チリトマト ヌードル アレンジ。 カップヌードル最強アレンジ!ちょい足しで美味しさ倍増の方法を教えます

チリトマトヌードルアレンジ!チーズと牛乳を足して食べてみた^^

チリトマト ヌードル アレンジ

1:カップヌードルはちょい足しで激「うまー」! そもそもちょい足しってなに?と思っているみなさん……ええ、そうです、そのままでも十分美味しいのはわかっています。 」 みなさんは、急に「お腹が空いたー」と彼に言われて、冷蔵庫にあるものでササッとなにか作れますか? かといって、カップヌードルを食卓に用意すると「カップヌードルかよ! 手料理って言えないじゃん!」みたいにバカにされちゃいそう……。 』の過去記事「」でも紹介した、男性から大人気の鍋「すき焼き」の味わいが手に入るちょい足しがこちら! 【材料】 カップヌードル(しょうゆ味) 卵 1個 すき焼きのタレ(ストレートタイプ) 大さじ2 【作り方】 (1)卵を割り、溶きほぐしておく。 (2)既定の線よりも気持ち多めにお湯を注ぎ、すき焼きのタレを大さじ2杯入れて3分待つ。 3:カップヌードルシーフードのちょい足しアイデア 海鮮の深みがたまらない「カップヌードル シーフードヌードル」。 ここはシンプルに、シーフードの味わいを邪魔しないあんかけを投入して、コクうまあんかけラーメンにしちゃいましょう。 【材料】 カップヌードル シーフードヌードル 中華あじの素 小さじ1 水 大さじ4 水溶き片栗粉 少量 【作り方】 (1)水と中華あじの素を小鍋で熱し、沸騰したところで火を止めます。 (2)水溶き片栗粉を(1)に入れ、しっかりと混ぜてとろみを出します。 カップ麺ながら、「洋風の味わいがたまらない」とファンも多い味ですよね。 (2)お湯の代わりに豆乳を注ぎ入れ、3分待ったらコショウをまぶして完成! 筆者の暮らす北海道にはミルクラーメンなるものがあります。 まろやかな風味とコクがたまらないんです。 最近は低糖質タイプの豆乳も販売されているので、糖質が気になる方はそちらを使うとGOOD! 6:マヨネーズに合うカップヌードルは? 卵のコクと油分でまろやかになるマヨネーズ。 辛みが気になる方はぜひ、カレー味にマヨネーズをINしてみてくださいね。 スパイシーさがマヨネーズによって軽減され、食べやすくなります。 あまり熱し過ぎるととろみが溶け出し過ぎてしまうため、3分よりも気持ち早めに食べ始めるとちょうど良いでしょう。 8:ラー油に合うカップヌードルは? 実際のラーメン店に用意されていることもあるラー油。 オススメは「カップヌードル しょうゆ」にちょい足し。 ピリッと舌に走る刺激が心地よく、しょうゆの柔らかな味わいにアクセントを加えてくれます。 通常のラー油でもちろん美味しいですが、さらに風味を増したい方は食べるラー油のようにニンニクチップや各種香辛料の入ったラー油をチョイスするとGOOD! 9:カップスターしょうゆのちょい足しアイデア カップヌードル(しょうゆ味)と並んで長く親しまれているサッポロ一番ブランドのカップ麺、「サッポロ一番 カップスター しょうゆ」。 Miura 離婚・子連れ再婚を経験し、地獄も天国も見た恋愛マスター。 起業しフリーのライターとして、時にWEBライター養成講座の講師として活動する北国生まれのママライター。

次の

【みんなが作ってる】 チリトマトヌードルのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

チリトマト ヌードル アレンジ

チーズをトッピング 今回使用したチーズは、トップバリュのとろけるミックスチーズで、ゴーダチーズ(80%)とモッツァレラチーズがブレンドされたものを使用しました。 チリトマトヌードルのふたを開封して、お湯を注ぐ前にチーズを入れます。 お湯を注いで3分待ったらできあがりです。 よくかき混ぜてから、食べてみました。 実際に食べてみた感想 トッピングなしで食べたときと比べるとやさしい口あたりでまろやかで、少しチリっぽい辛味も和らぎます。 チリトマトヌードルとの相性もよく、もともとのチリトマトヌードルの旨味にチーズ風味が加わり、これはこれでおいしくいただけます。 チーズをもっと効かせたかったので、途中でさらにチーズを追加しました。 チーズでかなりマイルドになるので、辛いほうが好きな人は、タバスコや唐辛子を入れてもよいですね。 残り汁(スープ)にチーズ&ご飯(ライス) チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんとチーズを入れていきます。 まずはごはんを足します。 次にチーズを足します。 そして、よくかき混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 微かな辛味とチーズの甘みがごはんと合っていて、よい味に仕上がっています。 イタリア風なチーズリゾットのような味わいを楽しむことができます。 かなりおいしくて、おすすめできます。 これなら残り汁を捨ててしまうのは、もったいないくらいのクオリティです。 お湯の代わりに牛乳を入れてみる 牛乳を温めて、お湯の代わりに牛乳を入れて食べてみます。 温めた牛乳を入れます。 (沸騰直前くらいで止めたほうがいいです。 実際に食べてみた感想 牛乳とチリトマトがあわさると、ピザソースがクリーミーになったような味になりました。 スープを飲むとチリソースがミルクでマイルドになります。 おいしいか?ですが、はっきり言ってめちゃくちゃうまいです。 チリトマトヌードルに牛乳はめちゃくちゃ合います。 カップヌードルはラーメンですが、パスタを食べているような感覚になります。 ピリ辛でもありますが、ミルクの甘みもあって、イタリアンなカップヌードルになります。 残り汁(スープ)にごはんを入れる チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんを入れていきます。 ごはんを足して、混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 ごはんを入れてリゾット風にしてみると、これまたピリ辛のスープにごはんがよく合っています。 ピリ辛なだけでなく、ごはんのほのかな甘みもあり、イタリアンなピザ風味のスープとごはんがマッチして、とてもおいしいです。 チキンライスのような味わいも少し感じました。 スープの中に残っているかやくが具材となって、さらにおいしさを引き立ててくれます。 牛乳とお湯の割合 今回は、お湯の代わりにすべて牛乳を使いましたが、お湯と牛乳を混合する調理方法もあります。 ネットで調べてみたところ、お湯1:牛乳1の半々で割ったり、お湯2:牛乳1で割ったり、お湯1:牛乳2で割ったりと、それぞれ自分の好みに合わせて、お湯と牛乳を混ぜてチリトマトヌードルを作っていました。 牛乳のみでも十分おいしいですが、お湯との混合もいけるようです。 自分の好みの混合割合を見つけるといいかもしれません。 チリトマトヌードルのふたを開封して、熱い牛乳を注ぐ前にチーズを入れます。 熱い牛乳を注いで3分待ったらできあがりです。 よくかき混ぜてから、食べてみました。 実際に食べてみた感想 チリトマトヌードルは、ピリ辛ですが、ミルクとチーズが加わることで、甘みを感じるかなりマイルドな味わいに変化します。 辛みもかすかに感じますが、辛みを期待するとちょっともの足りないかもしれません。 かなりマイルドなクリーミーな甘みのあるクリームパスタのようなヌードルになります。 おいしいですが、ちょっとチリトマトヌードルのイメージとは離れてしまい、違和感を感じるかもしれません。 残り汁(スープ)にごはんを入れる チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんとチーズを入れていきます。 まずはごはんを足します。 次にチーズを足します。 そして、よくかき混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 まさにチーズリゾットといった感じで、めちゃうまいです。 スープの旨味とチーズがうまくマッチしていて、かなりおいしい味になりました。 正直、麺を食べたときよりもおいしいと感じました。 牛乳入りのスープのほうが、お湯のときよりもチーズとごはんにより合っていると思います。 ピリ辛な中に甘みもあって絶妙なおいしさをかもし出してくれます。 スープに残ったかやくも具材としておいしく食べることができます。 まとめ チーズと牛乳でチリトマトヌードルをアレンジするのは、大正解でした。 最後にチーズと牛乳両方で作りましたが、個人的には、チーズ、牛乳、それぞれ単品でのトッピングのほうが好きです。 チーズと牛乳両方の場合、甘みが増して、チリトマトヌードル特有の辛みがなくなるので、唐辛子やタバスコなどの辛みを追加したほうが、味が整うと感じました。 残り汁にごはんを入れて、リゾット風にするのも正解で、とてもおいしく食べることができます。 飲まなければ、捨ててしまう残り汁を有効活用できます。 ただし、麺を食べたあとに、さらにごはんを食べると、かなりの量を食べることになり満腹にはなりますが、やや食べすぎになってしまうので、健康のことを考えると、毎回食べるのは、やや抵抗を感じました。

次の

チリトマトヌードルアレンジ!チーズと牛乳を足して食べてみた^^

チリトマト ヌードル アレンジ

チーズをトッピング 今回使用したチーズは、トップバリュのとろけるミックスチーズで、ゴーダチーズ(80%)とモッツァレラチーズがブレンドされたものを使用しました。 チリトマトヌードルのふたを開封して、お湯を注ぐ前にチーズを入れます。 お湯を注いで3分待ったらできあがりです。 よくかき混ぜてから、食べてみました。 実際に食べてみた感想 トッピングなしで食べたときと比べるとやさしい口あたりでまろやかで、少しチリっぽい辛味も和らぎます。 チリトマトヌードルとの相性もよく、もともとのチリトマトヌードルの旨味にチーズ風味が加わり、これはこれでおいしくいただけます。 チーズをもっと効かせたかったので、途中でさらにチーズを追加しました。 チーズでかなりマイルドになるので、辛いほうが好きな人は、タバスコや唐辛子を入れてもよいですね。 残り汁(スープ)にチーズ&ご飯(ライス) チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんとチーズを入れていきます。 まずはごはんを足します。 次にチーズを足します。 そして、よくかき混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 微かな辛味とチーズの甘みがごはんと合っていて、よい味に仕上がっています。 イタリア風なチーズリゾットのような味わいを楽しむことができます。 かなりおいしくて、おすすめできます。 これなら残り汁を捨ててしまうのは、もったいないくらいのクオリティです。 お湯の代わりに牛乳を入れてみる 牛乳を温めて、お湯の代わりに牛乳を入れて食べてみます。 温めた牛乳を入れます。 (沸騰直前くらいで止めたほうがいいです。 実際に食べてみた感想 牛乳とチリトマトがあわさると、ピザソースがクリーミーになったような味になりました。 スープを飲むとチリソースがミルクでマイルドになります。 おいしいか?ですが、はっきり言ってめちゃくちゃうまいです。 チリトマトヌードルに牛乳はめちゃくちゃ合います。 カップヌードルはラーメンですが、パスタを食べているような感覚になります。 ピリ辛でもありますが、ミルクの甘みもあって、イタリアンなカップヌードルになります。 残り汁(スープ)にごはんを入れる チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんを入れていきます。 ごはんを足して、混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 ごはんを入れてリゾット風にしてみると、これまたピリ辛のスープにごはんがよく合っています。 ピリ辛なだけでなく、ごはんのほのかな甘みもあり、イタリアンなピザ風味のスープとごはんがマッチして、とてもおいしいです。 チキンライスのような味わいも少し感じました。 スープの中に残っているかやくが具材となって、さらにおいしさを引き立ててくれます。 牛乳とお湯の割合 今回は、お湯の代わりにすべて牛乳を使いましたが、お湯と牛乳を混合する調理方法もあります。 ネットで調べてみたところ、お湯1:牛乳1の半々で割ったり、お湯2:牛乳1で割ったり、お湯1:牛乳2で割ったりと、それぞれ自分の好みに合わせて、お湯と牛乳を混ぜてチリトマトヌードルを作っていました。 牛乳のみでも十分おいしいですが、お湯との混合もいけるようです。 自分の好みの混合割合を見つけるといいかもしれません。 チリトマトヌードルのふたを開封して、熱い牛乳を注ぐ前にチーズを入れます。 熱い牛乳を注いで3分待ったらできあがりです。 よくかき混ぜてから、食べてみました。 実際に食べてみた感想 チリトマトヌードルは、ピリ辛ですが、ミルクとチーズが加わることで、甘みを感じるかなりマイルドな味わいに変化します。 辛みもかすかに感じますが、辛みを期待するとちょっともの足りないかもしれません。 かなりマイルドなクリーミーな甘みのあるクリームパスタのようなヌードルになります。 おいしいですが、ちょっとチリトマトヌードルのイメージとは離れてしまい、違和感を感じるかもしれません。 残り汁(スープ)にごはんを入れる チリトマトヌードルを食べ終えた残り汁(スープ)にごはんとチーズを入れていきます。 まずはごはんを足します。 次にチーズを足します。 そして、よくかき混ぜたらできあがりです。 実際に食べてみた感想 まさにチーズリゾットといった感じで、めちゃうまいです。 スープの旨味とチーズがうまくマッチしていて、かなりおいしい味になりました。 正直、麺を食べたときよりもおいしいと感じました。 牛乳入りのスープのほうが、お湯のときよりもチーズとごはんにより合っていると思います。 ピリ辛な中に甘みもあって絶妙なおいしさをかもし出してくれます。 スープに残ったかやくも具材としておいしく食べることができます。 まとめ チーズと牛乳でチリトマトヌードルをアレンジするのは、大正解でした。 最後にチーズと牛乳両方で作りましたが、個人的には、チーズ、牛乳、それぞれ単品でのトッピングのほうが好きです。 チーズと牛乳両方の場合、甘みが増して、チリトマトヌードル特有の辛みがなくなるので、唐辛子やタバスコなどの辛みを追加したほうが、味が整うと感じました。 残り汁にごはんを入れて、リゾット風にするのも正解で、とてもおいしく食べることができます。 飲まなければ、捨ててしまう残り汁を有効活用できます。 ただし、麺を食べたあとに、さらにごはんを食べると、かなりの量を食べることになり満腹にはなりますが、やや食べすぎになってしまうので、健康のことを考えると、毎回食べるのは、やや抵抗を感じました。

次の