バーコードリーダー読み取り。 バーコードリーダーの種類・選び方|最適な機器はどれ?|基本の【き】|自動認識の【じ】|自動認識を”みじか”にするメディア

バーコードリーダー

バーコードリーダー読み取り

手間を大幅に削減することができるようになり、ミスもなくすことができます。 様々な形式のものが販売されるようになりましたが、読み取り方式によって多種多様なものが出てくるようになりました。 大きく分けると、マニュアルスキャン方式やCCDスキャン方式、レーザースキャン、イメージセンシング、リニアイメージセンシングと分類することができるでしょう。 このほかに、形状による分類もあるため、かなり多くの商品を見つけることができるようになってきたといえます。 無線伝送できるものも便利ですし、PDA型のようにデータベースも同時に移動させることができる方法もあり、利用方法によって選択することが可能です。 実際に読み取り方式としては、マニュアルスキャンを採用しているのがペンスキャナです。 赤色LEDを使った方法で、自分で照射している光をなぞらなければいけません。 スキャナ自身がスキャンする能力を持っていない方法のため、マニュアルスキャンと呼ばれています。 そのため、慣れていないとうまく読み取ることができないこともあるということになるでしょう。 実際に開口径のサイズを変えることで性能を上げることができる特性を持っています。 逆に言えば、この性能がうまく当てはまらないと読むことができないともいえます。 たとえば、凸凹があったり、汚れがついていたりすると、性能が高すぎるとバーコードと判断する可能性が高まり、判別ができなくなってしまいます。 性能を落とすと、バーコードのスペースを認識しにくくなり、効果を上げることができなくなる可能性が高まります。 その代わりに小型であり、電流の消費も少なくできるため、携帯用として考えると読み取り方式として優秀です。 固定型のスキャナやカードリーダーも、このマニュアルスキャナ方式を採用している方式が大半となっています。 CCDスキャンを用いたバーコードリーダー CCDスキャンを採用しているのが、CCDスキャナと呼ばれているバーコードリーダーです。 手持ち型などがありますが、バーコードに軽く接近したり接触することで読み取ることができるようになっています。 タッチするように読み込ませることから、タッチスキャナと呼ばれることもありますが、これも読み取り距離がしっかりと合うことが必要です。 光源として使われるのはLEDであり、これが等間隔に並ぶことで均一に照射することができるようになっています。 バーコードはセンサーで映し出して判別するため、動かすとブレて読み取りができなくなるため、固定するようにして使わなければいけません。 安価で読み取りの確率が高いことから、非常に多くのところで使われるようになりました。 手持ち型だけではなく、固定型もあります。 ガンスキャナと呼ばれることもあるのが、レーザースキャンです。 手持ち型の場合に呼ばれていますが、トリガーボタンがあり、これを使うことで照射して読み取ります。 半導体レーザーを使っているところが大きな特徴で、左右反転させて読み込むのが特徴です。 読み取り距離がとても長くできることが重要で、小さなものから大きなものまでさまざまな条件に対応することができます。 問題としては、CCDよりも高性能ではあるものの高額になり、トリガーボタンを押さなければ読み取りができないということになるでしょう。 固定型で移動しているものを読むことができるものもあります。 高速でも読み込めるものも出てきており、性能は様々です。 2次元バーコードも読み取れる イメージセンシングと呼ばれる方式にもいろいろとありますが、基本となってくるのは、2次元で読み込むということになるでしょう。 バーコードを読み込むということは、直角方向へ読み込むだけで済みました。 ところが、これでは2次元シンボルは読み込むことができません。 さらに、画像処理をして読み込むことによって、汚れや傷といったことに対しても高い対応力を持たすことができるようになりました。 ガンタイプもあれば、固定型も作られるようになり、非常に高い精度で読み込みができるようになっています。 OCRで読み取ったり、デジカメ機能を持っているものなどもありますが、これもシャープな映像を取得するということが重要になってきます。 イメージでとらえることになるため、従来のバーコードも読むことができる万能型になっていることが多くなります。 どの読み取り方式にするのかは、利用方法にもかかわってくる重要なことです。 価格帯も変わってきますし、どんなものでも同じというわけではありませんので、必要な要件を満たすものを選ぶことが必要となるでしょう。 特にバーコードとの距離は重要な意味を持ってきます。 近づくことが難しいのか、それとも常にタッチすることができるのかといったことも重要になってきますので、確実に使うことができるように考えていくといいでしょう。

次の

【知らなきゃ損】ビームせどりで使えるバーコードリーダーアプリ4選

バーコードリーダー読み取り

注意が必要なバーコードラベルと周囲の環境 金属面や銀色の下地に印字されたバーコード 金属面や銀色の下地に印字されたバーコード、または、ラミネート加工されたバーコードなどは、表面に光沢があるため、レーザ光が鏡面反射を起こしてしまい、読み取りにくくなります。 このようなラベルをお使いの場合は、バーコードリーダの取り付け角度などに十分注意して設置する必要があります。 安定した読み取りをおこなうために、できるだけこのようなバーコードは避けてください。 金属部分にレーザ光が当たっている場合 図のように、金属面が露出していてレーザ光がその金属面に当たっているような環境では、レーザ光が金属面で鏡面反射を起こし、それがバーコードリーダの受光部に入ると、正反射と同じ状態になってしまい、読み取りが不安定になることがあります。 レーザ光が当たっている金属面を何かで覆うか、つや消しの黒色の塗料などを塗布していただくことをおすすめします。 金属のネジ、ナットまたはネジ穴などにも注意してください。 取り付けの距離(読み取り距離)の設定 読み取り距離は、バーコードのナローバー幅(バーコードの一番細いバーの幅)の太さにより、その範囲は異なります。 下図は当社製レーザ式バーコードリーダの読み取り範囲特性を示しています。 単位:mm バーコード種類 ナローバー幅 読み取り距離 最大読み取りラベル幅 PCSを高い値にするには… バーは濃く印字すること。 バーを印字している色が薄い色であったり、プリンタの問題で印字が薄くなると、PCSは悪くなります。 下地(スペース部)はできるだけ白い色にすること。 段ボールのような反射率が低い下地の上にバーコードを作成する場合は、できるだけ反射率が低い色(黒、濃紺、濃緑)にしないと、PCSは悪くなります。 バーの色による読み取りの違い レーザ式バーコードリーダには、可視光半導体レーザが使われています。 下図は各光源の波長に対する対象物の色による反射率を表わしたものです。 たとえば、波長650nmの可視光半導体レーザでは紫、青、緑などは反射率が低く、黄、橙、赤などは反射率が高くなっています。 当社製レーザ式バーコードリーダの特徴 当社製バーコードリーダやでは、より広範囲な読み取り範囲や、角度特性を実現するため、以下のような機能を搭載しています。 AGC(Auto Gain Control):BL-700シリーズ、BL-1300シリーズ、BL-600シリーズ AGCは以下のような動作をします。 「読み取り距離が遠い」「取り付け角度が大きい」または「バーコードラベルのPCSが低い」場合は、以下のようにバーコードリーダが受光する乱反射光の振幅は小さくなります。 AGCは、このように受光波形が小さい場合には、読み取りに最適なレベルまで振幅を増幅させるような制御をおこないます。 これにより、条件が悪い場合でも安定した読み取りを実現しました。 このようにAGCは、バーコードリーダの受光波形を読み取りに最適なレベルになるように自動的に制御しますので、どのような条件(距離、角度、PCS)であっても、安定した読み取りを実現しました。 ノイズ成分を除去したデータから、「バー」と「スペース」の切り替わりポイント(エッジ)を検出します。 ) 抽出されたエッジからバーとスペースを判別します。 印字のにじみや、取り付け角度によって発生する、バー、スペース幅の比率をSPAT! で補正します。

次の

性能グラフ|バーコードリーダーの選び方

バーコードリーダー読み取り

光学 モジュール レーザースキャナ 光源 650 nm 可視レーザダイオード 光学的解像度 0. 127mm. 127mm. 55 cm 17. 78 cm Code 39, 5 mils 3. 05 cm 26. 67 cm Code 39, 7. 5 mils 3. 04 cm 41. 91 cm Code 128, 10 mils 3. 05 cm 40. 46cm UPC, 13 mils 4. 57 cm 63. 50 cm Code 128, 15 mils 5. 08 cm 66. 04 cm Code 39, 20 mils 3. 56 cm 116. 84 cm Code 39, 55 mils 8. 64 cm 177. 80 cm Code 39, 100 mils 60. 96 cm 457. 8 x 71. 6 x 177. 7 mm スキャナ重量 147g ケーブルを除く 環境仕様 防塵・防水 IP42 衝撃 2.

次の