名古屋 市 教育 センター。 名古屋市教育センター:利用できる施設

(公財)名古屋市教育スポーツ協会

名古屋 市 教育 センター

情報教育部では、情報教育に関する支援、研修を行っています。 情報教育部の業務 全市立幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校、高等学校をサポートする『名古屋市情報教育ネットワーク』の管理や学校ホームページの支援、情報モラル指導コンテンツや授業で使える素材集などの充実を図っています。 ヘルプデスクを設置して、学校からのネットワークやコンピュータ教材、ホームページ作成における相談などコンピュータ利用等の質問に迅速な対応をしています。 また、幼稚園から高等学校の教職員に対するコンピュータなどの研修を計画し、教員のICT活用能力の向上を目指しています。 16ミリ映写機等操作技術講座については、市民の方々にも受講していただくことができます。 受講終了時には、「16ミリ小型映写機操作技術修得証」を交付しています。 詳しくは、電話番号 052-683-6425情報教育部までお尋ねください。 視聴覚教材の貸し出し 視聴覚教材の貸し出しを視聴覚ライブラリーで行っています。 視聴覚ライブラリーでは、およそ4,300本の映画教材や16ミリ映写機をお貸しすることができます。 このときには、「16ミリ小型映写機操作技術修得証」が必要になります。 他に、ビデオ教材およそ2,400本、DVD教材およそ400本、液晶プロジェクター、DVD再生機も貸し出しをしています。 市内の社会教育団体などに、各区役所にある『まちづくり推進室』を窓口として、無料でお貸しいたします。 詳しくは、各区役所『まちづくり推進室』、もしくは視聴覚ライブラリーへ直接お尋ねください。 視聴覚ライブラリーの電話番号は、052-671-8522です。

次の

名古屋市教育センター:使用時間と料金:教育センター講堂・展示ホール

名古屋 市 教育 センター

来館者の作品鑑賞や小中学生向け体験学習の支援などを行うボランティアを募集します。 募集チラシは区情報コーナーや図書館などで配布するほか、美術館ウェブサイトからもダウンロードできます。 1 募集期間 5月10日(日曜日)から7月15日(水曜日)必着 2 募集人数 40名程度 3 応募方法 募集チラシに付属の応募用紙に必要事項を記入し、返信用封筒(84円切手貼付、郵便番号、住所、氏名を記入)を添えて美術館に郵送。 7月15日必着。 (送付先)〒460-0008 名古屋市中区栄二丁目17番25号 名古屋市美術館 ボランティア募集係 あて 4 選考 応募用紙を元に書類選考の後、面接によってボランティア養成講座受講者を決定。 全9回の講座を原則としてすべて受講し、修了した方をボランティアに登録。 5 活動期間 令和3年4月から3年間(更新あり) 名古屋市教育委員会では、平成30年度、名古屋の子どもたちが地元の歴史を知ることによって郷土愛を育み、名古屋に、より誇りと愛着を持ってもらおうと郷土の歴史を学ぶ副読本「ナゴヤ歴史探検」を作成しました。 この副読本は、名古屋市立中学校の生徒のみなさんへ配付しており、社会科の授業や総合的な学習の中で活用してもらっています。 他にもスマートフォンと連動させ、誌面のQRコードから名古屋城や志段味古墳群などの臨場感あふれる動画を見ることもできます。 また、この副読本は中学生だけでなく、広く一般の方にも親しんでいただける内容となっており、市内の大型書店を中心に一般販売を行っています。 (1冊 税込み 913円) 問い合わせ先 教育委員会事務局指導部指導室 電話番号052-972-3236 ファックス番号052-972-4177 名古屋市教育委員会が作成している「なごやっ子防災ノート」を1冊100円で販売しています。 「なごやっ子防災ノート」とは 平成24年度に作成し、市内小学校・中学校・特別支援学校の全児童生徒に配付しています。 このノートを活用することによって、児童生徒が日ごろから防災意識を高め、いざというときに実践できる行動力を身に付けることをねらいとしています。 「なごやっ子防災ノート」の特色 発達段階に応じて学習できるよう、3種類のノートがあります。 小学1から3年生用• 小学4から6年生用• 中学生用 学校だけでなく、家庭でも活用できるように三つの内容で構成されています。 地震・津波・風水害などの災害について学習するページ• 「在校時」「在宅時」「外出時」など具体的な場面ごとに、避難方法について記入するページ• 「避難場所」「連絡方法」「集合場所」など、家族間での約束ごとについて話し合うページ パンフレット「親学」について 今日、様々な要因から家庭の教育力の低下が指摘され、一人ひとりの親に対して今一度、家庭を見つめ直すことが求められています。 親は、「教育の原点は家庭にある」ことを認識し、子どもとコミュニケーションをとりながら、子どもを健やかに成長させるために力を注ぐ必要があります。 そこで、「パンフレット親学」を作成しました。 子育てに完璧なマニュアルなどありません。 子どもとともに学び合い、自らも一人の人間として成長していくことができれば、きっと素晴らしい親子関係を築くことができるのではないでしょうか。 「親学」とは、子どもにとって親とはどうあるべきかを考え、子どもとともに成長する楽しさなどについて学ぼうというものです。 このパンフレットを通して、各家庭での子育てについて振り返ってみませんか。 このパンフレットは、各区役所・生涯学習センター・図書館等で配布しています。 問い合わせ先 名古屋市教育委員会では、「親学推進協力企業」を募集しています。 この制度は、「親学」の推進にご理解・ご協力いただける企業 団体 の登録制度です。 核家族化、共働き家庭の増加、地域の人間関係の希薄化の影響で、しつけや教育の仕方で悩んでいる保護者の方がたくさんみえます。 家庭教育の推進のためには、学校、家庭、地域の力にくわえて、企業 団体 の力が必要とされています。 従業員の家庭が安定することは仕事に良い影響を与え、また、次代を担う子どもたちの成長は、将来の企業を支える人材の育成にもつながるのではないでしょうか。 あなたの会社でも、「親学を学ぼう! 」「親子で体験しよう! 」「学校へ行こう! 」など、親学企業アクションプランの取り組みをはじめてみませんか。 現在、71本の講座を配信中です。 親学ノススメ…親子で自然観察、絵本の読み聞かせ、朝ごはん、ケータイの危険性、思春期の子育て、父親の出番、ふれあい遊び、ファミリーデーなごやなど。 なごや学… 名古屋城、名古屋港、ものづくり文化の道、東区文化のみち、堀川の歩み、歴史の里、名古屋ことば、鶴舞公園、加藤清正、山車など。 現代的課題…防災、環境問題、生物多様性、人権、男女共同参画、障害者理解など。 ぜひ、アクセスしてください。 あいさつは、コミュニケーションの第一歩です。 あいさつを交わすことで、地域の皆様が顔見知りとなり、人と人とがつながり、家庭や地域で、信頼関係が芽生えます。 しかし、近年、地域では、「近所の人同士が、顔も名前も知らない」「子どもが、近所の大人にあまりあいさつをしない」「子どもに声をかけると不審者に疑われる」といった声が聞かれます。 また、家庭や地域で、しつけの仕方がわからない、子どもに注意できないなど、家庭・地域の教育力の低下を指摘する声も多く聞かれます。 そこで、名古屋市では、あいさつを通して、地域のつながりを大切にし、地域ぐるみで子どもたちを見守り育んでいくよう、「あい・あい・あいさつ活動」を推進します。 「あい・あい・あいさつ」に込められている意味.

次の

名古屋市教育センター:利用方法: 教育センター講堂・展示ホール

名古屋 市 教育 センター

予約の仕方• 市内各区役所 地域力推進室 で予約してください。 予約は、貸出し日の 3ヵ月前から配送の2日前までです。 申込の手順• 各区の区役所地域力推進室へ 予約をお申し出ください。 予約時間は,月曜日から金曜日までの午前9時30分~12時、午後1時~4時です。 地域力推進室の係が、名古屋市教育センター「視聴覚ライブラリー」へ、予約可能かを電話で確かめます。 予約可能である場合には、 「視聴覚教材・機材使用申込及び報告書」で、 使用申込書に必要事項を記入して、地域力推進室の係へご提出ください。 使用申込の 控えを受取って保管して、利用後の 報告書にします。 返却時には、教材や機材と一緒に、 「視聴覚教材・機材使用申込及び報告書」で 報告書に必要事項を記入して、 地域力推進室の係へご提出ください。 地域力推進室の係が、名古屋市教育センター「視聴覚ライブラリー」へ報告書を送ります。 配送日と貸出し 返却について 原則として7日間以内です。 区ごとに、週1回、午前中に区役所へ配送いたします。 教材・機材の受け取りは、原則として予約日の午後3時以降、午後5時までです。 配送区 配送日 返却日 昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区 ・港区・南区・緑区・天白区 水曜日の午前中 翌週火曜日の17:00まで 千種区・東区・北区・西区 ・中村区・中区・守山区・名東区 金曜日の午前中 翌週木曜日の17:00まで 貸出しについて• 16ミリ映画教材は、同時に「16ミリ映写機」の貸出しも可能です。 DVD教材は、同時に「液晶プロジェクター DVD再生機同梱 」の貸出しも可能です。 機材の貸出しを希望される場合は、予約時に申し出てください。 機材のみの貸出しは行っておりません。 スクリーンはお貸しできません。 ご利用者でご準備ください。 ご利用についてのお願い• 営利目的や政党、宗教の宣伝に使用する場合はお貸しできません。 詳しくは、 市内各区役所「地域力推進室」にお問い合わせください。 長期にわたって利用されていない16ミリ映写機では、内部のゴム部分の変質や可動部分の摩耗のためフィルムを痛めることがあるので、できるだけ映写機を同時に借用してください。

次の