赤い スイートピー 作曲。 松田聖子 赤いスイートピー

松田聖子の「赤いスイートピー」作曲者は?【お天気検定】 答え 依田司

赤い スイートピー 作曲

女性心理を知るならこの曲 積極恋愛は苦手で、 静かに恋を育ててゆきたい。 そんな男性にとって この名曲 「赤いスイートピー」は 恋愛のヒントが凝縮されています。 あなたがそうなら嬉しい。 歌謡史上、最高の歌手 松田聖子さんは 九州の高校に通いながら 同時に音楽学校にも通っていました。 デモテープを制作したり 歌手コンテストにも積極的に出場します。 そんな努力ののち、1980年に 見事メジャーデビューを果たしました。 18歳とやや遅咲きの メジャーデビューになりましたが 1980年にリリースした 1stシングル 「裸足の季節」は オリコン週間チャート12位と 快調な出だしをみせ、 2ndシングル 「青い珊瑚礁」はなんと2位。 その後、彼女の歌声は 日本中を席巻することになります。 160cmと程よい背丈、 圧倒的な歌唱力、 プロ意識に満ちたサービス精神。 日本歌謡史、最高歌手の登場でした。 80年の3rdシングルから 88年の26thシングルまで オリコン週間チャートで 24曲続けて1位を獲得。 こんな歌手はもう現れないでしょう。 今なお色あせない 「赤いスイートピー」は 1982年1月に発表した 8枚目のシングルです。 もう35年も前の曲なのに、 小学生でも知っている子が居るほど。 それほど年齢も問わずに 女心をつかむ歌詞なのです。 アイドル嫌いの小鹿でさえ この曲も歌詞も 手放しで絶賛してしまいます。 ファン構成を激変させた名曲 この曲が出るまで、 松田聖子さんの女性ファンは 2割ほどに過ぎませんでした。 しかしこの曲を発表してから、 男女比が逆転。 女性ファンが6割以上になったのです。 歌詞が生んだ逆転現象 素晴らしいメロディラインもありますが、 ファン層を逆転させた一番の理由は この曲の歌詞でした。 松田聖子さん自身、 その後のインタビューで 「この曲は、私と女の子たちを つなげてくれた、とても大きな曲」 ~と話しています。 コンサートでもこの曲は必ず歌い、 彼女自身も大好きな曲とのことです。 赤いスイートピー:前半の一部 作詞・作曲 松任谷政隆&呉田軽穂(松任谷由美) 春色の汽車に乗って 海に連れていってよ。 タバコの匂いのシャツに そっと寄り添うから。 なぜ知り合った日から半年すぎても あなたって、手も握らない? I will follow you あなたについてゆきたい、 I will follow you ちょっぴり気が弱いけど 素敵な人だから。 ここまでが歌詞の前半です。 歌っている聖子さんはこの時19才。 男性はタバコを吸っているから 20才以上の成人という設定。 *少し気が弱いが、素敵な人。 これだけではこの男性の人物像が ハッキリと分からないですよね。 「シャツに寄り添う」と書かれている。 だけど、まだ手も握らない関係だから シャツに頬をうずめる体勢でなく 肩と肩を寄せ合うカタチ ・・と断定できます。 気が弱いのも武器になる 少し気が弱いが、素敵な人。 ここが引っ掛かりますね。 では、歌詞後半の一部を・・・ 作詞・作曲 松任谷政隆&呉田軽穂(松任谷由美) なぜ貴方が時計をチラっと見るたび 泣きそうな気分になるの? I will follow you 翼の生えたブーツで i will follow you あなたと同じ青春 走ってゆきたいの。 線路の脇のつぼみは 赤いスイートピー。 好きよ、 今日まで会った誰より。 I will follow you あなたの生き方が好き。 このまま帰れない、帰れない。 「あなたの生き方が好き」 と書かれています。 彼が彼女を愛しているのは まず間違いないです。 体の関係もなく、 半年も会い続けているのですから。 「女性」という 「性的」な視点で彼女を見ず、 「一人の人間」として 冷静沈着に見ているようです。 一歩置いて彼女を見ている それが 「あなたの生き方が好き」 という彼女の感想にも はっきりと表れています。 きっと優しいだけじゃなくて 彼女に間違ったところがあれば キチっと叱る男性なのでしょう。 その証拠に 「優しい」という表現は この歌詞に出てきません。 あるいは、仕事一途で 真面目な男性という可能性もあります。 手を握ってくれないなら こっちから握ればいいじゃん! はい、確かに。 彼の物静かな性格からして 肉食系の女子は、イヤなのでは? 積極的に手を握ったりすれば 彼に嫌われるのではないか? そんな感じで彼女は不安なのでしょう。 ただでさえ彼女は 愛されてる深度が分からなくて不安なのです。 自分から壊すような賭けはできません。 けっこうモテる女性 今日まで会った誰よりも というくだりがあります。 女性が「会った」というのは 「付き合った」という意味で 捉えるのが自然です。 「誰よりも」とあるので 数も決して少なくないでしょう。 よって彼女は、 モテる部類の女性であり、 普通の外見の子、あるいは 普通以上の美形かも知れない。 手も握らないことに対して 自分は プライドを崩されている。 しかも自分と会っている最中、 この男はなんと、 時計をチラ見する無礼を働くのです! これはタダじゃ済まされないことです。 比較的モテていた自分史の中では 屈辱的な出来事なのです。 ここで彼女は「氏ねばいいのに」 などとは考えない。 そう彼女は言い切っています。 ここまで心を揺らした男は初めてで 今後も見つからない。 ダメ押しに、 「このまま帰れない、帰れない」 と恋の片道切符を購入して、 覚悟を決めている様子です。 海を超えた歌詞 この曲の歌詩は現実の体験を 書いたものではないかも知れません。 だけど、松田聖子さんのファン構成を 変えたほどの歌詞でした。 もちろんこの曲以前にも 焦らし心理を描いた 5thシングル「夏の扉」や 6thシングル「白いパラソル」 がありました。 そして超絶な歌唱力も手伝い、 徐々に女性ファンは増えていきました。 しかしアップテンポの激しい唱法で のどを痛めていた彼女は 一時的に唱法の変更が必要になり、 呉田軽穂さん(松任谷由美)作曲で このミディアムスロー曲を得ました。 美しいしっとりした曲調に この歌詞が乗せられました。 そして瞬く間に日本女性の心を捉え、 聖子ファンの半数以上が女性に変わる。 という社会現象を呼びました。 今や聖子ファンにとって 「赤いスイートピー」は国歌なのです。 彼女の全盛期を知らない 女子中学生や女子小学生でも この曲を好む子がいるほどです。 今では英語にも訳され、 また英語圏以外の女性歌手も カヴァーCDを出しています。 CDを出してしないミュージシャンも コンサートで歌うことが多い曲です 海を越えて女性の心を捉えたのでした。 この歌詞は女性が求めていたもの もちろんあなたは、 半年たっても手を握らない などのひどい事はしないで欲しいです。 彼女は悩んで悩んで 知恵袋へ相談投稿をしてしまうでしょう。 僕があなたに伝えたいのは 気の弱い男子は壁ドンでもなく、 しつこいアプローチでもない。 すすんで「焦らし心理学」を使おう ・・・という事なのです。 自分のキャラに合わないことをしない 恋愛本などを鵜呑みにして 自分のキャラと違うことをすれば、 外見上、明らかに不自然なあなたとなり、 かえって恋愛はうまく運びません。 恋愛本の多くは 外交的で話も上手い 前向きな男性向きです。 だから 慎重で気弱な男性ほど、 恋愛本を読んで欲しくない。 というのが小鹿の本心です。 弱者には弱者なりの戦術がある。 そして 弱者にしか出来ない戦術がある。 それが小鹿の哲学です。 赤いスイートピー この歌詞は聖子さんのファン層を一変させ 海外の女性歌手もカバーを出すほど 女性のハートを揺らしました。 この歌詞の中に 恋愛戦略の基本が入っているのは 間違いないところです。

次の

赤いスイートピー

赤い スイートピー 作曲

女性心理を知るならこの曲 積極恋愛は苦手で、 静かに恋を育ててゆきたい。 そんな男性にとって この名曲 「赤いスイートピー」は 恋愛のヒントが凝縮されています。 あなたがそうなら嬉しい。 歌謡史上、最高の歌手 松田聖子さんは 九州の高校に通いながら 同時に音楽学校にも通っていました。 デモテープを制作したり 歌手コンテストにも積極的に出場します。 そんな努力ののち、1980年に 見事メジャーデビューを果たしました。 18歳とやや遅咲きの メジャーデビューになりましたが 1980年にリリースした 1stシングル 「裸足の季節」は オリコン週間チャート12位と 快調な出だしをみせ、 2ndシングル 「青い珊瑚礁」はなんと2位。 その後、彼女の歌声は 日本中を席巻することになります。 160cmと程よい背丈、 圧倒的な歌唱力、 プロ意識に満ちたサービス精神。 日本歌謡史、最高歌手の登場でした。 80年の3rdシングルから 88年の26thシングルまで オリコン週間チャートで 24曲続けて1位を獲得。 こんな歌手はもう現れないでしょう。 今なお色あせない 「赤いスイートピー」は 1982年1月に発表した 8枚目のシングルです。 もう35年も前の曲なのに、 小学生でも知っている子が居るほど。 それほど年齢も問わずに 女心をつかむ歌詞なのです。 アイドル嫌いの小鹿でさえ この曲も歌詞も 手放しで絶賛してしまいます。 ファン構成を激変させた名曲 この曲が出るまで、 松田聖子さんの女性ファンは 2割ほどに過ぎませんでした。 しかしこの曲を発表してから、 男女比が逆転。 女性ファンが6割以上になったのです。 歌詞が生んだ逆転現象 素晴らしいメロディラインもありますが、 ファン層を逆転させた一番の理由は この曲の歌詞でした。 松田聖子さん自身、 その後のインタビューで 「この曲は、私と女の子たちを つなげてくれた、とても大きな曲」 ~と話しています。 コンサートでもこの曲は必ず歌い、 彼女自身も大好きな曲とのことです。 赤いスイートピー:前半の一部 作詞・作曲 松任谷政隆&呉田軽穂(松任谷由美) 春色の汽車に乗って 海に連れていってよ。 タバコの匂いのシャツに そっと寄り添うから。 なぜ知り合った日から半年すぎても あなたって、手も握らない? I will follow you あなたについてゆきたい、 I will follow you ちょっぴり気が弱いけど 素敵な人だから。 ここまでが歌詞の前半です。 歌っている聖子さんはこの時19才。 男性はタバコを吸っているから 20才以上の成人という設定。 *少し気が弱いが、素敵な人。 これだけではこの男性の人物像が ハッキリと分からないですよね。 「シャツに寄り添う」と書かれている。 だけど、まだ手も握らない関係だから シャツに頬をうずめる体勢でなく 肩と肩を寄せ合うカタチ ・・と断定できます。 気が弱いのも武器になる 少し気が弱いが、素敵な人。 ここが引っ掛かりますね。 では、歌詞後半の一部を・・・ 作詞・作曲 松任谷政隆&呉田軽穂(松任谷由美) なぜ貴方が時計をチラっと見るたび 泣きそうな気分になるの? I will follow you 翼の生えたブーツで i will follow you あなたと同じ青春 走ってゆきたいの。 線路の脇のつぼみは 赤いスイートピー。 好きよ、 今日まで会った誰より。 I will follow you あなたの生き方が好き。 このまま帰れない、帰れない。 「あなたの生き方が好き」 と書かれています。 彼が彼女を愛しているのは まず間違いないです。 体の関係もなく、 半年も会い続けているのですから。 「女性」という 「性的」な視点で彼女を見ず、 「一人の人間」として 冷静沈着に見ているようです。 一歩置いて彼女を見ている それが 「あなたの生き方が好き」 という彼女の感想にも はっきりと表れています。 きっと優しいだけじゃなくて 彼女に間違ったところがあれば キチっと叱る男性なのでしょう。 その証拠に 「優しい」という表現は この歌詞に出てきません。 あるいは、仕事一途で 真面目な男性という可能性もあります。 手を握ってくれないなら こっちから握ればいいじゃん! はい、確かに。 彼の物静かな性格からして 肉食系の女子は、イヤなのでは? 積極的に手を握ったりすれば 彼に嫌われるのではないか? そんな感じで彼女は不安なのでしょう。 ただでさえ彼女は 愛されてる深度が分からなくて不安なのです。 自分から壊すような賭けはできません。 けっこうモテる女性 今日まで会った誰よりも というくだりがあります。 女性が「会った」というのは 「付き合った」という意味で 捉えるのが自然です。 「誰よりも」とあるので 数も決して少なくないでしょう。 よって彼女は、 モテる部類の女性であり、 普通の外見の子、あるいは 普通以上の美形かも知れない。 手も握らないことに対して 自分は プライドを崩されている。 しかも自分と会っている最中、 この男はなんと、 時計をチラ見する無礼を働くのです! これはタダじゃ済まされないことです。 比較的モテていた自分史の中では 屈辱的な出来事なのです。 ここで彼女は「氏ねばいいのに」 などとは考えない。 そう彼女は言い切っています。 ここまで心を揺らした男は初めてで 今後も見つからない。 ダメ押しに、 「このまま帰れない、帰れない」 と恋の片道切符を購入して、 覚悟を決めている様子です。 海を超えた歌詞 この曲の歌詩は現実の体験を 書いたものではないかも知れません。 だけど、松田聖子さんのファン構成を 変えたほどの歌詞でした。 もちろんこの曲以前にも 焦らし心理を描いた 5thシングル「夏の扉」や 6thシングル「白いパラソル」 がありました。 そして超絶な歌唱力も手伝い、 徐々に女性ファンは増えていきました。 しかしアップテンポの激しい唱法で のどを痛めていた彼女は 一時的に唱法の変更が必要になり、 呉田軽穂さん(松任谷由美)作曲で このミディアムスロー曲を得ました。 美しいしっとりした曲調に この歌詞が乗せられました。 そして瞬く間に日本女性の心を捉え、 聖子ファンの半数以上が女性に変わる。 という社会現象を呼びました。 今や聖子ファンにとって 「赤いスイートピー」は国歌なのです。 彼女の全盛期を知らない 女子中学生や女子小学生でも この曲を好む子がいるほどです。 今では英語にも訳され、 また英語圏以外の女性歌手も カヴァーCDを出しています。 CDを出してしないミュージシャンも コンサートで歌うことが多い曲です 海を越えて女性の心を捉えたのでした。 この歌詞は女性が求めていたもの もちろんあなたは、 半年たっても手を握らない などのひどい事はしないで欲しいです。 彼女は悩んで悩んで 知恵袋へ相談投稿をしてしまうでしょう。 僕があなたに伝えたいのは 気の弱い男子は壁ドンでもなく、 しつこいアプローチでもない。 すすんで「焦らし心理学」を使おう ・・・という事なのです。 自分のキャラに合わないことをしない 恋愛本などを鵜呑みにして 自分のキャラと違うことをすれば、 外見上、明らかに不自然なあなたとなり、 かえって恋愛はうまく運びません。 恋愛本の多くは 外交的で話も上手い 前向きな男性向きです。 だから 慎重で気弱な男性ほど、 恋愛本を読んで欲しくない。 というのが小鹿の本心です。 弱者には弱者なりの戦術がある。 そして 弱者にしか出来ない戦術がある。 それが小鹿の哲学です。 赤いスイートピー この歌詞は聖子さんのファン層を一変させ 海外の女性歌手もカバーを出すほど 女性のハートを揺らしました。 この歌詞の中に 恋愛戦略の基本が入っているのは 間違いないところです。

次の

松田聖子 赤いスイートピー

赤い スイートピー 作曲

キー:G• 構成:[A]-[A]-[B]-[サビ]-[A] Aメロ冒頭のコード進行 Aメロ冒頭で、コード進行が順次上昇する構成となっている。 すんなりと曲に入り込める雰囲気があって、 導入部のコード進行として効果的。 Bメロ冒頭のメロディ Bメロ冒頭に、小さなフレーズが付加されている。 Bロ冒頭のメロディ:「なーぜー…」 このフレーズがあることによって、その後のBメロのメロディが勢いづく。 ( 「せーの!」とか「さん、はい!」のような効果を持つフレーズ) サビのメロディ構成、リズム サビのメロディが、小さなフレーズを繰り返す構成になっている。 歌詞で使われる言葉 「スイートピー」「タバコ」「シャツ」などの小道具によって、登場人物が身近に感じられ、 内容に共感が持てる。 また、サビの歌詞「I will follow you」は、英語でありながら意味が伝わりやすい。 コード進行 Aメロ終わりにて、セカンダリードミナントコード「G7(I7)」のツーファイブ化による「Dm7(Vm7)」が利用されていて、 部分転調のような効果を生んでいる。 また、一部にパッシングディミニッシュに近い用法のマイナーセブンフラットファイブコードあり。 全体的な感想 メロディの良さと、コード進行やベースラインのクラシカルな構成が融合することで、 格調高い雰囲気が生まれています。 メロディラインにも急激な音の上下は少なく、ミディアムテンポの曲調に合わせて、落ち着いて展開していきます。 「スイートピー」というテーマが持つイメージやその他歌詞の内容と共に、 純粋で清潔感のある世界が演出されていると感じました。

次の