お陰 です 敬語。 「おかげさまで」とは?「お陰様で」と漢字で使うのは正しい?使い方や類語・英語表現も解説

お陰様で /文例・敬語の使い方・意味

お陰 です 敬語

「おかげさまで」の語源 「おかげさま」は、 「おかげ」と「さま」があわさってできた言葉で、漢字で書くと「お陰様」の表記になります。 漢字で書いたときの「陰」とは、神仏などの偉大な存在の陰を示しており、「神仏の陰の下で庇護を受ける」ことと、神仏の敬称である「様」をつけて「お陰様(おかげさま)」と表記されるようになったといわれています。 本来は「利益や成功があったことを(神仏から)恩恵を受けた」という意味で使用されていた言葉です。 「おかげさまで」をビジネスシーンで使うメリット 相手へのお礼に「おかげさまで」を使うことで手軽に感謝の気持ちを表現することができ、「あなたのお力に助けられました」と謙虚な姿勢と協調性を示すことができます。 このように 「おかげさまで」を使い、相手に好印象を与えることで人間関係がスムーズになるというメリットがあります。 「おかげさまで」の使い方 謙虚な姿勢で相手に感謝の意を示すことができる「おかげさまで」は、人間関係を円滑にしたいときに活用できる言葉のひとつです。 また、ビジネスシーンだけではなく 日常生活など、使えるシチュエーションが多い言葉ともいえます。 「おかげさまで」を使った例文 ビジネスマナーのひとつとして覚えておきたい「おかげさまで」を使う場面は メールでのお礼やお祝いの言葉への返答、相手から気遣いを受けたときです。 ビジネスシーンで「おかげさまで」を使う際の例文をご紹介します。 メールでお礼の気持ちを表す際に使う「おかげさまで~」の例文 相手と直接顔を合わせるのと違い、ニュアンスが伝わりにくい文字や文面で自分の気持ちを表したいときには「おかげさまで」を使うのがおすすめ。 控えめながら相手を思っていることを一言で表すことができ、好印象を与えるのに効果的です。 「おかげさまで元気にしております。 」 「おかげさまで風邪が治り、好調です。 」 このように相手の気遣いに対して、好印象を与えるように返答することが本来のビジネス枕詞の正しい使い方になります。 例え相手が自分に対して何もしていなくても「おかげさまで」を使うのは、「巡り巡って相手に支えられている」という日本独自の謙虚な姿勢に由来しているのでしょう。 社会人必見!ビジネスで使える「おかげさまで」を使った例文 ビジネスシーンでの上司や取引先との人間関係は重要です。 ここでは、 上手にビジネスパーソンとコミュニケーションを図るために使いたい「おかげさまで」の例文を見ていきましょう。 ・新社会人が仕事に慣れ始めてきたとき.

次の

お陰様で /文例・敬語の使い方・意味

お陰 です 敬語

会話の中やメール、手紙で「お陰様で」という言葉を使うことがあります。 この言い回しは日本独特なものであり、直接相手に何かをしてもらった場合はもちろんのこと、してもらっていない時でも相手の親切な心遣いや思いやりの言葉に対しての感謝の気持ちを表す言葉です。 挨拶の決まり文句として使う場合や、体調を気遣ってもらった時や機嫌を伺ってもらった時、あるいは皮肉の意味を込めて嫌味として使うこともあります。 「お陰様で」の意味 「お陰様で」とは、「他人から受けた助力や親切に対する感謝の意」を伝える際に使われる言葉です。 「お陰」とは、「他から受けた力添え・恩恵」のこと、あるいは「ある物事がもたらす結果」を意味します。 または「他から受けるよくない影響」を指す場合もあるため、これによって嫌味としての意味合いも理解できるでしょう。 「様」をつけることによって、丁寧な表現となっています。 ひらがなで書く時もある 「お陰様で」という言葉は文面で使う場合には、漢字を交えた方がきちんとした印象を与え、読みやすくもあります。 しかし、現代においてはひらがなのみの表記も主流になってきていますので、状況や相手との関係を考慮した上で選択するのが良いでしょう。 漢字ばかりの表記では堅すぎる上に読みにくく、適切ではありません。 気軽に受け取れる方が嫌味な感じを与えず、スムーズに感謝を伝えることができることも考えられるでしょう。 「お陰様で」と似た言葉 「お陰様で」とは、漫画や小説などにおいては皮肉を込めて使われることも多い言葉です。 そのため、あまり良くない印象を持っている人も多いのではないでしょうか。 「様」という丁寧な表現が逆に嫌味な印象を与えてしまうことも考えられます。 せっかくの感謝の気持ちが正しく伝わらないのはもったいないことですので、場面や言葉の流れに注意して言い回しを選択しましょう。 「お陰様で」と似た意味の言葉を以下にご紹介します。 「おかげで」 「お陰様で」の「様」を抜いた表現が、「おかげで」となります。 「おかげ」という言葉には、もともと「神仏など目には見えないもののご加護や助け」という意味があるため、「様」がついていなくとも失礼には当たらないとされています。 「様」がないことによって、より柔らかい印象となり、同等あるいは目下の立場にある人に対しては「おかげで」と言う方が自然でしょう。 「おかげを持ちまして」 「おかげを持ちまして」とは、「お陰様で」と同じ意味合いで使われる表現です。 相手の力添え、助言、助けがあって物事がうまくいった時に相手への感謝の気持ちを表します。 「お蔭様をもちまして」とすると少し過剰な言い回しとなりますので、特に口語においては「お陰様で」か「お陰をもちまして」のいずれかを使うことが正しいでしょう。 メールや手紙では「お蔭様をもちまして」でも問題は無いですが、好ましくはありません。 「お陰様で」は尊敬語 「お陰様で」とは、尊敬語にあたる敬語表現です。 既に述べてあるように、「おかげ」とはもともと「神仏などから受けるご加護や助け」のことであり、偉大な存在からの恩恵であるとして尊敬の意が込められています。 さらに「様」が付くことによって、より丁寧な表現となっています。 したがって、「お陰様で」とは、相手を上にした敬語表現であると言えるでしょう。 目上の人に使えるのか 「お陰様で」とは、尊敬語としての表現でしたから、目上の人にも使うことができる言葉と言えます。 業務を手伝ってもらった時や、物事への力添えをしてもらった時のお礼として使います。 その際に「様」を忘れないようにしましょう。 「様」をつけることによってより丁寧な言葉になるからです。 上司の力添えがなければ物事がうまくいかなかった、成功したのは上司の力添えがあってこそ、という意味合いを込めるようにします。 「お陰様で」の使用例 「お陰様で」という言葉について、その意味や類語をご紹介してきました。 力添えに感謝する場合の他、挨拶の決まり文句として、あるいは嫌味として使えるため、幅広い用途が考えられます。 具体的にどのような場面においてどのように使用するのかを、例文を用いて確認してみましょう。 実際にはビジネスシーンや公的な場面で使うことが多く、自分ひとりではできなかったという謙虚さと周囲への感謝を表すのが一般的と言えます。 どんな時に用いるのか 「お陰様で」を使う一般的な場面にはどのようなものがあるのでしょうか。 本来、「相手からの助力を感謝する」という意味の言葉ですので、少し改まった状況や、あるいはかしこまった場面で使うことが多いでしょう。 そうでない場合に「お陰様で」と使うことは、逆に嫌味な印象を与えてしまうため、注意が必要です。 「お陰様で」という言葉を使うのに適切な文面であるかを、判断できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは 「お陰様で」を使うことにもっとも適した状況とは、ビジネスシーンであると考えられます。 仕事とは人と人がそれぞれの業務を行い、協力し合うことで成り立つものです。 自分ひとりでは成し遂げられないことが多いということを自覚し、素直に感謝する気持ちを持ちましょう。 それが相手への好印象につながり、その後の円滑な関係を作ることに活躍します。 企画が成功した場合や、業務が無事終えられた場合に使うと良いでしょう。 文例1:お陰様でイベントは成功いたしました たとえば企画していたイベントが盛況に進んだ場合、「お陰様でイベントは成功いたしました」と挨拶するのが良いでしょう。 自分自身が努力したのは当然ながら、他に多くの人の協力があってこそ企画は進行し実現します。 その事実を真摯に受け止め、謙虚な気持ちで感謝を伝えましょう。 「協力してよかった」という気持ちから、「また何かあれば力になってあげようか」、という気持ちにも繋がるはずです。 挨拶では 具体的、直接的な援助を受けた場合に限らず、相手の思いやりや気遣いに対して感謝する場合にも「お陰様で」と使うことができます。 自然と迎えることであれ、そこにたどり着くまでの日々に誰も関与していないということはあり得ません。 少なくとも、何かの節目においてそばに居てくれる人はあなた自身のことを気にかけてくれている人です。 その気持ちや思いやりに支えられているという、日頃の感謝を伝えることができるでしょう。 文例2:お陰様で無事に還暦を迎えました 「お陰様で」とはかしこまった表現ですから、メールや手紙などの文面で使う方が違和感は少ないでしょう。 「体調いかがですか。 」などのメールに対して、「お陰様で体調も良くなりました。 」などが挙げられます。 文例3:お陰様で疾病から回復しました たとえば「その後体調はいかがですか。 」のようなメールを受け取った場合に、「お陰様で疾病から回復しました。 」と返信します。 「お陰様で」「お蔭様で」いずれかで書くのが望ましいです。 全て平仮名で書くと、間延びする感じや適切な感じを知らない無教養な人なのではないかと誤解を与えてしまいます。 逆に全て漢字にすると固いイメージになってしまうので、漢字と平仮名をバランスよく組み合わせるのが良いでしょう。 言葉の正しい使い方を学ぼう 言葉にはそれぞれ正しい意味と使い方があります。 なんとなく知っているというだけの認識では誤用が増えるばかりで、知らないうちに自分の評価を下げてしまっている可能性も考えられます。 正しい言葉選びができるように備えておきましょう。 「ことば選び実用辞典」とは、お手頃な価格とサイズでも、約10,000語を収録している充実した辞典です。 文章を書く人すべてが持っておきたい一冊と言えるでしょう。 「お陰様で」とは、きちんとした敬語表現でありかしこまった印象もある言葉です。 しかしながら、嫌味としての意味合いで使われることもあるという認識によって、うまく感謝の気持ちが伝わらないことも考えられます。 より確実に感謝を伝えたい場合、かしこまった形を保ちつつ使える言い換え表現を活用すると良いでしょう。 相手によって使い分けられるほどのバリエーションを持っていると、何かと便利です。 「お力添えをいただき」 「お陰様で」の類義語はありませんが、「援助、力添え、助け」などの言葉を使って言い換えることは可能です。 」という言い回しができます。 目上の人に使う場合が多いですが、「お陰様で」に比べると少し柔らかい印象を与える表現です。 例文 お力添えをいただき合格しました たとえば何かの試験に合格した場合、「お力添えをいただき合格しました」という言い回しで感謝を表すことができます。 「お陰様で」に比べ、具体的な助力があった場合に使うのがより好ましいです。 形式的な挨拶や、漠然とした気遣いに対して使うと若干の違和感を感じさせることにもなりかねません。 意味合いとしては、「お陰様で」と類似して使われていると言えるでしょう。 「お陰様で」で伝えられること 挨拶として、ビジネス枕詞として使われることの多い「お陰様で」という言葉ですが、元々は「神様の見えないご加護に感謝する気持ち」を表す言葉です。 特にビジネスシーンでは同僚の助けなくては成しえないこと、上司のサポートがなければスムーズに進まない事柄は多く、そのことに対する感謝を「お陰様で」という言葉によって伝えることができるでしょう。 この一言で相手には十分感謝の気持ちが伝わります。 「お陰様で」は相手に感謝する言葉 「お陰様で」とは、「他からの協力があって物事を成し遂げることができた」という意味の言葉であり、その助力に感謝していることを表します。 「とても助かりました」という気持ちを伝える場面や、「いつもありがとう」という気持ちを伝えたい場合に、「お陰様で」という言葉を使いましょう。 状況が好転したことを示唆できる 「お陰様で」とは、何かを成し遂げた場合などに使われる表現であり、状況が好転したことを伝えることができます。 そして、その結果には誰かの助力が不可欠であったこと、自分はその助けによって良い状況を得られたこと、そんな謙虚な気持ちが表れます。 とは言え、最終的には言葉の意味を正しく理解して使うだけでなく、その根本に自分の気持ちを込めることが重要と言えるでしょう。

次の

「おかげさまで」の意味と使い方!目上の人にも使える?【例文つき】|語彙力.com

お陰 です 敬語

「おかげさまで」の意味は? 「おかげさまで契約の運びとなりました」と文頭で使うことの多い「おかげさまで」という言葉。 実際にはどのような意味があるのでしょう。 「おかげさまで」はお礼の気持ち 「おかげさまで」は、感謝の気持ちを表す表現です。 日ごろの支え・協力があってこその出来事(成果・状況)という意味で、お礼を述べる際に使用します。 「おかげさまで」という表現そのものがお礼のニュアンスを含むので、「ありがとうございます」という具体的な言葉がなくても、感謝の気持ちを込めた言い回しになります。 「おかげさまで」は謙虚な気持ちを伝える 「おかげさまで」という言葉は、「協力してもらった」「配慮してもらった」というように、「周囲のサポートあってこその結果」というニュアンスを含みます。 自分のことを棚に上げない謙虚な姿勢は、そのままあなた自身の好印象につながるものです。 また、日ごろお世話になっている人はもちろん、これからもよい関係を続けたいという人に使うことで信頼関係を助けるはたらきもしてくれます。 感謝の気持ちをさりげなく織り交ぜる表現としてもおすすめです。 ひらがなも漢字表記「お陰様で」もどちらも使える 「おかげさまで」を漢字で書くと、「お陰様で」となります。 「お陰(御蔭)」とは、本来、神仏のご加護(力添え・恵み)に感謝するという意味の言葉として使われていたものです。 現代では、「おかげさまで」というひとつの言葉として定着していることもあり、漢字表記はあまり用いられていません。 ただし、メールや手紙など改まって感謝の意を伝えたい、フォーマルな印象を与えたいという場合には、「お陰さまで」と漢字を混ぜた表記もおすすめです。 「おかげさまで」の使い方!敬語として使える例文 「おかげさまで」の意味が分かったところで、実際の使い方を例文とともに紹介します。 「おかげさまで」は敬語表現と一緒に使える 「おかげさまで」という言葉は、敬語表現を含む文章でも使用することができます。 上司や取引先など、目上の人との会話で使用しても問題ありません。 たとえば、「おかげさまで、今期もよい結果を残すことができました」と日ごろお世話になっている上司に感謝の気持ちを表す言葉として使うことができます。 「おかげさまで」は文章の頭につけるのが一般的 「おかげさまで」は、文頭で「枕詞(まくらことば)」として使用するのが一般的です。 「おかげさまで、このたびプロジェクトリーダーに昇進することができました」という風に使います。 「枕詞」は、古くは和歌で使用されていた技法ですが、現代では、本題の前に使うことで、文章を柔らかくするはたらきを担います。 特にビジネスシーンで用いられるものを「ビジネス枕詞」と呼ぶこともあり、まさに「おかげさまで」もそのひとつです。 「おかげさまで元気です」は常套句 久しぶりに会う人に「元気ですか?」という意味で「お変わりありませんか」と尋ねることがあります。 その際には、「おかげさまで元気に過ごしております」という返事が適切です。 「ご家族の皆様はお元気ですか?」と聞かれた際には、「おかげさまで皆、変わりなく過ごしています」と答えることもあります。 健やかに過ごしているのは、必ずしも相手の「おかげ」というわけではありませんが、気にかけていただいたことへのお礼の意も込めて、「おかげさまで」と返答するのが通例です。 定型句として覚えておいてください。 長期にわたり業務を継続できるのは、もちろん企業努力あってのものですが、その背景には当然ながら顧客が存在します。 そうした歴代の顧客への感謝を込めるとともに、周年を祝う思いを込めて使われています。 「おかげさまでありがとうございます」で好印象に 「おかげさまで」は、仮に自分の努力の結果であったとしても、「周りのサポートがあったからこそ」というニュアンスを含むことで、謙虚な姿勢を表明できる言葉です。 そのため、上司や目上の人に褒められた際には、ただ「ありがとうございます」とするだけでなく、「おかげさまでありがとうございます」とすると、より印象が良くなることがあります。 たとえば、「リーダー昇格おめでとう」に対しては、「おかげさまでありがとうございます」ということで、「おめでとう」に対するお礼と、日ごろの感謝の両方の意を添えることができるのです。 「おかげさまで」の類語や言い換え表現 「おかげさまで」という言葉を使わない場合には、どういった言い回しができるのでしょう。 類語や言い換え表現を紹介します。 「おかげさまで」の類語は「お力添えがあってこそ」 「おかげさまで」という表現は、たとえば「山田部長のお力添えがあってこそ」という風に言い換えることができます。 「お力添えが無ければ、このたびの契約締結は難しいものでした」という言い方も類似の表現です。 また、単に「相談に乗っていただきありがとうございました」と、具体的な言葉を添えて感謝を述べることもあります。 日ごろからお世話になっている人との間には、それなりのエピソードもあるはずです。 具体的に述べた方が、より感謝の気持ちが伝わるケースもあります。 「おかげさまで」を堅い言い回しに言い換えると「おかげをもちまして」 もう少し改まった言い方をするのであれば、「おかげをもちまして」という表現も使用可能です。 たとえば、「皆様のおかげをもちまして、弊社は創業10周年を迎えることができました」ということができます。 なお、「おかげさまをもちまして」という表現がされることもありますが、やや過剰な印象を与えてしまいがちです。 そのため「おかげをもちまして」をいう表現で覚えておいたほうがベターです。 英語で「おかげさまで」は「thanks to you」が一般的 「おかげさまで」という言葉を英語にするならば、「thanks to you」となります。 ほかにも、• Thanks to your help, it went well(助力いただいたおかげでうまくいきました)• Thank you for your advice(アドバイスをいただきありがとうございました)• My success is entirely due to your help(私の成功はすべてあなたに助けていただいたおかげです[おかげさまで成功を収めることができました]) といった表現もあります。 まとめ 「おかげさまで」は、相手への感謝を示す枕詞です。 自分自身の努力による成果であったとしても、「おかげさまで」とすることで謙虚で真摯な姿勢を見せることができます。 もちろん、自分をよく見せるためだけでなく、周囲への感謝の気持ちを常に言葉にすることは、ビジネスパートナーとの信頼関係を作る大切な心掛けです。

次の