ダンボ ピザ ファクトリー 仙台。 DUMBO PIZZA FACTORY(ダンボピザファクトリー)仙台(仙台/イタリアン(イタリア料理))

ダンボ ピザ ファクトリー DUMBO PIZZA FACTORY エスパル仙台(イタリアン・フレンチ)の雰囲気

ダンボ ピザ ファクトリー 仙台

『混沌とした文化と 成熟した 大人たちの 秘密基地』 移民の国アメリカ、ニューヨークのブルックリンの入り口にあるDUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)地区にあるピザ屋をイメージ。 長い歴史に根差した街その街は、倉庫を改造した家やヴィンテージのロフトが立ち並び、独特の雰囲気を作り出している。 ヒップスターのサンクチュアリ、ブルックリンを舞台に、イタリア、日本など様々なカルチャーを取り入れ、熟成・発酵させ旨味を引き出したピッツァ・生ハム・ビールを提供。 違いの分かる大人たちに贈る秘密基地。 それがDUMBO PIZZA FACTORYです。 なぜニューヨークでナポリピッツァ? ピザは19世紀後半にイタリア移民によってアメリカ合衆国にもたらされ、イタリア移民が多かったサンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、フィラデルフィアなどで広まった。 アメリカ初のピザ専門店はマンハッタンのリトル・イタリーにある、ジェンナーロ・ロンバーディ(Gennaro Lombardi)と言われている。 ピザを食べるのはほとんどイタリア系住民に限られていたが、第二次大戦後、イタリアに駐留しているアメリカ軍兵士が地元のピザを食べ、一般のアメリカ人にも広がったとされている。 自慢のピザ窯は圧倒的存在感を放ち、60'、70'のアンティーク家具や雑貨が店を彩る。 「拘りのピザや一品料理、豊富なビールを取り揃えており、D. Fは上質な時間を提供します。 イタリアやナポリに囚われない自由なピッツェリアがここにあります。 」 (参考文献:、Wikipedia) ソーシャルメディアポリシー DUMBO PIZZA FACTORY(以下、「当社」といいます)が運営するソーシャルメディア公式アカウントにおいては、当社が定める以下のソーシャルメディアポリシーに基づき運営しております。 当社は、ソーシャルメディアをお客様との重要なコミュニケーションの場と考えます。 お客様および利用者のみなさまへのご案内とお願い twitter、Facebook、Instagramに代表されるソーシャルメディア上において、当社社員からの情報発信の全てが、必ずしも当社の公式発表・見解を表しているものではありません。 正式な発表に関しては、プレスリリースおよびウェブサイトなどで情報発信しております。 また、ご利用されるソーシャルメディア媒体によって情報の発信方法および内容が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。 ソーシャルメディアポリシーの目的 当社がソーシャルメディアを通じて、広くコミュニケーションを図ることにより、社会やユーザーとの良好な関係を築くとともに、当社のイメージや価値の向上に貢献します。 ご注意いただきたい事項 1 当社はソーシャルメディア上における当社製品・サービス・その他当社に関連する情報の正確性、完全性、有用性を保証いたしません。 2 当社はユーザーがソーシャルメディア上に投稿した当社関連情報の内容、コメントについて責任を負いません。 3 当社は当社がソーシャルメディア上に発信する情報をユーザーが利用したことによる、または利用できなかったことにより被った損害について責任を負いません。 4 当社はソーシャルメディア上でユーザー間で発信された情報によるトラブル、および第三者に対する損害について責任を負いません。 5 当社はソーシャルメディア上よりユーザーの個人情報を取得する場合には、当社の定める「個人情報の取扱いについて」に基づいて適切に取り扱います。 6 当社は当社が運営するソーシャルメディア上にユーザーにより不適切な情報(著作権等の侵害、公序良俗に反する情報、その他当社が行うサービス上でふさわしくない情報)や コメントが投稿された場合、当社の判断により情報を削除する場合があります。 7 ユーザーがソーシャルメディア上に投稿した情報やコメントの著作権等は当該投稿を行ったユーザーご本人に帰属しますが、当該投稿をしたことをもって、ユーザーは当社に対して、投稿された情報やコメントの全部または一部を、ユーザーの事前承諾およびユーザーへの対価の支払なく、全世界において 非独占的に使用(複製、抜粋、引用、翻訳、改変、公開など)する権利を許諾したものとし、かつ、当社に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。 8 ユーザーは、著作権法に基づき許容される範囲を超えて、ソーシャルメディア上の文章、画像、音声等の情報を無断で利用してはならないものとします。 9 当社は利用するソーシャルメディア媒体自身の運営に関する質問、および障害対応等のお問い合わせにはお答えできません。 本ガイドラインは、予告なく変更される場合があります。

次の

【仙台】土日も平日も仙台で昼飲みができる居酒屋21選!!

ダンボ ピザ ファクトリー 仙台

こんにちは、キッドです。 先日オープンしたばかりのS-PAL仙台東館の1階にある、薪窯で作られる本格ナポリピザが食べられるお店 『DUMBO PIZZA FACTORY』さんへ早速行ってきちゃいました!! 店名:DUMBO PIZZA FACTORY(ダンボ ピザ ファクトリー) 電話番号:022-290-5355 住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1エスパル仙台1F 参考:・ 仙台駅東口のエスカレーター乗り場のすぐ近く、黄色い看板が目印になります。 オープンから間もないということもあって、どうだろ入れるかな。。。 店内はガラス越しから見えるスペースだけでなく、奥にも空間が広がっているとのことで、中は結構広いようですね。 店内中央にはテレビモニターが設置され、ここで楽天の試合を見ながら料理を食べてお酒が飲めたら楽しいでしょうね。 天井高もあり開放的な空間です。 うんうん、確かにお店のコンセプトでもある、ニューヨークのブルックリンにある街並みをイメージして作られた店内は、仙台にいながらアメリカに舞い降りたかのような雰囲気がありますね。 奥の空間は、表側と比べるとちょっと落ち着いた感じ。 テーブル席とちょっとしたロフト席との構成になっています。 お昼時ということもあって、多くのお客さんで賑わっていました。 写真で見えるテレビモニターの下あたりには、ボックス席もありました。 あー、もうピザの美味しい匂いでお腹が空いてきちゃいました!!ランチメニューはこちらになります。 ピザのラインナップはこんな感じ。 本日のオススメピザは店員さんへ聞いてみてくださいね。 お客さんの中にはピザをテイクアウトで買われている方もいました。 相談すれば出来るのかもね。 あー、どれにしようか悩む~!! 実はパスタはランチでしか食べることが出来ないみたいですよ。 そんなことを言われたら気になってしまいますよね。 たぶん、あのスパゲッティことですよね。。。 ひとまず注文を終え、まず最初に来たのはサラダの到着です。 キャベツのコールスローですかね。 表面にかけられたのはチアシードかな。 スパイスがピリッと効いたドレッシングで、シャキシャキした食感で美味しいです。 通常のマルゲリータよりも500円高いですが、せっかくなので高い方を食べてみたい!水牛のモッツアレラと姫トマトって気になるし。 早速パクッと。 うわ、美味しいな~。 チーズの深い味わいにトマトの酸味が合う合う。 そして何よりその姫トマトが甘くて、口に含んだ瞬間に旨味エキスが溢れ出します。 ピザだけど新鮮なトマトをそのままかぶりついているような感覚です。 マルゲリータって、シンプルなのに、なんでこんなにも美味しいのでしょうか。 そして、こちらのメニューも頼まらないといけませんよね。 早速こちらもパクッと。 トマトベースのパスタはシンプルなお味。 お肉がジューシーなので、一緒に食べるとちょうどいいバランスですね。 パスタの固さはちょど良く、キッド好みでした。 女性の方には、肉団子のボリュームが多いかも。 お連れの方とシェアしながら食べるのがちょうどかな。 ピザのボリュームもあったので、もうお腹いっぱいですね。 あー、マルゲリータ美味しかったな。 たぶん次に来た時も高い方を頼んじゃうんだろうなー。 美味しかったです。 夜のメニューでは、一品料理のメニューも豊富とのことでクラフトビールと一緒に食べたくなりますね。 4~5人ぐらいで来て、いろんな種類を食べたくなります。 夜は11時まで営業されているそうなので、楽天の試合終わりに一杯飲んでも良さそうだなー。 またお邪魔させてください。

次の

ダンボ ピザ ファクトリー

ダンボ ピザ ファクトリー 仙台

『混沌とした文化と 成熟した 大人たちの 秘密基地』 移民の国アメリカ、ニューヨークのブルックリンの入り口にあるDUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)地区にあるピザ屋をイメージ。 長い歴史に根差した街その街は、倉庫を改造した家やヴィンテージのロフトが立ち並び、独特の雰囲気を作り出している。 ヒップスターのサンクチュアリ、ブルックリンを舞台に、イタリア、日本など様々なカルチャーを取り入れ、熟成・発酵させ旨味を引き出したピッツァ・生ハム・ビールを提供。 違いの分かる大人たちに贈る秘密基地。 それがDUMBO PIZZA FACTORYです。 なぜニューヨークでナポリピッツァ? ピザは19世紀後半にイタリア移民によってアメリカ合衆国にもたらされ、イタリア移民が多かったサンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、フィラデルフィアなどで広まった。 アメリカ初のピザ専門店はマンハッタンのリトル・イタリーにある、ジェンナーロ・ロンバーディ(Gennaro Lombardi)と言われている。 ピザを食べるのはほとんどイタリア系住民に限られていたが、第二次大戦後、イタリアに駐留しているアメリカ軍兵士が地元のピザを食べ、一般のアメリカ人にも広がったとされている。 自慢のピザ窯は圧倒的存在感を放ち、60'、70'のアンティーク家具や雑貨が店を彩る。 「拘りのピザや一品料理、豊富なビールを取り揃えており、D. Fは上質な時間を提供します。 イタリアやナポリに囚われない自由なピッツェリアがここにあります。 」 (参考文献:、Wikipedia) ソーシャルメディアポリシー DUMBO PIZZA FACTORY(以下、「当社」といいます)が運営するソーシャルメディア公式アカウントにおいては、当社が定める以下のソーシャルメディアポリシーに基づき運営しております。 当社は、ソーシャルメディアをお客様との重要なコミュニケーションの場と考えます。 お客様および利用者のみなさまへのご案内とお願い twitter、Facebook、Instagramに代表されるソーシャルメディア上において、当社社員からの情報発信の全てが、必ずしも当社の公式発表・見解を表しているものではありません。 正式な発表に関しては、プレスリリースおよびウェブサイトなどで情報発信しております。 また、ご利用されるソーシャルメディア媒体によって情報の発信方法および内容が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。 ソーシャルメディアポリシーの目的 当社がソーシャルメディアを通じて、広くコミュニケーションを図ることにより、社会やユーザーとの良好な関係を築くとともに、当社のイメージや価値の向上に貢献します。 ご注意いただきたい事項 1 当社はソーシャルメディア上における当社製品・サービス・その他当社に関連する情報の正確性、完全性、有用性を保証いたしません。 2 当社はユーザーがソーシャルメディア上に投稿した当社関連情報の内容、コメントについて責任を負いません。 3 当社は当社がソーシャルメディア上に発信する情報をユーザーが利用したことによる、または利用できなかったことにより被った損害について責任を負いません。 4 当社はソーシャルメディア上でユーザー間で発信された情報によるトラブル、および第三者に対する損害について責任を負いません。 5 当社はソーシャルメディア上よりユーザーの個人情報を取得する場合には、当社の定める「個人情報の取扱いについて」に基づいて適切に取り扱います。 6 当社は当社が運営するソーシャルメディア上にユーザーにより不適切な情報(著作権等の侵害、公序良俗に反する情報、その他当社が行うサービス上でふさわしくない情報)や コメントが投稿された場合、当社の判断により情報を削除する場合があります。 7 ユーザーがソーシャルメディア上に投稿した情報やコメントの著作権等は当該投稿を行ったユーザーご本人に帰属しますが、当該投稿をしたことをもって、ユーザーは当社に対して、投稿された情報やコメントの全部または一部を、ユーザーの事前承諾およびユーザーへの対価の支払なく、全世界において 非独占的に使用(複製、抜粋、引用、翻訳、改変、公開など)する権利を許諾したものとし、かつ、当社に対して著作権等を行使しないことに同意したものとします。 8 ユーザーは、著作権法に基づき許容される範囲を超えて、ソーシャルメディア上の文章、画像、音声等の情報を無断で利用してはならないものとします。 9 当社は利用するソーシャルメディア媒体自身の運営に関する質問、および障害対応等のお問い合わせにはお答えできません。 本ガイドラインは、予告なく変更される場合があります。

次の