カヲル 声優。 【エヴァ】渚カヲルの声優・石田彰はどんな人?有名キャラも合わせて紹介!【新世紀エヴァンゲリオン】

渚カヲル

カヲル 声優

概要 CV: 生年月日:2000年(15歳) データ上の生年月日はと同日、全経歴抹消済み。 アッシュグレイの髪とを持つ、極端にな。 一人称は「僕」。 常に柔和なをたたえ、を好み、で的な発言が多い。 自在にとの率を操り、搭乗せずとも操縦することが可能。 を自在に展開し、空中を浮遊して移動する、目線だけでロックを解除するといった様々な特殊能力を持っている。 TV版では第17使徒、貞本漫画版では第12使徒。 新劇場版:Qではだったが、フォースインパクト発生時に13番目の使徒へ落とされる。 ・による漫画版・で、それぞれ設定は異なるが、仲間を失い傷ついたの前に現れ、彼とを結ぶも、セントラルドグマでの戦いによって死亡する流れは共通している。 上述の各媒体における設定の違い(及び主に髪型の相違)から、準備稿版のカヲルを「準()」TV版のカヲルを「庵(庵カヲ)」、貞本漫画版を「貞(貞カヲ)」、新劇場版を「新(新カヲ)」、中でも3作目『』の彼を指して「Q(Qカヲ)」等とファンが呼び分けることがある。 また髪型や輪郭、顔つきも媒体によって差異がある。 主なメディアミックス TVシリーズ・旧劇場版 の登場は第24話「」のみだが、は1話から一瞬のみだが登場している。 は「」及び「」に登場。 初期構想では、もっと早い段階から登場する予定だったらしい。 監督の曰く「相関図でいけば、無意識のシンジ君ってのはで、表に出てるシンジ君が碇シンジで、理想のシンジ君っていうのが渚カヲル君になる予定だったんですけれどもね。 理想の男にするはずだったのに出来上がってみたらただのおかしな奴だった」と述べている(早稲田大学 人物研究会より)。 交響曲番の鼻歌を歌いながら現れシンジと出会い、交流を深めていく。 精神を病んだに代わり、フィフスチルドレンとしてに搭乗する。 その正体はゼーレの派遣した「」、第17使徒であった。 シンジと友情を結ぶも束の間、カヲルは本来の役目を果たすべく、セントラルドグマの白い巨人・との接触を試みる。 しかしそこにいるのがだと悟ると、「君達には未来が必要だ」とシンジに告げ、シンジの手によって死ぬことを選ぶ。 劇場版「Air」ではカヲルをのベースとしたが登場。 続く「まごころを、君に」にてシンジの目には巨大化したと一体となって映った。 貞本漫画版 自身は元々「子供っぽいキャラクター」としてデザインした経緯があった為、「基本的に人間の感情がよく分からない、好奇心旺盛、好戦的で男の子っぽい性格」といった、貞本が抱いた元来のイメージの影響が顕著に出ている。 初登場は7巻。 本格的な登場期間は9〜11巻で、9巻の冒頭でシンジと出会う。 シンジとの関係性や過程は全く異なるが、最終的にはTV版と同じ結末を辿る。 第12使徒・タブリスとしてシンジと対峙した際に、シンジの手にかかって死ぬ道を選び死亡。 旧劇場版と異なり、補完が行われる段階では特に姿を見せず、シンジとの接触もなかった シンジの回想では登場している。 Cut2014年12月号のインタビューで貞本氏は 「カヲルはシンジのことを一番わかってくれている存在なんですよね。 新劇場版 『序』の段階から登場するが、本格的に動きを見せるのは『』からとなる。 『序』と『』それぞれのラストでは、まだ面識が無い筈のシンジに向けて「また3番目とはね。 変わらないな君は」「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」と発言するなど、TV版、旧劇場版に登場したカヲルと同一人物なのではないかと思われる描写がある。 『序』ではカヲルの原画を本編漫画版作者の貞本義行が担当した為、髪形や雰囲気が漫画版に近い。 TV版と見比べてみると一目瞭然であり、イケメンの青年然とした雰囲気が出ている。 『破』では中盤に月面で建造中のMark. 06の指の上に生身の上裸姿で座りながら視察しに来たゲンドウに向かって聞こえる筈もない挨拶をした。 その後終盤にでを投げ、疑似シン化形態となってサードインパクトを起こそうとしているを止めようとした。 『Q』ではに連れられネルフ本部に戻ったシンジの前に現れる。 はシンジに「その少年と共にに乗れ」とだけ伝える(ちなみに第13号機はダブルエントリーシステム)。 孤立するシンジに声をかけてを共に連弾したり、故障したS-DATを直してあげたり、彼に誘われて一緒に寝転がって星を見たり、脆い階段で手を差し伸べたりと友情を深めていく。 精神的にも登場人物の中では大人びており、シンジ本人の希望により厳しい現実を見せることになり激しく後悔し、自暴自棄になっている様子を見ても、見捨てることなく、説得して立ち直らせている。 TVシリーズとの大きな差異として、二人で横たわった場面で「僕は君に会うために生まれてきたんだね」と断言している(TV版は「生まれてきたのかもしれない」)。 完成したでセントラルドグマに降下した際、リリスとMark. 06に刺さっていた槍が、2つともである事を訝しみ、TV版では見られなかった動揺を見せる。 それに気づかないシンジはカヲルやによる制止も虚しく、槍を抜いてしまう。 カヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒に堕とされるとは…始まりと終わりは同じという訳か」という言葉を漏らし、自身がフォースインパクトのトリガーであると認識していた事から、これを食い止めるため自死を決意。 シンジに「そんな顔をしないで。 また会えるよ。 」と笑顔で告げたのち、首のDSSチョーカーが爆発し死亡。 その命をもって世界の崩壊を阻止した。 特筆事項として『Q』のカヲルは、他メディアと違い、 一貫してシンジの味方であり、彼の気持ちを裏切っていない。 また『序』の段階からにより新劇場版の設定や役割などについてのレクチャーをキャスト陣で唯一受けているというは、『Q』収録後のインタビューでカヲルについて 「前のサイクルとは違う筈なのに、何度やってもやはり同じ轍を踏んでしまう。 それでも線路のポイントを違うところに切り替えてみたい。 大きなものの流れに対して、なんとかあがいてみたいという想いがあって、生き残るべきシンジの身代わりになっていくんでしょうね」 と語っている。 よってと解釈する事も可能だが、を狙っているとも受け取れるため、現代階での設定は一切不明である。 『Q』でもMark. 06に乗るかと思われたが、これは『破』と『Q』の間にセントラルドグマで槍に貫かれており、実物を見ても「自立型に改造されリリンに利用された機体の成れの果て」とあまり興味がなさそうであった。 その他のメディアミックス 『新世紀エヴァンゲリオン2』 条件が揃えば仲間になる。 ディラックの海に飲み込まれたを呼び出して参戦。 量産機との戦いではレイが戦線離脱するため、のともども貴重な戦力になる。 個別シーンでは、叶うならば将来の夢はメイクアップアーティストだとシンジに告白している。 『』シリーズ 『』 初登場作における役割はTV版とほぼ同じであり、隠しのラスボスとして参号機に搭乗するが空中には攻撃不可能なため弱い。 『』のの戦死や初号機の暴走などが条件。 『』『』 再起不能になったアスカの代わりに弐号機を操ってセントラルドグマにてシンジ達と対峙するが、敵がカヲル1人しか居ないため実質イベントバトルとなっている。 『』 エヴァ最終シナリオで登場。 初号機のコピーと量産機を用いて多元次元補完計画を進めるゲンドウに立ち向かうシンジ達に助力。 レイの代わりにを借りて1話ゲストで使える(合体攻撃は使用不可)。 ラスボス戦では今まで死亡したキャラが主人公達を激励するイベントがあるが、カヲルもシンジを激励してくれる。 『』 新劇場版からの参戦だが、原作再現が『序』と『破』前半までで終了したため実質イベントキャラ。 『第3次スーパーロボット大戦Z 』 『時獄篇』ではイベントキャラとして登場。 基本的に物腰柔らかく穏やかな性格だが「」や「が」に対しては不快感や憤りを見せる等珍しい所も見せている 逆に言えばあのカヲルがその感情を見せる程の気持ち と言える。 『天獄篇』では第3話にて顔見せした後、EVA13号機にサブパイロットとして搭乗する。 本作でようやく正式に自軍部隊に参戦し音声も新規収録されている。 基本的にイベントでの会話では精神的に不安定なシンジをサポートして導いている。 だが他のEVAメンバー同様、自分達の世界の惨状は決して他自軍メンバーに明かすことはなかった。 ちなみに、『破』仕様の顔グラがプラグスーツを着たものに変わっている。 『』 条件を満たすと参戦。 出番もあるし生存するのだが スタッフが扱いに困っているマリより扱いが悪いという悲惨な状況となっている。 その他 エヴァ関連の各種やには殆ど登場しているが、TVアニメ版を意識したキャラ付けとなっていることが多い。 人気と影響 甘い声とルックス、シンジとのなどによって、特に女性からのが非常に高い。 TVシリーズでの実質的な登場は第のみながら、キャラクターグッズ、などの商品展開もから活発で、やが「理想の男性」として名を挙げるなど有名人のファンも多い。 どの媒体においても、極端に露出は少ないながらも人気は常に安定しており、 10月25日にはファンブック「ALL ABOUT 渚カヲル A CHILD OF THE EVANGELION」が発売。 4月10日(シトの日)には写真集「KAWORU 2015 -渚カヲル写真集-」が発売。 にはの「エヴァ新幹線」 で車内放送を担当。 またやでは、画面に登場した瞬間に確変大当たりやビッグが確定したり、設定6が確定したりする(プレミアム)キャラとなっているため、ギャンブラーからの支持も厚い。 カヲル系 カヲルの登場により、その後の日本のアニメーション界は「カヲル系」「カヲルみたいなキャラ」という、新たなキャラクター類型が定着することになったとサンキュータツオは分析している。 また「カヲルのようなキャラ」の多くを、その後実際にが演じている。 やのように、カヲルをイメージして造形されたキャラクターも多い。 またCR新世紀エヴァンゲリオンを題材にした公認のパチンコ・パチスロ漫画『 奇跡の勝ちは』(第拾弐話『』のもじり)に本キャラクターをモデルにした、 田部利数(たべ としかず)というそっくりなキャラクターが登場する。 パチンコホール店員で名前を音読みすれば『ダブリス』になる。 名前は「オワリ」を五十音順で1字後にずらしたものから「カヲル」。 モデル TV放送当時と親交があったがと言われているが、容姿なのか性格なのか、あるいは庵野との関係性においてなのか、詳細は不明。 幻の24話 TVシリーズ24話の脚本を担当した薩川昭夫による初期稿が、発行「別冊」6月号に掲載されており、「幻の24話」として現在も読むことができる。 没となった初期稿(第1稿、第2稿)では、カヲルがとして女生徒から人気を博し「カヲル様」と呼ばれる・を弾く・紺色のを着ている・自傷癖(手首に幾筋もの傷)がある・の中でシンジとで泳ぐ、等の描写が登場する。 またには「ぞっとするようなの持ち主」「シンジに似た首の長さ、アスカに似た口元、綾波に似た色素の薄さ」といったについての描写がある。 量産機 はカヲルのダミープラグで稼働するため、旧劇場版公開時に発売された量産機のフィギュアは雑誌で「カヲル君の魂、入ってます!」などのコピーが付けられ女性ファンの購買欲を煽るものになっていた。 なお量産機の声はの声をが担当しているのと同じ理屈からが担当している。 外部リンク 関連イラスト.

次の

渚カヲルとは (ナギサカヲルとは) [単語記事]

カヲル 声優

概要 CV: 生年月日:2000年(15歳) データ上の生年月日はと同日、全経歴抹消済み。 アッシュグレイの髪とを持つ、極端にな。 一人称は「僕」。 常に柔和なをたたえ、を好み、で的な発言が多い。 自在にとの率を操り、搭乗せずとも操縦することが可能。 を自在に展開し、空中を浮遊して移動する、目線だけでロックを解除するといった様々な特殊能力を持っている。 TV版では第17使徒、貞本漫画版では第12使徒。 新劇場版:Qではだったが、フォースインパクト発生時に13番目の使徒へ落とされる。 ・による漫画版・で、それぞれ設定は異なるが、仲間を失い傷ついたの前に現れ、彼とを結ぶも、セントラルドグマでの戦いによって死亡する流れは共通している。 上述の各媒体における設定の違い(及び主に髪型の相違)から、準備稿版のカヲルを「準()」TV版のカヲルを「庵(庵カヲ)」、貞本漫画版を「貞(貞カヲ)」、新劇場版を「新(新カヲ)」、中でも3作目『』の彼を指して「Q(Qカヲ)」等とファンが呼び分けることがある。 また髪型や輪郭、顔つきも媒体によって差異がある。 主なメディアミックス TVシリーズ・旧劇場版 の登場は第24話「」のみだが、は1話から一瞬のみだが登場している。 は「」及び「」に登場。 初期構想では、もっと早い段階から登場する予定だったらしい。 監督の曰く「相関図でいけば、無意識のシンジ君ってのはで、表に出てるシンジ君が碇シンジで、理想のシンジ君っていうのが渚カヲル君になる予定だったんですけれどもね。 理想の男にするはずだったのに出来上がってみたらただのおかしな奴だった」と述べている(早稲田大学 人物研究会より)。 交響曲番の鼻歌を歌いながら現れシンジと出会い、交流を深めていく。 精神を病んだに代わり、フィフスチルドレンとしてに搭乗する。 その正体はゼーレの派遣した「」、第17使徒であった。 シンジと友情を結ぶも束の間、カヲルは本来の役目を果たすべく、セントラルドグマの白い巨人・との接触を試みる。 しかしそこにいるのがだと悟ると、「君達には未来が必要だ」とシンジに告げ、シンジの手によって死ぬことを選ぶ。 劇場版「Air」ではカヲルをのベースとしたが登場。 続く「まごころを、君に」にてシンジの目には巨大化したと一体となって映った。 貞本漫画版 自身は元々「子供っぽいキャラクター」としてデザインした経緯があった為、「基本的に人間の感情がよく分からない、好奇心旺盛、好戦的で男の子っぽい性格」といった、貞本が抱いた元来のイメージの影響が顕著に出ている。 初登場は7巻。 本格的な登場期間は9〜11巻で、9巻の冒頭でシンジと出会う。 シンジとの関係性や過程は全く異なるが、最終的にはTV版と同じ結末を辿る。 第12使徒・タブリスとしてシンジと対峙した際に、シンジの手にかかって死ぬ道を選び死亡。 旧劇場版と異なり、補完が行われる段階では特に姿を見せず、シンジとの接触もなかった シンジの回想では登場している。 Cut2014年12月号のインタビューで貞本氏は 「カヲルはシンジのことを一番わかってくれている存在なんですよね。 新劇場版 『序』の段階から登場するが、本格的に動きを見せるのは『』からとなる。 『序』と『』それぞれのラストでは、まだ面識が無い筈のシンジに向けて「また3番目とはね。 変わらないな君は」「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」と発言するなど、TV版、旧劇場版に登場したカヲルと同一人物なのではないかと思われる描写がある。 『序』ではカヲルの原画を本編漫画版作者の貞本義行が担当した為、髪形や雰囲気が漫画版に近い。 TV版と見比べてみると一目瞭然であり、イケメンの青年然とした雰囲気が出ている。 『破』では中盤に月面で建造中のMark. 06の指の上に生身の上裸姿で座りながら視察しに来たゲンドウに向かって聞こえる筈もない挨拶をした。 その後終盤にでを投げ、疑似シン化形態となってサードインパクトを起こそうとしているを止めようとした。 『Q』ではに連れられネルフ本部に戻ったシンジの前に現れる。 はシンジに「その少年と共にに乗れ」とだけ伝える(ちなみに第13号機はダブルエントリーシステム)。 孤立するシンジに声をかけてを共に連弾したり、故障したS-DATを直してあげたり、彼に誘われて一緒に寝転がって星を見たり、脆い階段で手を差し伸べたりと友情を深めていく。 精神的にも登場人物の中では大人びており、シンジ本人の希望により厳しい現実を見せることになり激しく後悔し、自暴自棄になっている様子を見ても、見捨てることなく、説得して立ち直らせている。 TVシリーズとの大きな差異として、二人で横たわった場面で「僕は君に会うために生まれてきたんだね」と断言している(TV版は「生まれてきたのかもしれない」)。 完成したでセントラルドグマに降下した際、リリスとMark. 06に刺さっていた槍が、2つともである事を訝しみ、TV版では見られなかった動揺を見せる。 それに気づかないシンジはカヲルやによる制止も虚しく、槍を抜いてしまう。 カヲルは「まさか第1使徒の僕が13番目の使徒に堕とされるとは…始まりと終わりは同じという訳か」という言葉を漏らし、自身がフォースインパクトのトリガーであると認識していた事から、これを食い止めるため自死を決意。 シンジに「そんな顔をしないで。 また会えるよ。 」と笑顔で告げたのち、首のDSSチョーカーが爆発し死亡。 その命をもって世界の崩壊を阻止した。 特筆事項として『Q』のカヲルは、他メディアと違い、 一貫してシンジの味方であり、彼の気持ちを裏切っていない。 また『序』の段階からにより新劇場版の設定や役割などについてのレクチャーをキャスト陣で唯一受けているというは、『Q』収録後のインタビューでカヲルについて 「前のサイクルとは違う筈なのに、何度やってもやはり同じ轍を踏んでしまう。 それでも線路のポイントを違うところに切り替えてみたい。 大きなものの流れに対して、なんとかあがいてみたいという想いがあって、生き残るべきシンジの身代わりになっていくんでしょうね」 と語っている。 よってと解釈する事も可能だが、を狙っているとも受け取れるため、現代階での設定は一切不明である。 『Q』でもMark. 06に乗るかと思われたが、これは『破』と『Q』の間にセントラルドグマで槍に貫かれており、実物を見ても「自立型に改造されリリンに利用された機体の成れの果て」とあまり興味がなさそうであった。 その他のメディアミックス 『新世紀エヴァンゲリオン2』 条件が揃えば仲間になる。 ディラックの海に飲み込まれたを呼び出して参戦。 量産機との戦いではレイが戦線離脱するため、のともども貴重な戦力になる。 個別シーンでは、叶うならば将来の夢はメイクアップアーティストだとシンジに告白している。 『』シリーズ 『』 初登場作における役割はTV版とほぼ同じであり、隠しのラスボスとして参号機に搭乗するが空中には攻撃不可能なため弱い。 『』のの戦死や初号機の暴走などが条件。 『』『』 再起不能になったアスカの代わりに弐号機を操ってセントラルドグマにてシンジ達と対峙するが、敵がカヲル1人しか居ないため実質イベントバトルとなっている。 『』 エヴァ最終シナリオで登場。 初号機のコピーと量産機を用いて多元次元補完計画を進めるゲンドウに立ち向かうシンジ達に助力。 レイの代わりにを借りて1話ゲストで使える(合体攻撃は使用不可)。 ラスボス戦では今まで死亡したキャラが主人公達を激励するイベントがあるが、カヲルもシンジを激励してくれる。 『』 新劇場版からの参戦だが、原作再現が『序』と『破』前半までで終了したため実質イベントキャラ。 『第3次スーパーロボット大戦Z 』 『時獄篇』ではイベントキャラとして登場。 基本的に物腰柔らかく穏やかな性格だが「」や「が」に対しては不快感や憤りを見せる等珍しい所も見せている 逆に言えばあのカヲルがその感情を見せる程の気持ち と言える。 『天獄篇』では第3話にて顔見せした後、EVA13号機にサブパイロットとして搭乗する。 本作でようやく正式に自軍部隊に参戦し音声も新規収録されている。 基本的にイベントでの会話では精神的に不安定なシンジをサポートして導いている。 だが他のEVAメンバー同様、自分達の世界の惨状は決して他自軍メンバーに明かすことはなかった。 ちなみに、『破』仕様の顔グラがプラグスーツを着たものに変わっている。 『』 条件を満たすと参戦。 出番もあるし生存するのだが スタッフが扱いに困っているマリより扱いが悪いという悲惨な状況となっている。 その他 エヴァ関連の各種やには殆ど登場しているが、TVアニメ版を意識したキャラ付けとなっていることが多い。 人気と影響 甘い声とルックス、シンジとのなどによって、特に女性からのが非常に高い。 TVシリーズでの実質的な登場は第のみながら、キャラクターグッズ、などの商品展開もから活発で、やが「理想の男性」として名を挙げるなど有名人のファンも多い。 どの媒体においても、極端に露出は少ないながらも人気は常に安定しており、 10月25日にはファンブック「ALL ABOUT 渚カヲル A CHILD OF THE EVANGELION」が発売。 4月10日(シトの日)には写真集「KAWORU 2015 -渚カヲル写真集-」が発売。 にはの「エヴァ新幹線」 で車内放送を担当。 またやでは、画面に登場した瞬間に確変大当たりやビッグが確定したり、設定6が確定したりする(プレミアム)キャラとなっているため、ギャンブラーからの支持も厚い。 カヲル系 カヲルの登場により、その後の日本のアニメーション界は「カヲル系」「カヲルみたいなキャラ」という、新たなキャラクター類型が定着することになったとサンキュータツオは分析している。 また「カヲルのようなキャラ」の多くを、その後実際にが演じている。 やのように、カヲルをイメージして造形されたキャラクターも多い。 またCR新世紀エヴァンゲリオンを題材にした公認のパチンコ・パチスロ漫画『 奇跡の勝ちは』(第拾弐話『』のもじり)に本キャラクターをモデルにした、 田部利数(たべ としかず)というそっくりなキャラクターが登場する。 パチンコホール店員で名前を音読みすれば『ダブリス』になる。 名前は「オワリ」を五十音順で1字後にずらしたものから「カヲル」。 モデル TV放送当時と親交があったがと言われているが、容姿なのか性格なのか、あるいは庵野との関係性においてなのか、詳細は不明。 幻の24話 TVシリーズ24話の脚本を担当した薩川昭夫による初期稿が、発行「別冊」6月号に掲載されており、「幻の24話」として現在も読むことができる。 没となった初期稿(第1稿、第2稿)では、カヲルがとして女生徒から人気を博し「カヲル様」と呼ばれる・を弾く・紺色のを着ている・自傷癖(手首に幾筋もの傷)がある・の中でシンジとで泳ぐ、等の描写が登場する。 またには「ぞっとするようなの持ち主」「シンジに似た首の長さ、アスカに似た口元、綾波に似た色素の薄さ」といったについての描写がある。 量産機 はカヲルのダミープラグで稼働するため、旧劇場版公開時に発売された量産機のフィギュアは雑誌で「カヲル君の魂、入ってます!」などのコピーが付けられ女性ファンの購買欲を煽るものになっていた。 なお量産機の声はの声をが担当しているのと同じ理屈からが担当している。 外部リンク 関連イラスト.

次の

エヴァンゲリオンの声優一覧!カヲル・アスカなどの人気キャラクターは?

カヲル 声優

主人公・碇シンジの最大の理解者で、最後の友人にして、最後の使徒である渚カヲル。 カヲルが放ったセリフは、多くの視聴者をさらなる混乱へと導いていきました。 物語全体を通してみると、ごく限られた出演時間にも関わらず、課せられた宿命ゆえに悲劇に彩られたカヲル。 そんなカヲルが口にした頭から離れない名言や、数々のセリフをひも解きながら、渚カヲルの魅力の一端を紹介していきたいと思います。 エヴァンゲリオン・渚カヲルの正体、第一使徒アダムと第十七使徒タブリスとは? 結論から先に言ってしまいますと、カヲルは登場話のタイトルである「最後のシ者」が示す通りに 使徒です。 しかし、 今までの使徒と大きく違う点は、使徒にとっての敵である人類と直接コミュニケーションをとり、人類に対して敵意を持っていなかったという箇所にあります。 なぜ、カヲルがそのような立ち位置をとったのかは、生い立ちを見れば自ずと見えてきます。 カヲルのパーソナルデータで唯一開示されている内容は、セカンドインパクトが起きた日とされている生年月日(2000年9月13日)のみで、その他の経歴は抹消済みとなっています。 まず、セカンドインパクトが何であったかを簡単に説明すると、南極で見つけた第一使徒アダムの卵である「白き月」を、まだ他の使徒が覚醒する前にアダムを卵の状態にまで還元する実験の最中に起きた事故です。 その結果、 カヲルの正体であるアダムは魂とバラバラのなった肉体に分離されてしまい、その魂と肉体は別々に回収されることとなりました。 その魂はヒトとしての肉体の器を与えられ、渚カヲル「第十七使徒タブリス」としてゼーレに囚われることになってしまいました。 上記の出来事により、 カヲルは第一使徒アダムであるにも関わらず、人間と使徒両方の特性を持つ「第十七使徒タブリス」としての役割をゼーレに課されることになってしまったのです。 「君と僕は同じだね」カヲルの発言の意味するものとは? カヲルが綾波レイとの初対面のシーンで、 「君は僕と同じだね。 お互いにこの星で生きていく体はリリンと同じ形へと行きついたか」というシーンがあります。 カヲルがアダムの魂を持つヒトであることは先に説明しました。 綾波レイはシンジの母親である碇ユイのクローンであることが、何度か作品でも示されています。 つまり、 レイもカヲルと同じように第二使徒リリスの魂を持つヒトの肉体を持った存在ということなのです。 第二使徒リリスは人類の祖である存在で、第三新東京市の地下にあるジオフロントはリリスの卵で「黒き月」と呼ばれています。 つまり、 カヲルは使徒の母なる存在で、 レイは人類の母なる存在ということになります。 お互いに、ゼーレや碇ゲンドウの目的のために 都合よく使われていることも指して「同じだね」と言っていたのです。 エヴァンゲリオン・渚カヲルと碇シンジの運命の出会い たび重なる使徒との攻防、それに伴う第三新東京市の戦火拡大、友人の鈴原トウジを自分の責任ではないとはいえ重度の障害・後遺症が残る体にしてしまったこと、綾波レイの正体を見せられたこと、惣流・アスカ・ラングレーの精神が徐々に壊れてしまっていったこと…。 碇シンジは尋常ではないストレスやプレッシャーを抱えて、心の傷が重くのしかかってきます。 そんな最中に、シンジはカヲルと出会うのです。 一方的にシンジを知っている社交的な少年、カヲル。 不審に思うシンジにカヲルは自分をフィフスチルドレンであることを明かし、お互いにファーストネームで呼び合うよう次第に距離を縮めていくのです。 エヴァンゲリオン・育まれるカヲルとシンジの友情 シンジはここ最近の不安や憤りを埋めるように、カヲルとの友情を深めていきます。 印象的な場面で、風呂場での「寂しさを忘れることもないよ、人間は寂しさを永久になくすことはできない。 人はひとりだからね。 ただ、忘れることができるから生きていけるのさ」とのカヲルの言葉にシンジはハッとします。 なぜなら、父である碇ゲンドウと母の碇ユイの墓参りに行ったときに、ゲンドウが「人は思い出を忘れることで生きていける。 だが、決して忘れてはならないこともある。 ユイはそのかけがえのないものを教えてくれた」と言っていたことを思い出したからです。 ここでカヲルに父性を重ねるシンジですが、このあとさらにカヲルから「好意に値するよ。 好きってことさ」「僕は君に会うために生まれてきたのかもしれない」との名セリフが登場します。 今までの人生でまっすぐな好意を向けられることのなかった、シンジの壊れかけの心のなかにカヲルの言葉が心地よく浸透していきます。 カヲルの始動「いくよ。 おいで。 アダムの分身、そしてリリンのしもべ」 「さあ、いくよ。 おいで。 アダムの分身、そしてリリンのしもべ」 その言葉を発して、遂にカヲルが 第十七使徒タブリスとして勤めを果たしに、弐号機をエントリープラグなしに起動させ、地下のリリスへと向っていきます。 起動と同時に指令室にはアラームが響きわたります。 MAGIの出した答えはパターン・青。 使徒として認識し、初号機を追撃させることとなりました。 ここでシンジは狼狽し、咆哮します。 「裏切ったな、僕の気持ちを裏切ったんだ。 父さんと同じで裏切ったんだ!」 セントラルドグマに向かって下降するカヲルを捉えるシンジ、その行く手をカヲルが操る弐号機が阻みます。 使徒と地下のアダム(本当はリリス)が接触すると、サードインパクトが発生するといわれています。 そのために葛城ミサトは、ネルフの自爆を視野に入れた作戦を続行します。 エヴァンゲリオン・カヲルの遺言 セントラルドグマまでたどり着いたカヲル。 そこに佇む巨人はアダムではなくリリスでした。 アダムとの接触を目的にやってきたカヲルですが、騙されていたことに気づきます。 そして弐号機を倒し、追ってきた初号機にとうとう 補完されてしまいます。 カヲルに問いかけるシンジ、 「遺言だ」と答えるカヲル。 ここでのやり取りで 「生と死は等価値なんだ、僕にとっては」というセリフがでてきます。 これは第一使徒であったにも関わらず、人間の都合で第十七使徒とされてしまったカヲルは、そこまでして生き延びたい人類に尊敬と憐みの両方の感情を持っています。 自分が生き続けることで人類は滅びてしまう、ここで自分が殺されてしまえば使徒は滅び人類が生き続ける種となるという、生物の祖としての究極の選択を、カヲルはシンジに殺されることで終えようとします。 そして、シンジはカヲルの 「君に会えてうれしかったよ」の言葉を最後に、カヲルの願い通りにカヲルを握り潰し、最後の使徒を殲滅することに成功しました。 ダミープラグで第十三使徒であるバルディエルを倒したときとは違い、今度は自分の意志でレバーを握らねばならず、 カヲルを握り潰した感触は、エヴァンゲリオンの特性上本人にフィードバックされるため、シンジの心に消えることのない深い傷として刻まれることになりました。 番外編 エヴァンゲリオン第弐拾四話のこぼれ話 さて、テレビ版のカヲルの解説をしていきましたが、この 第弐拾四話「最後のシ者」 はテレビ版でも屈指の人気回となっています。 この後に続く第弐拾五話「終わる世界」と第弐拾六話「世界の中心でアイを叫んだけもの」が、「投げっぱなしエンド」とも呼ばれる大論争を巻き起こした回なので、最終回をもってしても実に腑に落ちない終焉でした。 完全なストーリーの完結は、旧劇場版まで待たなくてはなりませんでした。 この弐拾四話はそういった背景も含め、 エヴァンゲリオンの大きなターニングポイントの回となっています。 \ 31日間無料で楽しむ!/ エヴァンゲリオン新劇場版:Qの影の主役・渚カヲル 新劇場版ヱヴァンゲリヲンの3作目『Q』でカヲルは大きく絡みだし、ストーリーの終幕に向けて動き出します。 15年の月日が流れ、その現実はシンジの胸に深く突き刺さります。 その心の傷を埋めるようにカヲルはシンジに近づき、シンジもそれを受け入れて、二人はピアノの連弾を通じて親睦を深めていきます。 15年前にシンジが綾波レイを救うためにした行動は世界を滅ぼしかけたのです。 その事実を突きつけたのはカヲルでした。 シンジは大きくショックを受け、現実を拒否しはじめます。 しかし、カヲルはそんなシンジに優しく寄り添い、シンジの首につけられていたDSSチョーカーを首からはずし、自身の首に着けます。 シンジに世界を修正するために、エヴァンゲリオン第13号機に一緒に搭乗し、カシウスの槍、ロンギヌスの槍を使うことを提案します。 しかし、その思惑はゲンドウにより阻まれ、存在していた槍はロンギヌスの槍が2本でした。 これでは世界の修正はできないばかりか、 フォースインパクトを引き起こし、世界は再び崩壊の危機に陥り、カヲルが着けていたDSSチョーカーが反応します。 駆けつけたミサト率いるヴンダーとモード777で獣化した改弐号機でEVANGELION Mark9と死闘を繰り広げます。 その最中に13号機のコクピットではカヲルが間もなく発動するDSSチョーカーの自爆の前に、シンジのせいでなはない、気をやまないように伝えます。 「縁が君を導くだろう。 そんな顔をしないで、また会えるよシンジ君」 そういうと DSSチョーカーが爆発し、カオルの頭部が四散します。 それを止められず、間近で見ていたシンジは再び心を閉ざし、何もしようとしなくなります。 真希波・マリ・イラストリアスの活躍でフォースインパクトは阻止され、13号機も活動を停止します。 シンジもアヤナミレイ(仮称)と式波・アスカ・ラングレーとともに、13号機のエントリープラグから引きずり出され、歩き出すところで『Q』は幕を閉じます。 エヴァンゲリオン・シリーズでカヲルが搭乗した機体 カヲルは作品ごとに実に さまざまな機体に搭乗しています。 操るだけで、搭乗していない場合もありますが、その機体を紹介したいと思います。 EVA2号機 テレビ版 EVA4号機 スーパーロボット大戦F、ゲーム新世紀エヴァンゲリオン2、 パチンコ・スロットなど EVA乙号機 ゲームバトルオーケストラ Evangelion Mark. 06 新劇場版破 EVA第13号機 新劇場版Q エヴァンゲリオン・接点のないカヲルとアスカ? 意外に思われるかもしれませんが、 アスカとカヲルが物語上、直接絡んだことはありません。 テレビ版ではカヲルの登場時にはアスカの精神は崩壊しており、ネルフの職員に保護されてそのまま入院となります。 新劇場版でも直接話しているシーンは確認できていません。 しかし、 『NEON GENESIS EVANGELION ADDITION』 というタイトルのサントラのなかに「終局の続き(仮題)」というドラマCDが収録されています。 これは本放送終了後のキャラクターを「メタ的」に描いた、コミカルなドラマとなっており、そこでは 念願のアスカとカヲルの掛け合いが収録されていますので、どちらのファンも必聴です。 ちなみにアスカはカヲルのことを「ナルシスホモ男」と呼んでいたりします。 アスカは新劇場版で「式波・アスカ・ラングレー」と改姓されてからは、シンジを「ナナヒカリ」、レイを「エコヒイキ」といったあだ名をつけていました。 アニメ版の惣流・アスカ・ラングレーでも、すでに「ナルシスホモ男」だなんてあだ名をつけていたとは、その片鱗が伺えます。 エヴァンゲリオン・カヲルの魅力とは 旧劇・新劇どちらのカヲルを、だいぶ駆け足で紹介させてもらいました。 渚カヲルの魅力を一言で言い表すとすれば、 やはりミステリアスの一言に尽きるのではないでしょうか。 旧劇・新劇のアニメ版の他にも、さまざまな派生作品にも必ず登場する人気キャラクターです。 それぞれの派生作品で作品の毛色は違いますが、カヲルはどの作品でも割合性格は共通しています。 難解な言葉でけむに巻き、大人びた丁寧な口調でどのキャラクターとも対等に接します。 けれどもシンジのためにまずは行動する。 そんな掴みどころのない、ひょうひょうとしたところが、やはりカヲルの最大の魅力なのではないでしょうか。 エヴァンゲリオン・カヲルを演じた担当声優の石田彰さん 渚カヲルといえば、 声優を担当した石田彰さんも忘れてはならない存在です。 カヲルの他にもアニメ・特撮・ゲーム・吹き替えと、さまざまな役を精力的に演じており、他のキャラクターでも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 以下代表作を列記します。 「銀魂」桂小太郎」 「機動戦士ガンダムSEED」アスラン・ザラ 「NARUTO」我愛羅 「最遊記」猪八戒/天蓬元帥 「スレイヤーズ」獣神官ゼロス 「戦国BASARA」竹中半兵衛 「3月のライオン」宗谷冬司 「深夜!天才バカボン」レレレのおじさん 「PSYCHO-PASS サイコパス」縢秀星 「美少女戦士セーラームーン」フィッシュ・アイ エヴァンゲリオンの印象的な曲「第九」が、カヲルとシンジを繋ぐ? 本編中では「第九」と呼ばれるベートーヴェンの交響曲第9番が印象的に使われているのも特徴です。 年末になると耳にすることが増えるお馴染みのクラシック楽曲で、第4楽章が「歓喜の歌」としても知られています。 この楽曲は本編中のBGMとしてだけではなく、シンジが普段からS-DATプレイヤーで繰り返し聴いていた曲がこの「第九」なのです。 カヲルが初めてシンジに接近する際に、鼻歌で歌っていたのが「第九」でした。 意外と気づかない点でもありますので、ぜひイヤホンをつけてこの第弐拾四話を観直してみると、面白い発見があるかもしれません! エヴァンゲリオン「渚カヲル」まとめ いかがでしたでしょうか? 人気作である『エヴァンゲリオン』シリーズのなかでも 異色の存在である渚カヲル。 登場時間が少ないのにもかかわらず、情報量が圧倒的に多く、かつセリフも作品の知識がないと理解しづらいものが多かったために、 一度作品を観ただけではなかなかカヲルの本当のよさは伝わらないかもしれません。 興味を持たれたかたは、ぜひ繰り返し『エヴァンゲリオン』を鑑賞して、誰にも負けない「カヲルマニア」になってください。 紹介しきれませんでしたが、 貞本義之先生の漫画版も、また違ったカヲルの魅力が満載なのでオススメです! 当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。 合わせて読みたい• このニュースに関連する作品と動画配信サービス.

次の