糸魚川爆。 【楽天市場】翡翠 数珠:純国産糸魚川ヒスイ専門店

上越サーフ 糸魚川サーフ

糸魚川爆

糸魚川静岡構造線 また、2007年には、糸魚川と早川の糸魚川静岡構造線がに選定された(「糸魚川-静岡構造線(糸魚川)」と「糸魚川-静岡構造線(早川)」)。 このほかに進学、結婚、転居で被災地外へ移った人やその意向である元住民もいる。 2016年12月24日. 気象庁• 毎日新聞. [23] 1時間前 743件• 2016年12月23日. 77 参考文献 [ ]• また被災地内で建物を再建しても、費用負担が重いといった理由で、火災以前は通りの景観を形作っていた「雁木」を設けない住民もいるという課題もある。 ・返却ポストは、糸魚川地区公民館、ビーチホールまがたまにもあります。 2016年12月26日. 松本市でのボーリング調査やトレンチ調査などで明らかとなった牛伏寺断層の活動歴は、7000年間に2回とされ 、断層南側の長野県で行われた発掘調査でも、7000年前から2000年前までに複数回および3世紀(255年頃)と7世紀(645年頃)に活動をしたと考えられる痕跡が発見されている。 安曇野市から諏訪湖南方の茅野市付近に至る約45km。 人文地理的な特徴は「」を参照のこと) 糸魚川静岡構造線の西側にはが造られており、やの高山が沿線に連なり、天険を形成する。 糸魚川静岡構造線 また、試乗車、展示車、サービスカーの定期的な除菌も行っております。 2016年12月24日. 被災地域4ヘクタールを中心とする17ヘクタールが対象。 しかし、火勢の拡大から近隣の地方公共団体へ応援を要請、県外を含む31隊(消火隊25・他6)など43隊が投入され 、地元の糸魚川市消防団も50隊が活動を行なった。 なお、平成27年4月24日以前の評価では、3つに区分されていた。 [20] 1時間前 374件• [13] 50分前 4件• PDF プレスリリース , 防衛省, 2016年12月23日 ,• 隈元崇, 藤田雅俊, 下橋優 ほか、 『活断層研究』 2007年 2007巻 27号 p. お願いですからもう帰って下さい。 2017年8月23日閲覧。 読売新聞. [2] 8分前 44件• [17] 10時間前 165件• 弁護士から火災について言いたいことを問われ、答えた。

次の

糸魚川静岡構造線

糸魚川爆

謝ることもできなくて 「本当に皆様には申し訳のないことをしました。 まだきちんと謝ることもできていません。 いずれは、そうしたいと思いますが、なにをどうすればいいのか……。 これからのことなど何も考えられません。 いまは生きていくことでいっぱいです」 消え入りそうな声でそう語るのは、'16年12月22日に発生した新潟県・糸魚川市大規模火災の火元となったラーメン店主である。 前代未聞の惨事となったこの大火災は、最終的に約4万平方メートルにわたって燃え広がり、147棟の建物が焼損、うち120棟が全焼した。 被害総額は推定30億円にも上る。 被害を受けた住民の多くは今も市内のアパートに仮住まいしている。 家を買い替えるほどの保険金が出た住民はごくわずか。 大半の住民は将来の目処の立たない中、不安を抱えながら暮らしている。 なおかつ被災者は、いまだに火元となったラーメン店主一家から直接の謝罪を受けていない。 親しく交際していた幼馴染や近所の住民たちも彼らの所在を知らない。 そんな状況も影響し、悪意ある噂が流れている。 「店主は保険金をもらって、新しい家で優雅な暮らしをしている」「毎日パチンコをして遊んでいる」「計画的に火事を起こした」など、地元で聞かれる根拠のない噂話は枚挙に暇がない。 Photo by iStock 玄関に現れた裸足の店主 ラーメン店主の実姉は本誌にこう語る。 「弟も家を失った方の怒りは承知しています。 本当に取り返しのつかないことをしてしまった。 私の耳にもいろいろな噂が入ってきていますが、何を言われても仕方ないと思います。 ただし、言われていることはすべてが事実ではありません。 火事の後、弟がパチンコ屋に行っているという話があるようですが、そんなわけありません。 火災後、弟はほぼ毎日朝から警察の事情聴取に応じて、それこそ言う必要がないことまで包み隠さず話しています。 弟はあの日以来、すっかり憔悴しています。 それこそ自殺してしまう可能性もあり、火災の後しばらくの間、私が変な気を起こさないように目を光らせていました。 ただし、いまはここにはいません。 弟はもう年ですし、お店を再開することもないと思います。 いずれにしても、大変なことをしてしまった。 ただそれだけです」 ラーメン店の店主一家は、とある古い家屋に人知れず引っ越し、ひっそりと暮らしていた。 昼間にもかかわらず、カーテンは閉められ、洗濯物など生活感を感じるものは一切ない。 店主夫妻と長男はほとんど外出することもないようだ。 今年2月から本誌は幾度か店主を訪ねている。 玄関に現れた小柄な店主はパジャマ姿で足元は裸足だった。 身を屈めて俯きながら店主は重い口を開いた。 「なにかご用でしょうか。 私たちはいま、取材を受ける気はありません。 ただ謝ることしかできません。 皆さんに大変な迷惑をかけているのはわかっていますが、大人しくしていたいんです。 いろいろなことを言う人がいるのもわかります。 勝手な噂を立てている人がいるんでしょうが、それに対して、ああでもないこうでもないと反論する気もありません。 「住めなくなれば住めなくなるで仕方ないと思っています。 住めなくなる場合だってあるでしょう。 ここにもどれだけいるのか。 「いまはそれどころではないですよ。 (家族の間でも)ラーメン屋の話はもう全然出ていません。 私たちのやる気がないとかあるとかの問題ではないと思います。 あの日のことは話すことができません。 私が悪いんです。 鍋を火にかけたまま店を出て自宅に戻ってしまったから……。 あんなことになるとは考えてもいませんでした。 お願いですからもう帰って下さい。 失礼します」.

次の

「120棟全焼」糸魚川大火災「火元ラーメン店主」が初告白(週刊現代)

糸魚川爆

フォッサマグナパーク()の露頭 に、東北帝国大学(現・)の地質学者・古生物学者である(1878年-1969年)によって提唱された。 しばしばと混同されるが、糸魚川静岡構造線は「フォッサマグナの西辺」であって、「フォッサマグナ」ではない。 フォッサマグナは、糸静線から東に大きく広がる地溝帯、すなわち「線」ではなく「面」である。 解説 [ ] (ここでは自然地理的な特徴について述べる。 人文地理的な特徴は「」を参照のこと) 糸魚川静岡構造線の西側にはが造られており、やの高山が沿線に連なり、天険を形成する。 地質およびは、糸静線を境にして大きく異なり、東半分を東北日本、西半分を西南日本という。 糸静線沿線の主なやには、、、、、などが連なる。 また部にはの仁科三湖(、、)、が形成されている。 側の東西境界線は新潟県と富山県の境に位置する親不知であり、内陸側の東西境界線は諏訪湖である。 側については、あまりはっきりした境界は無く、安倍川の東にある竜爪山の南北に伸びる竜爪衝上体の東側を通った後、その南端(静岡市麻機付近)で、断層が見られなくなっていて 、海岸よりも内陸で構造線が終わっている。 新潟県の糸魚川市では大規模な断層が地上に露見している箇所 があり、少し離れたところに博物館も作られている。 一方太平洋側の静岡県では糸魚川静岡構造線のは静岡市清水区の黒川林道付近に小規模なもの(3メートル)が静岡大学の報告で知られていた。 最近、そこから北に1. 5km位の西里に、段差が20メートル近い露頭が塩沢邦雄氏によって発見され報告された。 現在までにでの報告のあとの継続調査で露頭は100メートルに渡っていることが確認されている。 なお、場所は私有地を越えた場所にあるため許可なく入ることはできない。 山梨県新倉にはの露頭があり、2001年に「新倉の糸魚川-静岡構造線」として国のに指定された。 また、2007年には、糸魚川と早川の糸魚川静岡構造線がに選定された(「糸魚川-静岡構造線(糸魚川)」と「糸魚川-静岡構造線(早川)」)。 ここを、との境界とする説もある が、研究者により衝突様式に関する見解は異なっている。 生物分布 [ ] いくつかの生物で分布や性質に東西で差違が生じているものがある。 ただし、、、のような厳密な分布境界ではない。 例として、• - と水系以西の本州、四国、九州に分布している。 - 自然分布個体の発光周期を比較したとき、概ね糸魚川静岡構造線を境界として西日本型(短周期型、2秒型)と東日本型(長周期型、4秒型)が分布している。 活断層群 [ ] 活断層群は地質境界の糸魚川静岡構造線と区別する為、糸魚川静岡構造線活断層系とも総称され、断層の活動様式、深部地下構造、活動形態などによって大きく4つのセグメントに区分している。 但し、区分分けは今後のさらなる調査結果により変更される可能性があるとしている。 なお、平成27年4月24日以前の評価では、3つに区分されていた。 日本の活断層の中で最も活動的な断層帯のひとつとされ 、1980年代からの分布調査が行われている。 緩いS字状に屈曲し断続している断層群の総全長は約158km で、北は長野県付近から南は山梨県付近に達する。 「 北部」- (小谷-明科)区間。 長野県小谷村から安曇野市明科に至る約50km。 、の一部。 東傾斜の逆断層。 区間全体がひとつの活動区間として地震を起こした場合、M7. 7程度と想定。 「 中北部」- (明科-諏訪湖南方)区間。 安曇野市から諏訪湖南方の茅野市付近に至る約45km。 の一部、、岡谷断層群、諏訪湖南岸断層。 区間全体がひとつの活動区間として地震を起こした場合、M7. 6程度と想定。 「 中南部」- (諏訪湖北方-下蔦木)区間。 諏訪湖北方から長野県富士見町下蔦木付近に至る約33km。 諏訪断層群、茅野断層、釜無山断層群。 区間全体がひとつの活動区間として地震を起こした場合、M7. 4程度と想定。 「 南部」- (白州-富士見山)区間。 北杜市から早川町に至る約48km。 白州断層、鳳凰山断層、下円井断層、市之瀬断層群、富士見山断層群。 区間全体がひとつの活動区間として地震を起こした場合、M7. 6程度と想定。 諏訪湖付近では、諏訪湖南西側を諏訪湖南岸断層群、諏訪湖北東側を諏訪断層群が走るため、区間としては一見重複している。 なお、甲府盆地南端の早川町以南の断層線は評価されていないため不明である。 北部の特徴 [ ] 横ずれ変位量は少なく上下変位量が卓越する区間。 断層線はに沿ってほぼ南北に走り不規則に屈曲する。 新潟県から長野県小谷村までの区間では活断層の存在は知られていない。 また、最北部の東側にある西頚城山地での活動は終了しており的に見ると活断層ではない とする見解もある。 一方、小谷村以南は普段から震源が20kmより浅い微少地震活動の活発な地域で、有史以降の被害地震も多数記録されている。 断層線西側の沈降活動によって生じた低地(谷)は、周辺山地で生じた大規模な地すべり崩壊 によってせき止められ水が溜まり、古神城湖(現在の神城盆地に存在していたが埋没し消滅)、青木湖、中綱湖、木崎湖を形成した。 また、現在も断層線東側にあるは隆起を続けている。 断層線が直線的な牛伏寺断層では断層線に沿って断層崖が形成され、と併走する区間がある。 松本市でのボーリング調査やトレンチ調査などで明らかとなった牛伏寺断層の活動歴は、7000年間に2回とされ 、断層南側の長野県で行われた発掘調査でも、7000年前から2000年前までに複数回および3世紀(255年頃)と7世紀(645年頃)に活動をしたと考えられる痕跡が発見されている。 南部の特徴 [ ] 活動歴を解明する為に幾つかの調査 が行われているが、活動間隔や最新活動時期は未解明である。 西側隆起の逆断層成分が卓越する区間。 歴史記録の残る地震は無く、微少地震の発生も少ない。 約7000程度年前に、釜無山断層群(茅野、小淵沢)から白州断層(大坊)までの約30km区間が連動した可能性が報告されている が、検討が不十分とする指摘がある。 近藤 2005 らはの下蔦木断層で5500年前以降3回の断層活動が生じていた可能性を報告している。 地震活動歴と将来の活動 [ ] 古文書などの歴史上に残る活動記録が少なく、「内陸地震のため海溝型プレート境界地震による津波のような特徴的な痕跡が残らない」、「痕跡の由来が地震なのか気象現象による物なのかの判別が困難」などの理由から活動歴は不明点が多い。 多くの組合せの中から 「北部と中部」、「北部と中北部」、「北部と中部」など可能性が高いと考えられる幾つかの組合せの連動地震が想定されている。 一方、1970年代から2000年代までに行われた歴史地震の調査結果からは、各々の断層の変位速度と活動歴には明瞭な違いがあり 断層群毎に異なった活動間隔と変位速度で活動をしているとされている。 なお過去の地震活動で、これらの断層が連動して巨大地震を起こしたとする証拠は見つかっていない が、遠田 2009 は証拠が見つかっていないだけで、発生なかった証拠ではないとしている。 歴史に記録されている最古の地震は、北部区間での762年の小谷付近 M7. 0 以上と考えられている。 が発表している2016年から30年以内の地震発生確率は、北部区間で M7. 7 程度が0. 4 程度が0. 6 程度がほぼ0-0. 1847年の善光寺地震以降は20年から25年周期の活動がみられるが日本海東縁の地震活動と密接な関連がある。 線上で発生した主な地震 [ ] 歴史に残る活動としては、繰り返しマグニチュード6-7 程度の地震の発生が見られる。 (出典:気象庁松代地震観測所資料 およびによる(前震、余震は除外。 震源域の地名は現在のもの))• 762年 美濃・飛騨・信濃 - M7. 0以上• 841年 松本、東経138. 1714年4月28日 震源は白馬村付近、。 東経137. 善光寺でも被害有り - M6 程度• 1725年8月14日 高遠・諏訪 東経138. 0 - 6. 1791年7月23日 松本市付近 東経138. 7 程度 松本城で塀が壊れる。 1855年3月18日 飛騨白河 東経136. 1858年4月23日 信濃北西部、大町市と白馬村の境界付近 東経137. 7 (4月9日)で生じた河道閉塞部の決壊による洪水の原因。 1890年1月7日 15時43分頃。 生坂村から長野市大岡樋ノ口沢付近、東経138. 1898年 山梨県身延町付近を震源 - M5. 1918年11月11日 『』2時59分 - M6. 5、震源は大町市南鷹狩山付近、東経137. 1986年12月30日 9時38分 - 旧、、の境界付近で糸魚川静岡構造線に長野盆地西縁断層及び千曲川構造線のそれぞれの延長がぶつかる地域において発生 - M5. 2014年11月22日 22時8分 - 地震観測網 [ ]• 小口高、「」 『活断層研究』 1990年 1990巻 8号 p. 15-21, :• 糸魚川ユネスコ世界ジオパーク 2. 地震の伝わり方と地球内部の動き• 糸魚川ユネスコ世界ジオパーク 糸魚川-静岡構造線• 東北大学総合学術博物館• 5万分の1地質図幅「清水」を参照。 www. itoigawa-kanko. net. 2019年8月17日閲覧。 糸魚川市• 静岡地学116号、2017年11月号• 静岡新聞 2017年6月25日• AERA 2017年 8月 12日• 92-97, :• 国立環境研究所• 大場信義: 『』 全国ホタル研究大会 第22回 1989• 澤祥, 田力正好, 谷口薫 ほか、 『活断層研究』 2006年 2006巻 26号 p. 121-136, :• 衣笠善博: 『地学雑誌』 Vol. 99 1990 No. 1 P. 13-17, :• 『活断層研究』 1996年 1996巻 15号 p. 128-132, :• 多里英, 公文富士夫, 小林舞子, 酒井潤一、「」 『第四紀研究』 2000年 39巻 1号 p. 1-13, :• 田力正好、松多信尚、「」 『活断層研究』 2005年 2005巻 25号 p. 63-73, :• 425-438, :• 169-190, :• 『地震 第2輯』 2011年 64巻 1号 p. 11-21, :• 『活断層研究』 1996年 1996巻 14号 p. 108-116, :• 445-468, :• 2005 2005 No. 25 p. 75-84, :• 田力正好: 活断層研究 Vol. 2002 2002 No. 21 p. 33-49, :• 日本自然災害学会 自然災害科学85 Vol. 27,No. 今西和俊、長郁夫、桑原保人、平田直: 産業技術総合研究所 『活断層・古地震研究報告』 第6号(2006年)• 三浦ほか 2002 : 『地震 第2輯』 2002年 55巻 1号 p. 33-45, :• 隈元崇, 藤田雅俊, 下橋優 ほか、 『活断層研究』 2007年 2007巻 27号 p. 95-111, :• 9, p. 261-277, 2009• 地震調査研究推進本部• 地震調査委員会、2016年1月13日。 『地學雜誌』 1990年 99巻 1号 p. 32-42, :• 気象庁松代地震観測所• 気象庁• 地震調査研究推進本部• 地震調査研究推進本部• 防災科学技術研究所 研究報告 No. 77 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• - -• 外部リンク [ ]• (フォッサマグナミュージアム)• (文化庁)• 名古屋大学大学院環境学研究科附属 地震火山・防災研究センター• 東京大学地震研究所• 柳井修一, 青木一勝, 赤堀良光、 『地学雑誌』 2010年 119巻 6号 p. 1079-1124, :• 松本市.

次の