高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019。 高校生等奨学給付金:文部科学省

高校生等奨学給付金:文部科学省

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

高校生等奨学給付金制度とは 高校生等奨学給付金制度とは、低所得の家庭で養育されている高校生などを対象に、 授業料以外の教育費の負担を軽減するために給付金を支給する制度です。 目的は「教育の機会均等」です。 文部科学省のウェブサイトには、制度の目的が次のとおり書かれています。 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 引用:文部科学省 自治体によって異なる要件と支給額 高校生等奨学給付金制度は、奨学のために自治体が実施する給付金事業の経費(一部)を国が補助する制度です。 そのため、母体となる自治体の制度によって給付金の要件や支給額が異なります。 例えば、沖縄、福岡、愛知、北海道の主要都市のウェブサイトを確認すると、それぞれ異なる要件や支給額が設定されています。 教育費とは 高校生等給付金制度の対象となるのは 「授業料以外の教育費」です。 具体的には、次のような教育費が対象となります。 教育の機会均等を図るための制度• 給付金なので「返済不要」• 授業料以外の教育費について給付金を支給 高等学校等就学支援金制度との違い 高校生等奨学給付金制度と間違えやすい制度に、高等学校等就学支援金制度があります。 高等学校等就学支援金制度とは、高校などに在籍する子供を対象に 国が授業料を負担する(支援金を支給して授業料と相殺する)制度です。 違い 奨学給付金 就学支援金 目的 目的は教育の機会均等を図ること 返済の要否 不要 対象家庭 所得が低い家庭 一般家庭でも利用できる 対象費用 授業料以外の教育費 授業料 高校生等奨学給付金の受給資格(対象者) 受給資格(対象者)を確認していきます。 非課税世帯:世帯全員の住民税(所得割と均等割りの両方)が非課税の世帯 「保護者」とは 高校生等奨学給付金制度の保護者とは、 同居か別居かに関わらず子供の親権者です。 父母が離婚している場合でも子供の親権者に受給資格があります。 親権者が子供と一緒に暮らしていなくても、です。 子供の親権を行う人がいないときは、子供の生計を主として維持している祖父母などが保護者になります。 住所の要件 申請する自治体に子供の保護者の住所がある(原則として、住民票がある)ことが要件です。 子供が他の自治体が管轄する地域の学校に通っているときも、保護者の住所がある自治体に申請する必要があります。 「高等学校など」の意味 受給資格があるのは、基準日の時点で、子供が次のような学校に在籍している場合です。 給与所得者:市町村民税特別徴収税額通知書(毎年6月に勤務先から渡される)• 個人事業主:納税通知書(毎年6月に市区町村役場から郵送) 高校生等奨学給付金の支給金額(国公立と私立) 国が規定する支給金額は、以下のとおりです。 世帯(就学形態) 支給額(年額) 国公立(年額) 私立(年額) 生活保護 (全日制、通信制) 32,300円 52,600円 非課税 (全日制など) 第1子:82,700円 第2子以降:129,700円 第1子:98,500円 第2子以降:138,000円 非課税 (通信制) 36,500円 38,100円 支給金額は国公立と私立で異なる 高校生等奨学給付金は、子供の通う学校が国公立か私立かで支給金額が異なります。 授業料に大きな差があることを配慮しての措置です。 また、同じ世帯に15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合、その世帯の高校生などは全員、第2子以降の金額が支給されます。 繰り返しですが、高校生等奨学給付金制度は、自治体が実施する給付金事業を国が補助するという制度です。 そのため、給付金の支給金額は自治体ごとに異なります。 受給を希望する場合、住んでいる地域の市区町村役場に詳しいことを確認しましょう。 あや 高校生等奨学給付金の申請方法 高校生等奨学給付金の申請は、以下の手順で行います。 申請先 子供が通学する高校などの所在地によって異なります。 子供の在籍する学校を管轄する自治体 申請先 保護者の住所がある自治体と同じ 基準日時点で子供が通学する高校など 保護者の住所がある自治体と違う 保護者の住所がある自治体の担当窓口 申請時期 毎年7月初旬から8月末頃までを申請期間とする自治体が多いです。 異なる自治体もあるので、住んでいる地域の市区町村役場で確認してください。 申請の必要書類 申請に必要な書類は、世帯の状況によって異なります。 【生活保護世帯が申請する場合】 必要書類 説明 申請書 子供が在籍する高校などや保護者が住所を有する自治体の窓口で入手 生活保護受給証明書 基準日時点で生活保護(生業扶助)を受けている記載があるもの 生活保護法の規定による生業扶助(高等学校等就学費)受給証明書 子供が在籍する高校などで書式をもらい、福祉事務所で発行を受ける 保護者の金融機関の口座情報 給付金振込用 【道府県民税所得割額・市町村民税所得割額の非課税世帯】 必要書類 説明 申請書 子供が在籍する高校などや保護者が住所を有する自治体の窓口で入手 その年の都道府県民税所得割額と市町村民税所得割額が非課税であることが確認できる資料 市町村民税・県民税 特別徴収税額通知書、市町村民税・県民税 税額決定・納税通知書、町村民税・県民税 非課税証明書のコピーなど 保護者の金融機関の口座情報 給付金振込用 対象となる子供の健康保険証等のコピー — 対象となる子供の兄弟姉妹の健康保険証等のコピー 15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合 自治体によっては、その他に追加の資料提出を求められることがあります。 あや 審査期間 標準的な審査期間は60日です。 申請が受理されてから、約2ヶ月後に結果が通知(遅くとも12月初旬まで)されます。 ただし、申請に不備不足があると結果通知が遅れます。 通知が来ない場合 審査結果の通知は、国公立や私立に関わらず自宅に郵送されます。 2ヶ月待って届かない場合は申請先に問い合わせましょう。 高校生等奨学給付金の支給方法と支給日・振込日 高校生等奨学給付金の支給方法と支給日・振込日についても確認しておきます。 支給方法 高校生等奨学給付金は、申請時に提出した保護者の金融機関の口座に振り込まれます。 申請時にも確認されますが、 振込先は子供ではなく保護者の口座です。 支給日・振込日 最初の給付金が振り込まれる時期は、申請から2~3か月後です。 ただし、支給日・振込日は自治体によって異なるので、申請時に確認しておくことが大切です。

次の

高校生等奨学給付金制度とは?|シングルマザーが幸せになる方法

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

お子さんが新しく高校生になった場合、注意して進めていただきたいのは「高等学校等就学支援金」の手続きです。 たいていの場合 、入学式の日に申請書と、課税証明書などの市町村民税の所得割額を確認する書類を提出する流れになっています。 手続き後ふと、 「あれ、支援金ってどうやってもらうの?振込?」 と悩んでいる方はいませんか? この記事では、 高等学校等就学支援金の支給日や支給方法についてお伝えします。 高等学校等就学支援金は、昔は「高等学校無償化」と言っていた制度が改定されたもので、 高校の授業料を支援するための制度です。 したがって、基本的に各家庭に支払われるものではなく、 学校に直接支給されて、授業料と相殺されるシステムになっています。 これにより、支給された授業料がほかに転用されることが防止できて、純粋に授業料として、生徒のために使われます。 私立高校の場合は各学校に確認を! 公立高校の場合は自動的に授業料と相殺されるので分かりやすいのですが、私立高校の場合は学校ごとに処理の方法が異なります。 基本的な考え方は「授業料と相殺」で間違いないのですが、一例を挙げれば、次のような対応がされるケースもあるとか。 ・前期の授業料はそのまま払い、後期支払い分で相殺される ・支給額が決定してから、相殺されたあとの金額で案内される ・いったん授業料を支払ってから、就学支援金分に相当する金額が返還される など。 私立では就学支援金相当額が返金される場合もありますが…… お子さんが私立学校に在籍している方が、「就学支援金が振り込まれた」と話しているのを聞いて、「就学支援金は個人の口座に振り込まれるもの」と勘違いしている人がいます。 しかしそれは大きな誤解。 いったん全額授業料を支払った私学に在籍しているお子さんの保護者宛てに、 支援金相当分が返還された、という意味です。 基本的には「就学支援金は授業料と相殺」されるものなので、 個人が手にするものではないことを理解しておきましょう。 支給額が実際の学費より多い場合でも、差額はもらえません。 令和2年度の制度改定により、私立高校に進んだ場合でも事実上無償化されているケースがあります。 その場合、例えば学費免除や一部免除などで支給額の方が多くなってしまう場合があります。 このような場合でも差額が現金でもらえたりはしませんので、ご注意ください。 高等学校等就学支援金の手続きがまだの人も再チェック!対象になっているかもしれません。 大至急学校に申し出てくださいね! 「うちは世帯年収が基準を超えているから、支援金をもらうのは無理」と思って、申請していない方はいませんか?市町村民税の所得割額を確認せず、もし年収だけでさっさと判断している人は、念のため、課税額を確認してみてください。 インターネット等で、「所得のボーダーラインがサラリーマン家庭で910万円」と言われているため、年収で判断して申請していないケースがあります。 確認してもしも、請求できたんだ~!!と慌ててしまった場合は、すぐに高校に連絡してください。 事務手続き上は、多少遅れた程度なら間に合うケースもあるようです。 以上、「高等学校等就学支援金の支給日はいつ?どんな方法で支給される?私学の場合は?」という内容でした。 5%~18.

次の

奨学のための給付金(高校生等奨学給付金)について | 総務部法人局学事課

高校生 等 奨学 給付 金 支給 日 いつ 2019

高校生等奨学給付金制度とは 高校生等奨学給付金制度とは、低所得の家庭で養育されている高校生などを対象に、 授業料以外の教育費の負担を軽減するために給付金を支給する制度です。 目的は「教育の機会均等」です。 文部科学省のウェブサイトには、制度の目的が次のとおり書かれています。 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 引用:文部科学省 自治体によって異なる要件と支給額 高校生等奨学給付金制度は、奨学のために自治体が実施する給付金事業の経費(一部)を国が補助する制度です。 そのため、母体となる自治体の制度によって給付金の要件や支給額が異なります。 例えば、沖縄、福岡、愛知、北海道の主要都市のウェブサイトを確認すると、それぞれ異なる要件や支給額が設定されています。 教育費とは 高校生等給付金制度の対象となるのは 「授業料以外の教育費」です。 具体的には、次のような教育費が対象となります。 教育の機会均等を図るための制度• 給付金なので「返済不要」• 授業料以外の教育費について給付金を支給 高等学校等就学支援金制度との違い 高校生等奨学給付金制度と間違えやすい制度に、高等学校等就学支援金制度があります。 高等学校等就学支援金制度とは、高校などに在籍する子供を対象に 国が授業料を負担する(支援金を支給して授業料と相殺する)制度です。 違い 奨学給付金 就学支援金 目的 目的は教育の機会均等を図ること 返済の要否 不要 対象家庭 所得が低い家庭 一般家庭でも利用できる 対象費用 授業料以外の教育費 授業料 高校生等奨学給付金の受給資格(対象者) 受給資格(対象者)を確認していきます。 非課税世帯:世帯全員の住民税(所得割と均等割りの両方)が非課税の世帯 「保護者」とは 高校生等奨学給付金制度の保護者とは、 同居か別居かに関わらず子供の親権者です。 父母が離婚している場合でも子供の親権者に受給資格があります。 親権者が子供と一緒に暮らしていなくても、です。 子供の親権を行う人がいないときは、子供の生計を主として維持している祖父母などが保護者になります。 住所の要件 申請する自治体に子供の保護者の住所がある(原則として、住民票がある)ことが要件です。 子供が他の自治体が管轄する地域の学校に通っているときも、保護者の住所がある自治体に申請する必要があります。 「高等学校など」の意味 受給資格があるのは、基準日の時点で、子供が次のような学校に在籍している場合です。 給与所得者:市町村民税特別徴収税額通知書(毎年6月に勤務先から渡される)• 個人事業主:納税通知書(毎年6月に市区町村役場から郵送) 高校生等奨学給付金の支給金額(国公立と私立) 国が規定する支給金額は、以下のとおりです。 世帯(就学形態) 支給額(年額) 国公立(年額) 私立(年額) 生活保護 (全日制、通信制) 32,300円 52,600円 非課税 (全日制など) 第1子:82,700円 第2子以降:129,700円 第1子:98,500円 第2子以降:138,000円 非課税 (通信制) 36,500円 38,100円 支給金額は国公立と私立で異なる 高校生等奨学給付金は、子供の通う学校が国公立か私立かで支給金額が異なります。 授業料に大きな差があることを配慮しての措置です。 また、同じ世帯に15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合、その世帯の高校生などは全員、第2子以降の金額が支給されます。 繰り返しですが、高校生等奨学給付金制度は、自治体が実施する給付金事業を国が補助するという制度です。 そのため、給付金の支給金額は自治体ごとに異なります。 受給を希望する場合、住んでいる地域の市区町村役場に詳しいことを確認しましょう。 あや 高校生等奨学給付金の申請方法 高校生等奨学給付金の申請は、以下の手順で行います。 申請先 子供が通学する高校などの所在地によって異なります。 子供の在籍する学校を管轄する自治体 申請先 保護者の住所がある自治体と同じ 基準日時点で子供が通学する高校など 保護者の住所がある自治体と違う 保護者の住所がある自治体の担当窓口 申請時期 毎年7月初旬から8月末頃までを申請期間とする自治体が多いです。 異なる自治体もあるので、住んでいる地域の市区町村役場で確認してください。 申請の必要書類 申請に必要な書類は、世帯の状況によって異なります。 【生活保護世帯が申請する場合】 必要書類 説明 申請書 子供が在籍する高校などや保護者が住所を有する自治体の窓口で入手 生活保護受給証明書 基準日時点で生活保護(生業扶助)を受けている記載があるもの 生活保護法の規定による生業扶助(高等学校等就学費)受給証明書 子供が在籍する高校などで書式をもらい、福祉事務所で発行を受ける 保護者の金融機関の口座情報 給付金振込用 【道府県民税所得割額・市町村民税所得割額の非課税世帯】 必要書類 説明 申請書 子供が在籍する高校などや保護者が住所を有する自治体の窓口で入手 その年の都道府県民税所得割額と市町村民税所得割額が非課税であることが確認できる資料 市町村民税・県民税 特別徴収税額通知書、市町村民税・県民税 税額決定・納税通知書、町村民税・県民税 非課税証明書のコピーなど 保護者の金融機関の口座情報 給付金振込用 対象となる子供の健康保険証等のコピー — 対象となる子供の兄弟姉妹の健康保険証等のコピー 15歳以上23歳未満の兄弟姉妹がいる場合 自治体によっては、その他に追加の資料提出を求められることがあります。 あや 審査期間 標準的な審査期間は60日です。 申請が受理されてから、約2ヶ月後に結果が通知(遅くとも12月初旬まで)されます。 ただし、申請に不備不足があると結果通知が遅れます。 通知が来ない場合 審査結果の通知は、国公立や私立に関わらず自宅に郵送されます。 2ヶ月待って届かない場合は申請先に問い合わせましょう。 高校生等奨学給付金の支給方法と支給日・振込日 高校生等奨学給付金の支給方法と支給日・振込日についても確認しておきます。 支給方法 高校生等奨学給付金は、申請時に提出した保護者の金融機関の口座に振り込まれます。 申請時にも確認されますが、 振込先は子供ではなく保護者の口座です。 支給日・振込日 最初の給付金が振り込まれる時期は、申請から2~3か月後です。 ただし、支給日・振込日は自治体によって異なるので、申請時に確認しておくことが大切です。

次の