落合 博満 バッティング。 落合博満が中村剛也、門田博光、森友哉を語る 2018年12月

なぜ?天才・落合氏がティーバッティングに反対する3つの理由

落合 博満 バッティング

もくじ• 中村剛也について 倉持 今の球界で理想的なホームランを打つ選手は誰ですか? 落合 理想的なホームランは、打球の質とか打ち方で言えば西武の中村剛也。 吉田 あぁ、落合さんの理想のようなバックスピンをかけて。 落合 あれは理に適ってると思う。 何年かは怪我で数字が伸びてこなかったけども、あの打ち方だけは他の人は真似てもいいと思う。 倉持 今シーズンは序盤に調子が悪くて夏ぐらいから上がってきましたよね。 吉田 まさにホームランバッターというホームランですかね。 落合 どっちかと言えば教科書通りじゃないかな。 見ててこれなら打つだろうなって。 吉田 なるほど。 落合 ただ、何であそこまで低いボールを振るんだよってのがあるんだけどね。 吉田 なるほど。 落合 あるんだけど、一番美しいホームランを打ってるのは中村。 門田博光とスイングスピード 吉田 落合さんは現役時代のティーバッティングでバックスピンで上に打ち上げる練習してましたよね。 落合 上にボールを打ち上げたら昔の川崎球場のバックネットを越えて外に行くんだからね。 吉田 えっ、そんな上がるんすか!? 落合 上がるということはスイングスピードが速いということなんだよ。 吉田 ちなみに今のプロ野球選手の中でスイングスピードが速い選手は誰なんですか? 落合 分からない。 見映えがするかしないかなんだ。 振ってるから速い、振ってそうに見えないから遅いではない。 吉田 なるほど。 落合 これよく比較されたのが俺と門田さんなんだよ。 吉田 はいはい。 門田博光さんですね。 落合 門田さんはフリーバッティングでだいたい12メートルぐらいの所からバッティングピッチャーに目一杯投げさせるの。 吉田 はい。 落合 門田さんはそれを全球フルスイングするの。 それでティーバッティングでは鉛入りのボールを打つんだからね。 吉田 うんうん。 落合 そういう練習をしてて、『体ごと振る』って言ったら変な表現かもしれないけど、周りから見たらものすごくスイングスピードが速く見える選手。 吉田 そうでした。 落合 それで俺はどっちかと言えば体を開きまくって、だって半分逃げるわけだから 笑 ボールが頭に来るんだもん。 怪我しないためにというのであのバッティングを作ったんだからスイングスピードが速く見えない。 吉田 そういう経緯があっての。 でもスイングスピードは実際速いんですよね? 落合 速いと思う。 吉田 バックスピンをかけることによって球場の外まで飛んでいくんですからね。 怪我をしないための打撃 吉田 落合さんのようにゆっくりに見えるような力感がないスイングの選手が少ないのは今の時代なんですかね? 落合 いやぁ、みんなボールに向かって行くからでしょ。 倉持 向かって行く。 吉田 これですよね。 実は向かって行ったらダメなんですよね。 落合 うん。 こう来るのを待ってりゃいいんだけど、向かって行くもんだから、振らざる負えないんじゃないの。 吉田 はい。 落合 普通、理屈で考えてバッターボックスの内側のラインからベースの幅って拳1個分ぐらいしかないわけだ。 吉田 はい。 落合 それで踏み込んでいってどうやってインサイドのボールを打つんだよって俺は思うよ。 吉田 うんうん。 落合 角度的には普通にバットに当たったらファウルだもん。 吉田 じゃあ、それを迎えに行かずに待つと。 落合 俺は頭に当たるのがイヤだから待つんだけど、みんなインサイドを迎えに行くからポイントが前になってファウルになる。 俺は当たりたくないからポイントを後ろにして待って打つから前に飛ぶんだよね。 以上です。 色々と考えられてます。

次の

【読書感想】野球の打撃のコツと正しいフォームを知りたいなら『落合博満 バッティングの理屈』を読め!

落合 博満 バッティング

日本プロ野球で三冠王に3度輝いたことがあるのは前中日監督の落合博満ただひとりだ。 彼の現役時代の代名詞が、神主打法である。 バットを立て、グリップエンドをへその前に置く独特のフォームで広角に打球を飛ばした。 それがロッテ時代の先輩・土肥健二である。 現在は故郷の富山で野球塾の塾長を務めている土肥に入団当時の落合について二宮清純が訊いた。 最初の印象は? 土肥: ドラフト1位ではなかった(3位)ですし、打撃はいいんだろうけど、そんなにインパクトがある選手ではなかったですね。 打球もラインドライブがかかる鋭いものより、ゆるい放物線のようなものが多かった。 監督、コーチに即戦力としてアピールできる存在ではなかったように思います。 二宮: 確かに1年目は36試合、2年目は57試合と、あまり出場機会は多くありませんね。 社会人で日本代表のクリーンアップを打っていた打者としてはプロで結果が出るのに時間がかかりました。 土肥: 2年目の後期にホームランを量産して、ようやく出てきた感じですね。 落合のバッティングは、一般的にアマチュアで指導されるような叩きつけるような打ち方ではない。 バットが下がって開き気味に打っていますから。 二宮: 落合さんの本によれば、2年目の春季キャンプで土肥さんの打撃練習を見てマネをしたそうです。 土肥さんはご自身の打撃をどのように構築されたのですか? 土肥: いろんな打者のフォームを参考にして、最終的には自分で考えました。 僕は高校時代、プルバッターだったんですが、プロでは外へのスライダーが多く投げられていました。 アウトコースを打たないと、この世界では生き残れない。 それでいろいろ研究してできたのが、ちょっと体を開き気味にしてバットを立てるフォームなんです。 二宮: なるほど。 どのコースにも自然体で対応しようとした結果が神主打法につながったと? 土肥: 真ん中のボールでも、アウトコースでも、インコースでも、バットの軌道は一緒です。 違いがあるのは、インコースに来たら少し早く回転するだけ。 落合の場合、アウトステップするタイプだったから、インコースのボールはよく見える。 彼はインコースの見極めがよくて、難しいボールはみんなカットできました。 これは彼の一番の長所です。 インコースの厳しいボールは落合もおそらく打てないんですけど、甘く入ったら、うまく右中間へ運ばれる。 だからピッチャーもなかなかインコースへ投げれない。 二宮: ピッチャーにとってバッターの懐を攻められるかどうかは攻略の生命線です。 インコースのせめぎ合いで、落合さんは相手を上回っていた。 それが好成績を残せた理由のひとつなのでしょう。 土肥: 落合は元来、アベレージバッターだと思うんですよ。 すごく広角に打てた。 それに当時の川崎球場は右中間方向の打球がよく伸びました。 だからインコースの甘い球をアウトステップして右に打っても、打球がスーッといって右中間スタンドに入る。 二宮: 落合さんは3年目に打率. 326で首位打者となり、翌年は初の三冠王を獲得します。 土肥: でも落合には王(貞治)さんほどの強烈な印象はなかったよね。 なぜか分からないけど、終わってみれば数字が残っている。 私が一番、覚えているのは、負け試合でも落合は最後の打席まで手を抜かなかった。 本人にも1度、その理由を聞いたことがあるんだけど、「オレのチーム内での役割というのは打率、打点、ホームランの数字を残すこと」だと。 自分の数字を上げることが、求められている仕事というわけだから。 二宮: 落合さんといえば、練習法も独特でした。 土肥さんの記憶に残っているものは? 土肥: それが、あまりトレーニングをしていた印象はないんですよ。 居残り練習をやっていた記憶もない。 「いつ練習しているんだ? 家でやっているのか」と本人に聞いたら、「家にはバットはない」と言っていました。 もちろん何もせずに、あれだけの成績を残せるわけがない。 どこかでは隠れてトレーニングしていたのでしょう。 でも、普段の練習で100本も200本もフルスイングしてバッティングすることはなかった。 だから落合が監督になった時に中日の選手を練習漬けにしたのは、ちょっと不思議でしたね。 ただ、よくバスターバッティングをやっていたのは覚えています。 フリーバッティングでも試合前でも、「これが一番だ」と言っていました。 バスターだとバットを引いてすぐに打ちにいかないといけないのでムダがなくなる。 この動作を繰り返すことで、自然とトップの位置が固まってきます。 落合はトップがきちんと決まっていたから、バットの軌道がスムーズにボールに入っていたんです。 二宮: 土肥さん、落合さんと受け継がれたフォームは、若い選手のお手本にもなるでしょうか? 土肥: いやぁ、落合のフォームは難しいでしょう……。 普通、バッターはホームベースの位置と18. 44m先のピッチャーに合わせて構えるものだけど、落合によると、ピッチャーの後ろの景色に合わせて構えるらしいんです。 ストライクゾーンやピッチャーまでの距離が一緒でも、後ろの風景が違うと変わって見えるとか。 だから、球場によって落合は微妙にフォームを変えていた。 まぁ、彼にはそんな難しいことばかり言わないで、もっとファンにわかりやすい話をしてほしいですけどね(笑)。 落合に「打撃の先生」と言われているなら光栄ですけど、私も当時はプロで生きるために必死にやっていただけです。 直接、何かをアドバイスしたわけでもない。 何が彼の参考になったのか、よくわからないんですよ(苦笑)。 <現在発売中の『文藝春秋』2012年2月号では「プロ野球伝説の検証」と題し、土肥さんらの証言を元に落合さんの打撃の秘密を解き明かしています。 こちらも併せてご覧ください>.

次の

落合博満の『超野球学バッティングの理屈』の凄さについて語ってみた

落合 博満 バッティング

もくじ• 中村剛也について 倉持 今の球界で理想的なホームランを打つ選手は誰ですか? 落合 理想的なホームランは、打球の質とか打ち方で言えば西武の中村剛也。 吉田 あぁ、落合さんの理想のようなバックスピンをかけて。 落合 あれは理に適ってると思う。 何年かは怪我で数字が伸びてこなかったけども、あの打ち方だけは他の人は真似てもいいと思う。 倉持 今シーズンは序盤に調子が悪くて夏ぐらいから上がってきましたよね。 吉田 まさにホームランバッターというホームランですかね。 落合 どっちかと言えば教科書通りじゃないかな。 見ててこれなら打つだろうなって。 吉田 なるほど。 落合 ただ、何であそこまで低いボールを振るんだよってのがあるんだけどね。 吉田 なるほど。 落合 あるんだけど、一番美しいホームランを打ってるのは中村。 門田博光とスイングスピード 吉田 落合さんは現役時代のティーバッティングでバックスピンで上に打ち上げる練習してましたよね。 落合 上にボールを打ち上げたら昔の川崎球場のバックネットを越えて外に行くんだからね。 吉田 えっ、そんな上がるんすか!? 落合 上がるということはスイングスピードが速いということなんだよ。 吉田 ちなみに今のプロ野球選手の中でスイングスピードが速い選手は誰なんですか? 落合 分からない。 見映えがするかしないかなんだ。 振ってるから速い、振ってそうに見えないから遅いではない。 吉田 なるほど。 落合 これよく比較されたのが俺と門田さんなんだよ。 吉田 はいはい。 門田博光さんですね。 落合 門田さんはフリーバッティングでだいたい12メートルぐらいの所からバッティングピッチャーに目一杯投げさせるの。 吉田 はい。 落合 門田さんはそれを全球フルスイングするの。 それでティーバッティングでは鉛入りのボールを打つんだからね。 吉田 うんうん。 落合 そういう練習をしてて、『体ごと振る』って言ったら変な表現かもしれないけど、周りから見たらものすごくスイングスピードが速く見える選手。 吉田 そうでした。 落合 それで俺はどっちかと言えば体を開きまくって、だって半分逃げるわけだから 笑 ボールが頭に来るんだもん。 怪我しないためにというのであのバッティングを作ったんだからスイングスピードが速く見えない。 吉田 そういう経緯があっての。 でもスイングスピードは実際速いんですよね? 落合 速いと思う。 吉田 バックスピンをかけることによって球場の外まで飛んでいくんですからね。 怪我をしないための打撃 吉田 落合さんのようにゆっくりに見えるような力感がないスイングの選手が少ないのは今の時代なんですかね? 落合 いやぁ、みんなボールに向かって行くからでしょ。 倉持 向かって行く。 吉田 これですよね。 実は向かって行ったらダメなんですよね。 落合 うん。 こう来るのを待ってりゃいいんだけど、向かって行くもんだから、振らざる負えないんじゃないの。 吉田 はい。 落合 普通、理屈で考えてバッターボックスの内側のラインからベースの幅って拳1個分ぐらいしかないわけだ。 吉田 はい。 落合 それで踏み込んでいってどうやってインサイドのボールを打つんだよって俺は思うよ。 吉田 うんうん。 落合 角度的には普通にバットに当たったらファウルだもん。 吉田 じゃあ、それを迎えに行かずに待つと。 落合 俺は頭に当たるのがイヤだから待つんだけど、みんなインサイドを迎えに行くからポイントが前になってファウルになる。 俺は当たりたくないからポイントを後ろにして待って打つから前に飛ぶんだよね。 以上です。 色々と考えられてます。

次の