コーヒー の 木 風水。 コーヒーの木の花の咲かせ方!時期や虫の注意点について!

コーヒーの木の風水効果・意味は?ジャンル別の運気の上げ方も紹介!

コーヒー の 木 風水

玄関に置く観葉植物が持つ風水効果は? 観葉植物は、木々の持つパワーで癒やしの空間を与えてくれるだけではなく、開運効果が期待できる風水のアイテムでもあります。 風水は、人を取り巻く水や木、土などの自然界が持つエネルギーである『気』の流れをコントロールして、よりよい環境を作ろうという考えです。 風水は、「悪い気」を家の外に追い出し、「良い気」を取り込んで家の中に留めて、人々の暮らしが幸せなものに成るようにすることが最大の目的で、その気の流れは、玄関に大きく関係しています。 観葉植物によってもたらされる風水の効果は、種類によって異なりますが、今回は特に風水の効果に期待する『金運・健康運・恋愛運・仕事運(勉強運)』の5つに絞って紹介します。 スポンサーリンク 金運風水効果がある玄関に置ける観葉植物 ガジュマル 幸福をもたらす精霊が宿るといわれているガジュマルは、生長とともに気根を出し、とてもユニークな形になります。 気根を出しそれらが地面につくことで、株元がタコの足のようにも見えることから『多幸(たこう)の樹』という別名もあります。 基本的には、明るい場所を好みますが、耐陰性があり比較的暗い場所であっても育ってくれます。 アイビー(ヘデラ) アイビーは、ツルを上に向かって生長させることから、邪気を払いやる気をアップさせてくれるため、金運上昇にも良いとされる観葉植物です。 暑さや寒さに強い性質があり、水やりなどの世話も比較的手軽です。 明るい日陰の玄関で管理することが理想ですが、蛍光灯の明るさがあれば生長するため、多少玄関が暗くても育てることが出来ます。 パキラ この観葉植物は、『財をもたらす発財樹』として古くから人気がありました。 さらに、風水的に仕事運も上昇させる効果もあります。 バキラは、生命力が旺盛なので、その力強い生命力が、気の流れをプラスの方向へと流してくれると言われています。 ただ、パキラは暗い場所においてしまうと、枝が間延びして徒長という症状を起こしてしまうため、できれば、日当たりの良い玄関か、明るい日陰の明るさの玄関におくことをお勧めします。 もし、あまり日当たりの良くない玄関であってもパキラを置きたいという場合は、定期的に日当たりの良い場所において、日光浴をさせることで、徒長することを防ぐことが出来ます。 ミリオンバンブー 名前からして、金運がアップしそうなこの観葉植物。 風水的にもまさしく、開運・金運アップに良いと言われ、「開運竹」や「幸福竹」という別名もあります。 見た目は、完全に竹のように見えるミリオンバンブーは、実は幸福の木の別名もあるドラセナの仲間です。 ただ、その樹形が故に、ミリオンバンブーの花言葉は、竹のイメージとあいまって「幸福・開運・長寿」といったポジティブなものになっています。 晩秋から冬にかけては、室内に移動させたほうがいいかもしれません。 耐陰性はありますが、日照不足になると葉っぱが色あせてしまうので、明るい日陰か、そうでなければ定期的に日光浴をさせて下さい。 ただ、直射日光を当てると葉焼けをするので、注意が必要です。 スポンサーリンク 健康運の風水効果のある玄関に置ける観葉植物 アロエ アロエは、「凶を転じて健康を増進させる」という運気を持っています。 また、葉っぱにチクチクとしたトゲを持つアロエは、悪い運気が入ってくるのを防ぐ魔除けや厄除けの効果もあります。 年間を通して日光に当てて育てたほうが丈夫で耐寒性の強い株になりますが、耐陰性があるため、半日陰の場所でも育ちます。 ただ、日照不足になると、徒長して葉っぱのしたの方から枯れてしまうので、定期的に日光浴をさせて下さい。 寒さに関しては、少し苦手ではありますが、アロエは順応性が高い植物なので、その環境に慣れると、それなりに耐えることが出来ます。 ポトスにはいろいろな品種があり、葉色はライトグリーンのものや白い斑が入ったものなど様々です。 ポトスの品種の中で特に日陰に強いと言われている品種は、「パーフェクトグリーン」という品種で、その名の通り、葉っぱはグリーン一色です。 アイビー こちらも、葉っぱの形がハート型をしているため、恋愛運アップの効果が期待できる観葉植物です。 アイビーは、金運アップの効果もある観葉植物でしたが、花言葉は「永遠の愛・不滅」でとされていて、恋愛運を上昇させる観葉植物でもあります。 スポンサーリンク グリーンネックレス コロコロとした丸い葉っぱを付け、見た目もとても可愛らしいグリーンネックレアス。 風水的に、丸い葉っぱを付ける植物は良縁を運ぶと言われているので、その条件を満たしたグリーンネックレスは、恋愛運をアップさせるのに、うってつけの観葉植物とされています。 ですが、グリーンネックレスは、日の光が大好きなので、耐陰性があまりなく、直射日光が当たらない明るい日陰でないと育ちにくく、また、暑さには強いものの、耐寒性もあまり強くありません。 可愛い見た目ですが、他の植物よりも育てるのが多少難しいので、明るい玄関で、何度か観葉植物を育てたことがある人にオススメの植物です。 仕事運・勉強運の風水効果のある玄関に置ける観葉植物 ユッカ 基本的に尖った葉っぱを持つ植物はが頭の回転をよくする効果があると言われており、幹の上部から上に向かって、先の尖った細長い葉っぱを持つユッカは、その条件にピッタリの植物です。 ユッカは、活発で発する「気」も鋭いので、ひらめきやアイディアが次々溢れ仕事や勉強の効率がアップするので、結果的に仕事運や勉強運も上昇すると言われています。 また、仕事運が上昇するため、連動して金運アップにも繋がっているようです。 青年の樹とも呼ばれているユッカは、生長・発展の樹でもあり、新芽が力強く上に向かって伸びていきます。 暑さや寒さに対してもとても強く強健で、さらに耐陰性もある丈夫な性質の観葉植物なので、玄関に飾っても元気に育ってくれます。 アレカヤシ 出典: こちらも、葉っぱがシュッと細長く先が尖っているため、頭の中をシャキッとクリアにさせる効果があります。 頭がクリアになると、ひらめきやアイディアが冴えるため、仕事運・勉強運の上昇に効果があります。 葉色が黄緑色で、風にたなびくと優雅で葉っぱがサラサラと擦れ合う音も心地よく、ヤシの仲間なので、南国ムードも味わうことが出来ます。 水をよく吸うので、土の乾き具合を毎日確認して、水切れしないように注意が必要ですが、耐陰性があるため、半日陰でも丈夫に育ってくれます。 ただ、長期間日光に当てず日陰においておくと、樹形が崩れるので、定期的に日光浴をさせて下さい。

次の

コーヒーの木の育て方|植え替え時期や水やり方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

コーヒー の 木 風水

コーヒーの木は、種から育てる栽培キットや、ハイドロカルチャーなどを使った水耕栽培セットなど、様々な商品があります。 主に出回っているのは、プラスチック鉢に植えられたコーヒーの木です。 相場は、4号鉢の高さ約20センチで1,000円程度、6号鉢の高さ約40センチで3,000円程度からあります。 大きなサイズですと、7〜8号鉢で高さ70〜100センチで7,000〜10,000円程度になりますよ。 通販では、プラスチック鉢だけでなく、おしゃれな鉢カバーとセットになった商品も販売されています。 インテリアやギフト向けには、見た目にもよいですね。 鉢カバーとセット購入すると、プラス2,000円〜20,000円程度と幅広い価格になります。 通販にはメリットがたくさんありますが、注意点もあります。 まず、通販では個人情報の入力が必要になるため、サイトの信頼性が気になりますよね。 特定商取引法のページに目を通し、ショップレビューを見てトラブルなど発生していないか確認すると安心です。 分からないことがあれば、電話やメールで対応してくれるサイトがよいですね。 信頼できる通販サイトを選んだら、次は注文する際の注意点です。 手軽に利用できる通販ですが、実際に商品は見られないので、サイズなどの説明をしっかり読んでおきましょう。 地域によっては、送料がプラスされる場合や配送に時間がかかることがあるため、確認してくださいね。 ギフトを贈る場合、ラッピングやメッセージカードなどのオプションがあるのかもチェックしましょう。 全ての入力項目を見直してから注文ボタンをクリックしてくださいね。

次の

コーヒーの木🌱風水

コーヒー の 木 風水

コーヒーの木の原産地は、熱帯アフリカやマダガスカル島という熱帯地域です。 したがって耐暑性がかなり強いですが、強力な直射日光は避けるべきです。 したがって、真夏などは戸外に置いても直射日光が避けられる位置を選ぶか、午前中だけ屋外にすること。 もしくは室内ならば、レースカーテンやブラインド越しに育てるのが無難です。 耐陰性があるため、一年中室内で育てることも可能です。 ただ真夏以外はできる限り日光には当ててあげた方が、より強く元気に生育し花を咲かせてくれます。 春や初夏、秋の時期などは、なるべく外に出してあげましょう。 なお苗が小さい時期は葉焼けしやすく、班入りの葉をもつ種類は特に斑の部分が葉焼けしやすいため、注意して管理してください。 なお、春になってすぐに屋外に出すと葉が変色する場合もありますが、日光への耐性をつけるためにもそのまま置いて置くほうがいいかもしれません。 コーヒーの木の置き場所 コーヒーの木は本来は日光を好むので、適度な日光を当てて育てられるような、日向に置いて育てましょう。 ただし、四季ごとに場所を変える必要があります。 春、秋の季節は、コーヒーの木にとって適度な日差しと温度のため、戸外での栽培は問題ありません。 夏の季節は、直射日光が当たると葉焼けするため、室内かネットで日除けなどをつけて、午前のみ屋外に置くのがベストでしょう。 そして熱帯性の植物であることから、冬の季節は大の苦手です。 窓付近の寒さにも耐えられない場合が多いので、可能ならば、室内のもっと暖かい場所へ移動させる、もしくはダンボールなどに入れて防寒対策をしてあげましょう。 冬の寒さで落葉しても枯死にするわけでないですが、寒さに当たりすぎると、春先になって突如枯れ始めて回復しない場合もあります。 落葉を見つけ次第、速やかにより暖かな場所へ移動させてあげるようにしましょう。 コーヒーの木の水やり 夏の水やり コーヒーの木は、春から秋にかけてよく生長します。 春から秋にかけての水やりは、土の表面が乾き次第行う程度で問題ありません。 ただし、夏場は特に水が切れると、葉が萎びれるので、その都度水を与えましょう。 基本はその後復活しますが、根詰まりや水の与えすぎなどによって回復しない場合もあるので、徹底して管理しましょう。 また夏場の真昼に水を与えると、水が沸騰して根を傷める可能性が高いので、朝か夕のどちらかのタイミングで与えるようにしましょう。 なお標準的な頻度としては、夏の水やりは週に2、3回の頻度で与えます。 分量は1回のうちに、汲み置きの水を鉢底からあふれるぐらいにたっぷりです。 葉の先や新芽が萎れているのは、水不足のサインなのでよく観察しておきましょう。 冬の水やり コーヒーの木は、冬の間は基本的に休眠します。 そのため、冬の季節はあまり水を与えず、乾燥気味にしておく方がよいでしょう。 鉢の土全体が乾燥し始めたら、水を与える程度の頻度で問題ありません。 標準的な頻度としては週に1回ほどです。 与える分量は通常よりも少し少ないぐらいにしておきましょう。 萎びれていたら、少し追加して与えるぐらいでいいかもしれません。 コーヒーの木の肥料・追肥 コーヒーの木にとって、肥料は元気に育ちやすくなるのに必要な条件です。 したがって、基本生長期である5月〜9月にかけて、固形の緩効性化成肥料を2ヶ月に1回ほど、株の生え際から少し離れた位置に置いて、水やりで徐々に土に溶け込んでいくようにしましょう。 これで土に養分が浸透します。 もしくは観葉植物用の秋費を月に1回、または速効性液体肥料を1週間〜10日に1回の頻度で与えるとよいでしょう。 葉の色があせているときは特に速効性の液体肥料を与えると効果が出やすいでしょう。 そのほか、鉢替え後、盛夏、生長期ではない厳寒期の冬には肥料を与える必要がありません。 コーヒーの木は根の生育がかなり旺盛です。 したがって根詰まりを防ぐため、最低でも2年に1度、早くて毎年の植え替えが必要となります。 植え替えの時期は、遅霜の心配がない5月~7月頃が適期です。 この時期以外ならば、9~10月頃でも植え替え可能です。 ただし気温が下がり始めると生育が鈍るので、秋口の植え替えはあまりおすすめできません。 植え替えの作業のさいに根を傷めてしまっても、生育が旺盛な5〜7月の方が、すぐに回復できることもあるのでおすすめです。 鉢から抜いた直後は、びっしりと張っている根をからしっかりと土を落として、改めて大きな鉢に植え替えましょう。 そのさいに新しい鉢の底には、ネットを敷き赤玉も敷きましょう。 また、古い土をしっかりと3分の1は落として、根を解せなければ新しい根が生長しにくいので気をつけてください。 新しい鉢に土を足すときには、隙間に土を落とすような形で加えて、根を傷めないように配慮しましょう。 そしてたっぷりと水を与えれば、植え替えの完成です。 植え付けの際も同様の処理を行ってください。 なお、もしこれ以上大きくしたくない場合には、枝や幹を切り、周りの土を軽く落とした後、同じ大きさの鉢へ移しましょう。 いずれにせよ、鉢の底に大粒の軽石を敷くことで、通気性をよくするなど工夫も必要になります。 コーヒーの木の増やし方 種まき 種まきは、生長期である5月〜9月の時期に行うのが適切です。 よく熟した果実の皮を剥いて、タネの周りについているぬるぬるしたものをよく洗い流しましょう。 そして赤玉土などに、タネの大きさと同じ程度の深さを掘って埋め込みます。 発芽するのには数か月もかかるので気長に待ちましょう。 子葉が完全に開いた時点で鉢上げしてください。 植え付けの処理は、植え替えの処理の後半の過程とほぼ同様です。 果実がつくほど大きくなるには、4~5年かかります。 種は自家採集したものを蒔くと割合発芽しやすいでしょうが、生豆は難しく、ましてや市販のコーヒー豆は煎られているので絶対に育たないので注意してください。 挿し木 一方の挿し木の場合は、切り戻した際の枝を使いましょう。 虫などのついていない丈夫な枝を選び、4〜5節あたりを目安に切り取ります。 先端の2節ほども使わないので切り落とした上で、川砂や市販の挿し芽、種蒔き用の用土に挿しましょう。 約1ヶ月ほどは直射日光を避けて日陰に置き、2ヶ月経ってから芽を確認できたら鉢に植え替えて育ててください。 コーヒーの木の育て方で注意すべき病気・害虫 コーヒーの木の気をつけるべき虫はハダニやカイガラムシでしょう。 空気が乾燥し始めると現れるハダニやカイガラムシは、植物の栄養を吸い取ったり、葉を白くしたりします。 見た目を悪くするだけでなく、生育にも悪影響を与えるので、霧吹きなどで除去してしましょう。 最悪の場合には、薬剤を散布することをおすすめします。 ただカイガラムシは薬剤が効きにくいので、見つけたらすぐに古歯ブラシなどでこすり落としましょう。 一方気をつけるべき病気としては、葉脈以外の葉っぱが白っぽくなる「クロロシス」でしょう。 ミネラル不足や肥料過多、もしくは質の悪い肥料、水不足が原因だったりと、管理方法が問題なので自身の生育方法を見直すことが重要になります。 ただ葉焼けの初期症状も葉が白くなることがあるので、判別をしっかり行いましょう。 冬の季節は、必ず室内に入れて育ててください。 ただ日光浴をしなければ、花や実がしっかりならないようになるので、少しでも日の当たる位置においてあげましょう。 コーヒーの木の種類・品種 コーヒーの木の中でも最も一般的だとされる品種は、栽培種であるアラビカコーヒーでしょう。 高品質なコーヒー豆をかなり量産して収穫できるため、世界中で栽培されています。 コーヒー生産でも、70〜80%の割合をアラビカコーヒーが占めています。 エチオピア原産ですが、最初に広められたイエメンに因んでアラビカと命名されたそうです。 アラビカの在来種もしくは移入種として、モカやブルー・マウンテンやコナが、変異種してブルボンなどコーヒーとしては有名な名前の種が存在しています。 また、別にフランスを中心としたヨーロッパ諸国でよく消費されているコーヒーはロブスタ種と呼ばれ、焦げた麦のような香り味で苦味と渋みが強く、酸味がないものとなっています。 コーヒーの木はどんな花を咲かせる? コーヒーの木は、光沢のある濃い緑の葉をもっています。 こうした特徴や葉がやや下向きに伸びることから、風水的には癒やしの効果をもつ陰の気があるとされ、「気持ちを落ち着ける」効果が高いとされています。 したがって、仕事などでストレスのたまりがちなオフィスや事務所、より一層リラックス効果を期待できるように寝室やリビングなどに置くことがよいとされています。 また、真っ赤な可愛らしい実がなるものならば、南側の位置に飾れば女の子を授かることができ、北や東北の位置に飾れば男の子を授かれるといわれています。 また、コーヒーの木は「邪気を払う」「生気をよぶ」という効果も期待できるので、心が荒んできていると感じた方は、ぜひお部屋に飾ってみてくださいね。 体内に溜まった悪い気を一気に吐き出して、心を安らかできるうえ、良い気をたっぷりと体に取り込めるかもしれませんよ。 コーヒーの木の花言葉 コーヒーの木の花言葉には、「一緒に休みましょう」という意味があります。 リラックスするときに飲むコーヒーにぴったりで、こうした意味と育てやすさからプレゼント用に用いられることも多いようです。 家族や恋人など、くつろげる時間を共有したい誰かにプレゼントしたり、そう願って部屋に飾るのも素敵かもしれません。 コーヒーの木の由来 コーヒーの木は、なんと13世紀頃からイスラム圏全域で広まっており、16世紀末にはインドまで伝わった世界レベルで古くから認知度の高い植物だったそうです。 コーヒーという飲料として初めて用いられたのは、それ以前の900年頃で薬用として消化や強心、利尿作用があることがアラビア人医師のラーゼスによって明らかにされていたようです。 このときは「バンカム」と命名されていたようです。 そして飲み物として認知されたのは、イスラム教徒シーク・オマールが上を凌ぐために見つけ出したといわれています。 最終的に大規模な農業生産の対象として扱われるようになったのは、1700年オランダ東インド会社によるジャワ島での栽培が一番最初だとされています。 西洋列強によって、砂糖とともに消費されるようになり、アラビア諸国以外でも広く飲まれるようになったのです。 コーヒーの木の育て方を極めよう! 今回はコーヒーの木の育て方について簡単にご紹介しました。 一般家庭においては観葉植物として広く認知されており、産業界においては飲用の栽培植物として普及しているコーヒーは比較的自宅でも育てやすいことが明らかになりました。 深い緑色の葉には癒されることはもちろん、白い花や赤い実が家をさらに彩り豊かにしてくれることは間違いないので、是非育ててみてください。 育てるを極めれば、最終的には自家製コーヒーを作ることもできるようになるかもしれませんよ。

次の