ラスト イデア 弓 スキル。 【MHW】弓スキルの優先度徹底考察 体術5(体術3+強走)>弱点特効>弓溜め段階解放>>>会心撃【属性】

ラストイデア RMT|エメットの販売、買取のマツブシ

ラスト イデア 弓 スキル

装備面や耐久面に難がありますが、ネームドモンスター、ボスを一瞬で倒したいならおすすめします。 闘気スキルによる『』を使用した後、弓スキルの『』を放つことで超高火力な一撃を放ちます。 による『』がかなり強力で、スキルを放つ際、空中へ飛ぶため、地上のダメージを受ける心配がありません。 弓スキルをメインに使用するなら、を装備しておくと生存力とダメージがグッと上がります。 基本的に槍スキルはパッシブスキルを取ることで刺突ダメージの強化をします。 WW ワールウィンド を使用する斧やトライノヴァの雷ビルドと違い、完全に オートで攻略するのは難しいビルドとなっているので注意して下さい。 弓スキルツリー 「 ピアース」などに振らず、「 ストレイフ」「 アローレイン」に振ってスキルダメージをとことん強化する点がポイント。 振りすぎるとMP消費が大きくなる点には注意して下さい。 「 イーグルアイ」でクリティカル率を上げるのも重要ですが、安定したダメージを与える点では「 弓の極意」が優先されます。 槍スキルツリー 「 刺突の理」を最優先で振っていきます。 刺突ダメージ強化に最も重要です。 次いで「 イーグルクロー」によるクリティカルダメージ強化。 「 アーマーピアス」は貫通の比率が低いので優先度は低いです。 敵に囲まれた場合などに「 虚空衝撃波」が有効です。 必須装備 頭 靴• 装備によって「弓」を「オーラ」や「槍」に変えることができ、臨機応変に対応できる点もかなり優秀なビルドです。 「 フェイトオブラディウス」を所持している場合は弓スキルによる「 ミラージュアロー」と「 ワールウィンド」の組み合わせが最も高火力です。 所持していない場合、弓スキルの代用として、「 ブレイブハート」「 アイアンメイデン」などパッシブとして効果が優秀なオーラスキルがオススメです。 次点で槍スキル「 パリィ」、氷スキル「 フローズンアーマー」「 エンチャントコールド」などがオススメです。 オーラスキルは攻撃速度が上昇する分、MPの減りも早いため、MP吸収を確保できる装備にしましょう。 斧スキルツリー 最優先は「 ワールウィンド」と「 剛力」です。 次いで火力の底上げとして「 斧の極意」と「 斬撃の理」となっています。 耐久面の強化として「 体力上昇」「 不屈の魂」も振っていきましょう。 「 狂戦士」は上げすぎるとMPの回復が追いつかなくなるため多少振るだけで十分です。 二刀スキル 二刀スキルは「 二刀の神髄」 Lv. 1でOK で二刀化するために取得します。 「 一寸の見切」で回避率を上げて耐久面を強化できるので上げておきましょう。 弓スキル ウィークチェンジに有効な「 ミラージュアロー」を取得しましょう。 「 イーグルアイ」もある程度とっておくと火力の底上げができます。 必須装備 頭 胴.

次の

RPG『ラストイデア』は育成とアイテム収集がめちゃくちゃ“重い”からこそおもしろい!

ラスト イデア 弓 スキル

数値効率の良いLv5かLv7までは早いうちに習得するのがオススメです。 8以降は1%ずつしか上がらないため、優先度はやや低くなります。 パワーショット 自身に最も近い敵めがけて、力強く矢を放つ スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 0 0. 基本的にスキルを回して戦う本作ですが、強力なボスから逃げ回りつつ戦う場合は重宝するので、よく使うマルチショットやアローレインの次にスキルポイントを回したいです。 マルチショット 入力線上の敵めがけて、一度に多数の矢を放つ スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 21 0. クールのないアクティブスキルで、ザコの掃討からボス戦まで幅広く活躍します。 以前はLv20まで育てて問題ないスキルだったのですが、2019年5月24日のアップデートで消費MPが爆増したため、考えなしに育てると連射した際の消費MPで泣くことになります。 まずは発射数が一気に増えるLv5まで習得し、その後は手持ちのMP回復や吸収装備と相談して、少しずつ上げていきましょう。 Lv15以降は消費MPがかなり重くなります。 ストレイフ 入力地点付近の敵に凄まじい速さで矢を連射する スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 44 8. アップデートで攻撃力が大幅に強化され、アローレインに次ぐダメージソースとして活躍できるようになりました。 矢を連射している間の長時間、足が止まってしまうのが難点。 ザコ相手に使うとかえって手痛いダメージを受けることも多いので、マルチプレイやボス戦時に的確に撃ち込んでいきましょう。 Lvが上がると劇的に火力が向上していくため、使う場合は高Lvを目指したいスキルです。 ピアース 矢や槍投げなどの物理投擲スキルが敵を貫通するようになる スキルLv 効果 1 貫通率50% 2 貫通率60% 3 貫通率65% 4 貫通率67% 5 貫通率69% 6 貫通率71% 7 貫通率73% 8 貫通率75% 9 貫通率77% 10 貫通率79% 11 貫通率81% 12 貫通率82% 13 貫通率83% 14 貫通率84% 15 貫通率85% 16 貫通率86% 17 貫通率87% 18 貫通率88% 19 貫通率89% 20 貫通率90% 弓や槍を主力にする場合は必ず習得しておきたいスキル。 あるとないのとでは大違いです。 まずは数字効率の良いLv3まで習得し、その後はスキルポイントと相談になります。 上げる場合は貫通率が2%ずつ上がるLv11まで。 それ以降は消費に見合わず微妙に感じます。 ファイアアロー 自身に最も近い敵めがけて、炎の矢を放つ スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 0 0. 取得の前提にパワーショットLv1が必要なため、スキルポイントが1重くなります。 通常攻撃スキルは基本的に、パワーショットかこのファイアアローの2択になります。 ポイズンアロー 自身に最も近い敵めがけて、毒の矢を放つ スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 0 0. ダメージ倍率もファイアアローに劣るため、習得するなら専用のビルドが必要です。 ゴブリンの毒弓をはじめとするゴブリンシリーズを使うと毒関連を強化できるので、それらの装備品で固めて毒を盛っていくなら使えるかも。 それ以外だと選ぶ理由はないです。 アローレイン 入力範囲に豪雨のごとく矢が降り注ぐ スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 54 10. 非常に高いダメージ倍率を持ち、耐久力の高いレアMobやボス戦で活躍します。 ただ、構えてから降ってくるまで時間差があります。 指定地点にはちょっとした偏差撃ちをするか、自分にヘイトが向いているなら自分周囲に使用するのもアリです。 スキル発動時の長い硬直が気になるストレイフと違い状況を選ばないため、単体への高火力はアローレインが一番です。 最終的にLv20まで上げて問題のないスキルです。 とりあえずLv1を取得しておきましょう。 ただ、その後どうするかは装備とスキルツリーに依存します。 クリティカル型を目指すなら当然高Lv取得が目標になりますが、そうでない場合や装備品が整わない場合、ポイント消費の割に恩恵が小さいので優先度は下がります。 ミラージュアロー アクティブスキルヒット時に蜃気楼の矢が現れ敵を無慈悲に追撃する スキルLv 消費MP クールダウン 効果 1 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ15% 矢の数3本 2 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ21% 3 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ27% 4 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ33% 5 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ39% 6 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ45% 7 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ51% 8 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ60% 9 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ92% 矢の数4本 10 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ104% 11 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ116% 12 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ128% 13 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ140% 14 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ152% 15 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ164% 16 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ176% 17 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ192% 18 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ260% 矢の数5本 19 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ280% 20 0 0. 30秒 追撃刺突ダメージ300% アクティブスキルを使用した際、自キャラ後方から追撃の矢が放たれるようになるパッシヴスキル。 こちらもアップデートで強化され、ようやく使えるようになりました。 Lvが低いうちは攻撃力が本当に雀の涙ですが、矢の数が4本になるLv9から火力に貢献するようになり、5本になるLv18ともなると追撃で少し強めのザコを持っていく程に成長します。 消費MPがどこまで育てても0なのもメリット。 スキルポイントを9以上割けるなら習得し、そうでないうちは未習得にしておくと良いでしょう。 考察:相性の良いスキルツリー 雷 エンチャントライトニングとスタンボルトの組み合わせが強力。 マルチショットでスタンをばら撒き、足が止まったところにアローレインをブチ込めば、かなり安定した戦闘が可能になります。 テレポートを習得しておくと敵の横湧きに対応しやすくなりますし、エナジーシールドで耐久面の不安を補うことも可能。 弓にとって有用なスキルが多いのが特徴です。 代わりに、何かと必要なスキルが多くスキルポイントはかなり食われます。 炎 とにかく欲しいのが魔力の泉。 主戦力のマルチショット高Lvを連射するとMPが凄い勢いで枯渇するため、魔力の泉でMPを確保します。 もし雷ツリーでエナジーシールドを取得する場合、必須級のスキルとなります。 他のスキルが弓にとってあまり効果的ではありませんが、逆を言えば魔力の泉のみにスキルポイントを集中させられるので、無駄がないとも言えます。 槍 弓と同じ刺突武器のため、刺突の理による火力アップを弓にも適用できます。 イーグルクローは弓のイーグルアイと相性バツグンです。 代わりに、耐久面を底上げするスキルが皆無。 完全なダメージ特化型となります。 また、弓での戦闘がどうしても厳しいステージに対し、スキルポイントをリセットすれば槍を装備して近接スタイルに変更が可能なのも強みかもしれません。 大型アップデートでいろいろ変わった まずはマルチショットとアローレインです。 このふたつが弓スキルの主戦力になります。 あとはこのふたつでカバーできない部分を補ったり、より強力にしたりするスキル、及びツリーを選ぶことになります。 以上だ! また会おう!!.

次の

【ラストイデア】スキルツリーは最初にどれを選ぶべき?

ラスト イデア 弓 スキル

後衛ながら高めの耐久力があり、火力も申し分ない弓ビルドの完成形です。 ・ 様々な弓の上位互換• ・自分好みにカスタマイズ可能• ・現在入手不可• ・単純な火力は血桜や冥府を超える• ・アローレイン威力アップ• ・全ステータス持ち• ・ランダムでストンスキンが付く• ・刺突ダメージを強化• ・クリティカルダメージUP 周回スポット• ・厳選しやすい• ・刺突ダメージ倍率UP• ・攻撃速度が上昇• ・スロウを付与できる• ・魔法耐性を強化できる• ・技のステータス上昇• ・攻撃速度も固定• ・付き• ・刺突耐性貫通持ち• ・攻撃速度も上昇• ・が強力• ・単純な火力は血桜や冥府を超える• ・弓スキルを強化できる• ・全属性耐性を補える 周回スポット• ・厳選しやすい• ・刺突ダメージ倍率UP• ・物理の火力特価用の胴装備• ・ランプロ厳選が大変• ・ステータスを爆盛できる• ・火力に繋がるプロパティのみで構成• ・三連撃を盛れる• ・攻撃速度と技が固定• ・火力特化向けの脚装備• ・ランプロ厳選が大変• ・技を爆盛できる• ・火力特化向けの足装備• ・ランプロ厳選が大変• ・技を盛れる• ・炎と刺突倍率を強化できる• ・刺突耐性貫通を持つ• ・炎と刺突倍率を強化できる• ・アクティブシールドで耐久力がアップ• ・炎と刺突倍率を強化できる• ・炎と刺突倍率を強化できる• ・ストンスキンで耐久力アップ 王国騎士制式シリーズ 鍛冶屋装備• ・鍛冶屋で低コストで作成できる• ・無駄なプロパティが無く使いやすい 歴戦騎士制式シリーズ 周回スポット• ・火力系プロパティが充実• ・星4で比較的ドロップしやすい 弓で始めた場合は、星4の装備が整ってきたら秋華シリーズかジャミルシリーズを集めましょう。 秋華シリーズは火力特化型で、ジャミルシリーズは耐久よりです。 イデア装備獲得イベントが開催していれば、イベントに参加して弓イデア装備や二刀イデア装備、オーライデア装備を集めましょう。 ・ストーリー4章• ・チュートリアルで選択 マルチショットの広い攻撃範囲 弓はマルチショットによる広範囲攻撃が優秀です。 スキルレベルを強化すれば、威力と弓の本数が増えるので、攻撃できる範囲とダメージ量が増えます。 クリティカル率を上げるイーグルアイや、雷スキルのスタンボルトなどと組み合わせれば、火力と足止め性能が上がります。 耐久力はストンスキンで補う 耐久面が必要な場面では、ストンスキンを重視して厳選しましょう。 弓はステータス配分や装備が左手に盾などを持てない関係で、耐久力が不安定になりがちです。 20 解説 「やられる前に倒しきれ」がコンセプトなビルド。 弓のメイン火力はマルチショットとアローレイン。 これにクリをのせるために、イーグルアイをつけ、紅彩の刃で出血追加ダメを狙う。 そのほか、回避で生存を上げるための見切り。 ブラッド・デモンズ装備や血桜、ヴァンパイアファングなどで刺突・出血の倍率を高めておく必要があるが、丑の刻参りと重ねてアローレインを打てばボスを一撃で葬れることもしばしば。 弱点として、物理が効きにくい敵。 刺突も出血も物理属性のため、貫通などで対策が必要になる。 呪詛はあくまで火力サポートなので、スキルポイントが余るようなら槍で物理・刺突攻撃や刺突貫通を上げておく組み合わせもあり。

次の