人権作文 内容。 法務省:全国中学生人権作文コンテスト

良い人権作文の条件とは?書き出しにインパクトを持たせる6つの工夫

人権作文 内容

人権作文(意見文)にアドバイスお願いします。 内容や段落、句読点について等お願いします。 私は、誰でも一度は「人権侵害」をしたことがあると思う。 しかし、私達はその人権侵害に気付いているだろうか。 例えば、勝手にネット上で他人の住所や電話番号等を公開したり、他人に相手の許可なくメールアドレス等を教えたりする事は、プライバシーの侵害だ。 また、「うざい、キモイ」と言えば、たとえ自分がいじめているつもりはなくても、それは言葉のいじめになる。 その言葉が、相手の人格を否定しているからだ。 それに、「女だから、男だから」と言って、人の好みのものを馬鹿にすれば、偏見になり差別にもある。 これらの例えは全て「人権侵害」になる。 こう言われると、自分は人権侵害なんてしていないと思っていた人も、思い当たる事があるかもしれない。 このように、人権や人権侵害は、とても身近にあるものだ。 人権侵害は、自分が気付かないうちにしてしまっている時がある。 それはとても恐ろしい事だ。 なぜなら、自分が気付かなくても、人権侵害をされた相手は傷ついているかもしれないからだ。 そして、この無自覚な人権侵害が、相手を追い詰め、殺してしまうことだってある。 こう言われても現実味が無いかもしれないが、実際にこのような事は起きている。 それに、殺すとまではいかなくても、その事で悩んだり、不登校になったりするかもしれない。 このように、人権侵害は、自分がしていると気付かなかった、では済まされない自体を引き起こすこともあるのだ。 そのような自体を引き起こさないためにも、私達は人権について理解し、自分の言動がどのような事を引き起こしてしまうかを考える必要がある。 しかし、それでも人権侵害をしてしまう事はあると思う。 そして、人権侵害をしたと気付いていなければ、人権侵害をされた方が指摘しなくてはならない。 もし、された方が指摘できなかったら、周りの気付いている人が指摘しなくてはならない。 なぜなら、そうしないと人権侵害が無くならないからだ。 いくら人権について理解し、自分の言動を改めようとしても、中々人権侵害は無くならない。 それは、しょうがない事だと思う。 だが、それを放って置いてはいけない。 私は、人権侵害を無くすためには、まず自分が人権侵害をしていると気付く事が大切だと思う。 そして、一番大切なのは、人権侵害を無くそうという気持ちと行動だろう。 相手がどんな人でも、人権侵害をしていれば指摘することで、人権侵害は段々無くなっていくと思う。 私は、今まで誰でも一度は「人権侵害」をしたことがあると思う。 しかし、私達はその人権侵害に気付いているだろうか。 例えば、勝手にネット上で他人の住所や電話番号等を公開したり、他人に相手の許可なくメールアドレス等を教えたりする事は、プライバシーの侵害だ。 また、「うざい、キモイ」と言えば、たとえ自分がいじめているつもりはなくても、それは言葉のいじめになる。 その言葉が、相手の人格を否定しているからだ。 それに、「女だから、男だから」と言って、人の好みのものを馬鹿にすれば、偏見になり差別にもなる。 これらの例えは全て「人権侵害」になる。 こう言うと、自分は人権侵害なんてやっていないと思っていた人も、思い当たる事があるに違いない。 このように、人権侵害は、とても身近にあるものだ。 人権侵害は、自分が気付かないうちにやっている時がある。 それはとても恐ろしい事だ。 なぜなら、自分が気付かなくても、人権を侵害された相手は傷ついているからだ。 そして、この無自覚な人権侵害が、相手を追い詰め、相手を自殺に追いやってしまうことがある。 こう言っても現実味が無いかもしれないが、実際にこのような事は起きている。 それに、自殺まではいかなくても、その事で苦しめたり、不登校にさせたりするかもしれない。 このように、人権を侵害したことに気付かなかった、では済まされない事態を引き起こすこともあるのだ。 ,そのような事態を引き起こさないためにも、私達は人権について理解し、自分の言動がどのような事を引き起こしてしまうかを考える必要がある。 ,しかし、それでも人権を侵害してしまう事はあると思う。 そして、人権を侵害したと気付いていなければ、人権を侵害された方が指摘しなくてはならない。 ,もし、された方が指摘できなかったら、周りの気付いている人が指摘しなくてはならない。 ,なぜなら、そうしないと人権侵害が無くならないからだ。 いくら人権について理解し、自分の言動を改めようとしても、なかなか実行は難しい。 私は、人権侵害を無くすためには、まず自分が人権を侵害していないかと反省する事が大切だと思う。 ,そして、一番大切なのは、人権侵害を無くそうという強い気持ちと行動だ。 相手がどんな人でも、人権を侵害した時は,やめるよう指摘することで、人権侵害は段々無くなっていくと思う。

次の

人権作文(意見文)にアドバイスお願いします。内容や段落、句読点について等お...

人権作文 内容

人権作文とは?書きやすいテーマは「いじめ」 そもそも人権作文とは何でしょうか。 簡単に説明すると、 人間の権利に関するテーマについて、 自分の意見や考えを述べる作文の事です。 人間の権利に関わることなので、 どんなテーマがあるかというと、• いじめ• 女性問題• 男女差別• 高齢者問題 などがあります。 では、こういった中から、 どういうテーマを選べば良いかというと、 書きやすいのは 自分の経験談が入れられるものになります。 例えば、「いじめ」の場合、 クラスで1回でもいじめが起きていたり、 あなた自身が過去にいじめたり、 いじめられたりしたことがある場合、 経験談を書くことができます。 いじめ以外だと「高齢者問題」が書きやすいです。 祖父母と話をしたり出かけたりした時、 「困った出来事」などがあれば、 それを 経験談として書くことができるからです。 一方、男女差別などのテーマは、 中学生ではやや書きづらいです。 この経験を通して、 いじめを起こさないためには、 次の2つが大事だという事がわかりました。 一つ目は、 クラスでいじられている子がいたら、 すぐに先生に報告するという事。 二つ目は、 誰かをいじることはいじめにつながるからやめよう という雰囲気をクラスで作ること。 こういった感じで、 最後は自分の考えをまとめていくと、 人権作文としては 非常にすっきりとした文章になります。 こういった型にそって人権作文を書いていけば、 誰でも1時間程度で書くことができると思います。 もう少し、時間をかけて体験談などを入れていけば、 入賞することも可能です。 国語力の有無は関係ないので、 一度試していただければと思います。 夏休み明けの実力テストで好スタートを切る方法 ここまでに解説した方法で、 夏休みの宿題や人権作文に取り組めば、 最速で終わるのはもちろん、 良い点数を取ることも可能です。 ただ、夏休みの課題以上に大事なのが、 夏休み明けに行われる実力テストです。 ここで良い点数を取らないと、 内申点は上がりません。 内申点が上がらないと、 高校受験に合格することもできません。 ではどうしたら、夏休み明けの定期テストで、 高得点を取ることができるのでしょうか? 大事なのは、• 効率の良い勉強法を行うこと• 上手に勉強時間を作ること• 勉強に対してやる気を出して取り組むこと の3つです。 そこで現在私は、 この3つのやり方を無料で解説する、 7日間で成績UP無料講座を配信しています。 この講座を読んだ方の中には、 既に5教科合計140点以上上がっている子もいます。 今なら3980円で販売してた成績UPマニュアルも、 受講特典としてプレゼントしていますので、 こちらも参考にし2学期最初のテストから、 好スタートを切っていただけると嬉しく思います。 動画で解説!! 人権作文の書き方の詳細編 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の

人権作文で使いたいテーマ一覧!書きやすい題材やネタの内容を紹介

人権作文 内容

どうもこんにちはMENS GAMAZINEの管理人です。 私は存じなかったのですが、学生の夏休みの宿題の一つに「人権作文」なるものが存在する。 夏休みに人権作文書きます。 一応、中1までは日本に居たので、夏休みの宿題もやったはずなんですが・・・。 さて今回は、この難敵臭漂う人権作文をどのように書き上げれば良いのかを「テーマ」に限定してお伝えしたい。 そして宿題などさっさと終えて、旅行をして頂きたいと考えている次第です。 Contents• 人権作文コンテスト入賞作を見てみる 法務省のページに「第35回全国中学生人権作文コンテスト」入賞作文集が載せられている。 どのような作品が入賞しているのか、その傾向を見てみようと、内閣総理大臣賞と法務大臣賞を受賞した2作品を読んでみた。 総理大臣賞の方は 「基本的人権」、法務大臣賞の方は 「障害者の人権」について語られていました。 これを読んだ私は、テーマを決める際の「ヒント」をみた。 総理大臣賞は、戦争の話です。 祖母が話す曽祖父の姿に感銘を受けた話になっている。 曽祖父は中国の人で、地位や国籍に関係なく、人権を尊重してきた生き方について語られていました。 一方、法務大臣賞は、自身が障害者であり、今まで自分の身の回りで起こった苦い経験などを中心に語られていた。 これを読んだ私は、 「この書き方」が基本になるだろうなと直感した。 つまり、自分にとって「リアル」であること、「身近」なことをテーマにしなければ、 中身のない薄っぺらな作文が出来上がるという話。 仮に、総理大臣賞の書き手が、祖母から聞いた話ではなく、こんな風な話をテレビで見た、とか、新聞で読んだ、という立ち位置だったらどうだろう。 きっとあそこまで、想いのこもった文章は書けなかったろう。 祖母は認知症になりながらも、曽祖父の記憶だけは詳しく淡々と語ると言う。 このような付加要素。 単に情報を吸収した以上の強い体験をしているからこそ、書ける内容になっていると私は思う。 もちろん、話を聞いてそれをどう咀嚼するかは、その子の知性と心の問題なので、作者の才能にも左右されるだろうが、まず前提条件として 「自分と距離が近い」体験をベースに作文を作る必要がある。 障害者のケースでも、世の中にはこのような障害者がいて、どーたらと言ってもおそらくダメ。 余程の想像力と文章を形にする能力がなければ、陳腐になる。 自分が障害者であるケースがおそらく、一番強力で、次は親友が障害者や家族が障害者であるケースが挙げられると思う。 ということで、テーマは自分との距離感、関連性が強いモノにしなければ、意味を為さないということが分かります。 人権作文のテーマの見つけ方 人権作文のテーマとして強力なのは、自分と密接な関係にあるモノであることは上で述べました。 とは言っても、皆が皆、人権作文のテーマになり得るような体験をしているとは限りません。 私は中1の2学期からイギリスに留学していますので、そこで人種差別的な体験もあり、それをテーマにすることは出来ますが、留学以前だったら、特に思いつかない。 毎日サッカーやって、ボールをどうやったら上手く扱えるか? で頭の中はいっぱいで、それ以外のことはあまり深く考えて無かったような気もしてくる。 小学校では「いじめ」はありました。 私はされたこともないし、積極的に関与したこともないのですが、明らかに、いじめはあった。 また、多少、体に不自由を抱える同級生もいたので、私が中1の時点で人権作文を書くとしたら、そのどちらかをテーマにするしか、手段は無いように感じます。 実際、人権作文のテーマとして学校生活の中から考えられるものは、 ・いじめ問題 ・障害者問題 ・男女平等 が多いらしい。 ですので、単純に、 人権作文を完了させるという意味でのテーマ選びは、上の中から自分が「最も書きやすい」と感じるものを選択すれば終わりでしょう。 ただ、良質で賞を得られるような作文を完成させるには、 妥当ではないと感じる。 その理由は受賞作品を見てみれば明白で、どれもが 独自体験を基に構成されているからです。 学校で行われるイジメを見た経験。 一体、どれだけの中学生が体験していることでしょう。 私は人間の感受性には元来、そこまでの差異は無いと思っているので、同じような経験を基に書かれた作文であれば、結果、似たような内容に落ち着いてしまうと考えている。 内容に違いを生むには、 周囲とは異なる経験をテーマに書いていかなければ、厳しいと思う。 中には天才はいるでしょう。 どんなにしょうもない食材でも、三星級のクオリティにしてしまうような奴が。

次の