ドキュメント「太田裕美“心が風邪をひいた日”〜名曲誕生の秘密〜」』4月20日再放送

持田香織 声質

持田香織(ELT の声について ファンの方は見ないほうがいいかもしれません。 持田香織さんの声についてなんですが、ずいぶん前から見ていてかわいそうなくらい声がでていませんが、 ふと疑問におもったので質問します。 なぜ彼女はあんなに声が出ないにも関わらず毎年のようにライブをするんですか? そりゃファンからしたらファンがみたいとおもっているから、ファンの期待にこたえてくれているんだ! 彼女はライブがすきだから、 みたいに言うかもしれませんが、 あんなに声がでない状態のライブをみてファンも持田自身もつらくないんでしょうか? (本人も声がでなすぎてライブ中に泣いたという情報も聞きました。 ) 最近の声がすきという方はいいかもしれませんが、昔の声がすきだった方はどうなんでしょう? わたし自身、持田の昔の透明感のあるヴォーカルがすきだったので、 ここ最近の劣化は正直聴くに堪えません。 いっそのことレコーディングアーティストになって、 ライブは声のことを考えて控えればいいのに、とおもいます。 (実際、声のよく出る歌手でも毎年ライブをやっている歌手はそんなに多くありません。 ) それと噂では彼女は喫煙者だと聞きました。 今は知りませんが、あの喉の状態を考えたら当然喉に悪いことは少しでも控えるべきとおもいます。 ライブだって毎年やらずにレコーディングのみにして休養していれば、すこしは声もよくなるかもしれません。 今のような状態をずっと続けていれば、よくなるものもよくならないとおもいます、、。 以上のことをふまえてお聞きしたいのですが、 彼女はなぜ毎年ライブをやるんでしょうか?avexに無理やり企画されているんですか?それとも彼女がのぞんでやっているのですか? 持田がライブ中、声のことで泣いたというのは本当なんでしょうか? 教えてください。 (ファンの方で感情的な回答をされる方は回答を控えてください。 あくまで冷静な回答をお待ちしています。 ) ファンです。 けっこうライブにも行ってます。 まず喉を壊した経緯ですが もともと喉が強い方ではないってのはありました 04~05年にかけてのツアー(10月から3月の4か月半で44公演) 特に12月にツアーに加えて、年末の歌番組(紅白など)が多数入っていたことで、年末には喉がかなり消耗して、1月の公演でダウンしました。 ちなみにライブ中に声が出なくて泣いたというのは事実です。 歌っている最中に声が出なくなり泣き出したというのがありました。 その次の公演から2公演が延期になりました。 なぜ毎年ライブをやるかですが、一つはエイベックスの影響はあると思います。 今でも固定ファンがある程度いるので、商業的にも動員数を確保できるからです。 ライブって経費がけっこう掛かるので、大規模のセットをやるような歌手(avexで言うと、浜崎あゆみ、幸田來未、EXILE)は動員数が多くてもあまりもうからないようです。 実はチケット代は、運営経費でなくなってしまい、利益にはならないんです(ステージセットに金をかけると、スポンサー料を含めてとんとん)、 ただELTだとホールツアーでステージにはあまり金をかけない、毎回スポンサーがつく、ホールツアーの中では動員数は多い方、また物販の売り上げが多いので収益性が高いです。 それから本人達の希望もあるので、決して無理やりでは無いとは断言しますが、細かいところ(日程や公演数)は会社の方針です。 ただ個人的にはですが、05年から07年の前半くらいまで、ちょうど世間から、巻き舌みたいな歌い方と酷評されていた時代は、あまり好きではなかったです。 見ていてつらくないのですか?と聞かれたら自分なら辛かったとは断言できます。 ただ07年の夏ごろからは多少声の改善はしています。 もちろん昔のような澄んだ歌声ではないですが、巻き舌のような歌い方ではなくなりました。 だから最近の歌い方は好きですよ 最近になって彼女がやっと喉を壊した時のことをしゃべるようになったのですが(当時はあまり話題にしたくなかったように感じました) 喉を壊したツアー中ではなく06年から07年くらいまでは本人もかなり辛かったらしいです。 どちらかと言うと精神的にかなり病んでたようです。 その頃は歌うのが楽しくなかったそうです。 (もともと歌を歌うのが好きで歌手になったような人で、普段からよく歌っていたそうです) ただその後は立ち直っています。 最近は歌うのは楽しいって言ってます。 07年以降の曲を聴いてほしいと個人的には思います。 もちろんツアー後半では声が消耗してるのが聞いていてわかりますが、楽しそうにやってますよ タバコはやってないです。 これは根も葉もないうわさです。 ただ相方のいっくんはヘビースモーカーですが 確かに今でも昔の曲を歌うと厳しいのはありますがぜひ最近の曲も聴いてほしいです たとえば「恋をしている」「あたらしい日々」など ・なぜ毎年ライブをするのか ELTはライブが好きだからです。 なんといってもELTは、「ライブアーティスト」ですからね。 ELTからライブを取ったら、魅力が半減すると思います。 (伊藤一朗ファンの僕にとっては、これほど悲しいことはない) ただ、公演回数は20公演くらいにして欲しいです。 当然のことながら、avexとのやりとりもあるでしょうが、本人たちがライブを望んでいると思います。 持田の性格上、じっとしているのが我慢ならないのでしょうね。 もちろん、avex側も所属している以上、ELTに稼いでもらわないといけません。 CDのシングルの売り上げが、1万枚を切ってしまう現状では、ある程度ライブを行って稼いでもらうことが必要です。 ですが、ELTのようなベテランに対し、そこまでツアーを行うことを強要しているとは思えません。 持田が以前ラジオで、「私くらい(キャリアを重ねた人間)になると、周りの人が何も言わなくなる。 」と語っていましたし。 avexの意向もあるでしょうが、少なくともELTが合点した上でツアーを行っていると思います。 この原因は、このツアーの途中で、持田は急性気管支炎を患っていたために声が出なくなったのです。 そして、この後のいくつかの公演を延期する事態となりました。 しかし、08年のツアーでは、かなり持田の声が回復しています。 そして、09年リリースの「DREM GOES ON」から、さらに声が回復しています。 回復してきたな~と思っていたら、09年の末にTVで歌ったときは声が出ず。。。 しかししかし、今年のa-nationでは、かなり回復しています! 質問者さんは、昔の声が好きとのことですが、僕が見る限り、何年休養しても、昔とまったく同じ声には戻らないと思います。 回復するとすれば、今年のa-nationの声質で、ボリュームと安定感が増すのがやっとだと思います。 結論として、なぜ毎年ツアーを行うのかは当事者じゃないのでわかりませんが、ひとつだけ言えることは、ELTのライブにかける想いは相当強いということです。 あと、常に現役アーティストでいたいという持田の気持ちが強いと思います。 ・喫煙に関して これは、持田が喉を壊した後にとって付けたような噂ですからね。 僕は目で見たもの以外は信用しないので。 これに、ツアーグッズの売り上げなどもあります(ツアーグッズは結構売れる)ので、ざっと4億くらいでしょうか。 改めて、ツアーの収益力の凄さを感じさせますね。 ELTのシングルはTOP10に入れるかどうかの状態だけど、 ツアーは毎回30公演くらいやっても客が集まるようなので、 強制とまではいかないけど、エイベックスにやらされているのかもしれません。 もちろん、本人たちものぞんでやっているのでしょうけど。 ツアー以外にクリスマスライブなども結構やっていますね。 エイベックスは稼げる時にはところん稼いでおくってイメージがあります。 ライブをやるときは公演数を減らしたほうがいいと思います。 そっちのほうがノドのためにも良いでしょうし。 ライブ中、声が出なくなって泣いたっていうのは本当です。 健康とかに気を使っているようだし性格的にも、喫煙していないと思います。 声が出なくなりすぎて、そういう噂がたったのかもしれませんね。 ただ、過去に吸っていたかは知りません。 エイベックスが関わってきているように思います。 私はエイベックスではありませんが、レーベルで働いていた時期があり その話を聞きました。 エイベックスは昔から新人発掘がうまい、やり手、という印象のレーベルでした。 その特徴としては、新人なのでインパクト、特徴が強いアーティストを 売りにするというのが手法です。 まだ7年程前くらいまでは、そういうのも控えめではありましたが、 不況の昨今、よりインパクトの強いアーティストを! という気持ちが強いのでしょう。 その結果、クセを活かす、という意味合いで あのような歌い方になってしまったのだと思います。 よく思い出してみれば、あゆも倖田來未も同じような歌い方ですよね。 おそらく、あゆが先駆けとなってああいう歌い方を始め、ヒットした。 ヒットが出るとそれを真似ようとする風潮は絶対に出てきます。 歌い方についてはこのようなかんじでしょうか。 またライブについては、 「ライブをやっていない=売れなくなってきた」 というイメージがあるため、それを隠す意味もあるかと思います。 もちろん、アーティスト側としても、ライブをやりたくてもできない方達はたくさんいるので 出来る限りやりたいというのが本音なのではないでしょうか。

次の

originalsupperbox.co.uk: manu a manu (ALBUM+DVD): 音楽

持田香織 声質

レット・イット・ゴー 松たか子 今年最大のアニメヒット作と言っても過言ではない、ディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌で子供から大人まで人気の曲です。 歌詞の「ありのままで~」はよく知られた一節ですよね。 音程の安定感と声量がこの曲には必要になるので難易度は高いですが、カラオケで上手く歌えればかっこいいです。 TATTOO 中森明菜 最近ではメディアの露出が減った中森明菜さんですが、ヒット曲も多数リリースされています。 その中でも女性が歌うとかっこいい曲にランキングされているのが、「TATTOO」とです。 中森明菜さんの21枚目のシングルで1988年に発売されました。 歌詞も現代とは違うテイストで、新しいカラオケのレパートリーになるのではないでしょうか? 黄砂に吹かれて 工藤静香 歌詞は中島みゆきさんと中島みゆきさんの世界観の歌詞と工藤静香さんの声質がなんとも上手くマッチした曲になっています。 超高音な個所はありませんが、声量が必要になるので、声量に自信がある人はチャレンジしてください。 カラオケで歌えるとかっこいい曲です。 地上の星 中島みゆき NHKのプロジェクトXの主題歌として起用されていた曲です。 中島みゆきさんの歌詞は個性が強く、熱狂的なファンを作っています。 彼女の歌詞に共感し日頃のストレスも忘れてこの曲を歌い上げると周りからの視線をくぎ付け間違いなしの一曲です。 Love Story 安室 奈美恵 安室奈美恵さんの代表するバラード曲です。 ドラマやCMに起用され、彼女のファンのみならず多くの女性がカラオケで歌った事があるのでないでしょうか?仕事か恋愛かと女性の永遠のテーマがこの曲の中にも盛り込まれています。 どちらを選んでも選ばなかった方の思いが消える訳はありません。 共感できる歌詞にも注目です。 明日の歌 aiko がかっこいい しっくりくるaikoさんをカラオケで歌う女性の定番曲です。 aikoさんらしい躍動感と歌詞が多くの女性から支持されています。 歌詞の一節一節を切り取っていくとせつない感じですが、失恋しても前向きになれる彼女らしい曲です。 いつまでも少女的な感じで素敵ですね。 愛燦燦 美空ひばりがかっこいい 今更説明するまでもありませんが美空ひばりさんは昭和の大スターです。 今では時代を超えて人種を越えて多くの方が美空ひばりさんの曲をカラオケで歌っています。 当時の時代背景もありますが、歌詞の中にある一言一言が普遍的な要素含んでいるのがこの曲が好まれる理由かもしれません。 Everything MISIA MISIAの大ヒットソングとしてカラオケで多く歌われてきた曲です。 歌詞の内容をよくよく見てみると片思いの曲か、両想いの曲かが判りませんが、この曲は声量が必要になるので声量に自信がある人は是非チャレンジしてください。 かっこいい曲です。 ブレーキランプを5回点滅するのがあいしてるのサインが社会現象になるほどでした。 とりわけドリカムの中でも定番の曲なのでぜひチャレンジしてください。 本能 椎名林檎 ナース姿が印象的 最近ではメディアの露出していませんがこの曲が椎名林檎さんをスターに押し上げた曲ではないでしょうか?真っ赤な口紅でナースの姿でガラスを割るシーンは有名でCMにも流れていました。 歌い方に特徴がありますが、カラオケで歌えると盛り上がる曲です。 fragile ELTは定番ソング Every Little Thingの中でも抜群の人気曲です。 この曲をカバーするアーティストも多く中には男性のアーティストもfragileをカバーしています。 ボーカルの持田香織さんの声質と歌う空気感と歌詞が今まで歌われ続けてられているロングヒット曲になっているのでしょう。 かっこよく歌う定番の曲ですね。 あなたの魅力はなんですか? 普段は見せない性格もカラオケなら出せる人って意外と多いんです。 少し難易度も上がりますが、カッコよくカラオケを歌える事もあなたの魅力になりますよ。

次の