弔電 値段。 弔電の金額はいくら?よくある料金形態や安くする方法を解説

弔電の相場はどのくらい?価格別に弔電台紙もご紹介!

弔電 値段

見出し• 弔電にかかる金額の相場とは?料金はピンからキリまで 弔電は電報会社に依頼して送ります。 電報というとNTTに電話で頼むものというイメージを持つ人がいるかもしれません。 しかし、2003年に信書便法が施行されたことで業者が参入できるようになり、現在は複数の電報会社が存在しています。 電報会社やそれぞれが扱っている台紙の種類によって金額には大きな幅がありますので、各社の商品をよく比較して選ぶと良いでしょう。 台紙には、ごくシンプルな二つ折りのカードから、押し花や花の刺繍をあしらったタイプ、プリザーブドフラワーや生花がセットになったものまでさまざまな種類があります。 なかにはお線香がセットされているものもあります。 なお、弔電にかかる費用は台紙代だけではありません。 そのほかに、メッセージ料金やオプションサービスを利用した場合はその料金も発生します。 ただし、電報会社によって料金設定の方法は異なります。 台紙料金とメッセージ料金を基本料金としている会社が多いです。 また、会社によっては台紙料金にメッセージ料金や送料まで含まれているケースもあります。 この場合は、台紙の料金以外に費用は発生しません。 スタンダードな台紙であれば、費用の相場はだいたい1000円から4000円程度といったところでしょう。 プリザーブドフラワーやお線香などがついている豪華な台紙では、1万円を超えることもあります。 基本料金が3000円以内の台紙デザインについて 基本料金が3000円以内の台紙は、基本的にシンプルで落ち着いたデザインとなっています。 1000円代のものは、百合や菊などの花がプリントされたものが多いです。 2000~3000円になると、表面に押し花や刺繍が施してある台紙やお線香付きの台紙も登場してきます。 シンプルにお悔やみの気持ちを伝えたいというのであれば、1000円代の台紙のなかから選ぶと良いでしょう。 余計な装飾のない台紙は落ち着きと気品があります。 少し豪華なものを送りたいというのであれば、2000~3000円代の台紙がおすすめです。 また、葬儀に参列できないものの、気持ちだけでもお線香をあげたいと思う人もいるでしょう。 そのような場合は、お線香が付いた台紙にすると良いでしょう。 基本料金が3000円から5000円の台紙デザインについて 3000~5000円の価格帯では、デザインが凝っていたり台紙が紙以外になっていたりすることが多いです。 たとえば、ちりめん生地を布張りして箔押ししたものや正絹を張って刺繍を入れたもの、本漆塗りの黒いケース入りなどがあります。 なかには、花束のペーパークラフトが台紙にあしらわれていたり開くと音楽が流れたりする台紙、フォトフレームとして再利用できる台紙も見られ、バラエティに富んでいます。 凝ってはいますが、全体にシックで落ち着いたデザインで高級感があるのがこの価格帯の台紙の特徴でしょう。 それだけに、どれにすれば良いか悩むかもしれません。 電報会社によってさまざまなデザインがありますので、それぞれのサイトを訪問してよく比較してみるのも良いでしょう。 基本料金が5000円から1万円の台紙デザインについて 5000円から1万円程度の価格帯になると、メッセージだけでなく、生花によるフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーがついた商品も選べるようになります。 また、複数の種類の高級線香や絵ろうそくが桐箱に入ったセットがついた台紙を販売している電報会社もあります。 故人や遺族の好みを考えて選びましょう。 なお、プリザーブドフラワーとは特殊な液体につけて水分を抜いた花のことで、贈り物にもよく選ばれています。 干し花と違って、生花のような鮮やかな色や美しい外観を保ち、長く枯れることなく長期間にわたって飾ることができるのが大きなメリットです。 水やりなどの手間もお世話もいりません。 弔電についてくるプリザーブドフラワーは、ボックスにはいったものや陶器の花瓶に盛ってあるもの、台紙中央に貼り付けてあるものなどさまざまなスタイルがあります。 生花を扱っている電報会社もありますが、扱いのしやすさなどからプリザーブドフラワーがついた商品を販売している会社の方が多いです。 基本料金が1万円以上の台紙デザインについて 基本料金が1万円を越える台紙の特徴は、生花やプリザーブドフラワーなどがセットになったものが多く、豪華で目を惹くデザインになっていることでしょう。 5000~1万円の台紙にもプリザーブドフラワーや生花が使われていることは述べましたが、1万円を越える台紙はそれよりも大きくて豪華になっていることが多いのです。 なかには、プリザーブドフラワーに加えて高さが25cmもある衝立つきの花の飾り台がついている台紙もあります。 こういった高額な弔電は、葬儀の場に厳かな華やぎを与えてくれるでしょう。 しかし、葬儀が斎場で行われている場合は、遺族が持ち帰るときに荷物になってしまい大変です。 あまり大きなセットがついた台紙の弔電は、自宅で行われる葬儀の場合に送ると良いでしょう。 弔電の台紙はただお悔みの気持ちが伝われば良いというだけでなく、受け取る遺族の負担も考慮して選ぶことが大切です。 文字数で変わる弔電のメッセージ料金 台紙にメッセージ料金が含まれない場合は、通常は文字数が増えるほど支払い金額は高くなっていきます。 料金設定は会社によって異なりますが、ある程度の文字数以上になるとプラスされる文字数に応じて料金が加算される仕組みになっていることが一般的です。 一例を挙げると、NTTでインターネット申込みをした場合、25文字までは660円で以後5文字増えるごとに90円が加算されるという仕組みになっています。 なお、差出人の名前や住所、連絡先の電話番号も文字数としてカウントされますので注意しましょう。 ほかの電話会社でも、設定料金は異なりますが、計算のしかた自体は基本的に同じというところが多いでしょう。 申込み方法は、電話、FAX、インターネットの3種類を採用している会社が多いです。 ただし、なかにはインターネットでの申込みにのみ対応しているという会社もあります。 申込み手段が複数ある会社の場合は、自分が一番やりやすいと思う方法を選べば良いでしょう。 なお、電話やFAXでの申込みは受付時間が限られてしまいますが、インターネットであればほとんどのところが24時間対応しています。 夜間に急な訃報を聞いてすぐに対応したいといったときにはインターネット申込みが便利です。 なお、メッセージの内容は、電報会社が用意したお悔み用の文例集から選ぶことも個人で考えた文言にすることもできます。 さまざまな弔電のオプション料金 弔電にかかる費用の主なものは台紙代とメッセージ料金の2つですが、ほかにオプションサービスを選べばその料金も加算されます。 ただし、オプションサービスの内容は電報会社によって異なり、扱っていないところもありますので注意が必要です。 NTTでは、受取人名連記や毛筆縦書、届けた日時を知らせる配達通知などのサービスをオプションとして用意しています。 また、メッセージ印字面に写真やロゴを挿入できるというサービスを提供しているところや、提携斎場であれば申し込んでから3時間で相手方に届ける特急便のサービスがあるところもあります。 料金は電報会社やサービスの内容によって変わりますが、いずれも数百円単位で利用できるケースがほとんどです。 必要に応じて利用すると良いでしょう。 なお、キャンセルをする場合は、電報会社に早めに連絡をする必要があります。 前日までのキャンセルであれば一部商品を除いて無料になることが多いですが、当日の場合は配送は停止できても、費用は全額負担だったりキャンセル料金を請求されたりすることが一般的です。 また、生花がついた台紙を頼んでいたケースなどは、前日までのキャンセルであっても電報料金を請求されることがあります。 電報会社側も注文を受ければ手配を進めますので、急なキャンセルで料金が発生してしまうのはしかたのないことでしょう。 しっかりと内容を検討して、納得してから申込むようにし、発注後にやむを得ない事情でキャンセルをする場合はできるだけ早く連絡することが大切です。 キャンセルへの対応は会社によって異なりますので、申込み前に念のため確認しておくと良いでしょう。 弔電の金額を安くする方法とは?インターネット申込みがおすすめ 弔電にかかる金額は、少しの工夫で安くすることが可能です。 たとえば、届けてほしい日より数日前に届くようにすると料金が安くなる場合や、3日前までに申込むと通常料金より金額が安くなる会社などがあります。 また、複数の申込み手段がある会社では、電話やFAX、窓口での申込みよりもインターネットからの申込みの方が金額が安くなります。 これは、電話などを通した申込みとは異なりインターネット申込みは人件費がかからないといった会社側の事情のためでしょう。 生花やプリザーブドフラワー、お線香などがついたものではなく、シンプルな台紙を選ぶことでも費用を抑えることができます。 斎場で弔電を受け取った遺族はそれらを自宅に持ち帰りますが、そのときにあまりに豪華なものであれば荷物がかさばって大変になるでしょう。 単に費用を抑えるということだけでなく、遺族の負担を軽減するためにもシンプルな台紙の方が良い場合があるのです。 なお、弔電は普通は告別式の場で読み上げられます。 そのため、早く届く分にはあまり問題はありませんが、葬儀よりも遅くなることは避けるべきです。 葬儀当日は遺族は慌ただしくしていますので、できればお通夜の日の通夜式の開始前につくように手配するのが良いでしょう。 弔電はお通夜や葬儀が行われる場所に送りますので、斎場なのか自宅なのかはしっかり確認しておく必要があります。 斎場で行う場合はあまりに早い時間に送っても受け取ってもらえない場合がありますので、開始時刻の確認も必要です。 よくある弔電の支払い方法とは?クレジットカードが一般的 料金は、クレジットカードによる支払いにしている会社が多いです。 ただし、クレジットカード決済以外の複数の支払い方法に対応している電報会社もあります。 たとえば、郵便局のレタックスでは、クレジットカード払いのほかに申込み方法によって郵便窓口での現金払い、郵便切手払い、料金後納などの方法を選ぶことができます。 使っていない切手が溜まっているという場合は支払に使うのも良いでしょう。 また、コンビニや銀行での後払いやスマートフォンのキャリア決済、楽天ペイなどの支払いサービスなどに対応している会社もあります。 スマートフォンのキャリア決済とは電話料金を支払う時に弔電の料金もまとめて払えるという決済方法です。 都合の良い方法を選びましょう。 ただし、クレジットカード払いにしか対応していない会社もありますので、カードを所有していない人は申込み時に注意が必要です。 なお、レタックスのように、インターネットで申込んでクレジットカード払いを選択するのであれば、海外から日本へ弔電を送ることが可能な会社もあります。 大切なのは哀悼の意を表する気持ち!遺族の負担にならない配慮を 弔電にかかる金額は、どの台紙を選ぶか、どんなメッセージにするかで大きく異なります。 同じ価格帯の中でもさまざまなデザインの台紙がありますので、どれにするべきか悩むかもしれません。 最期のお別れの場であるお通夜や葬儀に行けないのだから、せめて大きなもの、高級感のあるものにして気持ちを伝えたいと考える人もいるでしょう。 しかし、大きな生花などが届くと受け取った遺族が持ち帰るのに苦労する恐れがあります。 また、故人とそこまで親密でなかった場合は豪華な弔電が届くことで遺族を戸惑わせてしまう可能性も考えられるでしょう。 弔電は、葬儀に参列できないかわりに弔意を伝えるために送るものです。 大切なのは、哀悼の意を表す気持ちでしょう。 その気持ちは、高価な台紙にしなくてもメッセージを通して伝えることができます。 特に、親しくしていた間柄の人が亡くなったという場合は電報会社が用意した文例集から決まりきったお悔やみの言葉を選ぶのではなく、自分の気持ちをこめた文言を書くと良いでしょう。 それが遺族にとっても慰めとなります。 故人との関係性をよくふまえ、遺族の負担などを考慮したうえで送るようにしましょう。

次の

弔電の金額はいくらぐらいが相場なの?送る相手にふさわしい台紙とは

弔電 値段

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 弔電がどういったものなのかご紹介をしてきました。 弔電を送る際には、台紙を選択するのですが台紙の金額はさまざまです。 弔電を送る場合には、どの程度の金額の台紙を選ぶと良いのでしょうか。 ここでは、 お通夜や告別式の際に送る弔電の金額相場をご紹介していきます。 3千円から5千円が弔電の相場 弔電の一般的な相場としては、 3千円~5千円程度といわれています。 弔電を送る際には、金額ではなく弔意を伝えることが重要とされています。 相場は参考程度として、 台紙のデザインや文面などに気を配るようにするといいでしょう。 故人との関係性によって金額を変える 先程ご紹介した弔電の相場は一般的な金額相場であり、 故人との関係性によっては金額を変えておくといいでしょう。 ここでは、親族や親しくされていた方、友人知人、ビジネス関係の方それぞれに弔電を送る際の金額をご紹介していきます。 親族、非常に親しい関係 故人の方が自分の親族や非常に親しくされている方の場合には、 3千円~7千円程度が弔電の相場といわれています。 恩師などお世話になった方には通常の台紙ではなく、お花がついている台紙などを選んで送るとより弔意を伝えることができます。 友人、知人 友人や知人の方ですと、弔電の相場は 3千円程度といわれています。 シンプルな台紙タイプのものを送ることが一般的です。 親しくされていた友人であれば、相場より少し高い値段のものを送っても良いでしょう。 ビジネス関係の人 ビジネス関係の人に弔電を送る際の相場は、 3千円~7千円程度といわれています。 ビジネス関係の人に弔電を送る際には、故人の生前の役職などを考慮して金額を決める必要があります。 心配な場合には、 上司や同僚など会社の方に相談をしてみるようにしましょう。 また取引先の方の場合には会社から、職場の方が故人の場合には職場の方と連名で弔電を送ることがありますので、こちらも事前に確認しておくようにしましょう。 弔電サービスについて ここまでは、弔電の意味や相場についてご紹介をしてきました。 では、実際に弔電を手配しようたともった場合にはどうすればいいのでしょうか。 ここでは、 弔電を手配する方法や弔電サービスをご紹介していきます。 電話で申し込む 弔電を送る方法として、 電話を利用して申し込みをする方法があります。 電話にて申し込みをする場合には、「115」に電話をかけましょう。 115に電話を掛けることで、NTTやKDDIなど電報サービスへ電話がつながります。 固定電話からですとNTT、auの携帯端末だとKDDI電報サービスなど利用されている端末によりつながるサービスは変わります。 電話で申し込みをする場合には、名前や電報の種類、配達日時などをオペレーターの方に聞かれるので答えていくと申し込み完了となります。 オペレーターの方に対応してもらいながら弔電を手配できるので、弔電を送ったことが無い方やインターネットが苦手な方におすすめです。 電話で申し込みをした場合、弔電の費用は電話料金に加算されます。 インターネットから申し込む 弔電は インターネットから申し込むことも可能です。 弔電を送る際に特に疑問点はなく、オペレーターが必要ない方やインターネットが得意な方はこちらの方法で申し込みをする方がいいでしょう。 電話申し込みより安い場合や、いつでも申し込みを行えるといったメリットがあります。 NTT D-MAIL D-MAILは NTTの電報サービスになります。 特徴としては、 19時までに申し込みをすることで当日配達をしてもらえる点になります。 突然の訃報を受けて、どうしても参列が出来ない場合でも弔電を式が始まるまでに間に合わせることが可能です。 また簡単に弔電を手配することができる、お急ぎ申込みというシステムもあります。 こちらは電報の台紙と文例がセットになっているので、 故人との関係性を選択するだけで簡単に弔電を手配することができます。 お急ぎ申込みシステムを利用すれば、最短3分で手配が完了しますので弔電を手配したことが無い方にもおすすめです。 ここまでは弔電を手配する方法についてご紹介をしてきました。 弔電を送る際には、香典などと同様にマナーが決まっています。 マナーを守らずに弔電を送ってしまうと、相手の方に対して大変失礼な行為となってしまいます。 弔意をしっかりと伝えられるように、マナーを守って弔電を送る必要があります。 ここでは、 弔電を送る際のマナーについてご紹介してきますので覚えておくようにしましょう。 お通夜より前に届くようにする 弔電を送る際には、弔電が届くタイミングに注意しなければいけません。 弔電は訃報を受けて、 お通夜や告別式に参列が出来ないと分かった時点で直ぐに手配をする必要があります。 会場に弔電を届ける際には、 お通夜が始まる前に届くように手配をしておかなければいけません。 準備の都合などもありますので、告別式の前日には届くように手配しておきましょう。 弔電は告別式で拝読されることが一般的とされています。 告別式の前日にどうしても弔電が送ることができなかった場合には、告別式の始まる約3時間前までには届けるように手配をしておきましょう。 もし、告別式にも弔電が間に合わなかった場合には式の後に弔電を送っても良いのでしょうか。 葬儀が終了してから弔電を送ることは失礼とされています。 理由として、弔電はすぐに届けることから手紙より簡易的な手段であるとされているからです。 間に合わない場合には弔電で弔意を伝える方法は諦めるようにしましょう。 忌み言葉を使わない 弔電の文章を作成する際にもマナーがあります。 弔事では忌み言葉を使用してはいけないというマナーがあるので、 弔電に関しても忌み言葉はタブーとされています。 忌み言葉とは「死ぬ」や「生きる」などの直接的な表現や、「重ね重ね」や「たびたび」といった同じ言葉を繰り返す重ね言葉などのことを指します。 忌み言葉は不幸を連想させることや、不幸が続くことを連想させるのでタブーとされています。 忌み言葉を使用せず、他の言い回しを考えるようにしましょう。 また「ご冥福」も注意しなければいけない言葉になります。 お通夜や告別式などの場で、「ご冥福をお祈りします」という言葉をよく耳にすると思います。 実は、ご冥福は仏教で使用される言葉となっており、神式やキリスト教のお通夜や告別式では使用しない言葉です。 また、同じ仏教であっても宗派によって考え方が違うので、浄土真宗ではご冥福という言葉はしようしません。 このように、 宗教や宗派によって使用しない言葉もありますので事前に確認しておくようにしましょう。 以下の記事で忌み言葉の言い換え表現についてもご紹介をしていますのでぜひこちらもご覧ください。 先程、弔電は葬儀が終わってからは送るとマナー違反となるとご紹介しました。 では、弔電以外の方法で弔意を伝えることはできるのでしょうか。 ここでは、 弔電以外の方法で弔意を伝える方法についてご紹介をしていきます。 香典を郵送する 弔電以外の方法で弔意を伝える方法の1つとして、 香典を郵送する方法があります。 香典はお通夜や告別式に参列した際に持参するものですが、郵送をしてもマナー違反にはなりません。 香典を郵送する際には、現金書留を利用することになります。 現金書留に直接現金を入れるのではなく、 香典袋に包んでから現金書留に入れるようにしましょう。 現金書留の封筒にはいくつか種類があり、香典袋が入るサイズのものもありますのでそちらを利用します。 現金書留で香典を郵送する際に、現金書留の封筒に自分の名前や住所を記載しているので中袋へは記載をしない方がいます。 現金書留で香典を郵送する場合でも、 中袋へ名前や住所を記載しておくことがマナーとなります。 以下の記事では、葬儀の際の香典の金額相場についてご紹介をしています。 香典に包む金額にお悩みの際は、ぜひ参考にしてみてください。 後日遺族を弔問する 後日、 故人の自宅に伺う弔問でも弔意を伝えることは可能です。 弔問をする際には、 事前に遺族の方に連絡を取り許可を得てから伺う必要があります。 ご家庭によっては、弔問を断られる場合もあります。 弔問を断られた際には、 無理強いをするのではなく香典を郵送する方法などで弔意を伝えるようにしましょう。 後日弔問をする際には、喪服を着ているとマナー違反となります。 喪服を着用していると葬儀を連想させてしまうため、葬儀終了後には適している服装ではありません。 弔問に伺う際には、スーツなどを着用して行くようにしましょう。 以下で弔問に伺う際のマナーについて解説をしていますので合わせてお読みください。 弔電はお通夜や告別式の際に葬儀会場へ送る電報である。 お通夜や告別式に参列ができない際に、遺族の方に弔意を伝える意味がある。 弔電は、告別式の際に拝読されることが一般的である。 弔電の一般的な相場としては、3千円~5千円程度である。 弔電を送る際には、金額ではなく弔意を伝えることが重要とされている。 相場はあくまで参考とする。 故人の方が自分の親族や非常に親しくされている方の場合には3千円~7千円程度、知人や友人で3千円程度、ビジネス関係の方で3千円~7千円程度が相場となる。 弔電を手配する方法としては、電話で申し込む方法とインターネットから申し込む方法がある。 インターネット申し込みは、電話申し込みより値段が安い場合がある。 弔電を送る際には、お通夜のまえまでに届くように手配をする必要がある。 告別式で拝読されることが一般的なので、遅くとも告別式の始まる3時間前には届くように手配をする。 弔電では、敬称を使用しなければいけない。 故人と喪主の関係により敬称は変わるので、事前に確認をしておく必要がある。 また、弔電の文章では忌み言葉を使用しないように気をつける。 生や死を直接表現する言葉や、「重ね重ね」などの様に同じ言葉を繰り返す重ね言葉は使用せず、言い回しを変えるようにする。 弔電は葬儀後に送ってしまうと失礼になるので、葬儀に間に合わない場合には他の方法で弔意を伝える。 後日香典を郵送する場合には、現金書留で香典を送るようにする。 現金書留に直接現金を入れるのではなく、香典袋に包んでから現金書留の封筒に入れるようにする。 後日故人の自宅に伺う、弔問で弔意を伝えることもできる。 弔問をする際には、事前に遺族の方に連絡を取り許可を得てから伺うようにする。 後日弔問をする際には、喪服を着ているとマナー違反となるので注意する。 仕事の関係などで、どうしてもお通夜や告別式に参列が出来ない場合があります。 そういった場合には、今回ご紹介した内容を参考にして弔電を送り弔意を伝えるようにしましょう。 弔電を送る際には相場だけでなく、マナーにも注意するようにしましょう。 最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

電報比較!~電報20社サービス徹底比較~弔電台紙数順

弔電 値段

弔電の依頼は業者比較後に行いましょう 弔電を承っている業者はたくさんあります。 インターネットで検索をかければ複数の業者の公式サイトがアップされているのが確認できます。 しかもインターネット上から申し込みができるため、 全国どちらにお住まいの方でも同じ業者企業による同じサービスが利用できます。 厳粛な場に贈るメッセージですから、 良質な業者に仕事を依頼したいところです。 そのため当サイトではいろいろな電報サービスサイトの商品をまとめたり、業者を比較しています。 サービスレベル、丁寧さや料金設定などでパフォーマンスの良い業者企業はランキングで上位に上がっていますので、安心してご利用いただけるかと思います。 また業者の連絡先も記載されていますので、そのまま申込みに進むこともできます。 すぐに依頼したいのにどこに依頼すればいいか決めかねている…という方はぜひご参考ください。 全国一律1,382円 税込 ~メッセージが送れます。 メッセージは350文字までとなっており、受け取られる方に心のこもった言葉をきちんと届けることが出来ます。 インターネットからの申し込みのみ対応しているため、従来の電報の価格よりもずっと安くなっています。 実際に利用した方の口コミによると、 便利であることと、お値段以上の商品があるとの評判です。 時間もかからず、自分のイメージ通りの電報を贈ることが出来たという声も上がっています。 評判が良く、今後も利用したいとの口コミもあります。 贈る側にも、贈られる側にも嬉しい、VERYCARDの電報サービスは、100種類以上の商品と700種類の文例が用意されています。 14時までに申し込めば、全国即日に届けられます。 ただし、電話での申し込みは受け付けていません。 インターネット申し込みとなります。 また、お支払いはクレジットカードのみとなります。 カテゴリーに分けられてるので、サイトを利用しやすくなってます。 例文集も記載されていて、どんな場面で利用するかで選ぶことも出来ます。 このショップでは、 お洒落なものからカジュアルなものまで、他社にはない商品を販売しているので、ショップの評判も良く口コミで広まって、初めての方が多く利用されています。 品揃えも豊富なので、電報をお探しの時にはご活用されるといいですね。 ちょっと変わった電報で贈られると、いただいた方は一段と喜びを感じられます。 オリジナルの商品も色々取り扱ってます。 文字数は限定されますが、自分の気持ちをメッセージとして贈ることが出来ます。 期日までに届けてくれるので、きちんと確認されることです。 特にぬいぐるみは、日本の女性に人気のキャラクターが用意されているので、祝電に向いています。 オランダ生まれの世界的に人気のうさちゃんキャラに、日本の昔ながらのラッキーアイテムとして、お祝いの席に欠かせない福だるまとをコラボさせた福福セットなどは、転がる程に福を運んでくれそうで、何度もコロコロ撫でたくなってしまうほどの可愛さです。 小さな鈴も付いていて、なる度に幸せが舞い込んできそうです。 とってもかわいいし、人気も高い商品です。 弔電はというと、 お供えセットの種類が充実しています。 ろうそく付きや、桐箱入りお線香などはセンスがあります。 ただ、弔電の種類は少ない印象です。 マナーに気を付けて、心が伝わる弔電を送りましょう 訃報を受けた際、お通夜や葬儀への列席が諸事情の問題で叶わない場合には、故人へのお悔やみの心や遺族への労りの気持ちを弔電で送りましょう。 現在では弔電などの電報を取り扱う会社が増え、様々なサービス会社の中から自分に合ったものを選ぶことが可能になりました。 料金は年代によって違いがありますが、3000円~5000円程度の商品がよく選ばれています。 弔電は、葬儀を執り行う場所に宛てて送ります。 自宅の場合は自宅宛てになり、斎場の場合は斎場宛てになります。 斎場に送る際には、複数の葬儀が執り行われている場合がありますので、宛名には喪主のフルネームを必ず書きましょう。 もし喪主の名前が分からない場合には、故人のフルネーム様ご遺族様とします。 差出人は、遺族の方に分かりやすいように、氏名の他にも横に故人との関係を記載するとよいでしょう。 弔電のマナーや注意すべきポイント 現在日本では連絡をとる手段は豊富にあり、すぐにでも連絡することができる時代となりました。 しかしそんな今の時代でも電報を利用するタイミングはあります。 その一つが葬式の際の弔電です。 葬式は急遽執り行われるものであり、参列したくてもできないこともありますが、その際に気持ちを伝える方法として適しており、より改まった気持ちを伝えることができます。 しかしその際にはただ送れば良いというものではなく、マナーには注意しておかなくてはなりません。 送るタイミングや使うべきではない言葉など、様々な注意点があります。 電報を送る際には業者を利用することになりますが、業者によって申し込みの方法や受付時間にも違いがあるので複数を比較して、信頼できる業者を選ぶようにしておくことが弔電で失礼にあたらないためには必要不可欠となります。 弔電を送るタイミングと注意すべき点 葬儀に参列できない時に送るものが弔電であり、メールや電話よりも気持ちが伝わりやすく改まったシーンとなる葬儀の際には欠かせない存在とも言えます。 しかし弔電を送る機会はそう頻繁にあることではないので、いざ送るとなればマナーがわからないという人が多いのではないでしょうか。 まず第一に注意しておかなくてはならないのが、 本文の内容ですが例文が準備されていることが多いのでそれほど頭を悩ませる必要はありません。 弔電は通夜や告別式に参列できない場合に送るものとなっているので、間に合うように送る必要があります。 遅くても告別式が始まる一時間前には届くようにしておかないと、遺族にも迷惑をかけてしまうことになりかねないので、送る際には到着するタイミングには注意して手配しておき、スムーズに到着するようにしておきましょう。

次の