タフ 龍 を 継ぐ 男 最新 話。 タフ外伝 龍を継ぐ男【第209話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

【期間終了】計250ページ以上が無料に!『TOUGH 龍を継ぐ男』が期間限定で無料公開中!

タフ 龍 を 継ぐ 男 最新 話

タフ外伝 龍を継ぐ男【第209話】のネタバレ 前回のあらすじ… 龍星は、バッキーの攻撃を躱し一撃を喰らわせます。 しかし、ノーダメージのバッキー。 一方、静虎はシャノンが女性だと戦えないと逃げますが、強烈な一撃を喰らい傷付くのでした… バッキーのトマホークアーム… バッキーは、自分の異名を龍星に教えます。 ミノタウロス。 それは、凶暴にして怪力で強靭な肉体を持つ、大斧の武器を使いこなす牛頭人身の怪物であると… 突然、バッキーの右手が変化します。 バッキーは、事故で瀕死だった時にゴア博士が改造手術をして助けてくれた。 トランス・ヒューマンのミノタウロスとして蘇ったのだと… 右腕をトマホークアームに変えるバッキー。 バッキーは、トマホークアームで龍星を付いて行きます。 廃車の後ろまで追い詰められる龍星。 龍星は、バッキーの頬に一撃を当てます。 バッキーは、一発もらっても大きいのを一発入れ返したら終わりだと言います。 龍星の頭にトマホークアームを突きつけるバッキー。 龍星はジャンプしそれを躱します。 龍星は、逃げるのが上手いと馬鹿にするバッキー。 龍星は、バッキーに言います。 自分を傷つけずに勝つことが出来るのかと… 静虎、シャノンに噛みつかれる… 一方、鋭く強い打撃を受ける静虎。 静虎は、シャノンに攻撃を止めるように言い続けて行きます。 自分は、シャノンとは全く戦うつもりがない。 静虎は、武術には痛み受けといい、攻撃している方も負傷する技があると教えます。 シャノンの蹴りを受けながら足を叩く静虎。 痛みに苦しむシャノン。 静虎は、その隙を付いてシャノンの首を絞めます。 落とそうとする静虎。 しかし、シャノンは笑います。 自分を倒すにはチョークスリーパーしかないと思っていた。 シャノンは、静虎に言います。 トランス・ヒューマンのナーガとして肉体強化をすると言います。 シャノンは、静虎の腕を噛みます。 毒が体の中に入っていき、激痛で苦しむ静虎でした… 「タフ外伝 龍を継ぐ男」を無料で読む方法 以上、タフ外伝 龍を継ぐ男【第209話】のネタバレを紹介しましたがやはり絵つきで読んだ方が面白いですよね。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに「タフ外伝 龍を継ぐ男」を無料で読めますよ。 最新話を無料で読むことはできませんが、「タフ外伝 龍を継ぐ男」の最新刊や単行本を無料で読むことはできますのでオススメです! 「タフ外伝 龍を継ぐ男」を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 無料期間中の解約で違約金は一切ありません >>「タフ外伝 龍を継ぐ男 」を全巻読みたい方はコチラ! タフ外伝 龍を継ぐ男【第209話】の感想 バッキーの腕がトマホークアームに変化するとは驚きでした! 当たればタダで済まない破壊力を秘めてました。 躱し一撃を当てる龍星。 しかし、バッキーは怯まずに強烈な一撃を放ちます。 何とか逃れる龍星。 一方、シャノンの攻撃を受け傷つく静虎。 痛み受けで反撃し、チョークスリーパーで落とそうとする静虎。 が、シャノンは笑い、静虎に噛みつきます。 毒で苦しみだす静虎。 龍星と静虎は勝つことが出来るのか? 次の話も楽しみですね!! 次回のタフ外伝 龍を継ぐ男【第210話】掲載の週刊プレイボーイ2020年29号発売日は7月6日になります! まとめ 以上、タフ外伝 龍を継ぐ男【第209話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

TOUGH 龍を継ぐ男 最新刊(次は17巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

タフ 龍 を 継ぐ 男 最新 話

本作の魅力は、登場人物や武術がリアルに描かれているところ。 敵キャラクターは、大半が実在の格闘家や武術家をモデルとしています。 戦いのシーンも非現実的な技はなく、実にリアルな描写がされているのです。 さらに、格闘家や武術を知らない人でも親しめるように解説もされており、誰でも楽しめる内容となっています。 作者の猿渡哲也は、本作の他に『力王 RIKI-OH』などの作品で知られる漫画家。 あの『サラリーマン金太郎』でお馴染み・本宮ひろ志のアシスタントを務めたこともある人物です。 本作でもわかるように筋肉の描写が緻密で、登場人物の熱気やパワーが伝わってくる絵柄が特徴的となっています。 本作の単行本の帯には実在の格闘家が推薦コメントを寄せるなど、格闘技の世界でも根強い人気を誇っています。 後述するように登場人物のモデルに格闘家が使われるなど、格闘技ファンには嬉しい内容になっているのも特徴です。 『高校鉄拳伝タフ』のまとめ【あらすじ】 シリーズ2作目となる本作では熹一は19歳となり、体格も性格も成長。 前作の結末で、父・静虎は再起不能になっており、その治療費を稼ぐために彼は戦っているのでした。 ヤクザと手を組んで闇の試合をおこなっていますが、しだいに表の舞台「ハイパーバトル」という世界へと移っていきます。 その過程で彼は、自身の出生の秘密にも触れることになります。 そして、ライバルである幽玄真影流との戦いも始まっていくのです。 個性的な敵も多数登場し、波乱に満ちた戦いが始まります。 「人はなぜ戦うのか」「愛とはなにか」など、深いテーマを扱っているのも本作の大きな特徴。 バトルをとおして、熹一はどのように成長していくのでしょうか。 作品の見所は? 敵キャラクターの過去が描かれる点も、要注目。 虐待を受けた者や殺人の前科がある者など、一癖も二癖もある格闘家が現れます。 本作では伯父・鬼龍や静虎など、熹一をとりまく人物の過去が明らかに。 鬼龍は熹一の実父と考えられていましたが、謎が解き明かされるにつれて、そうではないことが判明します。 それでも熹一にとっては特別な存在であり、物語の鍵を握っている人物なのです。 静虎は、序盤では再起不能の状態ですが、中盤で復活。 なんと、熹一とは実の親子ではないことがわかります。 それでも今までどおりの親子関係を続ける2人の姿は、なんとも微笑ましいです。 鬼龍も静虎も熹一の父親ではないのなら、一体誰が彼の親なのでしょうか。 それが、本作の大きな謎の1つ。 それも、終盤で明かされます。 『TOUGH 龍を継ぐ男』は数々の謎が熱い!【あらすじ】 修行をしているうちに、龍星は静虎の息子・熹一のことを意識し始めます。 熹一は、ある事件がきっかけで、鬼龍のように冷徹な人間になってしまっていたのでした。 熹一を追ううちに、数々の強敵との戦いに巻き込まれる龍星。 そして熹一は「血の謝肉祭」というという格闘大会を開催し、自分に関わりのある格闘家を強制的に参加させることにします。 熹一はなぜ変わってしまったのでしょうか。 そして、龍星は父・鬼龍と出会えるのでしょうか。 本作の見所は、たくさんの謎があるところです。 前作では優しい青年だった熹一が、なぜ冷酷な人間になってしまったのしょうか。 そして鬼龍は生きているのでしょうか。 数々の謎があり、少しずつ解き明かされていく過程が、読者を魅了します。 黒幕らしき人物も登場し、複雑な人間関係が展開されるのです。 作品の見所は?最新11巻の見所もネタバレ紹介! 11巻では、サイボーグや光学迷彩などを使った改造人間が敵として立ちはだかります。 熹一は並の人間では勝負にならないので、このような敵が送り込まれたのです。 「血の謝肉祭」の背後には、実は中国の軍部が絡んでおり、まだ見ぬ陰謀が徐々に明らかとなっていきます。 その一方で、静虎は中国人武術家・馮の悪行を白状させますが、それは意外なものだったのでした……。 本巻の見所は、物語の真相に近づいていくことが感じられる白熱の展開。 今までは影を潜めていた中国人たちの存在が明らかになり、サイボーグなどの改造人間なども含めて、一癖も二癖もある敵として登場します。 10巻までではわからなかった事実も明らかになり、物語が加速していく展開に、読んでいて興奮すること間違いなしでしょう。 人気長編格闘漫画「タフ」シリーズ、いかがでしたでしょうか。 これだけ長く続いているにも関わらず、いまだに多くの謎が残っていて読者を楽しませてくれるのも、本作の魅力の1つです。 もちろん迫力満点のバトルシーンが見モノなのは、言うまでもありません。 ぜひこの機会に、本シリーズを手に取ってみてはいかがでしょうか。

次の

【TOUGH 龍を継ぐ男】最新刊15巻の発売日予想!収録話を無料で読む方法も

タフ 龍 を 継ぐ 男 最新 話

〜もくじ〜• 龍星の裏切り 米軍はガルシアの遺体を回収し、キー坊・オトン(静虎)・尊鷹もヘリに同乗して会場であるタンカーを後にする。 鬼龍はブラッドカーニバルの仕掛け人であるマクマレン長官の元を訪れて、 キー坊との立会いで一時的に仮死状態となり蘇生したこと、そして ガルシアも仮死状態であり死んでないことを明かす。 蓮華・菩薩拳は仮死状態にするだけの殺法で、オトンはヘリの中でガルシアを蘇生し、鬼龍はマクマレン長官を殺害。 一段落したと思いきや、龍星は病院を抜け出して行方不明となる。 フランス パリの美術館では鬼龍と龍星の親子が対面。 龍星はガルシアによって左目を失明し、右目も0. 01と弱視となってしまったのは、自らの甘さと弱さが原因だと痛感。 このことがあり、 龍星は大恩があるオトンに対して自分がどこまで非常になれるか試してみたくなり、鬼龍と龍星のターゲットはオトンと決まる。 しかし、死んだと思っていた父親である鬼龍を目の前にしても、何の感情もわかない龍星は鬼龍に攻撃するが、簡単に避けられ拳を掴まれて身動きできず。 鬼龍は龍星を本物の龍として育てることを決意した。 ガルシア脱走 蘇生した後、ガルシアは超優秀な兵士として公にできないような重要な任務に就いていると思っていた宮沢家。 しかし、実際は沖縄の米軍基地でただの臓器提供のドナーとして酷い扱いを受けていた。 しかし、ガルシアは2回目の手術直前に医師を殺して脱走。 龍星の育成 「龍は闇の中で成長する」ということで、龍星は暗闇の中で元プロボクサーのドリスと対決。 暗闇の中でドリスを捕まえられず最初はボコボコにされる龍星だが、オトンの技で相手の気を察知し潜在能力を開花。 ドリスの拳を全て避けると、目を上がった後に顔を踏み潰して龍星の勝利。 しかし、龍星は何の感情も湧かず、鬼龍も龍星になんの声もかけなかった。 ガルシアを狩る男 ガルシアは泳いでキー坊たちの道場近くの海まで到着し、宮沢家に匿ってもらう。 マクマレン長官の後釜についたブラック長官は、ガルシアを殺すために ジム・スヌーカを呼び寄せる。 スヌーカは今までに現在よりも強いガルシアの兄弟を3人も殺した男であり、強いだけでなく魔法が使えるとか(ブラック長官談)。 ガルシアは突然変異で全ての臓器が強靭にできているが、鬼龍はガルシアの心臓を欲しがっている。 目的は唯一の娘である優希にガルシアの心臓を移植するため。 スヌーカはガルシアに埋め込んだマイクロチップの信号を頼りに、潰れたボウリング場に辿り着くがそこにはキー坊が待ち構えていた。 マイクロチップはガルシアが自ら体内から取り出し、キー坊がスヌーカと対決。 一進一退の攻防だったが、スヌーカの目を見たキー坊は催眠状態になり、動けなくなる。 そこへ駆けつけたオトンの声で我に返ると、オトンと共闘するつもりだっが、ガルシアがいないと分かるとスヌーカはその場を後にした。 スヌーカ強襲 ガルシアは尊鷹に守られており、タイヤの積まれた工場を隠れ家にして守られていた。 そんな時、鬼龍が日本に到着。 新宿のホテルでスヌーカと合流すると、そこにキー坊の行動を逐一チェックしていた木場が現れる。 キー坊とオトンも尊鷹とガルシアに合流。 ガルシアは隠れ家に迷い込んできた猫を抱きかかえ、心が芽生えてきたように感じる。 そこへ鬼龍から電話が来たと思いきや、タイヤに火を付けられて隠れ家は炎上。 その混乱に乗じて、スヌーカがガルシアを強襲するが、猫をかばうガルシアはいつもの動きができない。 そこへ尊鷹が間に入ってガルシアをかばうが、カメラで様子を観ている鬼龍は尊鷹を偽善者と蔑み、その隣には龍星がいた。 まとめ キー坊は鬼になったわけではなく、同じ敵同士だった鬼龍と手を組んだだけで灘神影流に戻ってきたし、鬼龍も死んでいませんでしたね。 これからガルシアがどうなるのか?• 龍星は本当にオトンたちを裏切ったのか? 見ものになってきましたね。 TOUGH 龍を男14巻は9月19日発売です。

次の