いきなりステーキ。 いきなり!ステーキ、増資の裏に透けるガバナンス不在:日経ビジネス電子版

メニュー

いきなりステーキ

いきなりステーキを10倍楽しむ裏ワザ&裏メニュー 無性にガッツリ肉を食べたい……そんなときの庶民の味方「いきなりステーキ」。 私も毎回のように見かけるお兄さんとかいますもん。 ただそうなると、オーダーがワンパターン化しちゃいませんか? たまには違った味も楽しみたいな……でもやっぱりこれ好きだしな……と思っているな・ら・ば! いつものメニューをアレンジしちゃえばいいのです。 というわけで、スタッフ直伝「 いきなりステーキを10倍楽しむ裏ワザ&裏メニュー」をこっそりご紹介したいと思います。 いきなりステーキのスタンダードな楽しみ方 「いきなりステーキ」をご存じないかたのために、まずは簡単にシステムの説明を。 研修センター店だけは、1グラム 5. するとその場で肉の塊から切り分けてくれます。 今回は私の定番「 リブロースステーキ 400グラム」をレアで。 自分サイズにカットされたステーキ肉は、すぐに炭火で丁寧に焼かれて……。 目の前に運ばれてきます。 あとはじっくり堪能するだけ。 つまり、胃袋やお財布と相談しながら量を決められる上、切りたて焼きたてを1グラム 6. スタッフ直伝の「裏ワザ」10選 さて。 いつもならこのままガブっといっておしまいなのですが、今回はここからがお楽しみの始まり。 卓上のおろしニンニクと醤油、塩コショウを好きなだけかけて…… 鉄板の「 再加熱」をしてもらいます。 再加熱は店員さんにお願いするとやってくれるんですよ。 あとは混ぜ合わせるだけで、「ガーリックライス」の完成です! ガーリックチップを追加すれば、さらに風味がアップしますよ。 鉄板を「再加熱」してもらい…… 卓上のステーキソースやドレッシングをあえたら「 野菜炒め」の完成! ほどよく加熱された野菜とステーキの相性がたまりません。 ドレッシングによって味の違いも楽しめるので、いろいろ試してみてくださいね。 個人的には「 玉ねぎドレッシング」がオススメです。 「 オリジナルブルーチーズソース」(108円/ 税込)をステーキにつけると、ほのかな酸味とブルーチーズの風味が肉をマイルドにしてくれて、さっぱりといただくことができるのです。 ちょっと味を変えたいときにおすすめです。 いきなりステーキのドレッシングは肉にも合うように作られているので、驚きのおいしさを実感していただけると思います。 通常はレア~ウェルダンから選ぶのですが、なんとより焼きの浅い「 ベリーレア」や、しっかり焼く「 ベリーウェルダン」もできるのだとか。 鉄板の上でも加熱されるので、そこも考慮して焼き加減を選ぶのがおすすめです。 ジュワッとあふれる肉汁がたまらないんだけど、食べ進むにつれ鉄板にはあぶらの海がたっぷりと……。 せっかくのふんわり感も半減してしまいますよね。 でも、鉄板を敷板の縁に乗せれば、あぶらは自然と片側に! このちょっとしたコツでこれで最後までオイリーにならずに味わえます。 ソースのかかり過ぎも防げますよ! 鉄板に触れる際はやけどに注意してくださいね。 ぜひお試しを。 そんなときは 「ライスなし」にすれば100円引きで食べられます。 ライス、サラダ、スープの付いたランチのみの裏ワザなんです。 糖質制限ダイエット中の方にも人気のサービスですね。 卓上のおろしニンニクとタバスコを、スープに好きなだけ入れて混ぜてみましょう。 いつものスープがピリッとスパイシースープに早変わり。 実はこのアレンジ、弊社の社長が生みの親なんです。 持ち帰り用の容器を用意してくれます。 もちろん、はじめからテイクアウト (焼き加減ミディアム以上)としてのオーダーも可能。 持ち歩き時間や焼き加減など注意点もあるので、詳しくはスタッフに確認してみてください。 味をよく知るスタッフだからこそのアイデアも飛び出した、いきなりステーキ裏ワザ10選。 いつものメニューもひと味違う味わいになれば、食べる楽しみが広がりそうですよね。 気になった裏ワザ、明日のランチでさっそく試してみては? お店情報 いきなりステーキ オリナス錦糸町店 住所:都墨田区太平4-1-2 オリナス錦糸町4階レストラン街 電話番号:03-6456-1429 営業時間:11:00~23:00(LO 22:45) 平日のみ11:00~15:00ランチタイム 定休日:無休.

次の

あの「いきなりステーキ」をもっと堪能できる裏テクニックがあるらしい

いきなりステーキ

歳をとると物忘れがひどくなる。 私(佐藤)はこれまで、ステーキ量り売りのアノお店に行くつもりで、に行ってしまったり、やに行ってしまったり。 さらにはステーキ屋でさえないに行ったこともあった……。 そんなとぼけたことをしている間に、量り売り元祖の「いきなり! ステーキ」が危機的状況を迎えていることを知った。 運営会社のペッパーフードサービス一瀬社長からの緊急メッセージが、東京・渋谷センター街店に貼り出されているそうなので行ってきた! お~い! 大丈夫か~!? ・社長のメッセージ 12月某日、14時頃に店にたどり着いた。 以前はどこのお店でも昼時になれば列をなしていたのだが、最近は並んでいる様子を見ることも少なくなった。 まして昼時を過ぎたこの時間なら、結構空いているのでは? と思ったら、店内は満席のもよう。 外国人観光客が大半を占めている。 さて、店の正面を見てみると、ネット上で噂になっていた貼り紙を発見した。 相変わらず社長の笑顔が眩しい。 しかしその笑顔とは裏腹に、真横に貼られた紙につづられたメッセージは切ない内容だった……。 「社長からのお願いでございます 従業員、皆元気翌笑顔でお迎えいたします いきなりステーキは日本初の格安高級牛肉の厚切りステーキを気軽に召しあがれる食文化を発明、大繁盛させて頂きました。 今では店舗の急拡大により、いつでも、どこでもいきなりステーキを食べることができるようになりました」 「しかし、お客様のご来店が減少しております。 このままではお近くの店を閉めることになります。 従業員一同は明るく元気に頑張っております。 お店も皆様のご希望にお応えしてほぼ全店で着席できるようにしました。 メニューも定量化 150g 200gからでも注文でき、オーダカットも選べます。 創業者一瀬邦夫からのお願いです。 ぜひ皆様のご来店心よりお待ちしております」 なんてこった……、歳をとると物忘れがひどくなると同時に涙もろくもなる。 あかん、こういう苦労話が1番涙腺を刺激するんや(涙)。 大変やったなあ、辛かったなあ。 今までヨソの店に行っててごめんやで……。 ・人の金で…… という訳で、肉、食いま~す! 注文したのは、ランチタイム特別価格のリブロースステーキ300g(税別1970円)である。 それにランチセットのサラダ・スープ・ライス(税別200円)を付けた。 ジューッ! と鉄板で肉が焼ける音は、いつでも私を元気にしてくれる。 実に心地良いサウンドである。 この音を聞きながら眠りに落ちることができたら、どんなに幸せだろうか。 肉をナイフでカットして、口に頬張るその瞬間を「至福」と言わずにして何というのか? この瞬間を多くの人と共有することができたら、世の中から争いはなくなるんじゃないか? とさえ思えてしまう。 煮込んだ肉をご飯に乗せて「牛丼」と呼ぶが、令和の時代は焼いた厚切りステーキをご飯に乗せて「牛丼」と呼ぶ時代にしたい。 私はコレを食べながら、内々に誓いを立てたい気持ちになった。 久しぶりにステーキを食うと、力がみなぎる。 やっぱりステーキはこうでなくっちゃね! そんな訳でお会計。 なんと有難いことに、私のサイフのなかには、会計時に使える「肉マネー」が5200円分もあった。 これは、今年の誕生日に当編集部のP. サンジュンがプレゼントとして私にくれたものだ。 人の金で食うステーキ、マジで最高! サンジュン、来年も肉マネーをくれよな! いきなり! ステーキが続く限り、誕生日は肉マネーでよろしく。 人の金で食ういきなり! ステーキ、マジで最高だわ(笑)。 おわり! ・今回訪問した店舗の情報 店名 いきなり! ステーキ 渋谷センター街店 住所 東京都渋谷区宇田川町33-13 楠原ビル1F 営業時間 11:00~23:00 定休日 なし Report: Photo:Rocketnews24.

次の

ガストより安い「いきなり!ステーキ」が高すぎると避けられるワケ 6年で約4割も値上げしたツケ

いきなりステーキ

「いきなり! ステーキ」が東京・曙橋の店舗限定で、食べ放題を実施していることをでお伝えした。 税別3980円で、元を取るにはワイルドステーキ300グラムを3枚食べる必要がある。 この食べ放題メニューが新しくなった。 料金設定と提供メニューに改良が加えられ、より利用しやすくなったらしいので、さっそく食べに行ってみたぞ! ・新しくなった食べ放題 新しい食べ放題は、2020年2月12日にスタートしたとのこと。 Twitterで情報を得た私は、その日の夜に曙橋店へ突撃した。 以前は大人1人60分税別3980円、小学生以下税別1980円の料金設定しかなかったが、新食べ放題は男女の料金が異なる。 さらに カップルなら割引も適用される。 ということで、当編集部の亀沢郁奈と共にお店を訪ねた。 亀沢は大食いに挑んだ経験がない。 まあ、男女で訪ねた方がお得なので、そこまで食えなくても問題はない。 せめて1回くらいおかわりしてくれればいいか。 ある意味「戦力外」くらいの気持ちで同行してもらったのだが……。 この時、私は思わず冷や汗をかくような事態に陥るとは思ってもみなかった……。 ・どこが新しくなったのか? さて、何が新しくなったのかを細かく見てみよう。 まずは先に挙げたように料金と時間が変更されている。 男性税別3980円・女性税別3280円・小学生以下税別1980円。 時間も60分から70分に延長、ただしラストオーダーは開始から50分で、この点は以前と同じ。 提供メニューは、ワイルドステーキ・ワイルドハンバーグに加えて、これらを150グラムずつ鉄板に乗せたコンボが加わった。 なお、ワイルドステーキは150グラムのオーダーが可能になっている。 もう1つ新しくなったのは、 サイドメニューのサラダ・スープ・お新香・ポテサラセットも頼むことができるようになっている。 ただしこちらは食べ放題ではないので、口直し程度に間に挟むと良さそうだ。 それから卓上に開始時間・終了時間を提示してくれるようにもなっている。 ・1皿目 段取りが整ったところで、食べ放題に挑む。 開始前に亀沢に 「どれくらい食えそう?」と尋ねると……。 亀沢「600グラムくらいは食えるんじゃないですか? わかんないけど」 と、先にお願いしたお新香をつまみながら言う。 まあ、600グラムでも十分。 戦力外だからそこまで多くは望まない、私はそんな気持ちでいた。 肉が出てきたところから時間スタート。 まずは各々、 ワイルドステーキ300グラムずつを食べる。 この時、まだ1切れも食べていないのに、スタッフから 「次、焼きますか?」と言われてしまった。 早い! 肉を提供する気満々じゃないか! こっちもヨシ、食ってやろうという気になる。 この「次、焼きますか?」は最初から最後まで続いた。 したがって、 肉が出てくるのを待つのは最初だけで、あとはまったく待つことがなかったのである。 さて、この日はたまたま昼食が控えめだった。 ジューッ! という肉が焼ける心地よい音を聞くと、腹の虫も鳴きまくる。 空腹で食う肉の一口目が1番美味いんだよな~。 真夏に飲む生ビールの一口目に匹敵する感動がある。 私はまだ余力があるうちに、肉を噛みしめて確かめるように味わっていた。 「うん、美味い。 う~ん、美味い」、そんな言葉が口から洩れる。 ふと、亀沢を見ると……、 え? もう食い終わってる!! 早いッ! 食うの早いな! そう言うと亀沢は 「え? そうですか?」と涼しい顔。 もしや、これは!? ・2皿目 続く2皿目も 共にワイルドステーキ300グラム。 ここまではまあ、前菜みたいなものだ。 ちなみに前回食べ放題に挑んだ時に、付け合わせは大根おろしが1番良いことに気付いたので、ワイルドステーキは基本大根おろしで食べるようにしている。 とここで、スタッフから食べ方のアドバイスをもらった。 大根おろしは、卓上のバルサミコドレッシングを入れて、肉をディップして食べるとサッパリ美味しく食べられるそうだ。 アドバイスにしたがって食べると、肉の脂が軽くなって、口中がリセットされたように感じる。 この食べ方はいい! 食べ放題後半の助けになりそうだ。 さすが毎日肉と向き合っているだけある。 客の知らない美味しい食べ方を知っているんだな~。 なんて感心しながら、肉を味わっていると、 亀沢はすでに2皿目を食べ終わっていた! 早い! まだ余裕? 余裕なの? 亀沢「そうですね、ちょっとお腹に来てるけど、おかわりします」。 ・3皿目 亀沢郁奈、結構食えるヤツだった……。 戦力外とか言ったの誰だよ! かなり力になるじゃないか。 この後、亀沢はサラダとスープ、ポテサラを注文。 一度口を直しにかかる。 そして ワイルドステーキ200グラムをおかわりした。 私は次に ワイルドハンバーグ300グラムを注文した。 この時、内心ちょっと焦っていた。 もしかして、「食う量で亀沢に負ける? この俺が?」という気持ちになっていた。 せめて重量だけでも、先輩の威厳を保たねば……。 ここでもまたスタッフアドバイス 「ワイルドハンバーグは、良く焼くと脂が抜けて、食べやすくなりますよ」という。 またしてもアドバイスにしたがって、ハンバーグをじっくり焼いて食べる。 旨味がギュッと詰まって本当に食べやすくなった。 ただし、この食べ方をする場合、口のなかのヤケドに気を付けよう。 ハンバーグの肉片がめちゃくちゃ熱くなるので要注意だ。 ・4皿目 ここまで2人の食べた量は、 亀沢800グラム、佐藤900グラムである。 量だけでいえば、前回と同量なので、もう潮時かなと思ったら……。 亀沢「私、最後に150グラムのハンバーグ食べて、前回の佐藤さん抜きます」 佐藤「まだ食うの!? 」 ということで、さらに各々ワイルドハンバーグ150グラムをおかわり。 それを平らげて、ラストオーダーの時間を迎えた。 「次、焼きますか?」と尋ねられたが、「もう大丈夫です」とお断りして、食べ放題終了となった。 ・どれだけお得になったのか? 各々食べた量は最終的に亀沢が950グラム。 佐藤が1050グラム。 辛くも亀沢の量を超えることができた次第だ。 危ない、私の方が戦力外になるところだった。 最終的にどれだけお得になったか? オーダー内容を通常料金で換算すると、以下のようになるはずだ。 なお、以下の価格はすべて税抜である。 どうせなら1人で行くよりも2人、もしくはグループで訪ねた方がさらにお得になるかもしれない。 食べ放題を終えた後に、お店のオーナーに 「なぜあんなに早く出せるんですか? お店としては、食べ切ってから注文してもらった方が、ある意味都合がいいと思うんですけど」と尋ねると、オーナーはこう答えた。 オーナー「たくさん食べて頂きたいんです。 とにかく肉を満足いくまで食べて欲しいんです。 待たずに食べて頂きたい。 だからすぐに「焼きますか?」と尋ねるようにしてるんです」 肉を食べて欲しい。 その思いがひしひしと伝わってきた。 それこそがいきなり! ステーキの良さではないかと私も思う。 ブランドとしてはいろいろあると思うが、お店にはこんな熱い思いをもったスタッフもいる。 あらためて、 「肉を食いたいと思ったら行きたくなる店」。 それがいきなり! ステーキであって欲しい。 今回食べ放題に挑んで1番驚いたのは、亀沢の食べる量であることは言うまでもない。 おそるべし亀沢郁奈……。

次の