手首 捻挫。 手首捻挫の治療期間はどれくらい?サポーターが重要!安静にすることも!

手首捻挫のリハビリ方法は?痛いときはどうしたらいいか?

手首 捻挫

捻挫とは? 捻挫の定義は 関節に不自然な力が加えられることで、曲げることができる可動域を超える動きをするときに発生する外傷です。 具体的には捻挫以外にも脱臼が当てはまります。 捻挫の場合は可動域を超える動きによって骨と骨の間にずれは発生しませんが、骨のずれが発生していたら脱臼となります。 また、ひどいときは脱臼をしていなかったとしても骨や靭帯が傷ついてしまうことがあり、骨折や靭帯断裂といった重傷に発展することもあります。 人体の構造上最も捻挫が発生しやすいのは足関節です。 捻挫をしてしまうと靱帯が伸びきってしまうようになるので切れてしまうことがあり、皮下出血が発生して腫れるようになり痛みが発生するようになるでしょう。 つまり、靱帯損傷が発生した人は捻挫が非常に重く発生したと思うといいでしょう。 捻挫とは脱臼や断裂にまでは至らないレベルの靱帯損傷と理解されるといいでしょう。 手首の捻挫の症状 捻挫の症状は基本的に似通ってきますが、靱帯にダメージが発生しているので 痛みが発生します。 断裂がひどかった場合はどんどん痛みが増してくるでしょう。 痛みがずっと引かないで増していくような場合は動かさないようにして病院で検査をしてもらうようにしましょう。 また、 捻挫した箇所は高確率で腫れます。 手首の関節の部分にある靭帯が損傷している可能性が高いので、滑膜層で炎症が発生します。 処置が不適切だと関節の変形につながるので要注意です。 また、 腫れが発生すると炎症が生じるようになるので、患部が熱を持ちます。 氷嚢を使ってしっかりと冷やすようにしましょう。 また、 靱帯損傷につながることが多いので内出血が発生することも多いです。 捻挫をした箇所が腫れ上がりつつも青黒くなるので一目でわかります。 内出血が確認されたのなら、しっかりと患部を固定して傷口の出血を抑え込みましょう。 手首の捻挫と骨折の見分け方 骨折の見分け方としては、 骨折の場合は動かさなくても痛みが出るようになり、明らかにおかしな方向に曲がっていることもありますので、見てわかることも多いでしょう。 骨折した場所で 骨同士が振動しているような独特な感覚を覚えることもありますし、 異常に強い痛みが発生することもあるでしょう。 捻挫と骨折の見分け方はかなり難しく、状況次第では外見で判断できないことも多いので、わからないという人は病院で見てもらうといいでしょう。 日本は保険が適用されますので、そこまで費用の心配はありません。 一部の海外では保険が適用されないため、「捻挫です!」と診断されても診察費で6万円などの金額が発生してしまうこともありますが、それと比べると受診しやすいといえるでしょう。 手首の捻挫を早く治すための応急処置方法 捻挫や骨折における応急処置の考え方は同じです。 それは RICEになります。 これは英語の安静・冷却・圧迫・拳上の頭文字をつなげた言葉です。 まずは捻挫や骨折をしてしまった人は、安静にできる場所に移動してください。 手首の場合は足と違って移動はまだ容易ですので、安全な場所に移ることは可能でしょう。 その後は 氷嚢を使って冷やしてください。 しっかりと患部を冷やしたら 包帯などを使って巻いて固定してください。 あとは、内出血を防ぐためにも 心臓よりも上の位置に上げるようにしてください。 捻挫は患部に炎症が発生しているので20分ほど冷やして1~2時間ほど間をおいて再度冷やしましょう。 固定するときは「アスリート用」のサポーターを使うとよいでしょう。 包帯を使うときはきつく締め付けすぎないことに注意しながら7~8センチ程のところまで巻くようにしましょう。 Sponsored Link 手首の捻挫で病院に行くべき? 捻挫にも症状が軽い捻挫と症状が重く出る捻挫がありますので、病院に行くかどうかの判断はこの損傷レベルによるでしょう。 軽傷の場合は応急処置をした上で安静にすれば長くても2週間程度で痛みがなくなり腫れも引くでしょう。 しかし、 靱帯が断裂しているのなら放置していてもなかなか治らないので病院に行った方がいいでしょう。 捻挫をしたと思っていても、関節周辺がパンパンに腫れている・関節の痛みがひかない・関節を自力で動かせない・動かすときの痛みがひどい・変形しているなどの状況が続いているのなら病院に行きましょう。 手首の捻挫の治療法は?湿布やサポーター? 最初の応急処置のやり方はRICEを守ることにあります。 しかし、 捻挫をしてから4日程度経過した後は患部を温めるようにしましょう。 血管が広がるようになり血液の循環効率が上がるので、痛みや腫れが早く引くようになります。 応急処置として包帯やサポーターを使って固定するのもいいでしょう。 湿布などを使うのもありという意見がありますが、 怪我した直後の状態で湿布をするのは、湿布による消炎鎮痛剤の力で血管が拡張する危険性があるので、痛みが加速してしまい炎症が広がってしまうことがあると言われております。 これらの意見を踏まえると、避けた方がいいという結論になるでしょう。 手首の捻挫の完治までの期間 捻挫でも軽度・中程度・重度と別けることができるので、それらの状況によって完治までの時間が大きく変わります。 動かせないレベルの痛みがある重度の捻挫の場合は30日以上完治までかかるでしょう。 これはあくまで目安となっていますので、参考程度にしてください。 応急処置の程度や怪我の程度で完治までの期間が大きく変わりますし、治療過程における対応でも大きく変わってきます。 手首の捻挫のリハビリについて 手首の捻挫におけるリハビリは重症度によって変わってきますが、 長い期間動かせないレベルの捻挫だったのならリハビリは必須となるでしょう。 その内容については医師が判断しますので、 医師の指示に従った方がいいでしょう。 たとえば、手首の捻挫でも手を動かさないことで腕の筋肉以外に胸の筋肉まで低下して固まってしまう人もいます。 そのような人は 理学療法士やトレーナーの指導のもと背中・胸・手・肘・腕のリハビリを実行することになるでしょう。 このようにリハビリが必要な人の判断はトレーナーや理学療法士がしてくれるので、彼らの指示に従うようにしてください。 捻挫を早く治すために有効な食べ物は? 捻挫を早く治す為に有効な食べ物としてよく推奨されるのが タンパク質を摂取できるものです。 タンパク質は動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類がありますが、怪我をしているときはどちらかにこだわる必要は無く、より多めに摂取する必要があるので、 肉類・魚類・乳製品・大豆類を多めに食べるようにされると良いでしょう。 ただし、肉類は脂質がオーバーしてしまう恐れがあるので注意しましょう。 このタンパク質が効果的であるという意見は多いので、よく推奨されますが、それ以外にも ビタミンA・B群・Cあたりは効果的ですので、意識して摂取されると良いでしょう。 ビタミンAは損傷を早く修復する作用があり、レバーや緑黄色野菜やチーズなどに含まれています。 ビタミンB群もタンパク質の分解や合成に効果があり豚肉・レバー・ウナギ・かつお・アサリ・ほうれん草・納豆などに含まれています。 ビタミンCは野菜類や果物類全般に含まれているので、意識すれば不足することはないでしょう。 ほかにはグルコサミンやコンドロイチンを蟹・エビ・オクラ・ウナギ・納豆などから摂取して、青魚やナッツ類に含まれているオメガ3脂肪酸を摂取するのがおすすめです。 捻挫に関しましては次のページも参考にしてください。 手首の捻挫の完治期間と症状や治療法・リハビリについてのまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は手首の捻挫に関して様々な情報を記載いたしました。 手首の捻挫におけるリハビリの考え方は自分で判断しない方がいいでしょう。 軽傷の場合なら話は別ですが、治療期間が延びている人は必ず医師に相談するようにしましょう。 自分の体の状態は自分がわかっていると思いがちですが、プロの医師や理学療法士が診たほうが遙かに情報がわかるので、自分の力を過信しすぎない方がいいように思います。 カテゴリー•

次の

捻挫した時の対処法、病院に行くべきかの判断基準、治療法を解説

手首 捻挫

手首を何かの拍子でひねってしまった後に、 しびれを感じることがあります。 その原因を突き止めると神経にあることは誰もが推測できることですが、どのような状況なのかというと 神経が圧迫されている可能性が高いです。 そのような症状をもたらす怪我として 手根管症候群が考えられます。 手根管というのは手首にある神捻挫によって神経が圧迫されると、しびれや痛みが出てきて、 ひどくなれば物を持ったり掴んだりすることができなくなります。 ただ医師が手根管症候群と診断をしても、手根管には何も圧迫が見えないこともあるので、詳しく調べるためにもレントゲン撮影やMRIを受診する必要が出てきます。 一度発症してしまうと、時間の経過で改善することはありません。 無闇に自分でケアをしようとしても、かえって症状を重くしてしまうこともあります。 また、動かせない指の筋肉が衰えていくと、日常生活にも支障をきたします。 症状が軽いうちに治療を開始することが、一刻も早く元の状態に戻るためには良い選択となります。 手首捻挫のしびれ解消治療法は? 手首を捻挫してしびれを感じるときの治療法として、 一番確実なのは手術です。 局所麻酔を打って、血の流れを止め、切開をして神経への圧力を減らしたり、力がかかってくっついている部分は剥がしたりします。 この手術は比較的短時間で終えることができ、所要時間はせいぜい10分程度です。 手術をすればしびれはすぐに消えますが、切開をした部分はかなり目立ってしまいます。 けれども 時間が経過すれば、徐々に傷跡も消えていくので、日常生活に戻るのには問題ありません。 切開をするのは嫌だというのであれば、 カイロプラクティックや鍼で利用をしていくということもできます。 捻挫で起きている筋肉の緊張をマッサージや鍼の力を使って緩和していくことで、神経への圧迫を軽減していくというものです。 そして薬物療法が行われることもあり、 抗炎症作用のある湿布やビタミン剤などで痛みを軽減していきます。 炎症に効果のあるビタミンBは普段の食事からでも摂取する事ができ、 柑橘類や緑黄色野菜を食べることで徐々に症状を改善していくのです。 サプリメントを摂取することでも容易にビタミン類をおぎなうことができます。 はよく売れていておすすめできます。 また、普段の生活で、捻挫した箇所に負担をかけないように、 テーピングをして固定をしていくことで、早く改善しやすくなります。 気をつけなければ行けないのは、治療をしている間、別の部分に力をかけすぎないようにしておくことです。 そうでなければ、その 負荷化が新たな怪我につながってしまいます。 セルフケアできるストレッチのやり方は? 手首の捻挫からくるしびれを感じているならば、ストレッチをして症状を改善していくことも試みるべきです。 家で1人のときでも出来るセルフケアとして、どのようにすればよいのでしょうか? まずは、手首を前にかざし、順手にして手を自分の方向に招くようにして折り曲げたり、逆手にして壁に手のひらがくっつくようにして手のひらと腕が90度の角度を保つように腕を上から逆の手で押すといったことが効果的です。 壁が近くにないときには、逆手にした指を逆の手で掴んでひっぱるようにしておくことで、手首がよく動くようになります。 両手を合掌させるように合わせることでも、同じような効果が生まれます。 ポイントとしては、しびれによって手首を思うように動かすことが出来なくなっているので ストレッチをすることで柔軟性を取り戻し稼働しやすい状態にしておくことです。 また、指を曲げる訓練として、よく握力を鍛えるために使われるゴムボールを握るようにしてみましょう。 ただ、あまり指に力を入れすぎると神経の圧迫が強くなるので注意が必要です。 道具が何もない外出先でもストレッチをしたいというのであれば、軽く手をグーとパーにしていくのも良いでしょう。 グーとパーを5回ほど繰り返せば、適度な運動になります。 こんな記事がよまれています。

次の

手首が痛い原因は?対処法や病院は何科か要チェック。

手首 捻挫

手首が痛い原因について 手首が痛い原因はいくつかありますので紹介していきます。 手首の捻挫 手首の間接周辺に必要以上の力が加わった事により起こる症状です。 スポーツをしていて力を入れている際や転んだ際に緊急で手をついた時に起こりやすいですね。 手首の捻挫は押すと少し痛む程度でも完治するのに2週間程かかると言われています。 少し痛いから問題ないと放置していると余計に悪化する原因の元です。 痛いと感じたら病院に受診した方がいいでしょう。 手首の酷使 手首が痛い原因でよくあるのが手首の酷使。 以前は重い荷物の仕事をする人やピアノなど手首に負担をかける方が主に痛める事が多かったのですが、 最近ではスマホやパソコンの使いすぎによる手首の酷使が急激に増えています。 もはや現代病の一つと言ってもいいかもしれませんね。 パソコンに関してはデスクワークをする人が増加した結果、キーボードで入力する際に手首に負担が来てしまうんですよね。 しかも長い時間キーボードを打つ方が多い為に手首に疲労が溜まり痛みとなって現れるんです。 長時間パソコンを使用する際は手首を休める時間を取る必要があります。 そして特に増えてきているのがスマホを使用する事による手首の痛み。 最近では 「スマホ腱鞘炎」とも呼ばれていますが、 スマホを同じ体勢で同じ負荷を長時間かける事で筋肉や腱に炎症が起き手首を傷める事があるんです。 最近はスマホもゲームが充実してきており長時間触る方もいるかと思います。 その結果負荷がかかり続け結果として手首に腫れや痛みを生じる事になるんです。 知らず知らずのうちに手首を痛めていき、親指の使いすぎで 「ドケルバン病」という親指の付け根に起こる腱鞘炎を引き起こす可能性があるので注意が必要です。 スマホ腱鞘炎は話題になってきていますが、まだまだ認知度が高いものではないです。 長時間スマホを利用している方にとっては気をつけた方がいいでしょう。 主な原因はこの2つである事が多いのですが、その他にも ・転倒などが原因で骨の位置がずれてしまう手根不安定症 ・成人男性に起こる事があるキーンベック病 月状骨軟化症) など突然手首が痛くなる症状もあります。 手首の痛みが続く際は病院で診察してもらった方がいいでしょう。 手首が痛い時は何科に行けば良い? 手首が痛い原因は色々とありますが、基本的には 整形外科で問題ないでしょう。 現在どういう状況か診断して原因が特定。 予防や治療の方法についても説明してくれます。 手首の痛みはほっておくと悪化する原因になりやすいんです。 また腱鞘炎かと思って診察したらキーンベック病など別の原因の可能性だったりするんです。 予防を知る事と早く治すためにも診断してもらった方がいいんですよね。 実際私も多少の痛みでほっといたら悪化したという体験をしているだけに余計に感じる事ではありますが(汗 とにかく手首の痛みを感じたら整形外科にいって診断してもらいましょう。

次の