手 の ツボ 一覧。 毎日お灸をするのにおすすめのツボ!このツボで健康・病気知らず!

手つぼ&手つぼの図

手 の ツボ 一覧

手のツボを押すだけで、今まで悩んでいた症状がうそのように改善する、なんて聞くとあなたは信じられないかもしれません。 いっけん神秘的なものと感じてしまうかもしれませんが、ツボへの刺激は WHO 世界保健機関 でもその効果が認められ、世界的にも注目されていることなのです。 手のツボは、いつでもどこでも利用できるという点で、とても便利だとも言えますね。 今回は、手のひらや手の甲にある31のツボと13の反射区を、15の症状別に図解でご紹介します。 万能のツボと呼ばれる、親指の付け根にある「 合谷 ごうこく 」の秘密や、ツボの刺激が効果的なわけ、ツボ刺激のコツや注意点、便利なグッズなどについても解説していきます。 この記事の目次• 手のツボが症状改善に効果があるってほんと? 医療機関などでも改善できない様々な体の不調は、血液やリンパ、神経などの流れに滞りがあるからだと言われています。 手のつぼ刺激は、 細胞をいきいきとさせ、 不用なものは体外に素早く排出し、 情報伝達をアップさせることで、 体を健康な状態へと戻す手法なのです。 実際に、手のツボを刺激することによって、血流が改善され、神経伝達物質や ホルモンの分泌が増えることがわかっています。 手のツボ図解31のツボと13の反射区 手のツボと反射区を、次の15の症状別にご紹介します。 上の図はツボと症状を簡単にまとめた一覧表です• 高血圧に効果のあるツボ• 胃痛に 効果のあるツボ• 肩こりに 効果のあるツボ• 疲労を回復する 効果のあるツボ• 便秘に 効果のあるツボ• 乗り物酔いや吐き気に効果のあるツボ• イライラに効果のあるツボ• 下痢に効果のあるツボ• 抜け毛や白髪、薄毛に効果のあるツボ• 腰痛に効果のあるツボ• 二日酔い効果のあるツボ• しゃっくりに効果のあるツボ• アレルギー性鼻炎に効果のあるツボ• 歯痛に効果のあるツボ• 頭痛に効果のあるツボ それぞれのツボや反射区には、さらに別の効果がありますので参考にしてくださいね。 反射区は、ツボよりも広い面でそれぞれの器官や臓器とつながっており、特に名前などがなかったりします。 ツボは小さな点でとらえるような意識で刺激し、反射区はツボよりは広い範囲で刺激するといいでしょう。 それぞれで刺激しやすいグッズなどについては、後述しています。 人によって微妙に ツボの位置がずれることはよくあります。 図を参考にしながらもその周辺で痛いところや気持ちいいところ、皮膚の状態が他と違っているところなどを手掛かりに、あなたのツボを探してみてくださいね。 高血圧を改善する効果のあるつぼ 高血圧を改善する効果のあるツボ「膻中 だんちゅう 」は、血圧を整えるため、低血圧の改善にも効果があります。 小指の下辺り一帯も効果があります。 肩こりは、首の下全体の筋肉がこっている首のこりをともなっていることが多いので、中指も含めてマッサージされるといいでしょう。 からだの疲れをとる手のツボ 不老長寿のツボと言われる老宮 ろうきゅう には、心や体の緊張、疲れをとる効果があります。 詳しくは、このあとの「親指の付け根・合谷が痛いときは?」で解説しています。 関連記事 関連記事 乗り物酔い(吐き気)にきく手のツボ 乗り物酔いは、体に伝わる振動や精神面の動揺などが、一時的な自律神経の乱れを引き起こしていると考えられています。 慢性的な吐き気がある場合は、消化器系の病気や心因性の病気が隠れていることもあるので、注意が必要です。 関連記事 関連記事 関連記事 腰痛にきく手のツボ からだの筋肉がかたくなると、姿勢が悪くなり腰に負担がかかってしまいます。 関連記事 二日酔いにきく手のツボ アルコールを分解する肝臓や、腎臓の反射区をマッサージしましょう。 手のひら側の中指第一関節の上に、口の反射区があります。 その中で、もっとも刺激が脳に伝わりやすい、とされているのが、手の甲の親指付け根にある「合谷 ごうこく 」と呼ばれるツボです。 合谷は、骨と骨が 合わさった 谷から、気 エネルギー が湧き出しているところ、とも言われています。 合谷が、からだのあらゆる痛みを和らげると言われているのは、合谷を刺激することによって、痛みを和らげる効果のある「 エンドルフィン」という脳内物質が大量に分泌されるからだと考えられています。 左右で痛みに違いがある時は? もし、左手の合谷が、右手の合谷より痛い場合は、体の右側が凝っているか、右目が疲れているのかもしれません。 そんな時は、顔にある目の疲れを取るツボの刺激や、ストレッチなども取り入れるといいでしょう。 関連記事 関連記事 合谷の刺激は、ニキビ、吹き出、寝違え、めまい、耳鳴り、神経過敏、精神不安、入眠困難などにも効果があります。 Sponsored Links 手のツボ刺激にはコツがあります。 効果的なツボの押し方もご紹介します。 手のツボを押す前とあとに水を飲む ツボを刺激する前とあとに、水か炭酸水を飲むと効果が上がります。 血行を良くする助けにもなりますし、ほぐした後の老廃物を流すためでもあります。 血管を広げる作用のある、炭酸水がオススメですが、お腹の弱い方はやめておいた方がいいでしょう。 カフェインは血管を収縮させる作用がありますので、ツボ押しの前後には飲まない方がいいでしょう。 ツボの刺激には色々な方法があります ツボや反射区を刺激する方法には、次のようなやり方があります。 指で押す• グッズを使って刺激する 綿棒やヘアピン、先を出していないペン、ツボ押し棒など• 指でつまむ• もみほぐす などです。 あなたのやりやすい方法を選んで行ってくださいね。 ちなみに上の画像のツボ押し棒は、100均のお店などで購入したものです。 また、イボイボがたくさんついているボールなどを、テレビをみているときなどにグリグリ手の中で回したりするのもおすすめです。 いろんな形をした、様々なツボ押しグッズを見たいという方は、こちらを参考にしてください。 ツボ刺激の注意点 押している時に気分が悪くなったり、体調に不快な変化が現れたときは、刺激するのをやめてください。 子どもや高齢者の方、妊婦さんなどは、弱い力で様子を見ながら、刺激してくださいね。 お酒を飲んだ時や内臓に疾患のある時、怪我をしている時はやらないでください。 ツボの刺激で改善されない時は ツボに様々な改善効果があるといっても、症状のうらに重大な病気が隠れていることもあります。 気になる症状がある時は、早めに医師の診察を受けられることをおすすめします。

次の

手のツボ一覧(手の甲側) :痛いけど万能な合谷のツボがオススメ!

手 の ツボ 一覧

ツボは古代中国で生まれた治療法。 東洋医学では2000年以上にわたり、ツボを利用した治療が行われてきました。 その効果はWHO(世界保健機関)も認めるところ。 2000年代に入ると、長い歴史の中で国によって違いが生じていたツボの位置や名称が統一されました。 これからさらなるツボの科学的な解明が期待されています。 ツボ治療の基本には「経絡(けいらく)」という考え方があります。 東洋医学では、人の体には経絡という道のようなものがあり、「生命エネルギー」の通り道になっていると考えられています。 経絡の流れがスムーズだと、体のバランスが保たれ、健康でいられます。 しかし、その流れが滞ると体のバランスが崩れて、不調を起こしたり病気になったりするといわれています。 主要な経絡は14本あり、それぞれが特定の臓器と深い関係にあります。 このルート上にあるのが「ツボ」です。 ツボは皮膚にある特定のポイントで、生命エネルギーの出入口とされています。 ツボと臓器はつながっているため、臓器が不調になれば、それと関連するツボも「押すと痛い」「色が変わる」「硬くなる」といった異変が起こります。 東洋医学では、この関係を利用して、外からは見えない臓器の異変を診断したり、ツボに刺激を与えて筋肉の凝りや痛み、内臓の不調、疲労やストレス症状などを改善することができるのです。 経絡、臓器、ツボのつながり• 大敦 (だいとん) イライラ、だるさ• 隠白 (いんぱく) 食欲不振• 大都 (だいと) 食欲不振、胃腸炎• 行間 (こうかん) 目の疲れ、高血圧• 太衝 (たいしょう) 吐き気、胃痛、過食、下痢• 厲兌 (れいだ) 食欲不振、歯痛、膝痛• 足竅陰 (あしきょういん) 頭痛、耳鳴り• 至陰 (しいん) 頻尿、膀胱炎• 内庭 (ないてい) 過食、歯痛• 足臨泣 (あしりんきゅう) 肩凝り、頭痛 手のツボも足のツボも全身の調整に有効ですが、大きく分けると、手には上半身に効くツボが多く、足には下半身に効くツボが多いという傾向があります。 デスクワークが多くて運動不足、緊張やストレスにさらされることが多い現代人は、頭に血液が集まりがち。 血流も悪くなり、頭が重い、目が疲れる、肩が凝る、のぼせる、目がギンギンになって眠れない、といった症状が起こりやすくなります。 一方、下半身には水分が落ちていき、滞りやすくなります。 そして足が重い、むくむ、冷える、腰が痛いなどの不調が出てきます。 東洋医学では、このように体に偏りができて「バランス」や「巡り」が崩れると病気になると考えます。 体のバランスを整え、全身の巡りを良くするのに、ツボ治療は効果的です。 さらに、手足には毛細血管が集まっているので、そこを刺激することで血流が効率よく改善されます。 頭に集まっていた血液が末端の毛細血管に流れてくれば血圧が下がり、自律神経も副交感神経が優位になってリラックスモードに切り替えられます。 手と足のツボは、いつでもどこでも押すことができる手軽さも魅力。 覚えておくと安心です。

次の

東洋医学のツボと経絡を整理してみる

手 の ツボ 一覧

三陰交(さんいんこう) 三陰交は足の太陰脾経に属する6番目の経穴。 三陰交(さんいんこう)は、足の三陰経(脾経、腎経、肝経)が交わる部分であることからその名がついた。 体に栄養を取り込むための消化器系である脾、生命力の源であり水分代謝を担う腎、筋肉や血液をつかさどる肝。 この重要な三つの経絡に刺激を与えることができる。 経絡:足の太陰脾経• 別名:承命、太陰 三陰交の効能 冷え性やむくみ、月経不順、更年期障害などの女性特有の症状を調節する。 女性疾患の特効穴で「女三里」とも呼ばれる。 血行をよくしリラックスできる効果があるので安眠にもよい。 穴性:補脾胃、助運化、通経活絡、調和気血 三陰交の場所 足の内くるぶしの最高点から上に3寸(指4本分)、骨と筋肉の境目。 骨のきわ。 攅竹(さんちく) 攅竹は足の太陽膀胱経に属する2番目の経穴。 攅竹の「攅」は「集まる」という意味、竹は眉毛の形を竹の葉に例えたもの。 眉毛の間にある、気が集まる場所。 経絡:足の太陽膀胱経• 別名:員在(いんざい)、始光(しこう)、夜光(やこう)、明光(めいこう)、員柱(いんちゅう) 攅竹の効能 眼精疲労や頭痛の緩和に効果的。 風邪による鼻づまりにも有効。 穴性:去風、泄熱、明目.

次の