ポニョ お母さん 名前。 「子どもの名前、どう呼んでる?」親の呼び方が“子どもの心”を育てる【人間関係に悩まない“うまい呼び方” 第2回】

ポニョのそうすけの苗字や年齢や漢字は?父母や声優やその後も気になる!

ポニョ お母さん 名前

c 2008 Studio Ghibli・NDHDMT 『崖の上のポニョ』。 さかなの子のポニョのかわいらしさ、不思議な出来事の数々、大きな波と一緒に疾走する画など、アニメーション映画としての楽しさがいっぱいの本作には、「あれはどういうことだったの?」とモヤモヤしたり、「ひょっとすると、こういうことかも!」と想像が膨らむシーンもたくさんあります。 ここでは、そのモヤモヤをちょっとだけでも解消できるかもしれない、さらに作品を奥深く知ることができるポイントについて、解説してみます。 まだ映画を観たことがない、という方は鑑賞後に読むことをおすすめします。 なぜ宗介は両親を呼び捨てにしているの? c 2008 Studio Ghibli・NDHDMT 多くの方が違和感を覚えるであろうことは、5歳の男の子の宗介が、両親を「リサ」「耕一」と呼び捨てにしていること。 劇中では、そのことを疑問に思ったり、指摘する人はいません。 このことについて、鈴木敏夫プロデューサーは「(宮崎駿監督の設定としては)おそらく母であるリサがそう呼ぶように宗介を育てている」「(呼び捨てにさせるのは)家族間であっても、一個人として自立すべきだということの象徴なのだと思います」「もしかすると、今後の日本の家族のあり方なのかもしれない」と答えていました。 なるほど。 両親を名前で呼び捨てにしたほうが、お父さんやお母さんという普遍的な立場への依存度が低くなり、子どもの自立を促しやすいのではないか、というのはわかる気もします(もちろん、両親を呼び捨てにするなんてとんでもない!と思う人のほうが多いでしょうが)。 例えば『千と千尋の神隠し』では主人公の千尋が名前を勝手に奪われてしまう恐ろしいシーンがありましたし、『崖の上のポニョ』のポニョは宗介に付けてもらったその名前をいたく気に入っていたようでした。 その他の宮崎駿作品でも、登場人物が自分の名前や素性を話すシーンは特に重要なものとして描かれているようでした。 宗介が母親のリサを探しに行った先でクルマを見つけ、何度も何度も「リサ」と叫ぶシーンは痛切な印象を残します。 5歳の男の子が、母親という肩書もない、ただただ大切に想う一個人を呼び続けるこのシーンのために、この両親を呼び捨てにするという設定があったのではないか、とも思えるのです。 ちなみに、『崖の上のポニョ』のBlu-rayには英語音声の北米版が収録されていますが、こちらでは宗介はリサを呼び捨てにせず、「Mom」または「Mommy」と呼んでいます。 耕一という父親の名前も「Dad」に代えられていた箇所がありました。 英語圏では友だち同士でなくともフランクに呼び捨てをするという印象がありますが、それでも親を名前だけで呼ぶというのは、ギョッとしてしまうところがあるのでしょうね。

次の

【崖の上のポニョ】そうすけのお母さんリサのモデ ルとなっているのは?性格や年齢についても

ポニョ お母さん 名前

adobe. 呼び方から親子の関係性がなんとなく想像できてしまいますね。 「人の呼び方が、人間関係においてとても重要ではないか?」、つまり「呼び方によって、相手との関係が決まるのでは?」ということを分析したのが、作家・心理カウンセラーの五百田達成さん。 五百田達成さん プロフィール 作家・心理カウンセラー。 鋭い視点から「コミュニケーション」「人間関係」を分析し、そこから導き出す実践的なアドバイスは高い評価を受けている。 「コミュニケーションのプロ」としてメディア出演多数。 著書にベストセラーとなった『察しない男 説明しない女』『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』 ともにディスカヴァー・トゥエンティワン 、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 新潮文庫 など。 米国CCE,Inc. 認定 GCDFキャリアカウンセラー。 呼び方が母子関係をあらわしている典型的な例はありますか? 五百田達成さん(以下、五百田さん):子どもの呼び方は、呼び捨て、くん・ちゃん呼び、あだ名呼び、お兄ちゃんなどの役割呼びなどがあります。 また、ひとりっ子ときょうだいの場合でも、呼び方は変化します。 上の子と下の子を呼び分ける典型的なお母さんといえば、人気アニメ『ちびまる子ちゃん』のお母さんです。 ちびまる子ちゃんの姉妹の名前は、姉がさくらさきこで、妹がさくらももこ。 母親にもあだ名で呼ばれる妹のももこは、いつも自由奔放で楽しそう。 対象的に役割呼びをされる姉は、いつも冷静沈着で好き勝手している妹をプリプリ怒っています。 五百田さん:下の子から見れば、役割呼びは有効です。 でも、たまには、上の子を名前で呼んであげると、想像以上にうれしそうな反応を示すと思いますよ。 上の子は、下の子が生まれると愛情がとられたと感じ、さらに役割呼びをされます。 最初は、役割呼びをうれしく感じるかもしれませんが、徐々に甘えたくても甘えられないなどのフラストレーションを感じるはず。 そんなそぶりを察知したら、上の子と向き合う時には、きちんと名前で呼んであげましょう。 ただそれだけで、子どもは「今日は私のことを見ていてくれる」と感じるはず。 時間が許せば、ふたりだけの時間を作って名前で呼んで「いつもありがとう」と伝えたいですね。 例えば、カップルを想像してみてください。 これは、呼ばれる側にも、常に相手から注目されているという心理が働きます。 それは、子どもも同じ。 役割呼びから名前呼び、あだ名呼び、さらにあだ名も定期的に変えると効果的です。 呼び方を変えるだけで、「ママはあなたをいつも見ているよ」というサインを子どもに送ることができるはず。 まずは、お兄ちゃん・お姉ちゃん呼びを卒業することから始めてみましょう。 普段、名前やあだ名で呼んでいるママが、突然、役割呼びに切り替えれば、ママの気持ちの変化を子どもも敏感に察知します。 家庭内だけではなく、ママ友など第三者の前でも本人がいるところで役割呼びをすることがポイントです。 adobe. 五百田さん:そんな時に有効なのが、肩書き呼びです。 「片付け隊長! そこのおもちゃを片付けていただけますか?」という具合に、肩書き呼びで格上げ+敬語で子どものやる気に火を付けましょう。 上の子を動かしたい時には、隊長! リーダー! キャプテン! など肩書き呼びが効果的。 特にレンジャーものが大好きな男の子には響くと思いますよ(笑)。 そして、何より娘への溺愛ぶりをコントロールするという意味で、パパにとっても効果があると思うんです。 まずは、ほめる時はいかがでしょう? 五百田さん:前述の肩書き呼びが効果的だと思います。 運動会で1位になったら「よっ、天才ランナー!」、「よっ、メダリスト!」という具合に、肩書きで呼びかけてみましょう。 家族みんながそろったところで呼んであげれば効果大で、子どもはうれしさ倍増でしょう。 普段、ちゃん呼び、あだ名呼びしている母子であればなおさら。 本気で叱って教えたい時は、母子の上下関係や距離感を明確にするためにも呼び捨てで呼びかけましょう。 adobe. そんな時は、3パターンの呼び方を用意してみませんか? 例えば、ナオキくんという男の子の場合なら、「ナオキ」「ナオくん」「ナンナン」の3パターンを作り、子どものテンションやシーン別に使い分けてみましょう。 叱る時やしっかりしてほしい時は「ナオキ」、ニュートラルな状態が「ナオくん」、ほめたり甘えさせてあげたい時は「ナンナン」と呼んでみる。 距離感が異なる3パターンの呼び名を用意し、距離を遠くしたい・近づけたい時に合わせて使えば、自然に呼び分けられるようになりますよ。 参考図書: 「あの人との距離が意外と縮まる うまい呼び方」(サンマーク出版).

次の

ポニョがハム好きな理由を解説!リサの車はなぜ333で息子は呼び捨てなの?

ポニョ お母さん 名前

そもそもポニョって、なんでハムが好きなの?? 物語の序盤、リサの車の中でそうすけがサンドイッチをポニョに食べさせるシーンがありましたよね? しかし、なぜかポニョはパンを毛嫌いして食べませんでした。 そして、ハムを見た瞬間にかぶりつき、むさぼるようにハムを頬張っていました。 ラーメンを食べるシーンでも、真っ先にハムにかぶりついていましたよね?? そこで、なぜポニョはハムが好きのか??気になって仕方がありませんでしたので、私なりにポニョがハム好きの理由を整理してみました。 ハムに 塩分が含まれているから。 人類の先祖と言われる一人「ハム」にちなんで。 ham(ハム)が、アマチュア無線家の通称だから。 まず最初の理由ですが、普段私たちが食べるハムについて調べてみたところ、ある面白い事実が発覚しました。 代表的な肉製品の一つ。 豚肉を 塩漬し,香辛料を加え,薫煙し,独特の風味と防腐性を与えた加工食品のこと。 引用:コトバンク つまり、豚肉には塩分が含まれており、いわば 海水と同じ状態なんですね。 もぉ〜お気づきかもしれませんが、ポニョは海水と同じ塩分が含まれているハムが大好きなんです!! なぜあれほどハムが好きなのか?については、普段は広大な海をさまよっているだけに、ポニョにとって塩分はなくてはならない存在であり、日本人に例えるならお米のような存在なんですよ!! 勝手なこと言ってスミマセン!! また、ノアの方舟(はこぶね)という有名な聖書は、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事ですが、その物語の中で ハムという人物が登場します。 ハムは物語の主人公「ノア」の3人の息子の一人で、アフリカを中心とする人類の先祖の一人だと言われています。 そんな人類の先祖と言われるハムを頬張ったのは、この世に生きる生命として当然の行為だったのかもしれませんね。 これまたちょっと強引な推定かもしれませんが、大洪水も発生した本作とは重なる部分も多かったので・・・ 最後に、ハムという単語には肉製品のハム以外に、ham(ハム)という アマチュア無線家の通称という単語も存在します。 ham(ハム)という意味を調べてみましたが、以下の通りです。 アマチュア無線家の通称。 音声やモールス符号による私設の短波無線局を開設することのできる有資格者 引用:コトバンク ここでちょっとピンときた方がいらっしゃるかもしれませんが、そうすけの家族は モールス信号を使って、頻繁に家族間で連絡を取り合っていましたよね? こういち(父親)が自宅に帰れないシーンで、リサとそうすけが暗闇の中でライトを巧みに操り、こういちに伝言を送るシーンですね。 つまり、そうすけ一家のようにモールス信号を巧みに操る家族をアマチュア無線家と呼ぶわけです。 ポニョはハムを食べることで、 そうすけ一家とより深い関係が結べると察したのかもしれませんね。 それと、ちょっと脱線するかもしれませんが、そうすけが「ポニョはハムが好きなんだよ」と発言したことに対して、 あたしみたいね・・・ と発言したリサのフレーズも妙に気にかかっていました。 ちなみに物語では、そうすけは 5歳、リサは 25歳という設定ですが、なぜか妙に今時のファミリーを思い浮かべてしまいます。 一昔前までは、親の名前を呼び捨てするなんて考えられませんでしたが、現代では親と子供が親子というよりは友達のようにフレンドリーな関係になっている世帯も多いですよね? 特に女性は顕著で、母親と娘がいつまでも仲良しという光景をSNSなどでよく見かけます・・・ そんな家族間の存在意義も一昔前と変わったことも考慮し、あえて母親を呼び捨てにする設定を選んだのではないでしょうか? 現実世界でも割りとありますが、母親側としては、他人に対してそれだけ仲の良い親子と思わせたい思惑はあるでしょうね。 それと、 「母なんて呼ばれると、老けているイメージがあるから」と親の方針で呼ばせない家庭もあるようです。 子供は素直だから親の方針に従いますもんね・・・ それにしても、現代社会を読み取り、若者の視点に立って物語を制作しているなんて・・・やはり宮崎駿監督の着眼点とセンスは只者ではないですよ。 スポンサーリンク リサの車のナンバーが333の理由! コチラも気になっていた方が多いのではないでしょうか? 車のナンバーは数字の3が3つ、物語では他にも3に関するキーワードが随所に散りばめられていました。 例えば、ラーメンを食べるシーンで、出来上がるまでは3分かかるとのこと。 当たり前です。 ポニョの母親(グランマンマーレ)のイアリングが両耳に3つずつ付いている。 などなど。 不思議な光景を目の当たりにしていましたが、何か3という数字に意味はあるのでしょうか? そこで3という数字に隠された秘密を探りましたが・・・どうやら3にはアセンデッドマスター(超越した人間とその霊魂)を示す天使の数字という意味合いがあるみたいです。 たとえば、 イエス・キリストなどですね。 そういえば、物語でポニョは頻繁に睡眠をとっていましたが、その回数も3回でしたね・・・ 物語ではいくつものトラブルが発生していましたが、3という数字によって、そうすけやリサを擁護しているという意味合いがあるのかもしれませんね。 ハムに 塩分が含まれているから。 人類の先祖と言われる一人「ハム」にちなんで。 ham(ハム)が、アマチュア無線家の通称だから。 そうすけがリサを呼び捨てする理由は、ホントに仲の良い家族と思わせたい現代の親子関係をリアルに再現している。 リサの車が333の理由は、3という数字には天使の意味合いがあり、トラブルからそうすけやリサを擁護するため。 ポニョの気になるポイントについて調査してみましたが、結局これって各々で見方は違うでしょうし、必ずしも正解は一つしかないというわけではないと感じました。 いや〜なんとも奥深い作品ですね。 我々の探究心をくすぐる宮崎駿監督には頭が上がりませんよ・・・ まだまだポニョには都市伝説的なシーンが多いので、もし機会があればもう一度ご覧になってはいかがでしょうか?? 最後までお読みいただき、ありがとうございました!!.

次の