ヘチマ 食べる。 ヘチマ

ヘチマって食べるもの?栄養はあるの?簡単な料理方法も紹介!

ヘチマ 食べる

へちまの旬は、7月から9月、夏に旬を迎える へちまの旬は、7月から9月の夏にかけてです。 へちまは、開花から2週間頃の若い実を食用とします。 果皮がやわらかく衝撃に弱いため、収穫と出回りほぼ同時期になっています。 食用にするへちまの種類には、へちまと、近縁種の十角糸瓜 トカドヘチマ があります。 旬の時期に違いはなく、トカドヘチマのほうが小ぶりです。 この時期は、同じくウリ科の、、なども旬を迎えます。 ウリ科の野菜は水分が豊富で栄養価は低いですが、カリウムが豊富に含まれています。 そのため、利尿作用、高血圧予防の効能があります。 へちま全国で栽培されていますが、育つにつれて中の繊維が固くなるため、大半はタワシなどに使用されています。 食用としての栽培の産地は、沖縄、熊本、鹿児島が主となります。 へちまは、冷蔵での長期保存にも向かず、輸送中も衝撃で傷むため県外への出荷はほとんどありません。 沖縄では「ナーベーラー」と呼ばれ、夏野菜の代表的なものとされているため、特に盛んに植えられています。 炒めものや酢味噌和え、お味噌汁や煮物で食べられています。 へちまから摂れる水分はへちま水として、古くから化粧水に利用されてきています。

次の

【ヘチマ(へちま)を食べるって本当?】食べ方や旬の時期を調べてみました│沖縄タイム.info

ヘチマ 食べる

へちまのことを沖縄では「 なーべらー」と呼びます。 そして沖縄では「へちま」を食べています。 …っていうか、食べるも何も、沖縄では 「へちま」は、一般的な家庭料理の食材であり、 ナーベラーが大好きだって人は多いんです。 けして「珍味」の類ではありません 笑 とろっとして、触感はナスのよう。 少し泥臭さのようなものがありますが、 ビタミンやカリウム、ミネラルが豊富で、 沖縄の暑い夏を乗り越えるのに、 ぴったりの夏野菜だといえるのです。 本土であれば、「へちま」といえば、きっと 「垢すり」のイメージが強いと思います。 しかし沖縄では、スカスカのスポンジ状になる前の、 青々とした状態のへちまを野菜として食べるんですねぇ。 …というか、たわしにする「へちま」とは、 ちょっと種類が違うらしいんですけど。 中心部にある種はそのまま!皮をむいて輪切りや半月切りにして使います。 食べ方としては、その ほとんどは「 味噌煮」になります。 味噌煮、味噌汁、酢味噌和え…などなど、 ナーベラーは味噌ととても相性がいいんですよ。 「へちまの味噌煮」のことを沖縄では 「 なーべらんぶしー」と呼びます。 「なーべらーんぶしー」のことを、最近では 「ナーベラーチャンプルー」と呼ぶことも増えましたが、 その理由についての私なりの解釈はこちらに書きました。 しかし、「なーべらーんぶしー」のことを、 「なーべらーちゃんぷるー」と言っても、 普通に伝わりますから、どうでもいいといえば、 どうでもいいんですけどね 笑 スポンサードリンク• まず、フライパンで島豆腐に焼き色をつけます。 豚肉を入れて炒め、カットしたナーベラーを投入。 油が回ったら、かつお出しを加え、ナーベラーが柔らかくなるまで煮ます。 砂糖・味噌をとき入れ、もう少し煮ます。 仕上がり間近にニラを投入。 これで完成!の人もいれば、 最後に卵をとき入れる人もいます。 白みそを使うなら砂糖を入れなくとも。 ナーベラー以外にニンジンなどの野菜を 加えても彩りがいいですね。 豚かたまり肉を茹でた汁があれば、 かつお出しの代わりに使ってもいいです。 汁が少なめの仕上がりでも、 多めの仕上がりでもお好みで。 んぶしーの場合、島豆腐を最初に焼かなくとも。 …んー。 自由すぎるな。 ま、てーげーです。 「てーげー」。 てーげー=適当 つまりは、へちまと島豆腐を 味噌煮にすればいいってことです。 どぅーじるで煮て作るナーベラーんぶしー ナーベラーんぶしーを作る際、 昔の人は 「どぅーじるで煮て」作りました。 「どぅーじる」というのは、 「(どぅー)自分の(じる)汁」という意味。 つまり、なーべらー自身が持っている水分で ナーベラーを煮て作ったということです。 「どぅーじる」を引き出すためには、 火を弱めて蓋をします。 しばらくすると、なーべらーから 「どぅーじる」が出てくるのです。 しかしながら、この方法は 多少時間がかかります。 ですから、飲食店などでは、 時間短縮のために、材料を炒めたら、 だし汁を加えて煮ていくという方法をとります。 そのほうが、仕上がりが早いんですね。 また家庭でもこの方法で調理するのが一般的でしょう。 じゃあ、どっちがおいしいのさ? ってことが気になると思います。 私は、どっちもおいしい 笑 (まじで、てーげーやっさー。 ) ただ、なんというんでしょうか、 どぅーじるで作ったほうが、 料理上手っぽくて好きです。 (なんじゃその理由はっ) ナーベラーの皮のむきかた さて、ナーベラーは皮をむかなくてはなりません。 ピーラーでピーっとむけばいいんですけど、 たとえば、ナーベラーの皮のあの青々とした色を 残したいのならば、包丁を使います。 包丁で皮を「むく」のではなく、 皮をこそげとるようにします。 そのあと、塩で板ずりして 水洗いして水けをふきます。 そうすると、さらにへちまの きれいな色が出るんですよ! こうやって皮をこそげとったナーベラーは、 もちろん、ナーベラーんぶしーでもいいんですけど、 天ぷらや酢味噌和えなどに使った場合、 皮の色が映えてきれいでおすすめです! ただし、大きく育ちすぎたナーベラーは、 皮が固くなっていて、うまく包丁で 皮をこそげとることはできません。 …というか、大きく育ち過ぎたナーベラーは、 身もスカスカで、繊維質になってたりして 食べてもあまりおいしくありませんが。 ナーベラーは冷凍もできるぞ じつはナーベラーんぶしーは冷凍もできます。 ただし、島豆腐は冷凍するとおいしくないので、 入れずにナーベラーんぶしーを作ります。 それを小分けして冷凍保存すれば、食べたい時に 解凍して鍋で火にかけ、島豆腐やニラなどを加えれば ナーベラーんぶしーが完成します。 もしも大量にナーベラーが手に入ったなら、 一度にまとめて調理してしまい、冷凍しておくのも 手かもしれませんね。 ま、食べる時に作ったほうが、 一番おいしいんですけどね。 スポンサードリンク 本日よく読まれている記事• プチプチした不思議な食感、 そして、鮮やかな半透明の緑の色。 通称「海ぶどう」... 沖縄の言葉ではモズクのことを 「スヌイ」と呼びます。 沖縄では、もずくを昔から 酢のものとして食べて... イラブチャー… 初めて耳にする人にとっては、 それが、何を意味するのか、 ちんぷんか... 島唐辛子を、泡盛につけた「コーレーグース」。 名前の由来が、色々ある。 「沖縄の魚はまずい!」 なんてことを、あなたも 聞いたことがあるかもしれない。 そんなこたぁない... グルクンは、沖縄の県魚で、和名はタカサゴ。 「県魚」って、割と沖縄の人間には認知されているんだけど、...

次の

【みんなが作ってる】 へちまのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ヘチマ 食べる

ちょっとべちゃってしそうだね。 パンにはさむより、グラタン風にしてチーズ上にトッピングした方が美味しそう~ でも、優勝ぢたんだよね。 だから、インテさん。 そんなうちなーぐちはありません(笑) 美味しいんだけど、内容に比べて揚げパンの方が大量なので ララトゥイユが薄まるというか、主役はどっちだ?みたいな。 >せまるさん 声に出しても言いにくそうですよね。 こんなムリヤリなダジャレで頭に浮かんだのは、やっぱりあの方(笑) 揚げパンの油が強くてラタトゥイユがインパクに欠けるかな。 ホットサンドって手もあるね。 ヘチマもだいぶ小さくカットされてるみたいで食感はそれほど... レインボーさん会ったこと無いのですが自然観察のご趣味とラッパーは意外でした。 安室ちゃんとコラボしてた? そうだっけ...あ~この曲は知らないなぁ。 こんなのもやってたんだなぁ。 >天使ちゃん ヘチトゥイユって、ムリヤリ感ない? インテさんが言いそうでしょ。 勝手にネタにしてるけど(笑) あ~三角の油揚げに見えるね。 でも、パンコーナーに並んでたからね。 コンビニに並べることを考えたら、揚げパンが良かったのかな。 これ、沖縄で決勝したのって去年の8月らしい。 もう卒業してるじゃん! 「ちゃん」に「さん」付けは変だよね~。 >インテさん インテさんごめん、いじってしまった(笑) >ラッセ・ハルストレム だれ? ギルバート・グレイプ? HACHI? へぇ~。 高校生はこんなブログ見てないと思うなあ。 ツイッターとかインスタじゃない、最近は? なぜに合唱団へ振る? 今から「さん」付けは禁止ね~! >レインボーさん ラタトゥイユ自体を食べたかどうか記憶が無い自分です。 これが正解なのかどうか... 美味しいけど揚げパンが強いかな。 ディズニー映画にも出て来たのか。 そうか、水分が多いから調理は難しいのか。 学生さんは応援したい自分なのです。 みんなインテさんをいじるのが好きなのよ~(笑) >美江さん はい、揚げパンです。 ヘチマ、かぼちゃ、玉ねぎ、チキン、などが入ってるそうです。 (全部は分からなかった...) 高校生がフランス料理のラタトゥイユを知ってるってのが感心。 エライよね。 全国で特別賞になったそうです。

次の