請求書 挨拶文。 個人事業主・フリーランサーのための請求書の送付状の書き方

請求書の添え状の書き方と例文を紹介!【添え状サンプル付き】

請求書 挨拶文

示談書の送付状(案内文・挨拶文) 示談書の送付状について 示談書を送る際の送付状に特に決まりがありませんので、一般的なビジネス用のものでも構いません。 ただ、被害者側から送る場合は、原本2部に署名捺印の上1部返送をするよう、説明を補足しておくことが重要です。 加害者側から送る場合には、改めてお詫びの言葉を添えるなどした方が良いと思います。 さて、早速ですが、示談書を送付いたしますので、ご査収下さい。 文面内容をご確認の上、2部とも署名捺印をしてご返送下さい。 折り返し、こちらからも署名捺印をして1部返送いたいます。 以上、宜しくお願い申し上げます。 この度は、多大なご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ありません。 示談に承諾をいただけましたこと、心から感謝申しあげます。 早速ですが、署名捺印が済みましたので、示談書を返送いたします。 ご査収ご確認のほど、よろしくお願いします。 支払期日は厳守いたします。 以上、宜しくお願い申し上げます。 敬具 示談書. net/目次 示談書・和解書について 男女関係の示談書 交通事故の示談書 その他の事故の示談書 製造物責任・工作物・営造物責任 労働問題の示談書 賃貸借 学校内 犯罪被害 事務所概要 事務所概要.

次の

請求書につける挨拶文・送り状・送付状

請求書 挨拶文

請求書に添え状は付けるべき? ミスや行き違いを防ぐためにも請求書に添え状や送付状は付けるべき ミスや行き違いを防ぐためにも請求書に添え状や送付状は付けるべきです。 請求書と一緒に送る添え状・または送付状は、添付書類の枚数や、どんな書類を送ったのか、届け先が間違ってないかを確認する役割があります。 そのため、請求書と一緒に添え状・送付状を送る方が、様々なトラブルを防ぐことに繋がります。 また、送付にFAXを使う場合に見落としを防ぐことができますので、紙面で送る場合は特に、送付状は重要であると考えられます。 メールで請求書を送る場合は添え状・送付状の郵送は不要 メールで請求書を送る場合は添え状・送付状の郵送は不要です。 請求書を紙面ではなく、メールで送信する場合もあります。 その場合は、メールの本文に添え状の内容を入力しますので、わざわざ書面で送付する必要はありません。 また、メールの場合も書面と同様の書き方をします。 フリーランスならなおさら請求書や添え状・送付状の作成は重要 フリーランスならなおさら請求書や添え状・送付状の作成は重要です。 仕事を受注して、成果やサービスを相手に提供することも重要ですが、報酬を請求しなければお金をもらい損ねる可能性があります。 会社であれば、仕事の指示で作成することもあるでしょうが、フリーランスは自分で作らなければなりません。 3種類の高品質な無料テンプレートがダウンロードできます。 ファイル形式は. docxとなっており、Wordで開けるタイプです。 テンプレートの中身は、必要事項だけのもの、部署担当者名を記入できるもの、手書きメッセージを添えられるものから選べます。 送付状だけではなく、請求書のテンプレートも一緒にダウンロードできます。 また、ページには書き方も掲載されているので、見ながら書類を作成することができます。 また、請求書・送付状を作成・郵送するサービスツールの提供もあります。 たくさんの送付状テンプレートの種類から選ぶことができます。 また、横書きだけではなく縦書き、英語表記のテンプレートが数種類ずつあるため、自分に合ったタイプの書面を選ぶことが可能です。 送付状の書き方とともに、エクセル形式での送付状のテンプレートがダウンロードできます。 ワードではなく、エクセルで書面の内容を編集したい場合などにおすすめです。 下記に紹介するサイトには、メールで添え状を送る場合の文例テンプレートが掲載されています。 書面による郵送ではなく、メールで送りたい場合におすすめです。 請求書の添え状の書き方・例文は? 必要な項目の記載さえあれば請求書や添え状・送付状は手書きでもよい 必要な項目の記載さえあれば請求書や添え状・送付状は手書きでもよいです。 一般的に請求書などの書類はパソコンで作成します。 しかし、緊急事態や事情によりパソコンで作れない場合は、必要事項さえ記載されていれば、手書きで作成しても問題ありません。 もし手書きで送る場合は、次のようなことに注意しましょう。 書類を書く上での基本ですが、ボールペンで作成します。 また、請求書には数字を記入しますが、0・6、1・7のような見間違えしそうな数字は気を付けて書きましょう。 手書きの請求書で送ると相手がおどろく可能性もあるので、一言断りを入れておきましょう。 通常の文書と同じく「(西暦)年5月1日」というふうに、文書を作成した日または送付した日を記載します。 記載する位置は、紙面の右上にくるようにします。 日付は請求書の日付とズレていても問題ありません。 請求書を送る相手の住所や担当者、部署名などを記載します。 あまり接点のない会社に送る場合は「社名+御中」で記載します。 指定の担当者がいる場合は「部署+担当者名」と記載します。 社名を書く際「株式会社」は省略せず書きましょう。 名前はフルネームで記入した方がいいですが、姓だけでも問題ありません。 位置は紙面の左上になるように記載します。 通常の文書と同じく、何の文書なのかを表すタイトルを付けます。 また、取引先に送る文書になるため時候の挨拶を入れるようにしましょう。 タイトルは宛名よりも下の位置に、中央寄せで記載するのが一般的です。 例文を挙げてみましょう。 タイトルは「請求書のご送付」や「請求書のお知らせ」といったシンプルな一言で大丈夫です。 次の挨拶文ではまず頭語の「前略」「拝啓」から始め「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」「貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」と続けて書き、要件を書いていきます。 挨拶文を書いた後に、続けて文書の要件を短く記載します。 例えば「請求書を送付致しますので宜しくお願い申し上げます」「下記の通り、書類を送付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願いします」といった文を付け加えます。 本文に要件を書き終わった際に、結語という結びの挨拶として「敬具」や「草々」と記載します。 挨拶は初めの挨拶である頭語によって、記載する結語が違います。 例えば頭語が「拝啓」なら結語は「敬具」です。 頭語が「前略」なら結語は「草々」という風に組み合わせが決まっているので注意しましょう。 本文を書いた後に、添付する書類の内容と、枚数を記載します。 書き方はまず中央寄せで「記」と書き、その次にリスト形式で「請求書 1部」など添付書類を書いていきます。 書き終わったら右寄せの「以上」で締めます。 メールであれば、署名として一般的に送り主の連絡先を記載します。 しかし、請求書を郵送する場合は、送付状に送り主の住所や連絡先を記載する必要はありません。 本文に書くほどではない補足文を入れたい場合は、箇条書きの後に備考メッセージとして記入することができます。 例えば「ご不明点などございましたら~」といった連絡先や注意事項を記入するケースもあります。 縦書きや横書きの場合でも、書類は三つ折りにして封筒に入れます。 なお、A4サイズが入る封筒に入れる場合は折らなくても大丈夫です。 封筒に書類を入れる際、向きがあります。 入れ方ですが、まず封筒を宛先欄の裏側に向けます。 そして、書類の拝啓などの頭語が書かれている面を上にして、封筒に入れます。 便箋の上端が右上になるように入れるように気を付けましょう。 請求書はお互いにとって重要な書類です。 相手が気付かなければ、支払いや受け取りができなくて困ってしまいます。 そうした見落としを防ぐためにも、封筒に「請求書在中」の文字を表記しておくことが大切です。 表記する際のポイントですが、気づかなければ意味がないので、分かりやすい場所に記載することです。 記載方法は印刷や手書きなど何でもいいですが、できれば請求書在中のスタンプがあれば、より目立つので気に留めてもらいやすいでしょう。 なお、封筒が横書きの場合は右下、縦書きの場合は左下に表記します。 請求書の添え状は重要な役割がある 以上が請求書の添え状のテンプレート紹介や書き方などについてでした。 郵送で請求書を送る際、添え状も添付しておくと、行き違いなど様々なトラブルを防ぐことができます。 無料で使えるテンプレートも入手できますので、送付する際はぜひ活用してみてください。 ほかにも送付状やご請求書の例文やテンプレート、書き方などをまとめた記事があります。 よろしければ、そちらも併せてご覧ください。

次の

お詫び状/詫び状/謝罪文》例文/書き方/封筒/お詫び文/お客様/個人/ビジネス

請求書 挨拶文

Q 取引会社に請求書を郵送したいのですが、請求書のみを送り付けるのは 失礼にあたると思い、1枚は挨拶文の書類で、2枚目を請求書にしようと考えています。 ネットでも探してみたのですが、1枚の請求書のみのフォーマットしか見つからず、 どんな挨拶文の書類にすれば良いのか困っています。 挨拶文の主な内容は『挨拶、請求書を送付しますのでよろしくお願いします、今後も当社を よろしくお願いします』といった内容の物です。 そんなに堅苦しい文章でなくてもOKですが、なにぶん当方文才が無いので困っています。 どなたかどんな挨拶文の書類のすれば良いか教えて下さい。 また、そんな請求書を送る時の挨拶文のフォーマットが有りましたら合わせて教えて下さい。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 3ヶ月前に飲食店を開店した者です。 今まではカードと現金のみでの会計でしたが、お客様に「次回からは請求書で頼む」と言われました。 しかし、請求書を作成したことがなく、どのように書いてよいのかわかりません。 特別なソフトを使用することなく、作成したいのですが。。。。 (私のパソコンはワードも入っておらず、文書作成時に必要な線や枠を引くことさえできません) そこで質問させていただきます。 1・請求書には何をどのように書けばよいのでしょうか?飲食店からの請求書の見本になるような画像がネットで落ちていたら是非教えてください。 2・文房具屋で売っている請求書でも構いませんか? 3・それから、いつ頃発行すればいいのでしょうか? 4・請求書先が大手証券会社なのですが、色々な役職の方が来られて、どこに送ればよいのかもわかりません。 よろしくお願い致します。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 Q 営業事務をやっております。 お客様に「請求書と領収書が欲しい」と言われているのですが やはり請求書と領収書を一度に郵送するのはおかしいでしょうか。 相手の方は何度かご注文を頂き、弊社社長とも少しだけ関係ある 信頼できる会社の社長(の秘書)さんで、きちんといつも入金して 頂いてます。 いつも1~3万程のお買い物で、その都度事前に銀行 振込みをしていただいてたのですが、月末一括請求にすることに しました。 他の会社でのお話が聞きたくて相談しました。 みなさんの会社でも、請求書を送って、入金されて、領収書を 送って・・という作業をしてますでしょうか。 他の取引先は請求書を領収書代わりにしているのですが、この方だけ 違うので些細なことですが戸惑ってます。 A ベストアンサー tabbycatさんのご質問文につき若干の善解を加えつつ、できるだけ疑問点に絞ってまとめてみます。 領収書は基本的に、相手から求められたら発行しなければなりません(民法486条)。 ただし、発行しないことで両者が合意していれば、それは領収書不発行契約になりますので、発行する必要が無くなります。 (なお、ホームページ等に「領収書は発行しません」と書かれているものについては、微妙です。 契約条項といえるようにも思える一方で、領収書は重要な書類であるためその契約条項自体が無効ともいえそうです。 ) 請求書は残念ながら、領収書の代わりにはなりません。 なぜなら、請求書はお金を払ってもらう前に発行するもの、領収書は払ってもらった後で発行するものだからです。 (お書きになりたかったのは、他の取引先に対しては領収書を発行していない、ということですよね?) そして、領収書がお金を払ってもらった後で発行するものである以上、請求書に同封するのは危険を伴います。 請求書と同時に領収書を受け取った相手にとっては、お金を払っていないのに「もう支払いましたよ、ほら、領収書もここにあります」と言い返せるからです。 信用も信頼関係もあるうちは大丈夫でしょうけれど、相手が資金繰りに厳しくなったときにはそのようなことをされないとも限らず、そして資金繰りはいつ悪化するのか分かりませんから、同封にはビジネスリスク(言い換えるとデメリット)があるといえます。 もちろん、同封すれば事務処理が軽減しますから、事務コスト減少のメリットが生じます。 郵送している場合には、郵便コストの軽減にもなります。 つまり、メリット・デメリットのある話です。 だから、これらのメリットと上記リスクとを天秤にかけて、どうするかを決めることになりますネ。 最後に、銀行振込であれば、銀行の発行する振込証書が領収書の代わりになり得ます。 振込証書は、品名などが記載されないので領収書そのものとはなりませんが、第三者的立場である金融機関が発行する点で、お金を受け取った会社自体が発行する領収書よりもむしろ信頼性の高い書類ともいえます。 つまりは、どちらをとっても良し悪しです(領収書に分があるのは否めません)。 税務上も、振込証書で代用できます。 実際にも、このような運用は少なくありません。 そこで、その取引先へ、振込証書は金融機関が発行するから信頼性が高いし税務上も問題ないので振込証書を領収書代わりにしてもらえないか、とお願いしてみるのもいいかもしれません。 tabbycatさんのご質問文につき若干の善解を加えつつ、できるだけ疑問点に絞ってまとめてみます。 領収書は基本的に、相手から求められたら発行しなければなりません(民法486条)。 ただし、発行しないことで両者が合意していれば、それは領収書不発行契約になりますので、発行する必要が無くなります。 (なお、ホームページ等に「領収書は発行しません」と書かれているものについては、微妙です。 契約条項といえるようにも思える一方で、領収書は重要な書類であるためその契約条項自体が無効ともいえそう...

次の