リニア アナウンサー。 松田利仁亜|アナウンサーを探す

松田利仁亜

リニア アナウンサー

JR東海 MLX01リニア実験車輛 MLX01-1(リニア・鉄道館 2013)(超電導リニア - Wikipediaより) 大成建設の元常務と鹿島建設の元部長が独占禁止法違反で逮捕 リニア中央新幹線の工事をめぐる談合事件で東京地検特捜部は大成建設の元常務と鹿島の部長を独占禁止法違反の疑いで逮捕した。 国の巨額投資が投入された国家プロジェクトを舞台にした疑惑は受注者側の刑事責任が追及される事態に発展した。 大成建設、鹿島、大林組、清水建設の大手ゼネコン4社がターミナル駅の新設工事で不正な受注調整をしていた疑いがあるというもの。 今回逮捕されたのは、大成建設の元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島の元部長大沢一郎容疑者(60)の二人です。 JR東海が発注する品川駅と名古屋駅の工事に関して、受注予定業者を決めたり、あるいは落札できる価格で見積もりしたりすることを合意したというのが直接の容疑です。 二人の内、大成建設の元常務の大川容疑者ですが、土木技術に詳しくてリニア新幹線事業には並々ならぬ意欲があり、周囲では教授という異名をとるなど信頼が厚かったということです。 大川容疑者は特捜部の調べに対し、「他のゼネコンと受注調整できる環境ではなかった」と容疑を否認しているということです。 一方、鹿島の大沢容疑者ですが、大川容疑者から情報を得る為、何度も食事の席を設けていたと見られます。 大沢容疑者の上司はライバル会社と協議したこと自体、コンプライアンス違反だとしていますが、情報を集めていただけで、受注を調整する立場では無かったとも指摘しています。 何よりも今回の特徴ですけれども、逮捕された二人は談合を否定しております。 大林組、清水建設の担当者は受注調整を認めておりまして、特捜部はこの大林組、清水建設の両社の元幹部は在宅起訴する方針を固めています。 つまり否定した側は逮捕、認めた側は在宅起訴と対応が分かれる結果になりました。 このような対応でゼネコン関係者からは自白を強要しているように思えるという批判の声も上がっています。 高嶋)地検特捜部が動いたら、泣く子も黙るで、ひれ伏すかと思いきや、反抗してきたゼネコンがいるってんで、我々もちょっと驚きました。 須田)泣く子も黙る特捜部というのは、かつての栄光なんですよ。 かつて、言ってみれば報告書だとか長所のでっち上げと言ったらいいんですかね、嘘を書いてしまったということで大スキャンダルになりまして、大阪・東京両地検特捜部は開店休業状態に長らく置かれていたのです。 高嶋)これという手柄がなかった。 須田)その復活第一号案件に位置付けられたのが、このリニア新幹線談合事件なのです。 ですから絶対に失敗は許されない事件だった。 そういった中で本来だったら東京地検特捜部が動いたならば、ゼネコン4社は皆ひれ伏すと思ったのだけれど、2社逆らったから失敗できない、その焦りが逮捕というところにも繋がっていったんじゃないかなと思いますね。 本社が入居する新宿センタービル(大成建設 - Wikipediaより) 工期通りに全部できるのはゼネコン4社のみ 高嶋)一般的に言われるのが、私もその技術的なことはわかりませんが、これだけの巨大国家プロジェクトで、日にちがけっこう区切られている。 そういう中で技術を以ってこの工事できる会社も限られているだろうと。 須田)ハッキリ言ってこのゼネコン4社しかないです。 高嶋)だからそれが談合と言われても、そこで手柄を上げて一体どうする気なんだよという、そんな意見ありますよね。 須田)加えて、人手も不足している、機材も不足しているという中で、工期通り全部やるよいうのは、やっぱり一定程度の受注調整は必要悪だったんじゃないかなと思いますよ。 高嶋)必要悪か。 須田)じゃあそれを一般競争入札やってしまって工期間に合いませんでしたじゃ、これ先ほど高嶋さんが言われた国家プロジェクトとしては失格ですからね。 あまりこういうことは新聞記者とか担当の記者とかは言いませんが、東京地検特捜部の発想自体が古いのではないかなと。 かつてだったらそれは問題があったかもしれないけれども、今日のその業界の状況であるとか、社会情勢を踏まえて考えてみると、そこにメスを入れることが果たして社会責任にそぐうことかどうなのかというところが甚だ疑問ですけれどね。 高嶋)なるほどね。 それでもし、この4社じゃなくて、サブコンとかが値を付けて落ちたとしますよ。 それで、できませんなんてことになってしまったらまた大変なことになるわけですよね。 須田)そうですね。 ですからその点を考えると、この事件の持つ本質の意味というのはどこにあったのかなと。 加えて、普通、談合というと天の声が下ってきて今回はどこが受注しろと、それで、次はどこだ、次はどこだ、そういうようなことが談合なんだろうと。 普通考えてね。 高嶋)原則的にはね。 須田)ただ今回の場合は4社均等なんですよ。 受注が。 高嶋)たらい回しで儲け先を変えていくのが、皆で話し合った談合で、今度はもう均等で、俺たち力を合わせてやらなきゃできやしないからみたいな、そういう側面だってあるのだよと。 地検特捜部としてはどのように結論付けるのでしょうかね。 東京地方検察庁特別捜査部が設置されている中央合同庁舎第6号館、通称「検察合同庁舎」。 法務省もここにあり、左側には「法務省」の表札がある。 画像は右側から撮影(特別捜査部 - Wikipediaより) 失敗は許されない東京地検特捜部 須田)失敗は許されませんから、否認している奴を逮捕して、拘置所に入れて、徹底的に締め上げる。 とは言っても取調べの可視化という状況もありますから、東京地検特捜部としてはこれからちょっと難しい局面に入ってきたのではないかなと私は思いますけどね。 高嶋)無理にでも談合を認めさせるという。 大林とかあっちの方と完全に意見が分かれちゃいましたけれども、こっちは可愛い奴らで。 でも全部できないでしょ、大林と清水建設だけじゃ。 須田)ただ逆に言えば、今回の事件捜査が工期、要するに完成に影響を与えないようにやらなきゃならないというこういう十字架も特捜部は背負っていますから。 高嶋)じゃあむしろ焦っているかもしれないですね。 須田)そうですね。 私は焦っていると思いますけどね。 FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00.

次の

JR東海、盤石経営揺るがすコロナ リニアに影響は:朝日新聞デジタル

リニア アナウンサー

conohana. point 59 yamanashi. point 69 ac. point 72 jp 大学は山梨大学工学部機械工学科を出ています。 比率的には女子のほうが圧倒的に少ない学校に通っていたということになります。 また、学生当時はアイスホッケーサークルのマネージャーを務めていたそうです。 今回早川美奈が不倫騒動を起こしたのは、こうした学生生活でチヤホヤされたのが原因なのではないかという噂もありますね。 point 301 1 昨日のヴァンフォーレ甲府ヴィーナストークで、NHK甲府放送局の早川アナとUTYの青木アナとご一緒しました。 司会は先輩櫻井アナ!広島との一戦はガックシでしたが楽しいひと時でした。 来てくださったVFサポの皆さんありがとうございました。 高校ではSSHコースに所属し、医療機器関連の研究に興味を持った早川美奈は大学進学の際に工学科を選んだといういきさつがあります。 point 0 chiha1986. point 60 ti-da. point 66 net しかし物づくり実習の一環である鍛造の際、熱した鉄を抑えてその上から30kgのハンマーを振り下ろすという作業を行ったとき、早川美奈は鉄を抑える役も30kgのハンマーを振り下ろす役も他の人よりも数倍の時間がかかり、機械系の研究者という職業を目指すことに不安を感じたといいます。 そこで研究者という夢はあきらめ、アナウンサーの道を歩むことになりました。 2012年に念願かなってNHKの甲府局のアナウンサーとなりますが、こちらの不倫騒動が落とし穴となり、彼女の夢はまたもや失ってしまいました。 point 72 com 「特報首都圏」のアナウンサーを務めた後に、山梨県に異動になった斉藤孝信ですが、実はこの「特報首都圏」について、あるジンクスめいた噂があります。 実はこの「特報首都圏」を務めたアナウンサーは降板した後、高確率で地方に異動させられるというもので、過去15年間に「特報首都圏」のアナウンサーを務めて地方へ異動させられたアナウンサーは斉藤孝信を含めて一定数いることが判明しています。 point 261 1 特報首都圏はじまったよー!!わーい!30周年おめでとうございます!!斉藤さんこんばんはー! — 服トリユミ ver4. 中には東京アナウンス室へ戻ってきたアナウンサーも一定数いますが、飛ばされた先の地方で不倫騒動を起こして本社に戻ってこられなくなったアナウンサーがいることもまた事実です。 後に起こした不倫騒動を考えると、斉藤孝信はこの東京アナウンス室時代にも何かをやらかして、NHK甲府局へ来たのではないか?という見解があるのも否定できないところです。 point 86 naver. point 92 jp 2016年7月1日に発売されたフライデーがとらえたスクープ写真がこちらです。 生々しい早川美奈と斉藤孝信の不倫行為が公開されることになりました。 NHK局では二人が不倫していることが周りにバレバレだったそうで、当本人たちだけがばれていないと思っていたんだとか。 それらの情報に基づいて張り込みを続けていたフライデーのカメラマンによると、2016年6月下旬に、早川美奈と斉藤孝信は共演していた「まるごと山梨」の収録が終わった一時間後の午後20時過ぎに、NHK甲府局から車で15分ほどにある、郊外の路上に黒のワンボックスカーに乗ってやって来たんだそうです。 point 367 1 youtube 早川美奈の両脚がはっきりと見えますね。 これほどバッチリと不倫現場をスクープされてしまうだけあって、早川美奈と斉藤孝信は自分達の不倫は周りにはバレていないと思っていたのが恐ろしいです。 堂々と車内で行為に挑みますが、二人の不倫行為は週に数回、多い時では間を空けずに三日間連続で行われることもあったんだそう。 しかも、斉藤孝信は早川美奈に自宅近くのコンビニまで送ってもらうという姿も何度か目撃されているらしいので、不倫行為は本当に堂々たるものだったといえますね。 point 344 1 密会するときはホテルに行かずに車で密会することが多かったんだとか。 ホテルで不倫していたら、こんなに生々しい姿をキャッチされることはなかったのに、と思いますね。 point 146 com 両アナウンサーの不倫はフライデーにより確実になりましたが、実は2016年の1月頃からネットでは早川美奈と斉藤孝信の二人が居酒屋で目撃されており、その頃から二人は不倫関係にあったのではないかという情報もあります。 子の不倫情報はすべてNHK内部からのタレコミだという情報もありますので、よっぽど二人の警戒心が低かったことがわかりますね。 point 169 1 NHK社内でも斎藤孝信の不倫について上司は厳重注意をしたようですが、聞く耳の持たなかった斉藤孝信と早川美奈の姿に局内の雰囲気は最悪になり、それに耐えかねての内部告発だと言われています。 社内恋愛はあまりよくないですからね…。 point 80 jp まず、不倫現場として使った国道の停車帯ですが、本来停車帯の長時間の駐車は法律で禁じられています。 しかも、誰にでも見られる恐れのある路上に止めた車の中で、淫らな不倫行為に及んだ早川美奈と斉藤孝信には、公然わいせつ罪の処罰の対象にもなり得ます。 どうしてこんなところで行為に至ってしまったんでしょう。 常識からして少しおかしいですよね。。。 point 353 1.

次の

NHK 名古屋放送局|アナウンサー

リニア アナウンサー

開業の遅れは不可避か。 リニアの工事をめぐり26日 川勝静岡県知事とJR東海・金子社長との会談が実現しました。 ようやく顔を合わせた2人でしたが会談の結論は。 永井俊樹アナウンサー「県庁の前にはご覧のように大勢の報道陣実に30社近いメディアがJR金子社長の到着を待っています。 」 注目が集まる26日の会談。 午後1時半前、金子社長が県庁に到着しました。 東京から到着した金子知事に検温と手の消毒を促し。 入口鎌伍記者「2人で談笑しながらにこやかな表情で知事室に入っていきます」 そしていよいよ始まった初めての会談。 金子社長はまず5月の有識者会議での、自らの発言について直接陳謝したうえで水問題への向き合い方について述べました。 JR東海 金子社長「水の問題を疎かにするつもりはないということとか、あるいはなし崩しでトンネルの掘削を始めるつもりはないとお約束したい。 有識者会議を軽んじるつもりもまったくない。 私たちがやろうとしているのはヤードを作り土砂を入れるピット、濁水処理をする、ピットを作って杭口については掘るのではなく予定地の樹木をならして土を補強して崩れないようにする、そこまでをやりたいと考えています」 そして説明を終えた金子社長がお茶を飲もうとすると・・・ 川勝知事「これはですね、大井川の水で作られた牧之原台地のお茶で、しかも今年は牧之原台地のお茶を宮中に献上致しました。 そのお茶です」 と、知事は水問題をにおわせながらお茶をふるまい・・・ 川勝知事「社長から水の問題を疎かにしていないと聞いて大変安心しました。 リニアも国策、環境を守るのも国策、いかに両立させるかを私たちは考えなけらばならなりません」 そして改めて金子社長が本題を切り出します。 JR東海 金子社長「ヤードの整備を認めて頂きたいというのがきょうの趣旨です。 一番のキーポイントは本部長(難波副知事)の上司・知事のご了解なんですよ。 そこのご理解が頂ければいろんなところが前に進みます」 川勝知事「最大の理解を求めるのは国民であると」明言を避け続ける知事。 ここである協定を持ち出します。 川勝知事「具体的に場所を特定して、そこで自然環境の保全に支障があるかどうかと、5ヘクタール以上になると自動的に委員会にかけて、そして許可不許可に決まると」 JR東海 金子社長「そういう手続きの問題であるならば、私どもの実務の方から問い合せをして早く進めて頂けるものならありがたい」 準備工事に応じるかのような姿勢を示して会談が終わりました。

次の