仕事 休めない。 仕事が休みたいのに休めない!悩みの原因と解決方法(解決事例つき)

仕事を休まない人は周囲に大迷惑をかけている。これ間違いなし!

仕事 休めない

Contents• 人手不足は会社の責任 残念ですが、人手不足だったとしても、あなたの責任ではありません。 あなたに人事権はないでしょうからね…。 いくら人手不足でも、あなたが勝手に人を雇うというわけにはいかないのです。 icon-exclamation-circle つまりは、今の人手不足にしている状況というのは、会社が選んだ選択です。 あまり人がいないのであれば、一時的に派遣のバイトを入れるという手段もありますからね。 それすらしないということは、そういうことです。 「今の人員でも何とか回るな」• 「 人件費が減ったから利益が増えた! 「 人手不足で大変と言うが、ちゃんと回っているじゃないか! 」 などと会社側は思っているに決まっています。 実際ギリギリの人数で回せば利益は増えますから、会社側が選択してそうしている可能性は高いですね。 「人が減った分頑張らなきゃ! 「 私が頑張らないと会社が回らない! 「 仕事が終わらないから、残業してでも終わらせなきゃ! 」 などと勝手にがんばり出すと、会社の思うつぼです。 icon-exclamation-circle 会社側は上でも述べましたとおり、「今のギリギリの人員でも、ちゃんと会社は回るじゃないか! 」と考えているからです。 そこで あなたが頑張ってしまって回してしまったら、もう人を増やしてもらうことはできないでしょう。 そうなると、ずっと辛い状況が続くでしょうし。 あなたにとっては、いいことなんて1つもないんですね。 会社は儲かるかもしれませんが、そのぶん、還元されるか? されないですよね。 まぁ何万円かはされるかもしれませんが、 増える一人当たりの仕事量を考えると割に合いません。 あなたは頑張るとは同僚にもどうやって 迷惑がかかる ので、がんばらないようにしましょう。 真面目に働くから、上の人間があなたに甘える 会社側は労働者に• 「甘えるな! 「社会人は厳しいんだ! 「そんなんじゃどこに行っても通用しないぞ! 」 などと脅してきますか…。 最近は、 会社の方が従業員に甘えているケースが多いです。 ギリギリの人員で回そうとするなんて、社員に甘えている以外の何者でもありません。 有能なあなたが頑張ってしまうからこそ、会社がそれに甘えてくるわけです。 本来はその分、給料上げたり、ボーナスで還元したりしてそれ相応の対価を支払わなくてはいけないんです。 そうしないということは、まぁそういうことですね…。 クソ会社からはさっさと脱出 今は労働人口も減少してきていて、有効求人倍率が高止まりしてきています。 あなたの会社のように、人手不足で仕事が回らない状態になっている会社も増えて来ているのです。 まあさすがに人手不足で仕事が回らないほどになっている会社は少数派だと思いますが、 仕事の募集が多いのは確かです。 正社員の有効求人倍率も、平均が一倍を超えましたからね。 つまり、正社員を望む人全員が、えり好みしなければ正社員の仕事につける可能性がある状況だということです。 そのぐらい、今は仕事がたくさんあります。 なので、 そんなブラック企業にしがみつく必要はなく、さっさと転職してしまったほうがいいかもしれません。 とりあえず 転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。 私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。 いい会社に行けるか?は求人がでるタイミング次第なので、登録だけはしておくべきです。 こちらの転職サイトなら、転職決定数No. 1で質の高い企業の求人が多い傾向にありますので、「ホワイト企業に転職したい!」と考えたら登録してみるといいかもしれません。 条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。 icon-exclamation-circle あとは、 給料の良いホワイト企業を探すなら非公開求人をたくさん扱ってる転職エージェントがお勧めですね。 有名な大手のエージェントなら、 一般的なルートには出ない高給ホワイト企業の求人を扱ってます。 ガチで良い会社に行きたいなら、全国に支部があるこちらの大手エージェントはかなり役に立つでしょう。 残業が少なく年収が高い企業の求人を多く扱っており、相談からでも無料で利用できます。 今は失業率も低く、人手不足で本当に困っている会社が多いので、優良求人でも紹介して貰いやすいです。 派遣さんを入れてもらう 或いは、今すぐにでも人が必要であれば、 派遣さんを入れてもらうというのも手段の1つです。 icon-exclamation-circle まぁ今は派遣者にもなかなか人が集まらなくて困っていますが、とりあえず派遣会社に依頼すれば人はきますからね。 まぁ 今は若い人材は正社員になっちゃってますから、なかなか派遣なんて不安定な働き方はしたがらない傾向にありますけどね。 あまり仕事ができない中高年の方が来るケースも多いです。 残念ですが、今は求職者側の方が強気ですので、仕方ありません。 来てくれるだけマシというものです。 この場合、単純に給料が安い傾向にあります。 最近は人が集まらない会社が多いので、給料を釣り上げて募集している会社が増えてきていますからね。 そんな中、 従来通りの給料で募集していては、人が来るはずがありません。 icon-exclamation-circle なので、給料をあげて募集すればいいと思います。 「人件費が上がるから給料あげたくない」なんて甘えたことを言っている会社が増えていますが、 こんなことを言っているから人が来てくれないんです。 そんな人を大切にしない会社に、人が来るはずがありませんからね。 人が働く理由が何かというと、お金です。 結構なお金がもらえるから、きつい仕事でも頑張って働いてくれます。 まとめ あなたの会社のように、人手不足で仕事が回らない会社というのも増えてきてはいますが…。 そういう会社というのは、人が入ってくる数より、人が辞めていく人数の方が多い会社でしょう。 ちゃんと定期的に採用活動行っている会社でしたら、こんなことにはなりませんからね。 で、待遇が悪いブラック企業だから、どんどん人が辞めていってしまうんでしょう。 労働環境も給料も良いホワイト企業で働きたい! わが国は 労働環境の悪いブラック企業が多いです。 労働時間が長い、残業代が出ない、給料が安く上がらない、人間関係が悪い、社会保険すらない、求人票に嘘を書く、ボーナスや退職金が出ない……などなど。 ですが、 今は有効求人倍率がバブル期を超える水準にまで回復しているため、転職するなら今がチャンスです! 「俺なんか無理だよ」と諦めている人も多いでしょうが、最近は少子高齢化による人手不足で本当に採用難ですし、 日本人の平均年齢が46歳にまで高齢化しています。 いつの間にか 相対的に、あなたのような若くて有能な人材の市場価値が上がっているのです!若者が減ってますからね。 「転職したいなぁ。 でも俺にはきついかなぁ…」くらいに思ってるなら、一度診断してみるといいでしょう。 登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。 転職成功者の満足度も第一位であり、待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。 相談のみの登録も無料で受け付けているため、転職に迷っている段階の方でも気楽に利用することができます。 本気で高待遇のホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

次の

仕事を休めない人の特徴!忙しくても平気で休む人の考え方とは

仕事 休めない

風邪でも仕事を休めないはおかしい 風邪でも仕事を休めないのは ハッキリ言えばおかしいです。 確かに体調管理も必要なことですし、 体調を崩さないように気をつけて働くのは大事です。 健康管理は大事なことですが、 風邪を絶対にひかないなんて無理な話です。 多くの人が風邪をひく可能性があり、 風邪をひいたことで辛く苦しい思いを経験したことがあるくせに、 風邪ぐらいで休むなんて、という考えや、 風邪程度で休みやがって、という風潮は、 風邪を舐めていますし、 無意味な根性であって、無理することを推奨しているようで、 自分や他人の健康や生活を否定しているようなもんですし、 自分にも他人にもとても無責任な考え方でしかないのです。 むしろ風邪や体調不良は仕事を休む理由でしかない 風邪や体調不良で仕事を休むのは理由として真っ当と思うのですが、 風邪で休めないと考える人や会社は、 理由として不適切という判断ということなのでしょうか? そのように考えているのであれば、 いくらいっても風邪で休むことを認めないのかもしれません。 ですが、普通に考えて、 風邪や体調不良の状態になってしまって、 仕事をするのが厳しい、 安静にするのが望ましい、 という状態であるのであれば、 仕事を休むことは普通のことであり、 休む理由としても真っ当なものでしかないと思います。 風邪の程度で仕事を休むかは多少変わる 風邪で休むか否かは風邪の程度によりますし、 ある程度、 自己診断の部分もあり個人差があるでしょう。 例えば、熱がなければ休まないという人もいるでしょうし、 熱がなくても休むという人もいるでしょう。 どちらが良いとか悪いということではなく、 周囲や自分に影響を及ぼさない範囲の風邪かどうか、 を基準に考えなければいけません。 風邪の範囲は曖昧なものですし、 風邪ひいたかなぁ?程度のものもあれば、 命の危険になるぐらいに悪化する風邪もあります。 また、症状があまりないからと無理したことで、 長引いてしまったり、悪化してしまうということもあります。 風邪を引いた場合は影響が拡大しないよう慎重になって、 仕事を休むという決断や判断をする必要があるのです。 精神論な部分で風邪で仕事が休めないなら異常 風邪で休んだら迷惑がかかるとか、 風邪で休むなんて軟弱者だとか、 精神論的な部分で仕事が休めないのであれば異常です。 このような考えを自分自身で持っていたり、 会社や上司が持っているなら異常と思ってください。 風邪で仕事を休めない理由が精神論的な部分のため、 なんてこっちのほうが理屈が通らない話です。 風邪をひいたら仕事は休むものである、 というのが 基本的な考えにあってしかるべきで、 程度や症状から、無理しないように、 と判断したり、言葉や気遣いがあるのが、 良い会社ということではなく普通のことと思いましょう。 いいですか?風邪で会社や仕事を休めることは、 良いことや特別なことではなく、普通のことなんです。 風邪でも、いやパンデミックでも会社に行くってどうなの? 風邪と新型コロナウイルスは一緒にできるものではありませんが、 コロナウイルスの流行が出始めた段階で、 企業によって対応はバラついている感じがしました。 僕の勤め先では、37. 5度以上なら休めってだけで、 37. 4度以下なら出社してもOKというアナウンスでした。 その0. 1度の差ってなんなの?って思いました 笑。 しかも、普通に休むなら欠勤扱いですし、 新型コロナウイルスという未知の病気が迫っている中で、 37. 4度までであれば出社しても問題ないという判断ということですからね。 僕は37. 0度でもそれ以下でも体調が悪ければ休みますけど、 その基準ってコロナウイルスを防ぐ気がそもそもないでしょ? って思ってしまいましたね。 未知のウイルスの対応でもこのような感じですし、 世間では風邪ぐらいでは仕事や会社は休めない! という会社や考えの方が多くいるのは事実なので、 パンデミックという状況下でも、 明日も明後日も仕事に行き続けなければならないという、 地獄の中で奴隷のような扱いを受けている気がしてしまいますね。 風邪で仕事が休めないならいつ休めるのだろう? 風邪で仕事や会社が休めないというのであれば、 いつ休めるのか、どのような理由であれば休めるのでしょう? 実際、新型コロナウイルスでパンデミックと宣言されても、 仕事や会社が休みという処置をされているわけでもないですし、 テレワークや在宅勤務を導入している企業ばかりでもありません。 それぐらい 風邪や体調不良で休むということが、 会社や仕事では良しとされていないということなのかもしれません。 ですが、風邪や体調不良は健康や人命にかかわることですので、 新型コロナウイルスやパンデミックに関わらずに、 会社や仕事を休む理由としては優先されるべきものです。 むしろ風邪や体調不良よりも優先される理由ってないのでは? とすら思うので、 風邪なのに仕事が休めないってのは、 よほど異常なことなのです。

次の

仕事を休まない人は周囲に大迷惑をかけている。これ間違いなし!

仕事 休めない

家事や、育児などの日常業務に加え、家計を助けるためにパートに出てみたものの手首に痛みが走り、家事をやるのもしんどくなってきたあなた。 仕事も、周りの状況を考えると、簡単にやめるわけにはいかない。 そんな状態では、手首の痛みは、どんどんひどくなってしまいます。 きっかけは、お母さんの悲痛な叫びでした。 先日、私の整体院に、腱鞘炎のSさんが来院しました。 親指を伸ばしても、曲げても痛い。 おまけに、第一関節が曲がらない。 結構、ひどい状態でした。 お話を聞くと、袋詰のパートをしているとのこと。 私は、そのお仕事の負担が大きいと判断し、思い切って転職を提案しました。 しかし、Sさんの現状を聞いて、なんとも言えなくなりました。 「わたしも、やめられるものならやめたいです。 しかし、娘はこれから、高校、大学と教育費がかさむようになってくるし、今の職場をやめたら、次の仕事ってなかなか見つからないんですよ。 この歳になると…」 Sさんだって、やめたほうがいい事は、わかってるんです。 それでも、やめられない理由があって、ここにたどり着いたのです。 なので、私は、Sさんが、現状のままで、すこしでも、手の状態が良くなるような方法をかんがえてみようと思い、このストレッチを考案したのです。 腱鞘炎の原因とは? 腱鞘炎の原因は 「筋肉の固さ」にあります。 お仕事などでの繰り返し行う作業(例:品出し、袋詰)• 普段の生活の中で、腕を固めて行う作業(例:スマホ、パソコン) それらのせいで、身体は本来の柔軟性を失い、固くなってしまうのです。 そして、伸び縮みができなくなった筋肉を無理に動かそうとすることで、関節付近に痛みがでる。 それが腱鞘炎です。 ですので、 腱鞘炎を改善するための対策として、体の柔軟性を取り戻すことが最も重要になってくるのです。 ストレッチをする前にとっても大事なこと もし、あなたがSさんと同じ状況なら今すぐにでも、ストレッチをしたいでしょうが、すこし落ち着いて、この文章を読み進めてください。 この文章を理解するだけで、あなたの腱鞘炎の回復率や再発率は飛躍的に向上するはずです。 そもそも、あなたはなぜ腱鞘炎になってしまったのでしょうか?ちょっと考えてみてください。 あなたと同じように、家事や育児をしながら、パートをしている方が日本中に何人いると思いますか? それは数えきれないほどいると思います。 その中で、 なぜあなただけが腱鞘炎になり、他の方は、腱鞘炎にならないのでしょうか? じつは、その原因の多くは「肩」にあるのです。 例えば、荷物を持つとき、指1本でもつのと、5本指でしっかり持つのとではどちらのほうが負担が少ないでしょうか? もちろん、5本指ですよね。 これと同じように、もしあなたが、お仕事や家事をするときに、肘から指先までの力しか使えてなかったとしたら、肩から腕全体の力を使えている人に比べて、格段に負担が大きいのです。 その積み重ねが、手首に痛みを生んでいるのです。 ですから、 私の整体院に来る腱鞘炎患者さんのほとんどが、同時に肩こりを併発しており、肩の力が使えないような状態になっているのです。 なので、今後、手を使うときは、肩の力を使う意識を持つことが、腱鞘炎の有効な対策となります。 なぜ、一般的な腱鞘炎の対策では効果が出ないのでしょうか? それは、一般的な腱鞘炎対策は、痛みのある部分に何かを施すという考え方のものばかりだからです。 上記にあるように、腱鞘炎の原因が身体の筋肉の柔軟性の低下から起こっているのであれば、それを解消しないで、 痛みのある手首や親指を保護や治療をしても、 根本的な解決にはなりません。 なので、 治療したときは楽になっても、また手を使ってしまうと、すぐに痛みが戻ってしまうのです。 一般的な腱鞘炎対策については、以下の様な取り扱いにされることをお勧めします。 サポーター 文字通り、痛みのある箇所をサポートしてくれるので、痛みがすこし軽減します。 しかし、それはサポーターをつけている時だけ、改善しているわけではありません。 しかも、サポーターをつけていることによって、少し痛みがない分、 動かしてしまい余計に痛めてしまうこともあるのです。 ですので、サポーターは負担が掛かりそうな時の一時的な腱鞘炎対策だと認識してください。 テーピング テーピングは本来なら、負担がかかって痛む場所の負担を、他の部分に逃がすことで、痛みを感じづらくするというものです。 しかし、負担を患部から逃がしても今度は、 逃された他の部分の負担が増え、結果として他の部分も痛めてしまうことがあります。 こちらも一時的な腱鞘炎対策だと認識してください。 シップ シップはひんやりして、気持ちがいいですよね。 しかし、シップには消炎鎮痛という感覚を麻痺させる成分が入っており、それが皮膚を通して、体内に吸収されると、痛みが減ったように感じるというものです。 こちらも、改善を目的とするなら、あまり効果は期待出来ません。 どうしても痛くて、我慢できない!という時だけの使用をおすすめします。 注射 シップと同じ原理で、感覚麻痺成分を直接患部に注射します。 患部に見事に当たれば、痛みを感じなくなりますが、そうでなければ、効果をあまり感じられません。 しかも、 注射自体が、かなり痛いので、おすすめしません。 (効果は一時的です。 ) 手術 手術は最終手段だと捉えておいてください。 100%回復するなら良いのですが、当院には、術後の経過が思わしくない方もいらっしゃるのです。 その場合は、完全回復は難しくなります。 もしも、 失敗してしまうと、一生、その状態の手と付き合っていかなくてはならなくなります。 手術という選択肢は残しておいて、まずは改善の可能性があるものから、しっかりと取り組みましょう。 正直にメリットとデメリットをお伝えします。 メリット• 比較的、安全で、どこかを痛めてしまうということがない。 肩こり・肘の痛みなど、腱鞘炎以外の効果も期待できる。 自分の身体に意識が向くようになり、身体の不調にいち早く気づけるようになる。 デメリット• 一発で治るような、即効性のあるものではない。 毎日、決められた回数を続けないと、思ったような効果がでない。 人が多くいる所でやると、変な目で見られる 笑 最後に・・・ 本当なら、お仕事をやめて、家事も極力、ご家族に頼んで負担を減らし治療することが確実に治る方法です。 しかし、今のあなたの状況では、それがなかなか難しいようなら、まずは、この腱鞘炎対策を試してみてください。 それでも、痛みが強くなったり、ひどくなるようでしたら、やはり、腱鞘炎に精通している治療院を受診することをおすすめします。 追伸: 腱鞘炎を治してくれる治療院を見つけたいという方は、こちらからご相談ください。

次の